疑問の最近のブログ記事

2020.12.01


我が町(小千谷市)の市街地に今度はイノシシが出た。



場所は平沢町だとか。
田舎町とはいえ一応町中。
そんなところまで来るとは・・・。



もともとイノシシは、足が短く雪が苦手。
なので、この辺りでは滅多に見られなかった。
ところが、このところの暖冬の影響で、どうや定住してしまったようだ。



県北部では、今朝、男性が熊に襲われ怪我をした。
男性の命に別状はなかったらしいが、その後、男性を襲った熊は、作業小屋に潜んでいるところを見付かって殺処分されたらしい。



人を襲った熊を野放しには出来ない。
それは、原始の時代から人が繰り返してきた、天敵に対する対応策。

が、なんとも・・・。



飢えにさいなまれ、止む無く住み慣れた故郷を捨てた若い熊。
彼とて好き好んで、安心して暮らせる住処を捨てた訳では無い。
しかも、新天地を求めたとしても、そこに食物が有るとは限らない。
行った先に食べ物が無ければ、確実に死が待っている。
また、新しい土地には、恐ろしい敵が待っているかもしれない。
おそらく彼が決死の想いで旅立ったのは、容易に想像が付く。

それが・・・。



胸が痛い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.11.23


人気アニメ「鬼滅の刃」。
結構、残酷なシーンがあり、「子供には見せたくない。」という意見があるらしい。



鬼滅に限らず、残忍なシーンのある動画は、子供に見せない方が良い、と世間ではされている。



しかし自分は、それについて
「それで良いのだろうか?」
と以前から思っている。



確かに残酷なシーンは、見ていて気持ちの良いモノでは無い。
しかし、だからと言って、それから目を逸らしていれば良いというものでも無いと思う。

貴方が、今日、食べた豚肉は、間違い無く、誰かが解体したのだから。

それを忘れている。



それに子供の心は、柔軟。
健康な心に育ってさえいれば、たかだかアニメの残酷なシーンを観た位で、影響されたりする事は無い。

それは健康な心に育っていれば、という条件付きではあるけれど・・・。



あまりにも生と死が見えなくなっていると思う。
本当にそれで良いのだろうか?
良いとは思えない。



まあ、だからと言って、その役割をアニメに負わせるのは違っている。
と言って、そこに目くじらを立てるのも、お門違い。
もっとアニメを観る、観ないではない、別の議論が必要なのだと思う。

日向ぼっこするキタテハ



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.11.08

チリ産養殖銀鮭のクリームソース

チリ産の銀鮭のクリームソース。



新製品の昆布巻きの中身を検討する為に購入したチリ産の養殖銀鮭。
脂が乗っていて美味しい。
おそらくこれを使う事になりそうだ。



魚の脂は、クリームソースの様な濃厚なソースと合わせても重くなり過ぎない。
やはり体に良い脂だからなのだろうと思う。



しかし、輸入物の養殖鮭の脂、半端無い。
全身がトロ状態。
色味も赤味が強く、綺麗なサーモンピンク(オレンジ色)。
これはおそらく蓄養時の餌の工夫に因るモノだと思う。
どんな工夫がなされているのか?
最近の養殖鮭の脂乗りは短期で長足の進歩をしている。
気になるところ。
これから自分が使う様になるのだから、いずれ調べてみなければならないと思う。
が、容易でないかも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.11.07


また首相が問題発言。



任命拒否が事の発端となった学術会議任命問題。
「名簿提出前に、以前から事前協議が行われていた。」
みたいな事を首相が発言していた。



ビックリ。
任命拒否も学術会議法の趣旨を逸脱していると思うが、名簿提出前の事前協議は、さらに不味い。



何でだろう?
なんでそんな問題になる様な事をサラッと言ってしまうのだろう?
名簿提出前の事前協議など、ダメな事が判らないはずが無いだろうに。

それなのに何故・・・?



感覚が麻痺している?
いやいや、いくらなんでもそんな事は無いだろう。



首相の取り巻きは火消しに忙しい。
「事前協議は、名簿の調整では無い。」
みたいな言い訳をしているが、それでは事前協議で何をしているのだろう?
顔合わせ、世間話し、お茶飲み会?

いやはや・・・。



だいたい担当の官僚達は、「それは駄目だ。」と意見具申しないのだろうか?
いや、それ以上に名簿を提出する側の学術会議側が、何故事前協議なんぞを甘んじて受けていたのだろう?

どうも良く分からない。



どうして権力者は、イエスマンを好むのか?
どうして識者は、事なかれ主義に陥るのか?
それが、いずれ、必ず自分と自分の子孫の首を絞める事になる事は、今まで何度も何度も繰り返されてきて、骨身に染みているはずなのに・・・。

やはり賢者の陥穽なのだろうか。

里の紅葉



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.11.05


アメリカの大統領選。
まだ結果が出ていない。



異例の接戦らしい。



民主党候補がリード。
でも薄氷であるようだ。



現大統領側は、開票の差し止め訴訟を始めたとも聞く。
本当だろうか?
悪あがき?
それとも本当に不正があった?



混乱が心配。

いつも見ている位置から90度横から見た八海山



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.11.04


アメリカの大統領選。
現大統領が再選される事が濃厚なようだ。



何故・・・。



どうやら自分の見ている世界とは全く別な世界を見ている人が、世の中には沢山居るという事のようだ。



自国第一主義など、時代の流れの振り戻しに過ぎない、カビの生えたゾンビの様なモノなのに・・・。



未だに解決できていない、人間の利己と他利のせめぎ合い。
多くの悲しい出来事が、これに因って起こる。

この度も利己の勝利となるのだろうか・・・。

鳥人間



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.10.29


今日、国会を聞いていて、学術会議任命問題の政府側の主な言い分は、
「任命拒否は、法律的に問題ない」
「そもそも学術会議事態に問題が有る」
「任命拒否した6人には、個人的な問題が有る」
の三つのようだった。



いちいち指摘するのもはばかられる、お粗末な言い訳だと思うのだが、今日の国会の代表質問で、この政府の言い分を肯定していた野党の質問者が居たのに驚いた。



火消しをしたい与党なら兎も角、何故野党がこの問題を肯定するのだろう?
しかも、この問題を指摘している他の野党に対して、「上げ足取り的な幼稚な質問は止めよ。」みたいな事を言っていた。
え~!!
あんまりビックリして目が点。



こういう人も居るのか・・・、と暫し茫然。
それにしても、幼稚なのは政府側の言い訳で、追求する野党は、当然な事をしていると思うのだが、何をどう考えると、それが逆転してしますのだろう?

駄目だ、理解出来ない・・・。



「大丈夫かこの人・・・。」
と思ってしまう。



それに、何故態々こんな火中の栗を拾いに行くような事をするのだろう?
ますます分からない。

頭の中は????。

何と言う花?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.10.26


学術会議任命問題において、政府は明らかに間違いを犯した。
にもかかわらず、お粗末な理屈で逃げを打っている。



その厚顔さには呆れる。



間違ったなら間違ったと、率直に認めた方が、余程メリットがあると思う。
こんな事で信頼を失ってしまうのは大損だと思う。



間違いを認めると、上げ足取りが五月蠅いと思っているのだろうが、その間違いが大きなものであるのならば、それを認め、職を辞すれば良いだけだ。
優秀な方たちなのだから、政治家を辞めたって、やる事は沢山あるだろうに。
職に噛り付こうとするから小学生でも矛盾だと気が付く滑稽な理屈をこねる事になる。



恥の上塗り、
やはり賢者の陥穽か・・・。



任命拒否をしたら大騒ぎになる。
何故そんな事が予想できないのか?
組織に属していると、判断を過つ。
典型的な例だと思う。


水族館で撮影したタコ



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.10.25


鬼滅のヒットの理由が気になって考えていたのだが、今日、その答えと思しきモノを思い付いた。



背景は、やはりコロナに因って駄目押しされた社会不安なのだろう。



そこにもってきて、鬼滅の主人公が分かり易く「人の業」に対して答えを示す。
それに因って安心感が得られる。
不安だから分かり易い答えが欲しい。
それが鬼滅のヒットの主な要因であるようだ。
主人公の真直ぐな力強い優しさが魅力という事かな。



気が付いてみれば、単純な動機。
ちょっと情けない気もするが、この情勢では致し方ないのかな・・・。



じじいの自分にとっては、「答えの無い人の業」に思い悩む主人公の方が魅力的なので、鬼滅に面白さが湧かないようだ。



山頂付近に雪が降った越後三山

越後三山の山頂付近に雪が降った模様。
11月の初旬に初雪でも早い感じなの・・・。
いよいよ大雪の気配が濃厚。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.10.22


アニメ「鬼滅の刃」の映画がヒットしているらしい。



NHKラジオのニュースでも報じられていたので大したものだ。



そのニュースで、「鬼滅」は、外国でも人気が有ると言っていた。
なんでも、取材したNHKの記者によると、妹思いの主人公の真直ぐな家族愛、人間愛が人気の基であるらしい。
しかし、なんだろう、相変わらず自分には響いてこない。
未だに「鬼滅」の人気の理由が理解出来ないでいる。



特別編みたいなアニメが先日、テレビで放映されていたのを観たのだが、やっぱりイマイチ、その良さが伝わって来ない。



家族愛、人間愛を前面にしたアニメは、今までも沢山あった。
人を喰う敵の存在などの設定も良く有る設定。
そんなアニメが、今、何故、受けているのか?
しかも外国でも受けているというし・・・。



敵の人を喰う鬼は、それぞれ人間が持っている様々な業に縛られている。
それを鬼滅の刃で切り伏せていくお話しは、当然、爽快感がある。
それは水戸黄門の印籠のようなもの。
しかし、そんなものが人気の秘密とも思えない。



気になる・・・。



イワシの群れ

まあ、暫く頭の中の気になる事リストに格納しておいて、時々引っ張り出して考えてみましょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち疑問カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは植物です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。