の最近のブログ記事

2018.07.23


車庫にお住いのツバメのご家族。



また襲われてしまいました。


<巣の下で息絶えた雛p>

5羽居た雛達、一羽は巣の下に落ちて息絶えていましたが、残りの4羽の姿は在りません。



今朝5時に車庫のシャッターを開けてから、6時にもう一度様子を見に行った僅か一時間の間の出来事。
油断でした。
後数日で巣立ちだったので、監視の目が緩んでいました。
悔しい、後3~4日だったのに・・・。



今回は、巣は壊れていませんでした。
小一時間の間に、痕跡を残さず充分に成長したヒナを4羽も襲う天敵。
3m以上の高さがあるので、飛ばなければ無理。
いったい何者?



これで今年、我が家から巣立つツバメは一羽も居ない事になってしまった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.07.20


車庫にお住いのツバメのご家族。



大きな口を開け、おねだりをするツバメのヒナ達

ヒナ達、元気。
大きな口を開け、盛んにおねだりをしています。



だいぶ大きくなりました。
後一週間。
まあ、ここまで大きくなれば大丈夫でしょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.07.16


車庫にお住いのツバメのご家族。



今日、早くもヒナのお顔を見る事が出来ました。



孵化後一週間、初見のヒナ

孵化後約一週間。
あの小さな卵から産まれたヒナが、もうこんなに大きくなっています。
いつもながら驚異的な成長スピードです。



後十日前後で巣立ち。
来週末かな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.07.10


車庫にお住いのツバメのご夫婦。
ヒナが孵った模様です。



4度目の営巣で孵化したツバメの卵の殻

卵の殻が巣の下に落ちていました。



今期、3度に渡る巣の破壊が有り、まだ巣立った雛が1羽もいない状況。
一度目は、ヒナが孵った途端に巣が壊され、2回目3回目は、産卵直後にやられました。
4度目の子育て、上手く行くよう、監視を強化します。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.07.01


車庫にお住いのツバメのご夫婦。



車庫のツバメの巣、まだ無事

まだ巣は無事です。
4度目の正直。
3度にわたる巣の破壊。
なんとか巣立つ雛を見てみてたい。
上手くいって欲しい。



やはり犯人として一番疑わしいのはカラス。
なので、カラスが車庫周辺に現れた時は、可能な限りカラスに眼を飛ばし、こちらを意識させるようにしている。
動物は見詰められることが苦手なので、これは結構効果があると思う。



後は、被害が起こってしまった時の為の準備。
少なくとも犯人だけは特定しなければならない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.06.27


車庫にお住いのツバメのご夫婦。



4度目の抱卵中のツバメ

4度目の抱卵中。



今期、3度も何者かによって巣が破壊され、まだ1羽も巣立っていない。
今度こそ上手くいって欲しい。
おそらく同じご夫婦が営巣されているのではないと思うが、頑張れ。



あの巣の壊れ方は、ツバメ同士の横恋慕では無いと思う。
犯人は、天敵か人・・・。
注意して観察し、被害を防ぐ所存。
少なくとも犯人は必ず突き止める。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.06.19


我が家周辺で毎年、お住いを構えるシジュウカラご夫妻。
おそらく世代交代はしていると思いますが、長年のご近所さんです。



なのにいつも、そのお住まいは分からず仕舞い。
ご近所さんなのに・・・。
まあ、そんなに真剣に探さない所為ではありますが。



しかし、今年は、そのようとして知れなかったお住いが、何処に在るのか分かりました。



カーブミラーの市中にお住いのシジュウカラ

我が家の車庫横のカーブミラーの支柱の中。
まさかこんなに身近に住まわれていたとは思いませんでした。
灯台下暗し。
今年は、車庫の上の電線で、頻りに囀っていたので、この辺りだろうとは思っていましたが、正にご自宅の略真上で囀っていたようです。
お住いから少し離れた所で囀るものと思っていたので、それも盲点でした。
巣の真上で囀ってしまっては、そこに巣があると教えているようなもの。
それで大丈夫なんでしょうか?



お住いを覗いてみたい気もしますが、そこは我慢、我慢。

無事な巣立ちを願います。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.06.14


また車庫のツバメの巣が壊された。



また壊されたツバメの巣

朝、出掛けようとした時に壊されている事に気が付く。
今朝、未明に車庫のシャッターを開けた時には無事を確認していたので、ほんの2~3時間の間の犯行。
これはもうツバメ同士の争いではなさそうです。



潰れた卵

今回は、潰れた卵も残っていました。
と言う事は、卵を狙った天敵に因る襲撃では無い事になります。



となると、犯人は、人・・・。



しかし、早朝、ひとの家の車庫に侵入して、ツバメの巣を壊すような人間が居るとは考え難い。
いったい何が起こっているのか・・・。
これで3度目。
どうも忌々しき事が起こっている気がしてきた。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.06.07


車庫にお住いのツバメのご夫婦。



再々抱卵中のツバメ

車庫の入口近くの巣を修復して抱卵中。
再々抱卵。
多分、ツバメ同士の横恋慕によると思われるが、今期、2度も巣が壊され、まだ巣立ったツバメが居ない。
今度こそ上手くいって欲しい。



自分のところに来るツバメに気を取られ気が付かなかったのだが、そう言えば去年位からツバメの数が極端に減った気がする。
以前はこの時期、空を見上げれば、そこにツバメが飛んでいたものだ。
しかし、最近は時々飛んでいるのを見掛ける程度。

その事に気が付き、鳥肌が立った。



「これは非常に不味いのではないだろうか・・・。」



ツバメ達は、建物の外壁がツルツルになって巣が作れない為、車庫を多く利用している。
しかし、それも糞をするからと追い出される事が多い。
ツバメのこの急激な減少はその所為だ。
ツバメが住み着くと幸せが来る、と言う言伝えは何処に行ってしまったのだろう・・・。



我が家のツバメ達の二度に渡る繁殖失敗は、あまりに酷い住宅事情が影響しているのかもしれない。
不のスパイラルに入っているのかも。



ツバメ達の人に因る災厄、回り回ってやがて人に帰って来る。
ツバメの同居を許せない不寛容。
その一寸した不寛容が、いずれ己の首を絞めることになる。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.06.05


ノロウィルス感染4日目。



孫娘、今日もウンチユルユル。
粘液状のいかにもノロのウンチと言う感じだそうだ。
排便の時にお腹が痛むので、まだまだ本調子ではない。

娘の症状は、吐き気は強く無いものの、下痢が続いているとの事。
こちらも心配だ。



何者かに2回も破壊されたのに、また修復されたツバメの巣


車庫の入口近くのツバメの巣が修復されていました。
それも素早く。
何者かによって二度も壊されたのに、なんとも逞しい。
こんどこそ上手くいって欲しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは魚沼野菜です。

次のカテゴリはMTブログです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。