自然の最近のブログ記事

2021.04.11


晴れて暖かだったので、冬の間に折れ落ちた庭木の枝の片づけを始めた。



その量がかなり多く、しかも切断しないと人力で運べない様な太い枝も折れ落ちているので、かなり難航していて、簡単に終わりそうもない。
チェーンソーが欲しくなる。



冬の間に雪で折れ落ちた太い枝

こんなのがゴロゴロ落ちている。



しかも以前は、こういった庭木の枝などは、焚き火で燃やしたものだが、今は焚き火は、ほぼ禁止。
原則、燃えるゴミとして処分しなければならない。
こんな沢山の枝や太い木をルール通りに処理するのは、中々に大変。

どうしたものか・・・。



この冬の雪の降り方が、いかに異常だったか、改めて思い知らされている。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.03.11


雪は、まだ150cm位は残っているけれど、道路脇の雪消えが早い場所は、土が顔を出してきた。



雪の下の地面に作られたネズミの通り道

雪が消えた土手は穴だらけ。



これはネズミの通り道。
雪の下になっていた地面は、ネズミが縦横にトンネルを作って生活している。
まるで迷路。
ネズミさんの街の様に。



雪が天敵から守ってくれる屋根の役割をしてくれるので、ネズミにとって冬は天国なのだろう。
ネズミは雪に閉じ込められている訳では無く、それを巧みに利用している。
しかも、ネズミがトンネルを掘る事で、土に空気が入り込み、耕したのと同じ効果を生む。
なんとも巧みな自然の営み。
いつもながら舌を巻く思いがする。



あれ!?
そう言えば、雪国の荒れ地は、雪が降る→ネズミが雪の下で動き回る→土が耕される、で更新されるけれど、雪の降らない地域って、どうなっているのだろう?
雪が降らなければ、ネズミがトンネルを掘る必要が無い。
これに代わるシステムがあるのだろうか?

気が付いてみると、なんだか気になるが、調べる術が難しそう。
誰か教えてくれないかな~・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.01.15


人参の入っていない牡蠣のチャウダー

朝ご飯に作った牡蠣のチャウダー。



生憎ニンジンを切らしていたので、今回はニンジン無しで作ったのだが、味わいは兎も角、見た目が全然違うのでビックリ。
なんだろう、何だか妙にのっぺりした感じで、あまり美味しそうに見えない。
いかに食べ物に、赤が重要なのか、再認識した。



何故食べ物に赤が重要なのか?



それは、果物などの木の実が、熟すと赤くなるモノが多いから。
果物は、熟すと甘味が増したり栄養価が増す。
なので、それを食べる人間を含めた生き物達は、赤に反応し、赤い食べ物を見ると美味しそうと思うのだ。



赤を認識出来る生き物は、総じて昼行性の生き物達。
多くのほ乳類は、夜行性なので、赤が認識できない。
ほ乳類の中で、昼行性で赤の認識出来る猿の仲間は、かなり異例な存在であったりする。
後、赤が認識出来るは、恐竜の生き残りである鳥類。
猿と鳥類は、自然界において、果物を食べて、その種を運ぶ役割を担っている。
なので、人間が食べ物が赤いと「美味しそう」と思うのは「植物の種を運ぶ役割が有るから」とも言えるのだ。



人参の力、赤の力。



「恐竜の生き残りである鳥類」と書いたが、赤を認識出来て昼行性である事に恐竜が関係しているのも面白い。
あ、そうだ、については以前も書いていた。
5000以上も投稿していると、話題がダブってしまう。
なにせ引出はそんなに多くないので。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.08.22


銀山平の渓流で川遊び。
小一時間車を走らせただけで、大自然の懐に入って遊べる。



川遊び中の孫達

夢中で水遊びする孫達。
5月に来た時の雪解け水の切れる様な冷たさが、今は幾分、軟らかくなっている。
気温は、薄曇りなのと風の有るのとで暑くない。
と言うか、風が強いと肌寒い。
絶好の外遊び日和。



カゲロウの幼虫

川底の石にへばり付くカゲロウの幼虫。
カゲロウの幼虫などの川虫は、普段は川底の石の裏側に隠れて住んで居る。
銀山平・北の支川には沢山の川虫達が住んで居るようだ。
それが、この川の豊かさの証だったりする。



小一時間車を走らせただけで、深山幽谷の大自然の懐に入って遊べる。
なんとも有り難い事だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.07.27


麺や新平」の帰り道。
二六公園に寄り道。



夏のブナ林

夏のブナ林も良い感じ。
林の中は、雨が多い所為かキノコだらけ。
家族は、天空ブランコで遊び、自分はキノコ撮影。



帰ってからネットで名前調べに挑戦。
しかし、きのこの名前調べ、難しい。



カノシタ?

カノシタと言うキノコに似ているような・・・?
だとすると以前は食べられていたようだが、近年、毒成分が見付かったそうで、今は毒キノコ扱いらしい。



タマゴテングタケモドキ?

タマゴテングタケモドキかな?
だとすると毒。



ドクベニタケ?

ドクベニタケ?
見るからに毒キノコ。



クリタケorニガクリタケ?

クリタケ(食用)orニガクリタケ(毒)。
判らん・・・。



コウジタケ?

コウジタケ?
だとすると、今回、唯一の食べられるキノコ。



オニフスベ?

これにいたっては、調べても良く分からない。
「なんじゃこりゃ?」だ。
オニフスベかな?
にしては小さいか・・・。



生憎の曇天

生憎の曇天。
でもそのお蔭で沢山のキノコに出会えたのかもしれない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2017.09.30


ちょっと嫌な感じのものを見た。



中越地震の震源から湧き出す霧

山の中腹から、もうもうと霧が湧きだしている。
回りに霧が無いのに、そこだけ・・・。



あそこは、中越地震の震源の場所。
なんでそこから霧が湧きだしているのだろう?
こんな事は初めてだ。



まあ、大丈夫だとは思う。
が、全く関連が無いとは言えないかもしれない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.08.06


杏仁香の実

杏仁香(ウワミズザクラ)の実。



そう言えば食べてみた事がない。
魚沼では、杏仁香といえば、花の蕾を塩漬けにして利用する。
しかし、熟した実を食べるという話を聞いた事が無い。



美味しくないのかな?



ウワミズザクラは、桜。
と言う事は、その実はサクランボとう事になる。
サクランボとなれば、期待は⤴⤴。
いや、しかし、実の生る桜の実(食用では無い)を食べた時、激不味だった事を思い出した。



熊が食べるとも聞いた。
真夏は、熊にとってはエサの少ない時期。
真冬とどっこいらしい。
熊にとって杏仁香の実は、夏の御馳走なのだとか。
熊が食べるのだったら、毒は大丈夫そうだ。
ちなみに、鳥が食べるから大丈夫と判断するのは危険。
鳥は平気でも人間は駄目と言う事が、まま有るらしい。



まあ、試してみるかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.17


野尻湖から斑尾高原に向かい、レストラン「ルドルフ」でお昼ご飯を食べました。
妙高から斑尾、意外と近い。



レストラン「ルドルフ」

レストラン「ルドルフ」。
斑尾高原、シーズンオフの所為か、意外と開いているお店が少なかった。



生ハムのピザとマルゲリータ

生ハムのピザとマルゲリータを注文。
本格的なピザで美味しかった。



それにしても斑尾高原、行ってみてビックリ。
5月の半ばなのに尋常で無い量の雪が残っていました。



多量に残る斑尾高原の雪

斑尾高原の在る飯山地域は、今年、大雪だったとは聞いていましたが、これ程までの大雪だったとは思いませんでした。
レストラン「ルドルフ」の人に聞いみたら、連日の雪かきの日々だったとの事。
魚沼が小雪だったので、お隣と言って良い飯山の大雪が信じられない感じです。
雪は、分からない。
そしてこの雪の量は、ぞっとする。



咲き始めた水芭蕉

水芭蕉が咲いていました。
斑尾高原、ようやく春が始まったばかり。



大潟の地引網参加後、思わぬ遠出になりましたが、斑尾高原から一路帰宅です。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.15


地引網に参加後、同じ大潟地区に在る「新潟県立 大潟水と森公園」に行きました。



新潟県立 大潟水と森公園

新潟県立 大潟水と森公園は、潟に隣接した公園。
7年前に訪れて以来の二度目の訪問です。



新潟県立 大潟水と森公園を朝散歩

朝散歩。



水上回廊に咲いていたミツガシワ

水上回廊にミツガシワが咲いていました。



満開のウワミズザクラ

ウワミズザクラが満開。
良い香りを漂わせています。
例によって杏仁豆腐が食べたくなりました。



新潟県立 大潟水と森公園を散歩中の孫娘とムー

日曜の8時頃。
まだ殆ど人が居ず、のんびりお散歩出来ました。



寝落ちした孫娘

早起きした孫娘は、途中寝落ち。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2015.11.14


このところの暖かさで、越後三山の初雪がきれいに消えました。



初雪がすっかり消えた越後三山の一峰、魚沼駒ケ岳

越後三山の一峰、魚沼駒ケ岳。
今日は、妙に茶色く見えます。



今日は雨。
晴れて暖かは時々ありますが、雨で暖かいのは相当珍しい。
最高気温20℃。
強めの風が吹いていても全然寒くない。
暖冬への期待、高まります。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち自然カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは美味しい物2です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。