疑問の最近のブログ記事

2021.10.19


度々耳にするようになったSDGs。
日本では持続可能な開発目標と言われているようだが、もう一寸マシな訳はなかったのだろうか。



内容はと言うと、文句のつけようがないが、有史以来、人類の永遠の課題とも言える様な事ばかり。
それをたった15年で達成しようと言うのだから驚く。



本気なのだろうか?

いや、まあ、本気なのだとは思うが、どうやって15年と言う短期間の達成時間が設定されたのだろう?

こういった問題を1mm前進させるのに、百年単位の時間を要してきた事実を、どう考えているのだろう?

気になる。



こういった問題点を整理して分かり易く記述した事は、意味があると思う。
しかし、期間が、どうも釈然としない。



期間について、国連でどんな議論がなされたのだろう?
「これは無理だ。」と誰か言わなかったのだろうか?
それだけ切羽詰まっているという警告の意味なのかな?

もしかして「15年で達成できないようだと、16年目は無い。」
なんで意味では無いと思うけれど・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021.10.13


選択的夫婦別姓制度、なぜ、さっさと採用されないのか不思議だ。



別姓が嫌なら同姓でも構わないのだから、誰も不都合が無いと思う。

が、何故だか反対する人が居るらしい。
その反対する理由を考えてみるのだが、どうにも思い付かない。
自分は兎も角、他人が別姓にすると、何か不都合な事があるのだろうか?



生まれた子供の姓をどうするかと言う問題は有るようだ。
しかし、それとて、どちらの姓にするか夫婦で話し合って決めれば良いだけだし・・・。



反対する理由が分からない。



さらに奇妙なのは、
国会で選択的夫婦別姓制度に賛成する人は意見を言うのに、反対派が意見を言っているのを聞いた事が無い。



謎だ。



外国の国会もこんなものなのだろうか?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021.09.28


自民党の総裁選、明日が投開票らしい。



先日、候補者の主張を聞いたのだが、相も変わらず、人口減を国難と言っていた。



まだ終わった訳では無いが、このコロナ禍を経験しても、まだそんな事を言っているのかと呆れてしまう。



赤潮がワクチンを開発したら、どうなるか考えないのだろうか?
自分達が赤潮とは違うと思うのは、あまりにも愚かだ。



人口減を是とし、それを前提とした政策を論議して欲しいものだ。
が、賢者の陥穽に落ちた人達には、環境からの警告も耳にはいらないようだ。



だいたい、総裁候補者に限らず、そういう話を聞いた事が無い。
おそらく、同じ様に考えている人は、沢山居ると思う。
それなのに、そういった意見が全く聞こえてこないのは、どういう事だろう?



良いのかな~、これで・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.09.25


チョコエピ

長岡市の人気のパン屋さん「ラ・ボントーン」のチョコエピ。
ラ・ボントーンさんは、特にハードパンが旨い。



このチョコエピに入っているチョコ。
焼いてあるのに、何故か融けていない。



ちょっと前から、この手の、焼いてあるパンの中に入っていてる融けていないチョコを良く見掛ける。



以前から気になっていたのだが、調べてみたら、バトンショコラという融点が高い特別のチョコであると分かった。



詳しい事は、もうちょっと調べてみないと分からないが、チョコの粒子が砂糖で包まれている為、簡単には融けないと解説されているのをネットで見付けた。



へ~、そうなんだ・・・。
以前は、パンの中のチョコが硬いなど、考えられ無かった。
画期的。
どうやら誰かの発明であるようだ。



いや、でもちょっと待てよ。
高温でも融けないと言う事は、イコール口融けが悪いと言う事ではないだろうか?
あれ!?
なんだか矛盾しているぞ、これは。



このバトンショコラを使ったパン達、結構人気がある。
自分も結構美味いと思う。
しかし、味わいに何か理不尽さも感じていた。
そう、齧った時、一寸違和感があるのだ。

それがこれだな多分・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.09.09


アボカドとクリームチーズを入れたスモークサーモンのサンドイッチを、作ってみた。



イマイチ納得のいかないアボカドとクリームチーズとスモークサーモンのサンドイッチ

アボカドとクリームチーズの取り合わせは、味わいが被っていて、この前作った時、もったいないと思ったりしたのだが、割合を変えればと思い立ち、また作ってみた。



しかし、やっぱりなんだかな~・・・。



不味い訳では無い。
でも、それぞれが引き立て合っていないというか、溶け合っていないというか、取り合わせる必然性を見付けられていない感がある。



アボカドとクリームチーズは良く有る取り合わせ。

それにスモークサーモンを足すのが良くなのかな?
そんな事は無い気もするけど・・・。



どうも今回もイマイチ納得がいかない。
何かが足りない様な・・・。

こりゃ、また保留だな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.09.08


「いじめゼロ宣言」について、ラジオで議論しているのを聞いた。



なんでも、いじめゼロ宣言は、反っていじめを潜在化する恐れがあるのだそうだ。

数値目標を掲げると、ただでも忙しい先生達が、それを達成する為に、子供のいじめを見て見ぬふりをする恐れがあるのだそうだ。



ありそうな話だと思う・・・。



大体「いじめゼロ宣言」自体が、的外れ。



生き物のルールは、弱肉強食。
弱肉強食は、弱いモノ虐めそのものである。
人間以外の生き物達は、他者をイジメる事に何の躊躇も無い。
そして人間も生き物なので、このルールの外に居る訳では無い事を忘れてはならない

そう、人間は、元々、いじめの性質が備わっているのだ。



いじめは、無いのが当たり前でな無く、有って当たり前。



それを教育に因って矯正するのが、教育の大きな役割。
数学や国語を学ぶのは、イジメの矯正の為だと言っても過言では無いと、自分的には思っている。



なのに、いじめが無いのが当たり前が如くの「いじめゼロ宣言」は、虐めの認識をスタートから既に間違っている。



いじめや差別や偏見は、もともと人間が持っている性質である。
それを矯正するのが教育。
それが当たり前だと思うのだが、そうなっていないのがどうにも不思議でならない。
なんでそう言う認識にならないのだろう?



教育の真の目的を忘れて、手段である競争に感けている勘違いが、イジメの横行の原因なのは、火を見るより明らかだと思うのだが・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.09.07


首相が突然の退臣表明。



「政治家は、自分の事しか考えていない。」
と、多くの国民が呆れていると思う。



ただ、彼らを選んでいるのは自分なのだと言う事を忘れてはならない。
民主主義は、その国民に見合った政治家しか選出出来ない。



コロナは、色々ある今の社会の矛盾点や弱点を炙り出し、目に見えるようにする。
これもまた、それだろう。



次期首相の話しも、かまびすしい。



大体、あんなに大変な仕事をやりたがる人の気がしれないと思う。



そんな人は、間違い無く賢者の陥穽に落ちている。
人は、自分を優秀だとか賢いだとか、特別な人間だと思った途端に、落し穴に落ちる。



しかし、そういった勘違いでもしていなければ、首相などという大変な仕事を担う気にならないのも事実だったりする。



落し穴に落ちた人間しか、首相にならない仕組み。
民主主義の最大の欠陥だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.08.16


行き付けのスーパーの地物野菜のコーナーに、キャンベルが置いてあった。



地物野菜のコーナーで購入したキャンベル

ブドウの中で、キャンベルが一番好きなのだが、この頃、トンとお目に掛かれない。



どうやら通販では購入可能のようだが、一般の流通では、何処でも購入可能という状況では無くなったようだ。



お店に並ぶのは、シャインマスカット等の高級品種ばかり。
これで良い訳が無いと思うのだが・・・、と何度も書いた。
町の小さなお店が、シャッターを閉じている様にキャンベルも、その道を辿るのだろうか。



今年は、ありつけたが、来年は・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.06.29


映画、鬼滅の刃のDVDを家族が購入。



アニメ好きなので、早速、観てみた。
が、何だろう、自分には、その良さが、分からなかった。



悪く無いが、良くも無い。
いたって普通の出来のような・・・。
上映当時の話題沸騰ぶりが、どうも解せない感じがした。



評判を聞いて、期待し過ぎた所為だろうか・・・。
はたまた、ジジイになって感性が鈍くなった所為だろうか?



ファーストガンダムや宮崎アニメと出会った衝撃は、今や遠い昔。
それらとは比べようも無い気がするのだが・・・。



鬼滅の魅かれるところは、生き物や植物の描写が正確で美しいところ。
そのチョイスが自分の好みに似ている。
アサギマダラ良い感じ。
作者、どんな人なんだろう。

鬼滅と言えば藤



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.06.15


今日の午後のNHKラジオのテーマは、
「勉強するのは何のため」
だった。



ぜひ学ぶ理由として、
「良い仕事に就く為」とか「ブランド校に進学したいから」とか「経済的に優位になりたいから」とか「社会的地位を手に入れたいから」とかが間違っているとハッキリ言って欲しかった。
が、結局、いつもの様にオブラートに包んだ表現。

残念・・・。



もっとも、そう指摘したところで、自らがその勘違いに気が付けなければ、何の意味も無いので、仕方がないのだけれど・・・。



リスナーの投稿に、その手の主張が無かったのに違和感。
上記の考え方が主流のはずなのに、どういう事だろう?



番組中、孔子の論語の言葉やアリストテレスの言葉が紹介されていた。
それを受け
「今も昔も、変わらないんですね。」
と司会者。



いやいや、それは違うだろうと思う。
むしろ、変わっていない事に戦慄するべきだと思う。
その謹言から今までに2千年以上経っているにもかかわらず、全くと言って良い程、それらの真理が実践されていない事に、どんよりしなければならないところだろう。



結局、ゴールだけを示されても、そこにたどり着く道順が分からなければ何もならないという事のようだ。
大体、それらは既に過去のモノだし。
2千年も経ってしまえば、熟成し過ぎでカビが生えているかもしれないし。



ほう葉

「何故学ぶのか?」は
「何故学ぶのか知る為に学ぶ」
が一つの理由であるとも言える。
しかし、そう言ってしまっては実も蓋も無い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち疑問カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは植物です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。