美味しい物の最近のブログ記事

2017.06.27


アーティーチョークがスーパーの地物野菜売り場で売られていた。



アーティーチョーク

初アーティーチョーク。
この辺りで栽培している人が居るなんてビックリです。



茹でて食べてみましたが、噂通り可食部分が極端に少ない。
ガクの付け根と言うか、花の基底部が食べられる部位。
しかし、その量は、全体の十分の一か二十分の一程度です。
本当に少なく、ビックリ。



噂と違ったのが、味。
欧米では珍重されているらしいのですが、芋に似た食感の可食部は、これといった特徴も無く、あっさりしていて美味しくありませんでした。
あれ~?

これだったら日本のアザミの方が、よっぽど美味しいと思います。



いや、でもおかしい。
アーティーチョーク、美味しいはず。
茹でただけでは駄目なのかな?
それとも、この辺りで栽培されたものだから?
う~ん、どうなんだろう?



そうなると、ちゃんとしたアーティーチョーク、食べてみたくなりました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.25


湿度が上がり、今季初の蒸し暑さを感じた昨日。
このところず~っと湿度が低く、気温も低めな爽やかな気候が続いていましたが、
いよいよ梅雨らしくなってきたのかもしれません。



新潟下越産の小玉スイカ

スイカを購入。
新潟下越産の小玉スイカ。
我が家、スイカ今期初物。



蒸し暑くなると同時に店頭に並んだタイムリーさと、ひと玉500円と手頃な価格だったので迷わず購入です。



カットした新潟下越産の小玉スイカ

廉価だったからか、少し鮮度が落ち気味。
果肉が少し柔らかくなっていました。
しかし、甘さは充分。
走りの果物と思えない美味しさです。



きっと栽培技術に革新的な事が起こったに違いないと推測される甘さ。

新潟下越スイカ、凄いかも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.24


エシャロットに似た玉ねぎを見付けた。



エシャロット?

風味は似ているがどうなんだろう?
地物野菜のコーナーで発見。
何の名称も付いていなかったのではっきり分からない。
態と栄養不足にして小型に育てた美味しくない小タマネギとは明らかに違う。



エシャロット、小型の玉ねぎの仲間。
玉ねぎより風味が強い。
ニンニク風味を持つ玉ねぎといった感じでしょうか。
フランス料理やイタリア料理では欠かせない材料らしいのですが、まだ日本では珍しく、中々手に入らない野菜。



しかも以前、どこかの大ばか者が、ラッキョウの未熟な物をエシャレットなどと名前を付けて売り出したものだから、混同されてしまい、日本ではラッキョウをエシャロットと思っている間違いが大半を占めているようです。



農水省は、エシャロット(本物)とエシャレット(ラッキョウ)を区別しているという見解のようだ。
しかし、なんとも紛らわしいし、どう見ても後追いの苦し紛れの言い訳の感が強い。



食べ物にいい加減な名前を付けてしまう悪い癖を持つ日本人の国民性。
そうそう、チコリとエンダイブもそうです。

全く困った事だ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.18


安価な輸入牛の肩ロース。
それをさらに見切り品の半額値引きで購入。



グラスドビアンをチョイ足ししたステーキ

輸入牛、味わいが、ひと味不足を感じる時、魔法の出汁グラスドビアンをチョイ足し。
わずかな量をかけるだけで、あら不思議、普通のステーキが極上ステーキに変わります。



グラスドビアンは、普通、ソースのコクの補充に使うのが主ですが、やや反則気味なれど、直接かけるのも有り。
やばい位に美味しく、食べ過ぎてしまう危険な魔法。



使ったのは既製品の缶詰。
小さい缶が1000円近くして少々お高いが、使う量も少なく、その効果の程を考えると使わない手はない。
家庭では、小さい缶でも全部一度に使い切るのは無理。
残ったグラスドビアンは製氷皿で小分けして冷凍保存します。



そうしておけば、いつでも使える。
またしばらく楽しめます。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.17


江口だんごの新製品プリンを長男が購入してきました。



みたらし味のだんご屋プリン

みたらし味のだんご屋プリン。
みたらし団子のタレがかかっているプリンです。



江口だんごさんの餡子やタレは美味しいので定評がある。
特に胡麻餡は絶品。
その餡やタレをプリンに応用したもののようだ。
今までありそうでなかったプリン。



しかし、食べた印象はやや疑問。
タレの個性が強く、プリンが軽く仕上がっているのも手伝って、折角のプリンがタレの中に埋没してしまっているように感じる。
プリンは、もっとどっしりとしたデンプンで固めたブラマンジェの様なプリンの方が相性が良いのではないだろうか?



でも、定評のある餡を別の物に応用するのは良い方法。
参考にしなくてはなりません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.12


朝食にコンソメスープを食べた。



なんちゃってコンソメロワイヤル

ちゃんと作られたコンソメを、もう何年も食べていない。
真っ当なコンソメを出すレストランに行ったのは何時だったろうか。
そういったレストランは、中々敷居が高いのだ。
ならば自分で作れば良いのだが、ちゃんと作ろうと思うと、かなり気合を入れねば出来ないのがコンソメスープ。

で、今回は缶詰。
既製品の卵豆腐を浮き実にしてみた。
なんちゃってコンソメロワイヤル。



味はと言うと、やっぱりイマイチだった。
固形や粉末のスープと比べれば、段違いに美味しかったが、胡椒の香りが立っていて、あの豊潤で香しい味わいが感じられなかった。

う~ん、そりゃそうか、レストランのコンソメとは、価格が月とすっぽんなのだから。



家族でその類のレストランに行くにはそれこそかなりの気合が要る。

やはり自分で作るしかないか・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.11


クラインガルテンのバラ園が満開。
クラインガルテンで借りている日帰り農園の畑の草取りのついでに観賞してきました。



クラインガルテンバラ鑑賞会の看板

丁度、年に一度のバラ鑑賞会の日。



クラインガルテンのバラ園

ピークをほんの少し過ぎたところでしょうか。
バラの香りが濃厚に漂っています。



黄色いバラ

やっぱり自分は、黄色のバラが好きなようだ。



バラの匂いを嗅ぐ孫娘

孫娘、バラの香りを観賞中。
誰が教えた訳でもないのに、バラの香りを嗅ぐ時、目をつむっている。
面白いな~。



バラ園の中で飲むハーブティー

バラ園の中で飲むハーブティー。
このバラ園の管理をされている有志の方達が、準備してくださったもの。
一杯200円。
売り上げは、バラ園管理の費用に充てられるのだそうです。



里芋の芽

畑は、と言うと、やっと里芋が芽を出しました。
中々目を出さず、気を揉んでいましたが、やっと芽を出してくれました。
でも、まだ一本だけ。
大丈夫かな~?



愛らしいピンクのバラ

愛らしいピンクのバラ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.10


手作りカレー工房「あめいろたまねぎ」でランチ。



じつは、5月の連休中に訪れた事があるのですが、その日は、まさかの定休日。
相変わらず初訪問の空振りが多いうおぬま屋です。
ちゃんと確認しなかったのが駄目なのですが、まさかゴールデンウィーク中に休みだとは思いませんでした。



あめいろたまねぎのバターチキンカレー

で、リベンジのバターチキンカレー。
バーターチキンカレーは、ほとんど辛みの無いカレー。
名前が示す通り、とてもこってりしています。
これならば孫娘を連れ、家族で来ても大丈夫そうです。



辛みソースで辛さ調節

自家製の辛味ソースで辛さを追加出来るシステム。



美味しかった~。
濃厚で深い味わいは、店名通りのあめ色タマネギのお手柄なのでしょう。
少しうおぬま屋の好みより塩気が強かったですが、その辺りは好みの問題なので致し方無し。
食べる時、ご飯とルーの割合を調節して食べれば、何の問題もありません。



手作りカレー工房 あめいろたまねぎ

手作りカレー工房「あめいろたまねぎ」。
バターチキンの他のメニューは、ポークカレー(これが一番人気だそうです。)、キーマカレー、カレードリアがありました。



うおぬま屋、お気に入りのお店の女性経営率が異常に高い。
今回もそうだったのでビックリ。
自分は、こんなにも女性好きなのかと疑念が湧いてきます。
もっとも人並み並みには、お好きではありますけれど。
いや、そうでなく、女性のカフェ風飲食店の新規開店が多いのだろうと思う。
男性とは感性の違いを感じる女性店主店。
大歓迎です。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.08


カチョカヴァロを購入した。



カチョカヴァロ

マスコミで取り上げられ、気になっていたカチョカヴァロ。
なんと火付け役の花畑牧場製だ。
近所の業務スーパーに置かれていたのだが、しかし、この大きさで450円は結構なお値段。
一瞬考えたが、一割引きのシールに騙され、首尾よく籠の中に収納する事となった。



焼いて食べると美味しいという。
購入したので調べてみた。
製造方法は、チーズの基本的なもののようだがモッツァレラとの違いは、どこなのだろう?
エッ!!
通販の価格は1000円近い価格だった。
ちょっとびっくり。
となると、何故半額以下なのか気になったりする。



まあ、何にせよ、食べてみなくては始まらない。
楽しみ、楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.07


一昨年、藤の蜂蜜に魅せられた長男。



今年の藤から採れた取れ立ての藤蜂蜜

この春の藤から集めた出来立ての藤蜂蜜を購ってきました。



魚沼の藤蜂蜜、香りが鮮烈。
一昨年の記憶程強く無い気もするが、他の地域の藤蜂蜜より香りが強いと思う。
他地域の藤蜂蜜を試食してみたが、やっぱり購入するなら魚沼産だと思っていた。



春を閉じ込めた蜂蜜。
封印して冬に楽しむ手もあるが、おそらく多分我慢は出来ないだろうと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち美味しい物カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは経営革新塾です。

次のカテゴリは自然です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。