小さい者達の最近のブログ記事

2020.08.22


銀山平の渓流で川遊び。
小一時間車を走らせただけで、大自然の懐に入って遊べる。



川遊び中の孫達

夢中で水遊びする孫達。
5月に来た時の雪解け水の切れる様な冷たさが、今は幾分、軟らかくなっている。
気温は、薄曇りなのと風の有るのとで暑くない。
と言うか、風が強いと肌寒い。
絶好の外遊び日和。



カゲロウの幼虫

川底の石にへばり付くカゲロウの幼虫。
カゲロウの幼虫などの川虫は、普段は川底の石の裏側に隠れて住んで居る。
銀山平・北の支川には沢山の川虫達が住んで居るようだ。
それが、この川の豊かさの証だったりする。



小一時間車を走らせただけで、深山幽谷の大自然の懐に入って遊べる。
なんとも有り難い事だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.07.20


このところ夕方、ヒグラシが‪鳴く。
陽は長いし、ヒグラシは鳴くし、一年中で一番待ち遠しい、誰そ彼時だ。



先日、ラジオの放送で、芭蕉の有名な句
「 閑さや岩にしみ入る蝉の声」
の蝉が、ヒグラシでは無いと言っていた。



「へ~、ビックリ。」



なんでも芭蕉が、この句を詠んだ同日に立石寺を訪れてみたところ、鳴いていたのはヒグラシでは無くニィーニィーゼミであったのだそうだ。
確かに7月の上旬では、東北でヒグラシが鳴くのは早過ぎる。
鳴き始めがヒグラシより早いニィーニィーゼミなのは間違いなさそうだ。
ヒグラシだとばかり思い込んでいたので一寸意外だった。



しかし、「いや、待てよ。」と思い付く。



現代ならば兎も角、芭蕉の頃、林で鳴く蝉が、一匹だけとは考え難い。
沢山のニィーニィーゼミが、大合唱の輪唱をしていたに違いない。
おそらく喧しい程に。
とても芭蕉の句のように、「閑さ」などという状況は有り得ないはずだ。



同じ様に
「古池や蛙飛び込む水の音」
の句も変なところがある。



こちらも当時だったら、古池にカエルが一匹などと言う事は、まず考えられない。
しかもカエルは、一匹が水に飛び込むと、他の仲間もつられて水に飛び込む性質がある。
なので
「チャポ、チャポ、チャポン・・・。」
と連続で水音が続き、とても芭蕉の句のような状態になる事は有り得ない。



と言う事は、そんなこんなで、どうやらこの2句、現地で創られた訳では無く、机上で詠まれたもののようだと推察できる。
松尾芭蕉は、ノンフィクション作家と思っていたが、どうやらフィクションの作家であったようだ。



なので、想像で読んだと言う事ならば、「閑さ・・・」の句の蝉は、カナカナゼミであると考えても良いようだ。
芭蕉さんもカナカナの心算で詠んだのではないのかな?



割と好きな時空俳句
「夏草や兵どもが夢の跡」
も机上なのだろうか?



アジサイ

閑話休題。
アジサイもそろそろ終わりの時期。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.07.01


孫達が県立こども自然王国の遊具でお遊び中、自分は、もっぱら昆虫撮影。



tツバメシジミ

ツバメシジミ。



ルリシジミ

こちらはルリシジミ。
青く小さな蝶。
シジミチョウは好きな蝶。



交尾中のアオメアブ

交尾中のアオメアブ。
刺すので、嫌われ者のアブ。
でも、こうしてみると可愛いものだ。



生憎のお天気だったので、小さい者達は少なめ。
居たのは、いつもの顔ぶれ。
それでも充分楽しめるのが、生き物好きの良いところ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.06.02


昨晩、今年の梅雨を予感させるような雨が降った。



結構まとまった雨。
強い雨脚が屋根を叩く音で目が覚めた。
暖かく湿った空気が流れ込んだ所為らしい。



夜が明ければ晴れ。



手すりに生えたコケを食べているカタツムリ

カタツムリ。
手すりに生えたコケを食べているらしい。
暖かく湿度が高いので、デンデンムシを沢山見掛けた。



どうやら今晩も雨の可能性があるらしい。
日中晴れていたのに、なんとも不安定。
昨晩の梅雨のはしりの様な強い雨。
今晩もあるのだろうか?
嫌な感じがする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち小さい者達カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは妄想です。

次のカテゴリは巨木です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。