の最近のブログ記事

2017.01.07


3月のライオンを読み返している。



3月のライオン

中学生にして将棋のプロ棋士になった少年の話。
将棋漫画。



そうそう、去年、と言っても1~2ヶ月位前だった思うが、実際に中学生がプロ棋士になったと、ニュースになっていた。
中学生棋士は快挙。
中学生でプロ入りした者は、必ず一流棋士になっている。



それに合わせた訳では無いだろうが、NHKがアニメ化をした。
この春には、実写映画も創られるらしい。



初めて読んだのは、去年のお正月。
長男がレンタルしてきたモノを一気読み。
この度は、購入して読み返している。


それにしても読み返しに、一年もの時間が経った。
面白いと思った本は、何度も何度も読み返すのが常なのだが、一回目の読み返しに一年も間が空いたのは、かなり珍しいかもしれない。



何故だろう?
忙しかった等と言うのは理由にならない気がする。



今度はじっくり読んでみる心算。
アニメも面白い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.12.04


今年から児童相談所で働いている東京の姪っ子から「読んでみて。」と言われ、図書館に取り寄せをお願いしていた本が届いた。



走れ!児童相談所

走れ!児童相談所。
新人児童相談所職員の成長物語。
典型的な児童相談所の仕事の紹介と虐待等の問題提起をした本。



まず驚いたのが、児童相談所のお寒い現状。
この本の主人公は、福祉関係の勉強をした訳でもなく、訳もわからず、いきなり児童相談所に人事異動させられている。
どんな仕事も、やる気さえ有ればなんとかなるものではあるが、極度に難しいのが児童相談所の仕事。
それをど素人が、先輩のサーポートと研修を受けながらとはいえ、直ぐに実践に投入されるとは・・・。
福祉の関係の勉強をしてきた者が、最初先輩の見習いとして数年修行してから実際に案件を受け持つものだとばかり思っていました。
人手不足とは聞いていましたが、かなり驚く現状。
新人の姪っ子が、早々に案件を抱えていたのも納得です。
先日、姪っ子が寝たきりの祖母をお見舞いに来てくれた時、100件を超えていた案件は、今では200件と倍増しているらしい。
事の軽重は有るにせよ、単純計算だと一日に一件位しか対処できない勘定になる。

何とも何とも・・・。
う~ん・・・。



児童相談所の仕事は、
1、発達相談。
2、非行
3、虐待
に大別されるらしい。
この三つとも問題の根本解決には、子供の周りの大人、主に親の指導が欠かせない。
子供の問題は、親の問題。
子供の問題行動の原因は、親に原因があるのだ。



しかし、名称が児童相談所と言うだけに、ピントは子供に充てられていて、もっとも大事な子供を取り巻く大人の指導は、個々の施設毎、担当者毎に対処している状況で、体系だった組織なり、指導継体なりが整備されている訳では無いようだ。
虐待・発達障害先進国のアメリカ等から最新の方法論も輸入されはいるらしい。
が、まだまだ浸透しているとは言い難い現状のようだ。



子供は保護するが、問題大人は放置。
これで良いのだろうか?



12月の雪の越後三山

雪の越後三山。



この本の最終章で、子供の命にかかわる、継父による激しい虐待事件を取り上げていた。
主人公とその在籍する児童相談所の迅速な行動のお蔭で、なんとか事無きを得るのだが、
継父に因る子殺しは、人間に近いチンパンジーやライオン等で、ままある事らしい。
先日、テレビの番組で、家猫にも子殺しが普通に存在し、母親となった雌猫は、極端に雄猫を警戒し、追い払おうとすると紹介していた。
どうやらほ乳類の多くに、子殺し行動が、普通にインプットされているらしい。
かなりショッキングな事実だが、人もその例外ではないと認識するべきなのだろう。
虐待は、然程に特殊な事例ではないのだと、この本の中でも再三、記述されている。



やはり、虐待を無くすのには、ひとえに教育しかないのだと思う。
児童相談所は、対症療法。
根本解決には、より良い人を構築する為の教育が必要。
それしかないと強く思う。
しかし、現状は、教育を順位付けに使い、教育がストレスを高め、いじめや虐待を助長している。

ここを何とかしなければ・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.11.30


読書熱が再燃している。



畠中恵著「しゃばけ」

妖怪モノが好きな甥っ子に紹介する為と自分に言い訳しつつ、畠中恵著「しゃばけ」を購入。



しゃばけ、妖怪の登場するファンタジー時代小説。
大好きな付喪神が登場して、中々楽しい。
でも、設定は有りがちかな・・・。



などと思いながら一気読み。
若い頃程ではないにせよ、読み出すと止まらなくなる悪い癖が復活してしまった。
これが一寸不味い。
他にやる事がいっぱいなのに・・・。



畠中恵著「ぬしさま」

しかも図書館から続編を借りてきてしまった。
これはもう、明らかに甥っ子の為と言うより自分の為。
しかも作品に魅了されているような。
不味い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.08.05


また図書館から本を借りてしまった。



ロバート・A・ハインライン著、夏への扉

ロバート・A・ハインライン著、夏への扉。
うおぬま屋が生まれる一寸前に書かれた、時間旅行もののSF。
SFとしては古典なのだろう。



SFを読むのは随分、久しぶり。
いつ以来だろう・・・。



主人公のタイムトラレベルは、30年程で、舞台は近未来の2000年。
と言っても、今は2016年。
2000年は、16年も前。
未来として語られている風景を、過去のモノとして見る不思議さは、何とも言えない奇妙な感じがする。
何だろうこの妙な感じ。



著者の予想した未来ほど、現在、科学技術は進歩してはいないようだが、かなりの部分で正鵠を射ていて驚く。
柔らかな心の持ち主こそが、正しい道筋を照らすことが出来るのだと、今更ながら実感する。



ロバート・A・ハインライン作の小説は、子供の頃、子供用に翻訳された「宇宙怪獣ラモックス」を読んだのと、日本製のアニメ「宇宙の戦士」に触発されて、2ページ程読んで、アニメとは全く違う筋だと分り、読むのを止めてしまった2作品だけだ。



過去のSF。
なんか良いかも。
もう一度、ラモックスを読み返してみようかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2016.07.23


甥っ子に付き合って図書館に行った折、また本を借りてきてしまいました。



読書家と言う程ではないものの、本を読むのは好き。
お酒を飲まないのは、体質に合わない事も有りますが、寝る前の読書の楽しみを酔いが邪魔をするから、と言うのが理由だったのでした。



どうやら、いつの間にか封印していた読書熱、再燃かもしれません。



絵でわかるゲノム・遺伝子・DNA

絵でわかるゲノム・遺伝子・DNA。



もっとも、やっぱり三行読むと眠くなるのは相変わらずで、今回は通読不可でした。

それにどうも内容が・・・。



この本、統計を結論の様に言っているのが気にかかる。
いや、この本に限らず最近の科学は、略そんな感じが多々する。
統計の結果など、仮説を立てる為の手段に過ぎず、研究のスタートライン。
そこから考え、研究するのが科学なのに、統計結果で満足しているように見えるのはどういう事なのだろう。



何か変だ、最近の統計と科学の考え方。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.08


久しぶりに図書館から本を借り、読書した。



池田晴彦著「生物学のウソとホント」

池田晴彦著「生物学のウソとホント」。



2ページ読み切りと優しい解説なので、なんとか通読。
なにせ就寝前の読書は、2行読むと眠くなるので、2ページ読み切りが丁度良いのかもしれない。



興味のある分野だけに、新しい知見がいくつかあった。
やはり本は読まなければ駄目だな~。



でも、生物学が開けようとしているパンドラの箱についての記述はなかった。
あんまり当たり前過ぎて、触れなかったのかな?
いや、それともやっぱりなんとなく避けたかったのか?
池田先生は、飄々としたお人柄の様。
先生にお会いして、直接お聞きしたい気もする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.06.12


絵本を購入しました。



世界で一番貧しい大統領のスピーチという絵本

世界で一番貧しい大統領のスピーチ。



どうやらこの絵本。
ムヒカ大統領のスピーチが、そのまま載っているようです。
絵も魅力的。
良い絵本だと思う。



それにしても、どこぞの都知事。
自分の身と引き比べて、とか思わないのだろうか。
セレブ妖怪になりかけると、人間の言葉を忘れてしまうもののようだ。



ただ、この絵本、
世界で一番貧しい大統領のスピーチ→世界で一番豊かな大統領のスピーチに直した方が、素直だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2013.10.07


夜市を読みました。

ファンタジックホラー、夜市

甥っ子のお供で図書館に行った時、以前、ラジオで紹介されていたのを思い出し、借りてきました。



ちょっと怖い、和製ファンタジック・ホラー。
よくこんなお話し、考え付くものだと思います。
いったい作家さんの方の頭の中ってどういう風にできているんでしょう。
短編で読みやすいですし、中々面白かった。



夜市は、人外の者達が開く市。
次元の狭間にあり、売っていないものは無いという。



ただ、ちょっと解せなかったのは、人外の者達の市なのに、支払いは人間の通貨で出来る事。
どうしてそういう設定にしたんでしょう?
お金で買えるのは、人間の労力だけ。
魔物達が人間の労力を集めたところで、何の得もないでしょうに。
売っているのは、人間の労力では作り出せない物ばかり。
それなのに、それを人間の労力に替えてしまうのじゃあ、最初から売り手が損な勘定です。



う~ん、分かりません。
夜市でお金が使える事に、何か意味があるのだろうか?
お金本来の意味を忘れた現代人に対する皮肉か・・・?

こりゃ、暫く悩めそうです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2012.08.21


森の王者、イヌワシ物語

森の王者、イヌワシ物語。
「叔父上、鷲、好きでしょ」と、図書館で甥っ子が見付けてきてくれました。



ちょっと読んでみたら、ビックリ、舞台が魚沼でした。
しかも大好きな奥只見、銀山平でした。
へ~、こんなお話しがある事、知りませんでした。



子供用の読み物ですが、甥っ子と一緒に、これは読んでみなければなりません。
どんなお話しかな~。

そして近い内に、甥っ子を、奥只見に連れて行ってあげねば。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2012.08.18


この夏休み、甥っ子が本好きになるよう画策中。
といっても、短時間でも、なるべく一緒に図書館に行くだけなんですが。



甥っ子に薦めた椋鳩十

椋鳩十を薦めてみました。



割と動物に興味のある甥っ子。
最初、ちょっと気乗りしない感じでしたが、なんだか一寸はまってきたかもしれません。
しめしめ。
もともと甥っ子は、心の中の想像の世界が広いようで、物語好きになる素質が充分だとみていました。



本好きに成るのは、小学3~4年が最適期。
夏休み後半、良い本と出会ってくれると良いのですが。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは景色です。

次のカテゴリは栽培です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。