美味しい物2の最近のブログ記事

2021.02.25


市販のパンの多くが臭い、と以前書いた事があった。



その理由が分かった。
以前は、イーストフードや乳化剤等の添加物が原因だと思っていたのだが、それらを使っていないパンでも臭いモノがある。



パスコの超熟

パスコの超熟。
パスコは、大手のパンメーカーの中でも、早くからイーストフードと乳化剤を使わないパンを作っていた。
そして臭くないので、最近、購入するパンは、パスコのパンが多い。



多くのパンの臭さの原因が、パンの発酵に使われているイーストの残り香なのだと、最近知った。
パンの発酵臭って良い香りだと思っていたが、どうやらイーストは臭いらしい。
子供の頃、パン屋さんの前を通ると、良い香りがしたものだが、最近は、それが無い。
それは、どうやら発酵に使われているイーストが原因であるようだ。
しかし、匂いの原因はイーストであるらしいが、そのイーストを使ったとしても、しっかり時間を掛けて発酵させると、イースト臭は消えるのだそうだ。
なので、パンの悪臭の原因は、イーストを使っての発酵時間の時短に因ると言う事らしい。
結局、発酵時間の短縮=生産性の向上が、パンの臭さの原因という事であるようだ。



パスコの超熟は、どうやらその事を踏まえての命名なのだろうと思う。
「しっかり発酵時間を掛けていますよ」と言う意味の超熟成。
多分、そうなのだろう。



それにしても、何故その事を前面に出して主張しないのだろう?
ブランドの大きな武器になるだろうし、業界の問題提起にもなるだろうに。
圧倒的に多くのパン屋さんが使っているイーストをディするのは、さすがに不味いのかな?



最近、原材料表示にイーストと表記せず、パン酵母と記載されているパンを、ちょくちょく見掛ける。
このパン酵母、正体は何なのだろう?
まさかイーストの言い換えではないと思うが、どうも怪しい感じ。



天然酵母は間違い無く良い香りがする。
が、どうやら、しくじると酸味が出る場合があるらしいので、使い勝手が良くないらしい。
酸っぱいパンは、いただけない。
何を使ってパンを膨らませるかは、パン作りの胆であるようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021.02.12


パソコンの調子がどうも良くない。
不調。



最近、2度フリーズ。
その度にデータはそのままに、ソフトを削除するリフレッシュとやらで、なんとか復活しているが、その度にアプリを入れ直すのが面倒臭い。
まあ、もともとそんなに沢山のアプリを入れている訳では無いけれど。



原因は、おそらく低スペックに加え、購入して7年のパソコンが、新しいプログラムに対応出来なくなっているのではないかと思う。



自家焙煎のコーヒー

東京に住む妹が送ってくれたコーヒーで、再インストールの合間に一服。
なんでも、お店の自家焙煎のコーヒーだそうで、個性的な香りがする。
少量焙煎は、難しいそうだが、そんな影は微塵も感じない美味しいコーヒーだ。



今のところは復活しているが、そろそろ後継機を準備した方が良いのかもしれない。
多くのアプリを一度に立ち上げないなど、注意して使ってきたきたが、いよいよ誤魔化しが効かなくなってきたようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋






2021.02.06


夕餉のハンバーグに、マデラワインを使ってソースを作った。



マデラ

赤ワインとマデラワインを煮詰めて、デミソース(市販)と合わせ、グラスドビアン(市販)を加えるのが、我が家の最近定番のハンバーグソース。
このソース、マデラがポイント。
甘さを足すと共に風味がグンと増すのだ。



マデラワイン、実力の割に何故か知名度が高くない。
シェリーやポートもそうだが、非常に有用なのに、普通のワイン等と比べると、全く評価されていないのが妙に悔しかったりする。



とてももったいないと思う。



その原因は、いくつか予想出来るけれど、その一つに、日本における酒類の分類が有るのではないだろうかと思っている。
マデラは、アルコールが添加されているので、日本だとリキュールに分類されているらしい。
リキュールには、リキュール=お酒に混ぜ物をしたモノ、といった良くない誤解があり、純粋なもの好きの日本人には、受けが良くないようだ。



もっとも日本酒には、アルコールを添加しているモノが多数ある。
しかし、それらはリキュールに分類されている訳では無いようである。
変な話し。



まあ、評価が上がってしまうと、生産量が限定的なワインであるマデラは、値上がりしてしまうかもしれない。
今だって、結構なお値段である。
自分の評価が高い物が、不人気なのは悔しいけれど、人気が出ての値上がりも、ちと困る。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.01.30


昨晩の降雪は、20cm程。
予報は80cmだった。
助かった~。



しかも、風が治まっているし、雪も止まっている。
なんなら時々陽が射したりする。
もしかしたら、この寒波、終わったかも・・・。
そんな事ないか。



会社敷地の除雪。
昨日夕方除雪したので、昨晩に降った雪の除雪は手抜きして、後日まとめてやる事にした。
来週は、比較的気温が高い日が多いらしいので、もしかしたら除雪せずとも消えてくれるかもしれないという淡い期待もあったりする。



午前中、除雪しなかったので、ポッカリできた予定に無い時間。



スタータースパイス

お昼に食べるカレーを作った。
スタータースパイスは、クミン、マスタードシード、ローリエ、唐辛子、クローブ。
有り合わせのモノを適当に。



除雪をしないのだったら、溜まった他の仕事に取り掛かるべきなのだが、除雪の呪縛が一時的とはいえ解けたので、なんだかどうもちゃんと仕事をする気が起こらない。

悪い子・・・。



まあ、カレー作りと言ったって、実は、一番カレー作りで手間の掛かる炒め玉ねぎを、冷凍の炒め玉ねぎで代用し、煮込むのも真空鍋を使うので、放ってお居て良く、実質のカレー作りの時間は30分と掛かってはいないのだ。

許してたもれ・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021.01.26


ダイスカットの冷凍キウイを見付けたので、それでジャムを作ってみた。



冷凍キウイでジャム作り

冷凍キウィ500gに砂糖を半量加え、数時間置く。
すると砂糖の浸透圧で水分が染み出すので、その水分でさっと煮て出来上がり。
保存瓶に入れて煮沸消毒。
それで当分の間、楽しめる。
煮沸消毒や、浸透圧の時間は掛かるが、それは置いておくだけなので、実質は5分もあれば出来上がる。
実に簡単。
しかもリーズナブル。
我が家は、朝食ヨーグルトに掛けるジャムは、このやり方で長年自家製なのだ。



話しは変わるが、今週末の雪の予報。
日が近付くにつれ、予報が悪い方に修正されている。
低温、大荒れ、大雪の恐れがあるらしい。
まあ、前回もそんな触れ込みであったけれど、雪の量は大した事がなかった。
今回もその伝でお願いしたいものだ。
もっとも寒さと強風は、強烈だった。
それの再現は勘弁して欲しい。



出来れば、こういう準災害のような嵐は、1シーズンに一回位にして欲しい。
何で毎週の様に、お天気に怯えなばならないのかだろう・・・。



なんでも豪雪地帯に人が常時住んで居るのは、世界的には珍しく、日本位なのだという話しを聞いた事がある。
市街地の隣にスキー場などのスノーリゾートが在るのは、珍しいのだそうで、外国人観光客にとっては便利が良く、それが日本の冬の観光の魅力になっているのだそうだ。



遊びに来る人には便利でも、住む人にとっては過酷。
最近、なんだか雪国は、住む場所ではないのではないだろうか、と思えている。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021.01.24


回転寿司で食べたマグロが美味しかった。



生マグロのお寿司

一皿2貫で100円のマグロのお寿司。



な、な、なんと生のマグロでした。
しかもメジマグロではなく、ちゃんと成長したマグロ。
肌理の細かい食感、旨み。
良い香り。
正に生のマグロの醍醐味でした。
衝撃の味わい。
これは、とてもこの価格で提供出来る代物ではないはずです。



そうか・・・。



これは、コロナに因る緊急事態宣言の影響。
都市部の飲食店の営業自粛に因ってダブついたマグロが、地方に流れてきているに違いありません。

う~ん・・・。
そう気が付くと、美味しいければ美味しい程、後ろめたさが・・・。

でも、美味しいんだなこれが。



も一つ気が付いたのが、待合の混雑。
もう、これは3密そのものでした。
大声で喋る人こそ居ないものの、あの中に、ひとりでも感染者が居れば、間違い無くクラスターを引き起こす。
自分達は、予約して行ったので、20分程の待ち時間で済んだし、その間、車の中で待っていたので、リスクは少ないと思うが、あの立錐の余地のない程混み合った順番待ちの待合室は、非常に不味いと思う。
都会では、こうやって飲食店クラスターが起きているのだろうと事を実見した。



飲食スペースは、個別で間仕切りはあったが、待合室と完全に隔離されている訳では無い。
自分達もリスクはあったと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021.01.15


人参の入っていない牡蠣のチャウダー

朝ご飯に作った牡蠣のチャウダー。



生憎ニンジンを切らしていたので、今回はニンジン無しで作ったのだが、味わいは兎も角、見た目が全然違うのでビックリ。
なんだろう、何だか妙にのっぺりした感じで、あまり美味しそうに見えない。
いかに食べ物に、赤が重要なのか、再認識した。



何故食べ物に赤が重要なのか?



それは、果物などの木の実が、熟すと赤くなるモノが多いから。
果物は、熟すと甘味が増したり栄養価が増す。
なので、それを食べる人間を含めた生き物達は、赤に反応し、赤い食べ物を見ると美味しそうと思うのだ。



赤を認識出来る生き物は、総じて昼行性の生き物達。
多くのほ乳類は、夜行性なので、赤が認識できない。
ほ乳類の中で、昼行性で赤の認識出来る猿の仲間は、かなり異例な存在であったりする。
後、赤が認識出来るは、恐竜の生き残りである鳥類。
猿と鳥類は、自然界において、果物を食べて、その種を運ぶ役割を担っている。
なので、人間が食べ物が赤いと「美味しそう」と思うのは「植物の種を運ぶ役割が有るから」とも言えるのだ。



人参の力、赤の力。



「恐竜の生き残りである鳥類」と書いたが、赤を認識出来て昼行性である事に恐竜が関係しているのも面白い。
あ、そうだ、については以前も書いていた。
5000以上も投稿していると、話題がダブってしまう。
なにせ引出はそんなに多くないので。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.01.04


アナグマの肉

赤身の濃い肉。
何の肉だと思います?



答えはアナグマ。



ジビエを専門に販売する会社から購入。
要するに猟師さんの会社。
シカやイノシシは良く見掛けるが、アナグマは珍しい。



昔から狸汁は有名だが、その狸汁の肉は、多くはアナグマであったらしい。
どうやら狸の肉は不味いらしいのだ。
臭いのかな?
「狸は不味いが、アナグマは美味い。」と子供の頃に聞いて以来、アナグマを食べてみたいと思っていた。

遂に願いが叶う。



最初、アナグマ本来の味を味わいたかったので、焼いて食べてみる心算で、フライパンで焼いてみたのだが、もうそれこそ見ただけで硬そうなのが見て取れる。
如何にも、筋っぽいのだ。
考えてみれば、野生の動物なのだから、硬いのは当たり前でした。
なので、予定を変更。
赤ワインと野菜で煮込んで、シチューに仕立ててみた。



アナグマのシチュー

アナグマのシチュー。
中々美味しく出来た。
しかし、こんだけ加工してしまうと、アナグマだろうと牛だろうっと、大差なくなってしまった感じがする。
わずかに肉に野生の風味があるけれど・・・。

どうやらアナグマは、美味しいというより、クセが少なく、食べやすいという事なのかもしれない。

食べていて言うのも何なのだが、どうなんだろう?



最初から、マミ汁(アナグマ汁)にすれば良かったと、後悔。

失敗、失敗。

リベンジしたいが、流石に次の機会はないだろうと思われる。



今日もほぼ日中、降雪。
霙っぽく、10cm程しか積もらなかったが、いかんせん続くので、いい加減ウンザリ。
今現在は、雨になっている。

三日後、また大雪が来そうだし・・・。

雪の事を書かないようにしようと思ったりするけれど、やっぱり書かずにいられない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021.01.03


会社の雪下ろし、終了。



昨日、半日かけて敷地の雪処理。
今日一日かけて雪下ろし&下ろした雪の処理。
これで今週末に予報されている大雪の備えが出来た。



寒の入りの前に、ほとんど一冬分の雪が降った。
そろそろ雪のやり場がなくなりそう。
後一回は耐えられると思う。

しかし、その後は・・・。



年末、パソコンが突然フリーズ。
何度か強制終了してみたが、また直ぐにフリーズしてしまう。

かなり焦った。



仕方がないので、アプリケーションの整理をするリフレッシュを試したところ、なんとか復旧した。
どうやらインストールした何らかのプログラムに問題があったようだ。
とりあえずファイルは無事。
助かった。



それにしても、最近、アプリをダウンロードした覚えが無い。
と言うか、極力、ダウンロードを避けて来た。
どういうことだろう?
いかんせんパソコンの知識が無い。

まあ、なんとかなったので良いことにしましょう。



除雪機の不調から始まり、大雪。
パソコンの不調。
さらに大雪と、まあ、いつもながら色々あった年末年始。

今晩は、降雪が無さそう。
今日は窓の外を気にせず休めそうだ。



お節の残りで作ったローストビーフのサンドイッチ

お節の残りのロービーで作ったローストビーフのサンドイッチ。
雪下ろしで疲れた体には、肉々しいサンドイッチが美味しかった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.01.01


元旦、朝の新たに降った自宅屋根の雪

元旦、午前7時。
ようやく辺りが明るくなって来た。



夕方から降り出した大晦日の雪は、新たに50cmの新雪を積んでくれた。
ほぼ予報通りの新たな積雪。

毎年の様にやって来る年越し寒波だが、不思議と痛い目に合う事は、比較的少ない。
しかし、今年はそうはいかなかったようだ。



朝ご飯に雑煮を喰って、午前中一杯掛かって会社の除雪。

ヤレ、ヤレ・・・。



年越しケーキ

昨晩食べた年越しケーキ。
大晦日の夜にケーキを食べるのが、我が家の長年の習わし。
年越しとは言うものの、21時ごろに食す。
夜中だと孫達が寝てしまうのと、翌日の除雪に備えて早く寝て睡眠を充分とる為。
眠った状態での年越しは、数十年ぶり。



日中、少し弱まっていた元旦の雪。
日暮れに近付くにつれ、また降り方が強まって来た。

まだ終わった訳では無い。

雨雲レーダーを見たら、相変わらず雪雲が流れ込んでいる。
が、昨日の典型的な大雪をもたらす北西の風向きから、いつの間にか西風に変わっている。
今降っている雪は、昨日とは違うという事のようだ。

それが吉と出て欲しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち美味しい物2カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは美味しい物です。

次のカテゴリは自然です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。