疑問の最近のブログ記事

2017.08.13


フェースブック友達のもりもとさんの「ある中学で女子のポニーテール禁止」の記事紹介を見て驚いた。



ある中学校で女子のポニーテール禁止の校則が作られたらしい。
「うなじが男子の劣情を誘うから」
が理由なのだそうだ。

ここまで日本人は、おバカになってしまったのかと、大いに呆れる。



リンクの元の記事を読んでみたら、さらに驚いた。
どうやらこれは、今に始まった事ではないらしい。
もうとうに以前から、そんなバカげた校則を持つ学校が複数あったようだ。
もちろん明治大正時代では無い。
どれも平成になってからの事なのだ。



それどころか、ブラジャー禁止なんて校則も在るのだそうだ。
「ブラウスから透けて見えるブラ線が劣情を煽る」
からなのだそうだ。
「ブラウスの下にTシャツ着用って校則があった」とか
「下着の色をチェックされていた」
「キャミソールの黒を着ていたら脱げと言われた」とか
どうやら枚挙に暇が無いようだ。



ティーンが性に関心を持たずして、どうするのだろう?
お年頃の若者が異性に関心を持つ事は、至極当然な事だ。
それどころか順調な成長を喜ばなければならない。
それをして劣情とは、いったいいつの時代の人間が、そんな事を言っているのだ。



暗澹たる気持ちになって来た。



劣情(?)を持たずして子作りをするようなら、それは既に人間では無い化け物だろう。
目を覆うばかりの少子化傾向はこの辺りの考え方に原因があるようだ。
思春期には、性欲を抑え込まれ、成人した途端、繁殖せよと焚付ける。
そんなに都合よく行く訳がない。
と言うか、その考え方、家畜などの経済動物に対する考え方に酷似していている。
いったい人間を何だと思っているのか?



おそらく世界中でも、これ程の幼稚性をもった国民は、日本人だけだろうと思う。
生真面目な国民性もあるとは思うが・・・。

百日紅

劣情などと言っているのが、日本の少子化傾向の根っこだ。
考え方を大本から変えねばならない日本の深刻さを表す事象だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.08.12


教育のみが人間を幸福に導く事が出来る。
イデオロギーや科学技術、ましては経済的優位性などでは、けっして人は幸せにはなれない。
しかし、その唯一の福音が、残念ながら今、順位付けの道具に成り下がっている。



最近は、と言っても随分前かららしいが、主要5教科と副教科というように、学校の教科が分けられているようだ。



なんなんだ主要教科・副教科って。



自分が子供の頃にも、そのバカげた分類の芽は確かにあった。
しかし、その頃は、いわゆる今で言う副教科の担当教員に、そんな事は絶対言わせないという気概があった。
もちろん主要教科の担当教員にしたって、決して音楽や体育を副教科などと考えてはいなかったと思う。
学校全体が人間形成の場であると、当然の如く考えられていた。

それが今はどうだ。
本当に情けない現状だと思う。



そもそも主要教科、副教科などと分ける理由は、入試に関係するかどうかでしかない。
5教科だけで人の能力が計れる訳が無いのだが、いつの間にやら、5教科の成績優秀者が、他の事まで優秀であるかのような錯覚に陥っている。
どうしてこんな幻想にとらわれるのだろう?
全く不思議だ。



何故、国語、理科、社会、英語、数学が、主要なのか?
何故その五教科で人の能力が計れるのか?
おそらくその根拠は、とても曖昧なものなのだと思う。
恐らく思い込み。
全体が集団催眠にでも罹っているとしか思えない。



もし、主要5教科のみが有効なのだとしたら、その科学的証拠を示さなければ駄目だろう。
いったい、どこにそんな根拠があるのか?

芙蓉のめしべとおしべ

曖昧なまま、この馬鹿げた制度は続いて行く。



おそらくこの錯覚が、諸悪の根源なのだと思う。
それを是正するには、いったいどうすれば良いのだろうか。
どこから手を付ければ良いのだろうか?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.23


小千谷信濃川水力発電館「おじゃーる」に行って来ました。



小千谷信濃川水力発電館おじゃーる

おじゃーるは、以前ここに在った小千谷市の簡易宿泊施設「市民の家」を新築改装した際、JR東日本のPR施設「小千谷信濃川水力発電館」を併設した施設。



中はこんな感じ。

水力発電体験模型

これは、水力発電を体験できる模型。
スイッチを押すと、模型上部から水が流れ、タービンを回し発電、模型の町に灯りが灯る仕掛けになっている。
孫娘が回しているのは、手回し発電機。
これを回すと模型の町の観覧車が回ります。



電車の運転シュミレーター

JRの施設なので電車の運転シュミレーターが置いてありました。



導水管を模した滑り台とボールプール

発電所の導水管を模したボールプール。
導水管が滑り台になっています。



おそらくこの施設は、JRが資金を出し、建物を建設、市に寄付したのだろうと思われる。



去年7月にオープンしたおじゃーる。
今まで訪れなかったのは、不正取水で信濃川に瀕死のダメージを与えていたJR東日本を許せない気持ちを持っているから。
この施設で謝罪の気持ちを表している心算なのだとは思うが、結局、発電所所在自治体へのご機嫌取りに過ぎない感をより強く持った。
もし本当に申し訳ないという気持ちが有るのなら(ある訳は無いが)信濃川の環境整備に力を尽くすのが筋だろうに。
方向が、まるで違う。
と言うか、反省などしていないのだろう。
十日町の雪祭りの漁協のブースに感じた違和感、ここでも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2015.10.30


あ~~~、腹が立つ。



元々、安腹立ちではあるのですが、こればっかりは本当に腹が立つ。



財務省は、少子化により子供の数が減るのにかこつけ、先生の数を減らす方針なのだそうだ。



そのニュースを聞いた時、耳を疑った。
財務省の役人って、馬鹿なのだろうか。
国の借金が致命的な段階であるとはいえ、一番削ってはならない所を削ろうとしている。

信じられない。



今年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村氏が、記者会見で、態々、「これからは、教育を重視していくべきである。」と仰っていた。
今の教育状況を憂いての事だと思う。



教育は、人。
一人の子供に、多くの大人が関われば関わる程、成長を促せるのは自明だろう。
そんな事も、財務省の役人は分からないのだろうか。
今の教育に対して、危機感を持っていないのだろうか?



腹立ち紛れに、馬鹿なのか、などと書いてしまったが
これが今の教育によって選抜されたエリートと言われる者達の限界なのだろう。
自分達のプライドの源泉である、今の教育制度に、問題が有る等とは考えられない。
何故なら、それを認めてしまえば、自分自身を否定する事になるから。

まあ、そんなところか。



何とか文科省の役人に頑張ってもらいたいところだが、やっぱり文科省の役人も同じ穴の貉だし・・・。
なにせ唯一の希望であった、ゆとり教育を、むちゃくちゃにして潰してしまった前科がある。


あ~ぁ、また暗い気持ちになってきた。



残り柿



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2015.05.21


ママ友NG行動の5位に「手作りお菓子」が入っていて、愕然とした。
ママ友付き合いで、手作りお菓子をご馳走する事は、嫌われる原因の上位になるのだそうだ。



「不味いお菓子を食べさせられては迷惑」とか、「手作りお菓子は、衛生面が心配」とかが理由らしい。
なんとも恐ろしい世の中になったものだ。



今のご時勢、こういう人達が居る事は分かっていた。
しかし、それは少数派だと思っていた。
でも、この順位からすると、気が付かぬ内に、いつのまにか多数派に増殖してしまったようだ。



テレビのバラエティー番組でのアンケート。
そんな情報、当てにならないとは分かっている。
番組にインパクトを持たせる為の演出かもしれない。
むしろ、そうであって欲しい。
が、しかし、全くの出鱈目とも思えない。



暗澹たる気持ちになる。
酷い・・・。
おそらく、無記名アンケートとは言え、こんな酷い事を平気で言える人間は、日本人だけだろう。
本気で他国への移住を考えたくなった。



早く手を打たなければ手遅れになる。
それもこれも教育の荒廃が招いた事態だ。
もっとも、今直ぐに手を打ったとしても、この耳を塞ぎたくなる状態が元に戻るまで、数十年の月日を必要とするだろう。

もう手遅れ・・・。



今朝の虹

今朝の虹。

朝から虹が見られて、今日はきっと良い事があると思ったのに、こんな恐ろしい情報に接しなければならなかったとは・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2015.04.29


一寸前、NHKラジオで、「あなたが選ぶ未来に残したい歌ベスト90」という企画があり、投票によりSMAPの「世界に一つだけの花」がトップに選ばれたそうである。



トップ10中、ジャニーズの曲が7曲という少々偏ったような結果に、かなり違和感がありますが、それよりも何よりも「世界に一つだけの花」が一位という事に、うおぬま屋は、大いに戸惑。



「世界に一つだけの花」は、音楽に疎いうおぬま屋も何度か聞いた事が有り、歌詞もある程度知っている。
その歌詞の冒頭、「花達は、競い合っていない」とある。
この歌の前提なのだが、これがとんでもない大間違い。
花達の美しさは、生存競争の結果であり、精一杯競い合い、その結果美しく咲き誇っていると言うのが本当でしょう。
人間の栽培や品種改良という関与によって多少歪められてはいるものの、その基本は全く変りは無い。
花達は、激しく生存を賭けて、静かに争っているんです。



逆に、人がこれまで発展出来たのは、仲間内の競争を、ある程度押さえ、群れを発達させ、助け合ってきたのが大きな要因。
花は、生物の法則に従い、熾烈ね競争を繰り広げ、人は助け合う事で他の生物との競争を勝ち抜いてきた、と言うのが正しい。
要は、「世界に一つだけの花」の歌詞は、間逆の勘違いを詩にしている、一寸的外れな歌なのである。
その歌が一位だなんて・・・。



この歌が一位を取ったのには、「必要以上の競争社会に嫌気がさしている」、と言う事情はあるのだと思う。
とはいえ、競争と助け合いのバランスは、人間の歴史の長い間のテーマ。
花達が、競い合っていなく、人は競い合ってばかりいる等と言う勘違いは、間違ってもしない方が良いと思う。



人気曲なだけに、多少の批判はあるらしい。
しかし、「ナンバー1」と「オンリー1」の違いについて等、やや的外れなものが多いようだ。
そもそもこの曲の前提が間違っている、という批判は、あまり見られない。



どうしてこんな大間違いの曲が作られ、多くの人の支持を得るのだろう?
そもそも花の美しさは、競争の結果であると、理科の授業で習ったと思うのだが・・・。。
なにより植物の専門家が、前提が間違っていると、どうして間違いを指摘しないのだろう?

不思議。



うおぬま屋には、そこに音楽の持つ怖い一面があるように思える。
勘違いは人の特性・・・。
いずれにしても困った、かなり寒い事だ。

競い合うエンゴサクの花

エンゴサクの花。
彼等も静かに争っています。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2015.01.26


相変わらず振り込め詐欺の被害が絶えない。
何でも去年、被害額が過去最悪だったらしい。



これだけ報道され、対策を講じても、どうして振り込め詐欺が蔓延するのだろう?
以前から不思議でした。



高齢者が増えた。
その高齢者がお金を持っている。
通信機器の発達等、いくつかの要因が考えられます。
が、なんだかどうも違うような、それらだけでは決め手に欠けるような気がしていました。



もしかしたら現代人の脳は、以前より騙され易くなっているのではないだろうか?
仕事中に、ふっと思い付きました。
もともと人間の脳は、真実よりも嘘の方が馴染みが良いように出来ているようです。
それに拍車がかかっているのではないだろうか。
それならば、なんとなく腑に落ちる気がします。



どうなんだろう?
でも、こればかりは昔の人の騙されやすさと、今を比べてみる事は出来ません。
残念ながら検証不能。
自分の中では納得ですが、確かめようがありません。
なんとか実証できないだろうか・・・。



確かめる事は難しくても、騙されやすい脳を作り出す要因には、思い当たる事がいくつか有ります。



その第一の容疑者は・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2014.10.24


前回飲んでみて、どうして人気が有るのか?、自動販売機のコーヒーと何が違うのか?良く分からなかったコンビニコーヒー
今回、実際に飲み比べてみました。



コンビニコーヒーと自販機コーヒー

コンビニコーヒーと自動販売機のコーヒー。
もちろん自動販売機のコーヒーは、豆から淹れたコーヒーです。



確かに、コンビニコーヒーの方が、美味しいかも・・・。
しかし、その違いはわずかです。
相変わらず、自販機コーヒーは、紙コップ臭いのが気になりました。
しかし、今回、コンビニコーヒーも、フタを取って飲むと、紙コップ臭い事に気が付きました。
あれれ・・・?
って事は、コンビニコーヒーの人気の素は、フタ?
自販機コーヒーも、フタを付ければ、売り上げ増?



んな筈ないか・・・。

お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2014.06.21


都議会のセクハラ野次。

情け無し。



女性の社会進出奨励の主な動機は、労働力人口不足の補充の為だと言って、はばからない。
はあ?である。
女性の社会進出に限らず、男女の平等は当然の事。
「女性の社会活動は、当たり前なのだから、推進しなければならない」が動機の大本でなければならない。
労働力不足の為だ、等とは、間違っても考えては駄目だ。

そもそもの大本の考えが間違っているから、あんな発言が出てくる。

意識の低さ、本当に情けない。



女性の社会進出は労働力不足の為だ、と言う発言を聞く度に、腹が立つ。
女性は、もっとその事に怒って良いと思うのだが・・・。



ドクダミの花

ドクダミの花。

この花を見る度に、地上の星、という言葉を思い出す。
地上の星は有るのだろうか・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.03.26


このところ父母の介護で夜中に起こされる事が多い妻の負担を減らすべく、今日のお昼はファミレスランチ。



ファミレスランチ

ボリュームたっぷりで、ほぼワンコイン。
たいした企業努力だと思います。
有り難いですが、どこかにシワ寄せが有るのではないかと、心配になったりもします。



お店は、満席。
そういえば、今は春休みでした。
子供連れの家族が沢山。
行ってから失敗したと思いましたが、致し方ありません。
超忙しいウェイトレスさんの表情が、ややこわばり気味。
そういうのを見ると手伝いたくなって困ります。



ウェイトレスさんの、このオーバーワーク。
おそらくこれも、ワンコインランチのシワ寄せの一つなのでしょうね。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち疑問カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは植物です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。