美味しい物2の最近のブログ記事

2020.07.07


タコのアヒージョを作ってみた。



タコのアヒージョ

たこ足が行き付けのスーパーで安かったのだ。
100gが100円
B品らしいがタコとしては、ちょっと考えられない価格。
どうしてこんなに安いのでしょう?
コロナの影響?
それとも半夏生タコの売れ残り処分価格なのだろうか。



なんにしても有り難い。
タコは乱獲に因る水揚げ量の減少で中々の価格。
なので、そうそうは食べられない。
某アフリカの国では、日本への輸出用のタコを捕り過ぎて、ほぼ絶滅させてしまったのだとか。
欧米では、あまりタコを食べないらしいので、タコが居なくなったのは、偏に日本人の責任になる。
日本人のタコ好き半端無い。



美味しかった。
さっとオイル煮しただけなので、そんなに硬くならずに旨みが濃縮された感じ。
それにオリーブオイルとニンニクとタコの相性は抜群。
バケットで食べたら、永遠に食べられそうで、危険だった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.07.05


我が家の定番のサンドイッチ、生ハムとパインのサンドイッチ。



フレッシュパインを使った生ハムとパイナップルのサンドイッチ

具が生ハムとパイン、キュウリとレタスというシンプルなサンドイッチ。
今までは缶詰のパインを使ってきたのだが、今日はフレッシュなパインが有ったので生パインで作ってみた。



間に合わせの缶詰よりフレッシュなパインを使えば、さぞかし美味しいだろう。



と思いきや、
生のパインは、缶詰のパインより香りや甘さが柔らかなので、生ハムやパンの個性に負けてしまい、どうもイマイチ美味しくありませんでした。



パインの量を増やしたり、要工夫。
厚く切れば良いかな?
しかし、生のパインだと一個一個熟れ具合や甘さが違うので、その度にパインの量を調整する必要がありそうです。



素人料理には、安定した味に加工された缶詰の有り難さを再認識。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.06.25


人参シリシリ

ニンジンシリシリを初めて作ってみた。



ニンジンシリシリ、千切り人参だけで作ったキンピラの様なもの。
沖縄料理。
キンピラと違うのは、ゴーヤチャンプルの様に溶き卵も入れるところ。
シリシリって何だろう?
後で調べてみましょう。



料理とも言えないような簡単な料理で、材料もシンプルだが、これが意外な程、美味しかった。
もしかしたら、ゴボウより人参の方が炒め油のゴマ油との相性が良いのかもしれない。
後引く美味しさ。
梅雨のじめじめ時期に合っている。
流石、沖縄レシピ。



気になっていたが何故か作らなかったニンジンシリシリ。
もっと早く作ってみれば良かった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.06.23

保温鍋

キャンプ用に買った保温鍋。



キャンプの朝食に、これでチキンカレーを作ったら、事の外上手くいったので、自宅でも明日の朝食用に、今度は豚肉でシチューを作ってみた。



鳥肉は、随分軟らかくなったが、豚のバラ肉だとどうなるだろう。
色々お試し。
保温鍋だと底が焦げ付く心配がないので、トロ味のある煮込み料理に向いているようだ。
恐らく調べれば、的確な使い方も解説されているのだろうけれど、それではつまらない。
やっぱり自分でやってみての試行錯誤が楽しい。
もちろん失敗を含めて。
ん、待てよ。
もし失敗したら明日の朝食は抜きとなるかも・・・。



朝食が楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.06.17


サーモンのクリームソース

朝食に作った鮭のクリームソース。
脂の乗った銀鮭をワイン蒸しにし、
煮詰めたワインとフュメ、生クリームで作ったソースを掛けました。



フュメは、先日食べた平目のアラで取った出汁を使用。
キューブ状にして冷凍しておいたもの。
生クリームと鮭は見切り品。
なので贅沢ですが、リーズナブル。



気が付けばこの投稿、切番の4000でした。
このブログシステムを使う前に、他のブログシステムでも1000位投稿していたので、合せると5000投稿以上。
2006年から始めて約14年。
よくまあ続けてきたと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.06.14


渋かったり苦かったりする植物の実は、苦みを感じない鳥に食べてもらう為の植物の知恵であるらしい。



唐辛子のカプサイシンの辛さもその類だ。
鳥は辛さも感じないのだそうだ。
激辛を装備し、辛さを感じない鳥に食べて貰い、辛さを感ずる猿などのほ乳類が食べないようにしているらしい。



しかし、へそ曲がり猿である人間相手には、その手は通用しなかった。
その辛さ故に、反って食べられてしまうという、皮肉な状況に陥っている。



唐辛子タップリのラー油

唐辛子の辛さ、クセになる。
辛さ=痛み、を緩和する為に脳内麻薬が分泌されるからだと言われたりしている。
女王様が鞭で叩いたりする行為と構造は同じなのかも。



食べられたくない相手に食べられてしまっている唐辛子。
可哀想かというと、そうでも無い。



そのへそ曲がりの猿は、一方で唐辛子にとっては得難い奉仕者となっている。
その辛さの虜となった人間は、唐辛子の為に畑を耕し、肥料を与え、ライバルの雑草達を引き抜き、唐辛子の生育する環境を整えている。
唐辛子から見たら、これ程有り難い下僕もないだろう。
農耕は、植物に隷属する行為とも言えるのだ。



唐辛子の意図とは違う方向だが、人間は唐辛子の発展(?)に寄与している。

また人間も、辛かったり苦かったりする植物を食べるようになった事が、今の発展の糸口になったと考えられている。
他の動物が食べないモノを独占的に食べられるのは、かなり有利。
もっともその過程で毒に当たって昇天したご先祖も数多く居ただろうけれど・・・。



辛みや苦みという味覚と人の関係。
植物と人間の関係。
面白いと思う。
もちろん農耕という、今までに無かった動物と植物の新しい関係性が大本ではあるけれど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.06.06


気温が上がって来ると冷たい物が食べたくなる。



トマトの冷製パスタ

お昼に食べたトマトの冷製パスタ。



トマトを刻んで塩を振っただけのソースが何でこんなに美味しいのだろう。
なんだかいつも以上に美味しい気がする。
トマトとガーリックオイル、モッツアレラ、青紫蘇の取り合わせは絶妙。
トマトも良かった。
お尻の部分に星印の入った完熟トマト。
爽やかな甘さ。
美味しかった。



外は陽射しが強烈。
それはそうだ、もう直ぐ夏至。
しかし、日陰に入ると結構涼しい。
風の底に涼感が潜んでいる。
湿度も低く快適。
高原リゾートってこんな感じなんだろうと思う。



なんでも上空に寒気が入って来ているのだそうだ。
一昨日からの不安定なお天気はその為らしい。
今朝、数分であったけれど強烈な通り雨があった。



日向は暑いが屋内は涼しい。
こういう時は、食欲が増す。
お料理の味わいには、気候の味付けが欠かせないもののようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.06.01


お出掛けの際のお昼ご飯。
やっぱりまだ、お店で食べるのは避ける事にしている。



車内食したテイクアウトの親子丼

なので某親子丼のチェーン店のテイクアウトを利用してみた。
ファストフードの牛丼は食べた事があるが、親子丼は初体験。



例によって車内食。



しかし、その必要は無かったかもしれない。
親子丼を購入しに店内に入った時、お昼時にもかかわらず、先客は一人だけ。
その人も、持ち帰り親子丼を待つ間に食べ終えて帰ってしまったので、結局、店内に居るのは自分だけとなったのでした。
3密を警戒する必要の無い貸し切り状態。



自分の様に3密を警戒するあまり、外食を避けがちな人が、まだ多数居る影響なのだろうと思う。
対感染症としては恐らく、それ位で丁度良いのだとは思うが・・・。
自社とてコロナの影響がない訳では無いが、これ程ではない。



さわさわと背筋が寒くなる。
大変だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.05.31


いよいよ朝ご飯にもカレーが登場した。



昨晩のカレーの残りを翌朝に食べたのではなく、朝食用に作ったカレー。



スパイスの研究で度々カレーを作っているのだが、そうそう晩御飯にカレーと言う訳にもいかず、家族に閉口されないよう、ならばという事で朝食に持って来た次第だ。



朝食のシーフードカレー

シーフードのカレー。



最近、スパイスの研究というよりも、なんだか美味しいカレーを作るという事に、目的が変わってきている気がする。
というか、そうなっている。

ハハハハ・・・。



それにしても、不味い訳では無いが、どうも思った通りのカレーにならない。
作る回数を重ね、それなりに分かって来た事もあるのだが、それ以上に分からない事が増えてくる。
流石カレー、奥が深い。



試行錯誤が楽しい。
無手勝流?
いやドロ縄流。
まあ、その内、何か見えてくるでしょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.05.29


見切り品のパプリカを購入したので、朝食にスペイン風オムレツを作った。



スペイン風オムレツ

パプリカが入ると入らないとでは、全く別の味わいになる。
トマトなんかも良いのだが、トマトは一寸水分が多いので、やっぱりパプリカの方が勝ると思う。



ジャガイモと玉ねぎを炒めた後、オーブンでじっくり火を通すのが我が家流。
ジャガイモと玉ねぎの甘味が倍化するのだ。



ボリューム満点のスペイン風オムレツ。
朝食にピッタリ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち美味しい物2カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは美味しい物です。

次のカテゴリは自然です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。