催し物の最近のブログ記事

2020.10.19


小国の森林公園で開催された音楽フェスに行って来ました。
小国は隣町。
その森林公園は、車で20分程。



小国森林公園小国の音楽フェス

客数、満席でも40~50人の小さな音楽フェス。
野外でもあるので、これならば感染のリスクは相当低い。
林間のステージ、良い感じ。



とは言え、自分の目当てはこちら。



音楽フェスの屋台の美味しいモノでランチ

屋台の美味しいモノ。



お外でのランチ。
美味しかった。
孫達も広い公園を歩き回って満喫。
音楽は・・・、BGMとして楽しみました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.10.02


11月に開催される食の総合見本市「フードメッセ」の出展者説明会に参加してきました。



朱鷺メッセ

会場の朱鷺メッセ。
訪れたのは、おそらく10年以上ぶりかも。



なにせ見本市に出店するのは初めて。
何をどうしたら良いか、やや途方に暮れる。
消費者として観に行く事は度々なのに、ブースの感じはトンと覚えていない。
やれやれ、今まで何を観ていたのだか・・・。
また、多くの人の力とお知恵を借りなければなりません。
長岡地域の商工会枠からの参加は、他に3社。
楽しみと言えば楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.09.20


このところ川遊びづいている孫娘。



河原温泉で遊ぶ孫娘

今日も川遊び・・・。



しかし、今日の最高気温は21℃。
水遊びには寒すぎるのだが・・・。



しかし、心配ご無用。



ここは秋山郷の切明温泉河原の湯。
切明温泉の中津川の河原は、石や砂利を掘ると熱い温泉が湧く。
なので画像は川遊びというより温泉入浴なのでした。



孫娘、このところ川遊びにはまっているが、温泉にもはまっている。
なので秋山郷切明温泉は、孫娘にとって一粒で二度美味しい場所。



切明温泉は、秋山郷の最深部なので、車で2時間ほどかかる。
距離的にはそんなに遠くないのだが、途中が山道なので時間が掛かるのだ。
か、この時期、暑過ぎず、寒すぎず、吹く風が爽やかで、渓流に付き物のアブも全く居らず、最高のコンデションだった。
しかも以前は自力で掘るしかなかった河原に、畳十畳ほどの丁度良い塩梅の池(湯船?)が掘られていて、スコップ要らずで温泉が楽しめた。
しかも適温。
正に自然の露天風呂。

孫娘、川遊びと温泉を一度に存分に満喫。



この河原の露天風呂、自然な露天風呂とは言うものの、どう見ても自然に出来たものでは無い。
しかも、この規模を人力だけでは掘るのは無理。
おそらく重機を使って掘ったのだと思う。
しかし、その重機を何処から入れたのか謎。

考えられるのは河原を通ってだが、大きな石がゴロゴロする河原を重機が、いかにキャタピラーといはいえ移動できるのだろうか。
河原の石にそれらしい痕跡も無かったし・・・。
どうやったのだろう?



この良い塩梅の露天風呂も、一度大雨が降れば元の木阿弥に戻る。
いかにも短命な湯船。
大雨の度に重機を入れる訳にはいかないだろうので、どうやら今回だけ、一期一会のお楽しみだったのかもしれない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.09.16


孫娘の通う幼稚園の敬老お遊戯会に参加。



幼稚園のお遊戯会

コロナ禍で、幼稚園の行事は軒並み中止。
なのでこのお遊戯会が今年度の初行事らしい。



しかし、やっと開催したお遊戯会も時短で、いつもの半分の時間。
密を避ける為に年代毎に2日分け、規模縮小での開催でした。



年長さんの孫娘。
幼稚園最後の年なのに、かなり残念。

まあ、開催できただけ良かったかな。



運動会も開催するらしい。
時短と規模縮小らしいけれど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.08.14


梅雨明けが遅れ、その後も天候不順で機会を逸していた海水浴。



孫達が、今年一回も海に行かなかったりするのは、とても不味いので、そろそろクラゲが出る時期ではあるが、いつもの浜辺に海水浴に出掛けた。



懸念が二つ。
ひとつは、コロナの影響で、いつも利用する海の家が営業しているかどうか。
もう一つが海の家と浜辺の込み具合。



行ってみたら海の家は感染防御に取り組みながら営業中でした。



プライベートビーチ状態の浜辺

浜辺も、広い浜辺に数家族程度という、ほぼプライベートビーチ状態。
もともと感染リスクの低いオープンスペースではあるけれど、これならば感染リスクは限りなくゼロに近いだろう。



これは明らかにコロナに因る出控えの影響なのだと思う。
となると、感染の恐れは低くなったものの、今度は自分達だけが良い思いをしている抜け駆け感が出てくる。
困った事だ。



海に行く前は、
「海は塩っぱいから好きでは無い」
と言っていた孫娘。
帰り際には立ち去りがたい風情。



よしよし、シメシメ、それは目論見通り。
この為なら多少のリスクはいとわない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




allowTransparency="true">

2020.06.20


妻恋でキャンプ中。
ほぼ40年ぶりのキャンプ。



たき火の炎

キャンプの醍醐味の一つと言われている、たき火。



最近のキャンプ場は、地面から直にたき火をしては駄目なのだそうで、この火は焚き火用の器に入れて薪を燃やしている。
その焚き火用の器、大変優れモノで、折りたたんで携帯出来る上、かなり軽い。
その上、薪の代わりに炭を入れ、焼き網を乗せればバーベキューも出来る。
夕飯は、それでした。
なんて良く考えられていて、便利なんでしょう。



初心者には難関と思われたテント張りも、始めてなので時間は少々掛かったものの、こちらも良く出来ていて、金属の棒の曲げの反発力を使った支柱で支えるなど、舌を巻く合理的なシロモノだった。
スマートキャンプ。
まあ、この道具を考案した人が凄いのだけれど。



キャンプが流行る訳だと実感。



たき火、一般的には随分魅力的であるらしい。
ネット上には、ただ只、たき火の炎を延々と流し続けている動画もあるのだそうだ。



しかし、自分は、そこまでたき火、魅力的と感じないようだ。
中越地震のトラウマも少し影響している。
発災から数日間、夜、たき火で暖をとったのだ。
が、それ以上に、たき火が子供の頃、日常に在ったからではないかと思う。
小学生位まで、風呂沸かしは薪だったし、落ち葉や枯れ枝を燃やすのは、特別な事では無かった。
なので、自分にとって炎は、暖を取ったり煮炊きしたりする、実用的なモノといった印象のようだ。
炎を観て癒されるなんてことは、あんまり無い。
全く無い訳では無いけれど。



なんて事を考えながら、キャンプの夜は更けていく。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.05.10


今日は母の日、なのだそうな。



しかし、我が家の場合、こういった行事は美味しい物を食べる口実だったりする。



なので夕餉のおかずは、ヒラメのお刺身とオコゼの唐揚げ、と大奮発。
もっとも、ヒラメは40cmで700円。
オコゼに至っては25cm近い大型のオコゼが一尾150円と考えられない安値。
おそらくこれはコロナの影響。
この頃、高級魚が大衆魚の値段で売られている。
消費者としては嬉しい限りだが、しかし・・・。



食べてみたら、寒平目といわれているので、この時期のヒラメがこんなに美味しい事を知らなかった。
脂こそ少ないが、身に甘味が濃いのだ。
さすが平目だと思う。
新潟産だからかな。



淡泊な白身魚の極みとも言えるオコゼ。
唐揚げが一番だと思う。
丸のままのオコゼは何年ぶりだろう。
あんまり大きいので丸揚げは断念。
切り身で唐揚げ。
毒針を恐れ処理の仕方が拙かったので、美味しい皮を、だいぶ無駄にしてしまったのがちと残念でした。



平目・オコゼ、美味しかった。
しかし、喰い気に走って撮影を忘れる。
とほほ・・・。
まあ、良くやる失敗なのだけれど。



吉沢屋さんの丸ごとメロン

さらに贅沢してデザートに「吉沢屋」さんの「丸ごとメロン」。
(デザートになって、やっと正気にもどって撮影しました)
吉沢屋さんの丸ごとフルーツシリーズは、どれも人気。
母の日でもあるので、万全を期して開店時間と同時に購入です。
厳選したメロンを使用したスイーツ。

人気に違わず、美味しかった~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.04.04


晴れたので、お弁当を持って、近所の公園でお花見をする事に。



公園の使用制限を記した張り紙

ところが公園は使用制限中。



ま、マジか・・・。


閑散とした公園、桜は八分咲き

こんなに閑散とした公園の使用制限をしてどうする心算なんでしょう?
まあ、お役所の融通の利かなさは、今にに始まった訳では無いので、致し方無しか。



公園の端っこでお弁当

しょうがないので公園の端っこでお弁当。
まあ、それでも充分にお花見気分を満喫出来た。



てな事を娘がインスタにアップしたら、
「怖くないんですか・・・?」
という書き込みがあったらしい。



いやいや、お家に引きこもる必要が有るのは、パーソナルスペースの取りようが無い都市部の話し。
田舎と都市では環境も感染の切迫具合も違っているのに、それを混同しているらしい。
不特定多数では無い、家族単位で、広い屋外で、充分に間隔を取れば、何の問題も無い。



かと思ったら、車で通りかかった寺泊魚の市場通り。
普段と比べると格段に人が少なかったとはいえ、パーソナルスペースが充分に取れない間隔で人が歩いていてビックリ。
あれは人混み。
いかに屋外でマスクをしていたとしても、流石に不味い。



新型コロナウィルスを
恐れ過ぎる人、恐れが足りない人。
どっちもどっち。
双方とも事態を悪化させてしまう。



正しく恐れましょう、なのだが。

公園に咲いていたオオイヌノフグリ



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.015


今年のバレンタインチョコ。



手作りバレンタインチョコ

孫娘と娘の手作りチョコ。
口溶け滑らかで中々良い出来。



お花を模ったチョコ

それと、
同級生の小林ご夫妻からいただいたチョコ。
お花を模った可愛らしいチョコに孫娘は大喜び。
孫娘、ほぼ完食。



孫娘曰く、
チョコパーティー!



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.04


黒豆をいただいた。



手作り黒豆

手作り黒豆、美味い!!



たまたま鮭の南蛮漬けも作ってあったので、なんだかどうもお正月の感じがする。
食べ物からの連想、中々強力。



でも、立春に合っているかも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち催し物カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは介護です。

次のカテゴリは出来事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。