疑問の最近のブログ記事

2019.03.25


仕事をしながら聞いていたラジオで、ドキュメンタリー映画「みんなの学校」の題材となった大空小学校初代校長木村泰子氏がインタビューを受けていた。



大空小学校は、公立校ながら型に捉われない教育で不登校ゼロの学校。
保護者らの支援も積極的に受け入れ「地域に開かれた学校」を実践しているらしい。



その所為かビックリした事に、毎年卒業式には、歴代の卒業生達も、全員では無いだろうが列席するそうだ。
普通、卒業校を母校とは思うが、OBが毎年の卒業式に出席する様な事など無い。
しかし、大空小学校では、それが当たり前の事と思える教育が成されているらしいのだ。
どうやら大空小学校は、映画「みんなの学校」の呼称そのものの学校のようだ。



木村泰子氏はいんたびゅーで、
「学校は、子供達が幸せになる為に存在する。」と仰っていた。



得たりおう、だ。
学校は、教育は、人を幸せに導ける唯一の手段だと常日頃思っているので、同じ様に考え、しかも実行している人が居ると知り、滅茶苦茶嬉しかった。



もちろん「幸せ」=「経済的優位」・「社会的な地位」等ではない事は言うまでも無い。
試験や学歴で他者を出し抜いた(出し抜くは言い過ぎかな)としても、人はそんな事で幸せになれない事は、考えるまでも無く当たり前だ。



世の中、悪い方向にばかり進んでいる気がしていたが、大空小学校に一筋の光が見えた気がした。
久しぶりに良いニュース。
大空小学校は今は少数派ではあるが、大空小学校の様な学校が標準仕様になる事を願う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.03.19


調べてみたら、実母に因る児童虐待が、児童虐待の全体の6割を占め、一番多いのだと知った。



実母による児童虐待は、女性の場合は遺伝的には間違い無くつながっているので、その原因は、父親に因る虐待とは違い、利己的遺伝子には因らないようだ。
母親の児童虐待の原因は、父親のそれとは全く別の原因があると考えた方が良い。



そこで思い付いたのが、子育ての経験値、という事。



今の母親・父親は、核家族化や少子化の影響で、子供の時に、その目で実際の子育てを見ていない。
要するに、子供の頃、小さい子供と触れ合っていないのだ。
それが大きな原因の一つなのだろうと思う。



チンパンジーなどの霊長類も、動物園などの特殊な環境下、他の大人のメスの子育て見る機会の無かった若いメスは、多くの場合、子育てが出来ず、子育てを放棄し、子供を殺してしまう事がままあるらしい。
動物園の動物が子育て出来ない事は、実に多い。
その対策として、「チンパンジーに人間の子育てする様子のビデオ映像を見せて、教育した。」という話を聞いた事がある。
それで実際、上手くいったようだ。



実母に因る児童虐待の原因は、どうやって子育てして良いか分からない経験不足が、大きな原因の一つ。
これは間違い無いと思う。
人間は、生殖可能になったからと言って、子供を育てられる訳では無い。
それがすっぱり忘れられている。



しかし、おそらく実母による虐待の原因が、子供の頃の経験不足などと言う事は、専門家の間では常識だろう。
なのに何故、その根本原因を無くす対策が講じられないのだろうか?
対策と言えば、対症療法ばかり。
罰則の強化、通報の奨励、児相の強化等々・・・。
事ここに至っては、もちろん対症療法も大事ではあるが、何故根本対策が立てられないのか?
動物園でさえビデオを見せて教育しているのに・・・。
全く不可思議としか言いようがない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.03.18


昨日のブログに記したメイトガード



メイトガードとは、オスがメスを、他のオスと交尾しない様にガードする事。
それは、自分の遺伝子だけを残したいという生き物の本能によるところだが、それを利己的遺伝子と言う。



生き物のメイトガード、中々峻烈。
他のオスが近付かない様にガードするのなんて大人しい方で、中には交尾の後、メスが二度と交尾出来ない様に、メスの交尾器を破壊する、とんでもない者(人間的には・・・)までいるらしい。



ペットの飼育数で犬を抜いて一位となった猫。
その猫のオスもメイトガードをする事が知られている。
オス猫は、メス猫が発情している間、飲まず食わずで雌猫の側から離れない。
食事なんかしていては、彼女を他の男に盗られてしまうからだ。
寝る間も無く、彼女に付き従う。
寝るのは彼女が眠っている時。
しかし、それだって彼女が何時目覚めるか分からないので、神経を尖らせたままのうたた寝程度。
同じほ乳類のオスとして身につまされる感じがする。
まさに生存の全てをメイトガードに賭けている。



自分の遺伝子を残したいという情動、中々激しい。
それは、生き物である人間も例外ではなく、この情動が、様々な問題を引き起こす原因となっているようだ。
ストーカー行為などは、メイトガードそのものだと思う。
男性の独占欲もしかり。
また、結婚という様式もメイトガードの変形と言えなくもないようだ。



利己的遺伝子による激しい情動。
メイトガード。
時に倫理観など吹き飛ばしてしまう。
それが父親に因る児童虐待の大きな原因の一つになっているのだと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.03.17


先日、テレビの情報バラエティー番組で、最近は遺伝子検査が手軽に出来るようになった為、自分の子が実子かどうか検査してみる父親が増えてきていると言っていた。



それで、実子では無い割合は2~3割だったとか。



ビックリの数字だが、解説者は、「妻の不貞を疑う夫婦の結果なので、一般のご夫婦にはあてはまらない。」と言っていた。



が、はたして本当にそうだろうか?



うおぬま屋は、ツバメの場合も、同じ巣の中に居るヒナ達の異父兄弟の割合が、奇しくも2~3割だと言う事を知っている。
ツバメ、意外と浮気者。



この2~3割という数字。
偶然の一致・・・、と思えない。



もしかしたら人間のご夫婦の異父率も、実は2~3割、という気がしている。



実父の虐待
この2~3割と言う数字が原因なのではないだろうか?



かなり以前、作家の林真理子氏が、
「男っておめでたいよね。妻の子供を自分の子供だと信じて疑わないんだもの。」
と言っていたのを思い出した。
が、人間を含めた生き物の雄は、そんなにおめでたくはない。
だからメイトガードがあるのだし。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.02.05


国会中継をラジオで聞いた。



統計不正が論議されているが、事件の参考人を招喚する事を与党が拒否していた。



何で?



参考人を呼ぶ事を拒否したりしたら、何か後ろめたい事でもあるのかと勘繰られる事になる。
「何故参考人を呼ばないのか?」と問われても、はっきりと理由を言わない。

何なんでしょうこれ。



まさか本当に統計不正を政府が指示したのだろうか・・・?
まさかね~・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.01.23


自衛隊機への射撃レーダー照射事件。



韓国側が認めないので
「じゃあ、いいや~・・・。」
と言う事にするのだそうだ。



何なんでしょう、その対応。
まるで子供の喧嘩。
呆れたものだ。



それにしても不可解。
自衛隊側の勘違いだったという事でも判明したのだろうか?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.11.07


いじめが原因で自殺した八王子の女子中学生が残した遺書が悲しすぎる。



「お母さん、お父さんへ これを読んでいるという事は私が・・・」から始まる遺書。
その短い、しかし悲痛な文章から、亡くなった女子中学生が、賢く、優しい女の子だった事が読み取れる。
なぜこんなに優しく賢い娘が死ななければならなくなったのか・・・。
胸が痛い。



いじめが無くならない最大の要因は、いじめを防止する力を持つ教育が、その機能を全く発揮していないばかりか、その反対にいじめを助長するような働きをしているからに他ならない。
以前も書いたが、数学や国語をしっかり学ぶ事は、いじめを無くす為だと言っても過言では無い。
それがあろう事か、順位付けの道具に成り下り、ストレス社会の根底を作り上げている。
何故その根本に切り込む事が成されないのか・・・。
悔しい。



「長生きちゃんとしてね」
が彼女の最後の言葉。

心が裂けてしまいそうに悲しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.31


AIってなんだろう?



どうやら特殊なCPU等、コンピューターのハード面が発展したものではなさそうだ。
もちろんコンピューターの性能の向上があったればこそのAIなのだろうが、コンピューターの性能向上がAIって事ではなさそうだ。



AIは、プログラム?
どうもそんな気がするが、そうばかりでも無いような・・・。



AIってコンピュータの検索機能の発展したもののような気がする。
多分、そうなのだろうと思うが、普通、検索結果を判断するのは人間。
それを判断するのがAIと言う事のようだが、それはどういった仕組みによるモノなのだろう?



自分はコンピューターを自動スイッチングボックスと理解している。
そんな風にAIを一言で言い表すと、どういう感じなるのだろう?
誰か分かり易く教えてくれないだろうか。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.18


最近気が付いた。



北海道の呼び方。



他都府県は、新潟県なら新潟、東京都ならば東京と都府県を外して呼ぶ事が一般的にあるが、北海道だけは、何故か道を外して呼ぶことが無い。
北海道の都道府県名は、北海のはず。
なのに北海などと呼ぶ者は居ない。



何でだろう?



ちょっと調べてみたが、やはり同じような疑問を持つ人が居て、考察がなされていたが、それを読んでも、どうも釈然としない。
北海道は他都府県と成り立ちが違うからとか、なんとなく皆がそう言い習わしているからなど、まあ、そんなところなのだろうとは予想していたが、どうもこれだといった腑に落ちる感じが無い。

う~ん・・・。



また例によって、頭の引出しに仕舞っておいて、時々引っ張り出して考える事になりそうだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.12


「チコちゃんに叱られる」というNHKの番組を楽しみに観ている。



「チコちゃんに叱られる」は、当たり前と思っていて、今まで考えたこともなかったような事柄を、あえて問題にする雑学クイズ番組。
昨日、ブログに書いたカツ丼の件は、「蕎麦屋さんのメニューにカツ丼が有るのは、蕎麦屋さんなのに何故?」でした。
なるほど・・・。
自分は、「蕎麦屋さんがファミレス化して御飯物もメニューに載せたかったから。」だと思っていましたが、それは違っていました。



「何でも鵜呑みにせず、自分の頭で考えましょうよ。」がこの番組のコンセプトなのだろうと思う。



司会の5歳のチコちゃん(顔がCGで体は着ぐるみ、声は木村祐一さん)に、そんな素朴な質問されたゲストが、それは事考えた事も無かった「エっ・・・。」と答えに窮するところが番組のポイントの一つなのだが、割と自分は、そんな質問に対して、一度や二度考えた事が有る事が多く、その答えが合っているかどうかは別として、その回答を自分なりに持っている事が多い。
蕎麦屋のかつ丼のように。
まあ、結果的に間違っている事の方が圧倒的に多いのだが、「エッ!考えた事も無かった・・・。」と言う事はあまり無いようなのだ。



ちょっとこれは嬉しい。

そういえば自分は、何やかや、根掘り葉掘りと色んな事を考えている傾向があるようだ。
ようするに考え事が好きで、疑問に思った事を頭の引出にしまって置いて、時々引っ張り出しては考えている。
何年でも、飽きもせず。
答えが分からなかったり、新たな疑問が出来たりすると、ワクワクする。
それが楽しみなのだ。
まあ、大概が役にも立たない事ばかり考えているのではあるが・・・。



そんな余計な事ばかり考えている者は、大概は劣等生となる。
もちろん自分も、ご他聞に漏れず劣等生を自任しているが、
「そうか、この番組でチコちゃんが、そんな劣等生を励ましているのかもしれない。」
と気が付いた。



まあ、もっとも、こんな事を書くのに時間を費やしている事自体が劣等生ならでは。

ははは、性分だからな~。



銀木犀

銀木犀。
良い香りを漂わせているが、そろそろ散り始めている。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち疑問カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは植物です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。