疑問の最近のブログ記事

2020.01.19


高龍神社に初詣。



高龍神社

神仏に興味のない自分にとっては、高龍神社は山間の小さな神社という認識だったので、参詣用の駐車場が満車に近い程、沢山の人が訪れていた事にビックリ。
お参りの人が引きも切らない感じなのだ。
おまけに、高台の神社に行く為の参拝用のエレベーターまで完備されていた。



どうやら高龍様、人気の参拝スポットであるらしい。



そう言えば確か高龍神社の由来は、白ヘビ伝説だった事を思い出す。
ヘビ=金運アップのご利益。
ヘビの抜け殻をお財布に入れておくと、金運が上がるとか。
成程、そういう事か。
会社関係の寄付も多いらしい。
どうやら商売繁盛のご利益もあるようだ。
ヘビ→金運アップ→商売繁盛という連想かな。



参詣の人の多さに目から鱗の想い。
金銭と神仏に対する人の妄執を再認識させられた。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.01.17


融雪凍結防止剤の撒かれて道路

白い道路。



この白い粒々。
雪でも無ければ氷でも無い。

その正体は、融雪凍結防止剤。
確か塩化カルシウムだったと思う。
雪国ではこれが、冬期間、頻繁に道路に撒かれる。
この日も晴れて放射冷却が予想されていたので、これでもかって位に撒かれていた。



この融雪凍結防止剤、効果は有るが、鉄を錆びさせる困った副作用がある。
車のボディや沿道の車庫のシャッターが痛んだり腐食したりするのだ。



この冬、記録的な暖冬の為、今のところ、この融雪剤が撒かれる機会が極端に少ない。
その反動か、この日、この程度の冷え込みにしては撒き過ぎ。
融雪凍結防止剤が在庫過多なのかもと穿ってしまう撒き様だ。



道路が白くなる程撒かなくても・・・。
全く・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.12.29


NHKラジオの子供科学電話相談を聞いた。



夏休みの企画だった子供科学電話相談。
最近は毎日曜に放送があるのだが、今日は年末特番。
通常放送の倍の4時間の放送だった。



テーマは「人間の心と体」。
なので究極の質問が目白押しだった。



「人間は何故一番になりたがるのか?」
小学生の質問。
これも究極の質問だろう。
おそらくちゃんと説明しようと思ったら、放送時間を全部使ったとしても足りないのでは無いだろうか。



回答者からも
「これは大事な質問だから、沢山喋るから覚悟してね。」
という前置き。

これは期待出来そう。
ワクワク・・・。



ところが解説されたのは、
「競争は、目的では無く手段である」
という事だけ。
質問の核となる所までたどり着けませんでした。
まあ、質問の規模が大き過ぎるから仕方がないか。
これだけに時間を取る訳にも如何なだろうし。

「競争は、目的では無く手段である」も今、重要な問題でもあるのだし。



回答の先生が自分と同じ問題意識を持っているらしい事が分かって嬉しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.12.27


断捨離、単なる流行り言葉位に考えていた。
どちらかと言うと、胡散臭いと・・・。



しかし、どうやら宗教用語を使っているだけに、
断捨離は、
「物質文明に対する真摯な反省を促す」
が本当の目論みらしいと知る。



なる程ね~。
いくら「物質文明に対する真摯な反省を促す」と言ったって誰も聞く耳を持たない。
なので片付け術という分かり易く、皆の関心の集まりやすい粉砂糖を掛けたという事のようだ。
上手い事考えたものだと思う。



とは言え、今は提唱者の意図は何処へやら。
断捨離は勝手に一人歩きしてしまっているらしい。
変質してしまった断捨離。
それが胡散臭さの元のようだ。



それにしても意図の伝わり難い事、おびただしい。
断捨離=捨てる事という誤解。
上手い作戦と思われる断捨離さえ、この体。

う~ん・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.12.24


少子化による人口減少が予想以上に進んでいるとニュースが告げていた。



少子化の原因は、色々取沙汰されているが、その原因を一言で言えば、
「日本の社会が幸せで無いから。」
だと思う。



子供を産み、育てたいと思わない人が大勢いる。
これ以上に不幸な状態は無いだろう。



国民がとんでもない不幸な状態だから、結果、少子化が進行している。
この不幸な状況を何とかしなくてはならないから対策を考える。
と言うのが真っ当な考え方だと思う。
決して年金制度の維持の為に少子化を止めなければならないのでは無いのだ。



元号が変わったのが、多少なりとも少子化の進行に影響したようだと、官僚のコメントがニュースに付け加えられていた。
令和になるのを待って結婚した人が多かったから、と言う事らしい。

何処まで寝ぼけているのだろう・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.12.20


大学入学共通テストの記述式問題が中止になった。



大学入学共通テストを
「人生を決めるテスト。」
とインタビューに答えている人が居た。



大学入学共通テストが人生を決める・・・。



恐らく、それが多くの人の認識なのだろうと思うが、自分にはどうかしている考え方としか思えない。
たった一回の試験が人生を決める・・・。
可笑しいと思わないのだろうか?

その考えが諸悪の根源だと何故判らないのだろう?



大学入学共通テストの記述式問題が中止になったのは、公平性が担保されないかららしい。
が、そもそも完全に公平な試験など有りはしない。



しかも試験は、試験を作成する者以上の器の才能を見出す事が出来ないという最大の欠陥がある。
諸外国は、それらの欠陥を認識し、それをなんとか克服すべく試験制度を作っているようだが、日本においてはその欠陥さえも認識されていないらしい。

なんとも情けない。



たった一回の試験が人生を決める。
可笑しいと思わないのだろうか?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.11.20


SMAPのライオンハートの歌詞について、
「私は、そんなに弱くない。別に守ってもらう必要はない。」
という投稿をラジオで紹介しているのを聞いた。
もちろん投稿者は女性。



それは、男子としては有り難いご提案。



もともと女子守護を望んだのは女子から。
それを女子自ら必要ないと言っていただけるのだから、数万年に渡って男子が背負ってきた重荷を下ろす事が出来るというものだ。



今年は例年に無く熊の出没が多いが、クマに遭遇した時に、男子が女子より先に逃げても、どうやら今は、情けない男と蔑まれなくて済むらしい。



熊に襲われたら、特に北海道のヒグマだったりしたら、一方が食われている間に、もう一方が逃げる、と言うのが最良の選択となる。
一般的に女子より男子の方が足が速いので、大概、女子が食われる事になると思うが、どうやらそれで良いと言う事らしいので、それならば、男子にとってこれ程有り難い提案はないと思う。



絶対に勝てないので、クマとなんかと出来れば喧嘩したくない。
そんな時に踏み止まる様に心を練っておくのは中々しんどいのだ。
やたらと男子が「男なら・・・。」とか男気を強調するのは、そんな事情があるからこそなのだ。



かなり古いが「タワーリング・インフェルノ」という映画で、女性と子供を差し置いて、我先に逃げ出そうとした男性を否定的に描いていたのを思い出した。
どうやら今は、そんな行動も充分に許されると言う事らしい。



でも、本当にそれで良いのかな?



熊に喰われ掛けたが九死に一生を得た女性が、自分を置いて逃げた男性を、それまで通りに恋人と思えるのだろうか?

「守ってもらう必要はない。」
と言っていた女性に聞いてみたい。



まあ、そう言いたくなる気持ちも分かるけれど・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.11.19


おでんを久しぶりに食べた。



おでん

たまに少量を購入して食べたりした事もあったが、自分で煮込んだのは、略30年ぶりだと思う。



その理由は、おでんの主役とも言える練り物。
それの添加物などの副材料の多さが、どうも気になって。



身近では添加物の無い練り物は手に入らない。
昔ながらの練り物で作られたおでんを食べてみたいと思っているのだが、中々そのチャンスは無い。



もっとも、洋風練り物とも言える、ウィンナーやベーコン等は、添加物があっても気にせず食べている。

なんとも現金・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.11.18


おでんは、世間では鍋料理に分類されているらしい。



出汁で具材を煮込むところまでは、おでんも鍋料理のようだが、一回目の具材を食べ終えてしまったら、具材の追加が難しいのではないだろうか?
おでんは、良く煮込んで味が滲みてこそ美味しい。
特に一番人気の大根。
味が染みてなかったら、その価値は半減だと思う。



鍋の最大の特徴である、具材の追加は、おでんの時、世間ではどうしているのだろう?
昔から疑問だった。



おでんは鍋料理には不向きだと思うのだが・・・。



30年ぶりにおでん

30年ぶり位かな、おでんを作ってみた。
と言っても具材を出汁で煮ただけだけれど。



「熱々を食べたいから、おでんを鍋にする。」
といったところがおでんを鍋にする考えられる理由だろうか?
でも、熱々で食べたい料理は、他にいくらでもある。

どうもおでんが鍋にされる理由が良く分からない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.11.13


新学習指導要綱で、高校の国語から古典を廃止する事が検討されているらしい。



古典は必要なのか?
という議論が根底にあるようだ。
「国際標準の知識ではない。」
が不要論の主張らしい。



困った事だ。
学問は、国際競争を勝ち抜き、経済的優位を保つ為にあるのではない。
その間違った認識が諸悪の根源のひとつだと思う。



だいたい
「役にたたない学問なんて無い。」



全ての学問を学ぶ事は出来ないので、取捨選択は致し方ないが、
「その学問が役に立つか立たないか。」
とか
「国際競争に勝つために。」
とかの、
あまりにもお粗末な理由で何を学ぶのかを決めるのだけは止めておいた方が良い。



自分は古典の授業が苦手だった。
おっと、劣等生なので古典に限らず多くの授業が苦手だったのでした。
けれど、不要とは思わない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち疑問カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは植物です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。