植物の最近のブログ記事

2017.10.02


我が家の愛犬ムーちゃん。

スーパーボール大好き、我が家の愛犬ムー

スパーボールで遊ぶのが大好き。
不自然な弾み方と予期せぬ動きが堪らないらしい。



ところがこのムーちゃん。
スーパーボールが同系色の背景の場所で止まってしまうと、全く気が付かなくなる。
どうやら見えないようだ。
人間には、はっきり見える蛍光色のオレンジ色も、ワンコの目には見え難い色のようなのだ。



夜行性の動物は、大概、赤が見えない。
たぶんオレンジの見えないムーちゃんは、その所為。



赤を認識できる目の色素を作る遺伝子と、僅かな光で物を見る事が出来る目の遺伝子とは、酷似しているのだそうだ。
なんでも塩基配列が一ヶ所違うだけなのだとか。
赤を犠牲にして夜目が効くようになったのが、夜行性が多い一般的なほ乳類の目らしい。



では、ほ乳類は、何故夜行性が多いのかと言うと、どうやら恐竜が昼行性だったかららしい。
ほ乳類の先祖は、恐竜の時代、弱く小さかった。
その為、怖い恐竜が活動をしない夜、行動するようになり、その為、夜目が効くように進化し、赤が見えなくなってしまったもののようだ。
それが数億年経った今に続いている。



恐竜は、昼行性なのでフルカラーで見えていたと考えられている。
故に、恐竜の子孫である鳥達も昼間行動する者が多く、赤が見え、フルカラーで見えている。



植物の実は、熟すと赤くなるものが多いが、それは、赤の見える鳥達にアピールして、その種子を運んで貰う為だろうと思われる。



人間も赤が見える。
これも人の祖先が樹上生活者(猿)であり、植物の種子を運ぶ役割を担った為と考えられる。
(樹上生活だと天敵が少なく、昼間でも行動しやすかったという事もあるのかもしれないが。)
人間は、一度失った赤を、再び手に入れた、珍しいほ乳類であるようだ。



赤が見えるか見えないか。
芋づるの様に生き物の関わりが続き、面白い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.06


椿に実が生っていた。



椿の実

家の椿に実が生ったのは、初めてかもしれない。



椿の実、結構大きく立派な実。
大きな実が生っていると、何かに使ってみたい気がしてくる。
しかし、油を搾る以外に椿の実の利用法ってあるのだろうか?



あまり聞いた事が無いが、調べてみましょ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.03


クラインガルテンで借りている日帰り農園。
夕顔を収穫。



植えた覚えの無い夕顔、3本目の収穫

これで3本目の収穫です。



結構良い大きさの夕顔。
しかし、この畑に夕顔を植えた覚えが有りません。
植えた覚えの無い夕顔が何故生えたのか。その謎が今日解けました。



植えた覚えの無いジャガイモ(これは前年のジャガイモの破片か種が残っていたらしい)が生えて来て、多少収穫出来たので、夕顔もその類かと思っていたのですが、左に非ず、でした。



意外な事に、全く収穫できなかったズッキーニが犯人でした。
今日、畑の整理をしようと枯れかけのズッキーニを抜いたところ、地中で夕顔とつながっていたのでした。
どうやらズッキーニの台木にした夕顔が復活したものだったようです。



イヤー、ビックリ。
挿し木の台木が復活する事が有るなんて、初めて知りました。
(畑では、あるあるなのかしら?)
すごいな~、植物の生命力。
ズッキーニに元気が無かった訳です。



興味深い植物の世界。
畑に行く度に新鮮な驚きが有ります。
やはり何事もやってみなければ分からない事ばかり。

もっとも素人ならではのハプニングばかりなのだとは思いますが。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.08.06


杏仁香の実

杏仁香(ウワミズザクラ)の実。



そう言えば食べてみた事がない。
魚沼では、杏仁香といえば、花の蕾を塩漬けにして利用する。
しかし、熟した実を食べるという話を聞いた事が無い。



美味しくないのかな?



ウワミズザクラは、桜。
と言う事は、その実はサクランボとう事になる。
サクランボとなれば、期待は⤴⤴。
いや、しかし、実の生る桜の実(食用では無い)を食べた時、激不味だった事を思い出した。



熊が食べるとも聞いた。
真夏は、熊にとってはエサの少ない時期。
真冬とどっこいらしい。
熊にとって杏仁香の実は、夏の御馳走なのだとか。
熊が食べるのだったら、毒は大丈夫そうだ。
ちなみに、鳥が食べるから大丈夫と判断するのは危険。
鳥は平気でも人間は駄目と言う事が、まま有るらしい。



まあ、試してみるかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.29


会社裏の荒れ地で木の芽摘み。



木の芽=三つ葉アケビの新芽

前回から数日。
だいぶ木の芽=三つ葉アケビの新芽が伸びてきました。



三つ葉アケビの花、花盛り

アケビの花も花盛り。
こうなると木の芽摘みの時期です。

三つ葉アケビの花

濃いワインレッドの花。
綺麗だと思う。



ハリギリ

いつの間にかハリギリが生えていた。
タラの芽程では無いらしいが、同じウコギ科なので美味しいらしい。
今年は育ち過ぎたが、来年食べてみようと思う。



ウバユリの新芽

ウバユリの新芽。
以前、お浸しで食べてみましたが、そんなに美味しいものでは無かった。
秋にユリ根を掘った方が良いようだ。



アンニンゴ=ウワミズザクラの蕾

アンニンゴ。
漢字で書くと杏仁香。
ウワミズザクラの蕾。
文字通り杏仁の香りがする。
これを塩漬けにして食べるのだが、どうやら食べるのは魚沼だけらしい。



タラの芽

木の芽摘みついでにタラの芽摘み。
敷地内に数十本のタラの木の若木がある。



今日の夕飯は、木の芽の生卵和えとタラの芽の天ぷら。
なんとも贅沢。



何の変哲もない荒れ地なのですが、でも春は宝。
これから独活やワラビが生えてきます。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.24


美人林に行って来ました。



青空とブナの萌黄

新葉が出るこの時期、ブナ林が一番美しい時期だと思う。



沢山の人が訪れる根開けの美人林

それだけに大勢の人が美人林を訪れていました。



萌黄のブナ林

う~ん、しかし、どうも自分の印象と写真の感じが一致しない。
難しいものです。



根開けと言うには、既に雪が少ないか

根開けと言うには、既に雪が少ないかな。



ブナの幹に彫られた落書き

落書きが・・・。
情けない輩の痕跡。



春の陽ざしと雪とブナ

春の陽ざしと雪とブナ。



萌黄の美人林

萌黄の美人林、綺麗でした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.15


庭の芝桜が咲き始めました。



咲き始めた庭の芝桜

まだ数輪。
満開はまだちょっと先のようです。



庭の椿

椿も咲き始めました。
こちらは直ぐに満開になりそう。



大きくなり始めた野イチゴの葉

野苺の葉も日に日に大きくなっています。



ナワシロイチゴの新芽

これは木苺の新芽。
ナワシロイチゴの新芽です。
まだ出始めたばかり。
野苺よりひと足遅れて葉が出てきました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.10


カタクリの崖に行って来ました。



カタクリの崖

カタクリとオオバキスミレが一面に咲いている崖。
南向きで急斜面なので、毎年いち早く雪が無くなり、カタクリが最初に咲き始める場所。



カタクリとオオバキスミレ

カタクリとオオバキスミレ。



カタクリとオオバキスミレ、もうちょっと寄ってみた

カタクリとオオバキスミレ。
もうちょっと寄ってみました。



オオバキスミレ

オオバキスミレ。



可愛らしさと上品さを兼ね備えたカタクリの花

カタクリ。
カタクリは魚沼を代表する春の妖精。
可愛らしさと気品を兼ね備えていると思う。



カタクリが一面に咲く崖

カタクリの崖に行ったと言っても、この崖は毎日通勤で通る国道脇。
国道からも見え、何の変哲も無い崖で、特別に行くという場所ではありません。
しかし、車だとカタクリの花は小さいので余程注意していないと咲いているのに気が付きかません。
足下にあっても気が付かない宝物。
気が付いた人だけ幸せ気分を味わえます。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.04


夢の森公園エコハウス

春の息吹を感じに、夢の森公園に行って来ました。
どうもこの春は、やけに春が恋しい気がするのは何故だろう。



春先の夢の森公園

春先の夢の森公園。



花盛りのオオイヌノフグリ

一見、冬枯れが続いているようですが、野にはオオイヌノフグリが花盛り。

オオイヌノフグリとヒメオドリコソウ

オオイヌノフグリとヒメオドリコソウ。



ぺんぺん草の花摘み中の孫娘

ぺんぺん草の花摘み中の孫娘。
夢の森公園の最大の特徴は、持ち帰らなければ採集を楽しめるところ。
流石に植物は、採集してしまうと戻せないので、控えねばなりませんが、ぺんぺん草の花位は大丈夫。
自然公園としては画期的だと思う。        



菜の花は咲き始め

菜の花は咲き始め。



ショウジョウバカマ

林の中に咲くショウジョウバカマ。

平地は犬連れOKですが、林はNGの夢の森公園。
今回は、長男の愛犬ムーに車で待ってもらい、林の中にもちょっとだけ入ってみました。



今期初桜

桜が咲いていました。
かなりビックリ。
早咲きの種類でしょうか?
今年の初桜。



夢の森公園のジョウビタキ

ジョウビタキ。
比較的春遅くまで留まっている冬鳥。
夢の森公園に、沢山居ました。



キタテハかな

冬眠から目覚めたタテハチョウ。
キタテハかな。



まだ真っ白な米山

まだ真っ白な米山。
米山は海沿いの山なのですが、まだ真っ白です。
今年は、春先、寒い日が多い気がする。
この日も、寒気が上空に入っているそうで、日差しは温かなのですが、吹く風が冷たかった。
お腹も空いてきたので早々に退散。
でも短時間でしたが、春の息吹を堪能できました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.03.29


県立植物園に行ってきました。
初めての訪問。



県立植物園温室無料デー

到着すると駐車場は、ほぼ満車状態。
意外と思っていたら、この日は無料開放の特別な日なのでした。



温室内の熱帯植物達

普段有料の温室に、今日は無料で入場。



何故か癒される巨大なバナナの葉

バナナの巨大な葉。
何故か癒されます。
大昔、猿だった頃の記憶が甦るからだろうか?



温室内の満開のチューリップ

チューリップには、まだ一寸早い新潟でも、温室は満開。



新潟オリジナル品種の白いチューリップ「雪ウサギ」

手前の白いチューリップは、「雪ウサギ」と言う、新潟のオリジナル品種なのだそうです。



水草水槽

アクアリュームが在りました。
植物園なのに水族館の様に何故水槽が?
と思われるのではないでしょうか。
このアクアリュームは、魚の展示の為では無く、水草観賞の為の水槽。
柔らかな緑色が良い感じです。
ライトグリーンの美しい、この様なアクアリュームのノウハウを築いたのは、新潟県人の故天野氏。
だから植物園なのに水槽が在るのだと思う。



ヤマトヌマエビ

水草水槽の影の主役は、このヤマトヌマエビ。
彼ら無しでは、この水草の美しさを保つ事は出来無いと言っても過言ではない。



県立植物園、楽しめました。
ただ、無料開放の日だったので、人出が多く、あまりゆっくり見られなかったのが少し残念。
もっとも無料はラッキーでしたけど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち植物カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは棚田です。

次のカテゴリは疑問です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。