疑問の最近のブログ記事

2017.11.26


鳥の半身唐揚げをお取り寄せ。



若鳥を半身丸ごと揚げた唐揚げ。
カレー風味っで、美味しいと評判。
かなり以前から食べてみたいと思っていました。
しかし、お店のある新潟には、割と頻繁に行くので、わざわざ送料を掛けてまでお取り寄せする事を躊躇し、今までお預けとなっていたのでした。



またお店からの直接の購入は、お店が夜だけの営業らしく、日中に新潟に行く事が多い自分には意外と機会が無く、中々購入が叶いませんでした。



ようやくに食べられます。
某タレントさんが激賞。
色んな惣菜店が、カレー風味の半身揚げを真似しているところをみても、本家は美味しいに違いありません。



半身唐揚げ

美味しい!



でも、美味しいのですが、期待していた程ではありませんでした。
あれ?
期待が大きすぎたのかな?
それよりも、やはり既に揚げられた唐揚げを、食べる時にレンチンするのが原因かな。
温め返しでは、折角の美味しさが半減してしまいます。
もしかしたら普通に揚げた、揚げたての家庭の唐揚げの方が美味しいかも・・・。



半身唐揚げ、肉は柔らかくジューシー。
カレーのスパイスの香りが香ばしく、手練れの職人の技を感じます。
が、やっぱり揚げた物を冷凍し、食べる時に温め直すやり方では、その真価は発揮出来ないようです。
どんなに粋を凝らしたお料理でも、温め返しは、出来立てに大きく水をあけられるのは致し方ないところ。
揚げ立てには敵わない。
ちょっと残念。
もっとも、それを差っ引いて、この味わいと考えると、やはり美味しい唐揚げには違いないようです。



お店で揚げ立てを食べて、その真価を味わいたい。
その欲求が、ムラムラと湧いてきました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.11.25


丸中醤油が届いた。



杉樽3年熟成のお醤油(丸中醤油製)

昔ながらの製法で造られたお醤油
熟成は杉樽。
期間は3年。



本物の醤油を食べた事が無いとブログに書いたところ、ネット仲間のあいさんが丸中醤油を教えてくださいました。



全てが昔の製法の方が良いとは限りません。
が、お醤油の原点を知ると言う意味でも、一度は味わってみなければならない杉樽3年熟成のお醤油。
直ぐにも味見したいところですが、封を開けると風味が変わってしまいます。
食いしん坊が雁首を揃えるお正月まで待つことにしましょう。



どんな味なんだろう?
違いはどんなだろう?
お味噌や日本酒、鰹節の様な隔絶の違いがあるのだろうか?

楽しみ、と言うか食べる時が待ち遠しい。
ドキドキ・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.11.23


今日のお昼は、鳥そぼろ丼。
むね肉の挽肉で作りました。



とりむね肉の挽肉で作ったそぼろ丼

定番メニューなのに、何故か随分久しぶりの登場。



このところ鳥むね肉の価格が下がり気味。
人気のもも肉と比べて、やや不人気なむね肉。
鶏肉の需要期を控えて、おそらくダブつくのだろう。
この時期は、ねらい目。



むね肉がやや不人気の原因は、パサパサした食感に因る。
しかし、火の通し方さえ気を付ければ、全くそんな事は無く、とてもジューシーにいただける。
その上、低脂肪、高タンパク。
抗疲労物質を含む、とても優秀なお肉。
もも肉より人気が無いのは、やや納得がいかない気がする。



もっとも、その所為での廉価。
有り難くもあるのだけれど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.11.19


スーパー等で販売されている鰹節。
多くが削られて販売されているが、そのほとんどが本当の意味では鰹節では無い事をご存じだろうか。



鰹節の製造過程は、大雑把に、
①整形=カツオをさばいて鰹節の形にする。
②水煮=さばかれた節の形のカツオを水で煮て火を通す。(なまり節)
③焙乾=なまり節をいぶして乾かす。(荒節)
④カビ付け=荒節の表面を削り取り、そこにカビを付け、カビの働きにより、さらなる水分除去と発酵熟成を促す。
(鰹節)
といったところのようだ。



鰹節は、本来発酵食品なのだ。



ところが現在、スーパー等で販売されている鰹節は、③の焙乾の行程までのものを削った物で、正確には荒節を削った物。
本当は、荒節削り節と言った方が良いものばかりなのだ。
本物の鰹節を削った製品を、スーパーで、今まで一度も見た事が無い。



カツオ削り節

どうやら「荒節」を削った削り節を「カツオ削り節」と表記して販売しても良いらしい。
カツオを削り節にしたものだから、「カツオ削り節」と称しても問題無いだろうという理屈のようだ。
本当の鰹節を削り節にしたものは、「鰹節削り節」と表記されている。
いつの間にか荒節を鰹節と称する事が当たり前になってしまっているようだ。
本当の鰹節を「本枯れ節」と言い習わす誤魔化しを施して。

「カツオ削り節」と「鰹節削り節」。
なんともややこしい上に、分かり難い。
しかも、ほとんどその事実は知られていない。



しかも、しかも、時々見掛ける「鰹節削り節」。
「今まで一度もスーパーで本当の鰹節を削った鰹節削り節を見た事が無い」と前述したにもかかわらず矛盾すると思われるだろうが、これにもカラクリが有る。
腹立たしい事に、「カツオ削り節」に、ちょこっと本物の鰹節を削った「鰹節削り節」を混ぜた製品を「鰹節削り節」として販売しているのだ。
「カツオ削り節」にどの位の割合で「鰹節削り節」が混ぜられているのかは、ブラックボックス。
それはメーカーの良心に因る。
本当の鰹節だけの削り節は、高価で、とてもスーパーで販売できる価格にはならない為とは思うが、なんともやりきれないし、誤魔化しと言われても仕方がないのではないだろうか。



味噌、醤油、日本酒、それに鰹節。
どれも和食の粋と言って良い食品。
しかし、そのどれをとってもグレーな製法が存在し、現在それが主流となっている。
しっかり熟成した味噌はわずかで、3年熟成の醤油は皆無。
日本酒は回復傾向なれど、鰹節は前述の通り。
悪貨は良貨を駆逐するを地で行く現状。
いったい日本人は、自分達の培ってきた食文化を、どれだけないがしろにしたら気が済むのだろう。



百歩譲って、価格の為の合理化だと認めたとしても、名称で誤魔化すのは止めにするべきだ。
純米酒、本醸造、本枯れ節、誤魔化しの為の造語は枚挙に暇が無い。



世界で和食が人気になりつつあると聞く。
しかし、これでは・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.11.12


休日のお昼ご飯のデザートにクレープを作った。



レモンソースでクレープ

熊本産の良いレモンが手に入ったので、ソースはレモンソース。
アングレーズソースにレモンの搾り汁を混ぜただけの簡単ソースではありますが、ほんのり酸味のあるソースは、さっぱりして美味しい。



ソースが美味しかったのは、レモンのお蔭。
熊本レモン、高品質。
新鮮なので果汁が輸入物の倍以上採れます。
香りも上品。
そして、なんといっても皮を使えるのが大きい。
レモンの香りは、皮が◎。
皮を使えなければ、レモンの魅力の半分を使えていないといっても良いかもしれません。
そんな国産レモンが、一個50円。
目茶目茶安い。



このレモンの価値は、50円なんてもんでは無いと思う。
消費者としては、良い物が安く手に入るのは有り難い限りなのだが、価値が価格に反映し難い仕組み、どうも納得がいかない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.11.06


やはりそうだった。



天然醸造のお醤油。
熟成期間を2年半とらなくとも、天然醸造と表示して良いらしい。
な、なんてこった・・・。
熟成期間が1年でも、2年でも、3年でも、加温した速醸の製法で造られていない自然な温度での熟成ならば、天然醸造と表示して良いらしいのだ。



1年物も2年物も、それぞれ特徴と言うか、それなりの良さが有るかららしいのだが、それにしたって、どうもなんだか納得がいかない感じがする。
昔は、3年熟成が常識だっただろうに・・・。



興味をもってしっかり調べなければ、結局、分からない。
多分、ちゃんと造られたお醤油が、ほとんど手に入らない事を知っている人は、ほとんど居ないのではないだろうか。
考えてみると、ちょっと恐ろしい事のような気がする。



う~ん、と言う事は、今までちゃんとした本物のお醤油を食べた事が無かった事になりそうだ。



3年熟成のお醤油、食べてみたい。
どうやらそういったお醤油は、既に絶滅危惧種であるようだ。
もちろん近場には無さそう。
ネットでお取り寄せ、してみようかな。



ムラサキシキブ

ムラサキシキブ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.11.05


「郷土のみのり」なるお醤油を購入。



県産醤油復刻プロジェクト、郷土の実り醤油

県産醤油復刻プロジェクトで造られたお醤油。
県産の材料だけを使った天然醸造のお醤油らしい。



早速味見をしてみたが、美味しいお醤油だと思う。



しかし、脱脂加工大豆を使った速醸で造られたお醤油との芳しい違いが感じられなかった。

う~ん、またか・・・。



と言うのは、
今まで食べた事のある天然醸造のお醤油全般に言えるのだが、脱脂加工大豆を使った廉価なお醤油と、隔絶した違いが感じられないのだ。
なぜなんだろう?と以前から不思議だった。
味噌の場合は、じっくり熟成した味噌と速醸の味噌とは、全く別物であるのが分かるのに、お醤油の違いが分からない。

これはどういう事なのだろう?

もしかしたら、お醤油は、速醸で造られたお醤油も、昔ながらの製法で作られたお醤油も、大差ない出来栄えになるのだろうか?
そんな筈はない。
とも、思えるのだが・・・。



今回も、県産醤油復刻プロジェクトで造られたお醤油でも、その違いは分からなかった。
あ!?
お醤油は、昔ながらの製法で造られると、2年半かかると聞いている。
もしかしたら、天然醸造のお醤油、
天然醸造とはいうものの、熟成期間をちゃんと2年半取っていないのかもしれない。
まさかとは思うが、日本の食品の表示の曖昧さは、いつもの事だ。

どうなんだろう?
調べてみましょう



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.27


眠育なるものが、ニュースで取り上げられていた。



眠育、要は睡眠の重要性を子供達に教える事らしい。



眠育を始めた某小学校は、以前10%近かった不登校が、数年後には0%に激減したのだそうだ。



成果は上がっている。



睡眠の大事さは、当たり前の様に認識されていると思うが、その当たり前故に随分軽視されている傾向にある。
日本は、世界でもトップクラスの睡眠不足大国なのだそうだ。



眠る事、食べる事など、生き物の最も基本的な要素を軽視している日本人。
なにか具体的な成果が無いと改まらない。

眠育、広がって欲しい。



霧の深い朝

霧の深い朝。



しっかし、睡眠なんぞ、人造り(教育)の基本の基本。
その土台から築き直さなければならないとは・・・。
なんと道の遠い事だろう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.25


男前豆腐を購入してみた。



充填豆腐の男前豆腐

男前豆腐は、安かろう不味かろうの充填豆腐を改善し、大きく業績を伸ばしたお豆腐。
しかし、所詮、充填豆腐と思って、今まで食べてみませんでした。



食べてみたら、意外と美味しい。
ネーミングとパッケージだけのお豆腐ではなかったようです。

なるほどな~・・・。



でも、やっぱり充填豆腐は充填豆腐で豆腐とは別物だと思う。
豆腐と充填豆腐、分けた方が良いと思うのだが。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.13


いよいよ獺祭を飲んでみた。



獺祭2割3分

まずは精米歩合2割3分のものから。
高精米が売りの獺祭。
まずは一番精米歩合が高いものから飲んでみた。



美味しかった~。



新潟の銘酒と言われている端麗辛口のお酒の「痩せた馬」の感じは無かった。
甘味と旨みのがしっかりある、所謂ボディがしっかりしているお酒だと思った。
香りも良い。
甘味と旨みのボディがしっかりしているので、吟醸の香りがより引き立っている。
旨みと甘味と辛みのバランスも絶妙だと思う。
どこも出っ張らず、何処も凹んでいない。
とても良いバランスだと思う。
確かに噂通り美味しい日本酒。
確かにこんな日本酒は、有りそうでなかった気がする。



ん、有りそうで無かった・・・。



そう、有りそうで無かった日本酒といった印象があった。
確かに美味しいのだが、空前絶後という訳ではないと思った。
もっともうおぬま屋は、下戸。
そんなに多くのお酒を飲んだ訳では無いので、良く分からないけれど。



そも、精米歩合2割3分という高精米の効果が良く分からなかった。
高精米にするとお酒に含まれるタンパク質が減り、うまみ成分が減少し、端麗になると思うのだが、獺祭のしっかりした旨み成分は何処から来たのだろう?
この旨み成分は、お米由来では無いのだろうか?
もしかして、日本酒のプラス側の旨み成分って、お米由来では無いのだろうか?

また新たな疑問が出来てしまった。



獺祭2割3分は、バランスが抜群。
ただ、バランスは抜群なのだが、それだけに、なんだか小さくまとまってしまった感もあった。
爆発するような華やかさと言うか、上質のコンソメスープや熟成された味噌で作られた味噌汁を飲んだ時の様な、幾千にも重なる旨みの華やかな競演の様なものが無かった。
お酒なのだから、スープや味噌に例える事が間違っているのかもしれないが、何だろう、鳥肌が立つ程の感動は無かったのも事実。
キラキラ輝くような日本酒は、そも存在しないものなのだろうか?
どうなんだろう。



自分の日本酒に対する考え方が間違っているのかもしれな?
また、獺祭は、本当に日本酒のひとつの高嶺を極めているのだろうか?
色々分からない事だらけ。
日本酒、やっぱり奥が深い。



極上と言われるワインを飲んでみたい。
そんなワインは、キラキラしているのだろうか?
していないのだろうか?
確かめてみたい。
そんな気持ちが強くなって来た。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち疑問カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは植物です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。