美味しい物2の最近のブログ記事

2020.09.19


コロナの自粛期間中、普段やりたいと思っていても中々出来なかった事をやろうと、お料理を始めた人が多いと聞いた。



なんでも燻製器が沢山売れたとかで、燻製作りをやってみた人も多いようだ。



また、プランター等でのベランダ園芸で野菜作りを始めた人も多いらしい。



コロナ禍の自粛生活の中、多くの人が「食」に目を向けた事が興味深い。
それも、より「食の根源」に関心の向きが向いている事がうかがえる。



おそらく、この「食の根源」への関心は、天災の多発やコロナ禍で、不安定な世界に生きる自分を自覚したことに因る
「自分自身の生の確認欲求」
の現れなのではないかと、自分は思っている。
多くの人が、自分の生きる力を確かめたくなったのではないだろうか。
命の糧である食物を手に入れる算段をする事に因って。



今流行っているソロキャンプなんかも、多分に、これと同じ動機で流行っているのではないかと思う。
衣食住を一人でこなすソロキャンプ。
それによって、己のサバイバル力を楽しみながら磨く。
一人で生きる力を養う事に因って、不安定な世界を生き抜く自信を付けたい。
それによって安心感を得たい。
そんな動機が、ソロキャンプの隠れた動機なのではないだろうかと自分は思っている。



ソロキャンプの先駆け、ソロキャンプ芸人のヒロシ氏のソロキャンプを始める動機も、この辺りに在るのではないだろうかと妄想している。
芸能界は、不安定な世界の極み。
ヒロシ氏の
「ソロキャンプは、自分を見詰める時間が持てる。」
という言葉は、生きる力の事なのではないだろうか。



どうなんだろう?
穿ち過ぎ、勝手読みかな?
心理の専門家にきいてみたい気がする。



コサのパン

お気に入りのパン屋さん「COSA」の美味しいパン。



人間はパンのみにて生きるに非ず、とは言うものの、パン無しでは生きられないのだから。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.09.15


昆布巻きの出自をご存じだろうか?



出汁を取った後の出汁昆布。
誰かが
「捨ててしまうのは、もったいない。」
と思った。



ならば同じく廃品の鮭の中骨などのアラと一緒に料理出来ないだろうか?
昆布のグルタミン酸と鮭のアラのイノシン酸とが合わされば、相乗効果で美味しい料理が出来るに違いないのだ。



しかし、ただ一緒に煮ただけでは芸がない。
その上それでは、あまり美味しそうに見えない。
ちょっとグロい、いかにも廃品同士の煮物。



そこで、その誰かさん、
鮭のアラを芯に昆布で巻いてみる事を思いつく。

さすれば、見た目が良い上に、食べやすく、美味しい一品に変身だ。



これが昆布巻きの出自ではないだろうか、
と自分は思っている。

まあ、自分が勝手に想像しているだけで、何の物証も無いのだけれど、当たらずとも遠からずなのではないだろうか。



廃品同士をくっつけて、無駄なく美味しい料理に仕立てる。
如何にも物を大切にする日本人らしい料理。
今風に言うならエコな料理。

それが昆布巻き。



アンティパストの様な昆布巻き

新製品を模索中。
昆布巻きの価値を見直し、イメージを変えたい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.09.13


休日の朝。
ちょっと早起きして朝ご飯作り。



ヤナギガレイのムニエル

メニューは、
メインはヤナギガレイのムニエル。
スープはトウモロコシ。
パンはパンドアン製の食パン。
カフェオレにサラダ。

ちょっと気合が入り過ぎて、なんだかランチのボリュームになってしまった。



秋になってヤナギガレイが美味しい時期になってきた。
一応高級魚の部類のヤナギガレイではあるが、割と需要が少ないようで、スーパーの夕方値引きに良くなる。

それが狙い目。



薄っぺらで小型の鰈で、食べる所が少なそう。
が、頭は小さく、腹わたに至っては極小。
これで良く生きていられると思う程、腹ワタが小さい。
しかも中骨以外の小骨も全て食べられるので、歩留まりが非常に良いお魚。
縁側の小骨なんて骨せんべいの様で、一番美味しいかもしれないのだ。
なので捨てるところが少なく、美味しいのはもちろんのこと、非常に有用なお魚だと思う。



売れ残るのが不思議。
まあ、そのお蔭で我が家は、お安くお召し上がりになっているのだけれど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.09.10


ラジオ出演していたご当地スーパー研究家が、地方のスーパーで驚いた事の第一は「東北地方の醤油の一升での販売。」と言っていた。

スーパーの醤油コーナーの棚の下段に、一升醤油のペットボトルがずらっと並んでいるのを見て、驚いたのだそうだ。



エッ!!
である。

家は、醤油は一升入りの醤油しか買わない。
それが普通だと思っていた。
が、どうやらそれは違うらしい。

ちょっとビックリ。



関東在住だった長男の嫁に聞いてみると、確かに関東では一升入りの醤油は、あまり見掛けなかったと言っていた。
成程、この情報の確度は高そうだ。
へ~~~、気が付かなかった。



スーパーで菊の花が食用で売られているのも驚いた言っていた。
ピニール袋にギュウギュウに詰められた菊の花が、野菜売り場に置かれているのは、軽いカルチャーショックだったらしい。

まあ、菊を食べるのはこの辺りと山形位らしいので、それはそうだろうと思う。
それにしても、何だか、この辺りのスーパーの特徴が取り上げられているような・・・。

偶然?



先日、良いお醤油に巡り合った。



新潟県村上市「小林醤油店」の天然熟成醤油

新潟県村上市「小林醤油店」の天然熟成醤油。



新潟には天然醸造のお醤油が無いと、がっかりしていたので、県内産の天然醸造のお醤油があったのが嬉しい。
熟成期間は2年。
材料の大豆や小麦も村上市産であるらしい。
拘りのお醤油。
良さそうな感じ。
まだ未食。
試してみるのが楽しみだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.09.05


長男家族から還暦の祝いにコーヒーカップとコーヒー豆を貰った。



ワインなコーヒー

コーヒー豆は、ドミニカプリンセサワイニーと言う豆。



なんだか非常に個性的な豆で、淹れて飲んでみると、何やらワイン蔵の様な香りがする。
酸味も強く、一度飲んだら忘れられない味。
ブレンド物にはない、尖がった味わいだ。
おそらく名前のワイニーは、ここからきているのだろう。
豆に因る個性の違いを再認識。
目から鱗のコーヒー。



この豆、孫娘が挽いてくれた。



家庭用の手回しのコーヒーミルで引くのは、結構な力仕事。
5歳の孫娘には貫徹は難しいかと思いきや、ちゃんと最後まで挽き終えた。
根気と集中力、そして腕力も、いつの間にか成長している。



それを孫息子を膝に抱いて待つ。
これ以上の幸せは無いと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.08.31


新米を購入。



葉月みのり

新潟生まれの極早生品種「葉月みのり」



どうやら今年がデビューらしい。
食べるのが楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.08.25


今日、NHKラジオの投稿テーマはスイカでした。
それで、旦那様の食べるスイカの種を、全部取ってあげている奥様からの投稿があった。



新婚当時、
「種が有るからスイカは食べない。」
と旦那さんがいうので、奥様が種を取ってあげたのだそうだ。
以来40年。
ず~~~っとスイカを食べる時は、奥様が種を取ってあげているのだそうである。



ははは・・・、ちょっと引く。
まあ、仲のよろしい事で。
で、奥様曰く、
「私がそうしてしまったのだから、私が責任を取って続けます。」
なのだそうだ。
ク~、泣かせます。


「スイカの種を食べると、お腹からスイカの芽がでる。」
と言う事も話題になっていた。
昔は良く言われたものだが、子供向け番組でもあるまいし。
農家の方から
「種の発芽要件を満たさないので発芽しません。」
という投稿も紹介されていた。

ははは・・・。



スイカの種、自分は食べた方が良いと思っている。
いや、スイカの種に限らず、種の類は食べた方が良いと思う。



なぜなら、人間は、何万年にも亘ってそうしてきたのだから。
おそらく第二の食物繊維的な働きをするのではないだろうかと自分は思っている。

事実、スイカやブドウを種ごと食べた翌日は、なんだかお腹の調子が良い様な気がするのだ。

どうなんだろう?



数万年にも亘って続けてきた事が、体に何の影響ももたらさない、なんて事は考えられ無い。
きっと何らかの良い影響があるはずだ。



種と腸活。
そんな論文無いのかな?
ちょっと探してみましょうか。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.08.23


エメンタールチーズを購入。



エメンタールチーズ

パンの上で焼き溶かして食す。



ク~~~、美味い!!!!
何なんでしょう、この肌理細やかな旨みの広がり。上質な絹の肌触りを連想。
良く出来た発酵食品ならでわの細密な丸い旨み。
キッチリ熟成された星六味噌を食べた時と同じ感激が甦ります。
流石ナチュラルチーズ。



エメンタールチーズとグリュイエールチーズは、焼き溶かしに最適と料理本がお勧めするチーズ。
ただこの辺りでは、中々取り扱うお店が無い。
しかも100g程度で400円~500円と、中々手が出しづらい価格。
なんでだろう?



本物だから致し方無しと思うしかない。
美味しいが、そう度々は食べられないのが残念。
通販だったらなんとかなるだろうか?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.08.21


娘が産直市場で地物のキャンベルブドウを見付け買って来てくれた。



絶滅寸前のキャンベル・アリー

自分は、ブドウの中でキャンベルが一番好み。
いや、果物の中でも1・2を争っているかもしれない。



しかし、キャンベルは絶滅寸前。
年々、店頭で見掛けなくなってきていて、今年はこれまで一度も見掛ける事がなかった。
今年は、もう食べられないかもしれないと諦めかけていたので、非常に嬉しい。
よくぞブドウ栽培に不向きな地元に残っていてくれたものだと思う。



今、店頭に並ぶブドウは、どれもこれも高級品種ばかり。
かつての高級品種の巨峰が最低ラインになっているようだ。
辛うじて大衆品種としてデラウェアが生き残ってはいるものの、キャンベルやネオマスカットは、ほとんど姿をみせなくなっている。



この異常さ。
これを異常と言わずして何というのだろう?
恐らくこんな国は、世界中でも日本だけなのではないだろうか。



数年前までは、あんなに沢山並んでいたのにキャンベル。
一時は花形だったのに・・・。
変化の速さと右へ倣えの無思慮さに、ちょっと寒気がする。
良いのかな~、これで・・・。
農家の現状を考えれば、こうならざるを得ないのは分かるけれど。



これでキャンベルを味わえるのは、最後になったりするのだろうか。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.08.20


熱中症を警戒して少量づつ頻回に水を飲んでいる。
しかし、今日は妙に汗の出が悪かった。



もしやと思い、おやつ代わりにキュウリに塩を付けて食べてみたところ、途端に汗が噴き出す様に出てきた。
どうやら水分だけ摂っていたので、塩分不足となり汗がかけなくなっていたようだ。



危ない、危ない、熱中症一歩手前。
塩分と水分のバランスの大事さを実感した。



身に染みる塩キュウリの美味さを知れたのは収穫。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち美味しい物2カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは美味しい物です。

次のカテゴリは自然です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。