美味しい物の最近のブログ記事

2017.10.13


いよいよ獺祭を飲んでみた。



獺祭2割3分

まずは精米歩合2割3分のものから。
高精米が売りの獺祭。
まずは一番精米歩合が高いものから飲んでみた。



美味しかった~。



新潟の銘酒と言われている端麗辛口のお酒の「痩せた馬」の感じは無かった。
甘味と旨みのがしっかりある、所謂ボディがしっかりしているお酒だと思った。
香りも良い。
甘味と旨みのボディがしっかりしているので、吟醸の香りがより引き立っている。
旨みと甘味と辛みのバランスも絶妙だと思う。
どこも出っ張らず、何処も凹んでいない。
とても良いバランスだと思う。
確かに噂通り美味しい日本酒。
確かにこんな日本酒は、有りそうでなかった気がする。



ん、有りそうで無かった・・・。



そう、有りそうで無かった日本酒といった印象があった。
確かに美味しいのだが、空前絶後という訳ではないと思った。
もっともうおぬま屋は、下戸。
そんなに多くのお酒を飲んだ訳では無いので、良く分からないけれど。



そも、精米歩合2割3分という高精米の効果が良く分からなかった。
高精米にするとお酒に含まれるタンパク質が減り、うまみ成分が減少し、端麗になると思うのだが、獺祭のしっかりした旨み成分は何処から来たのだろう?
この旨み成分は、お米由来では無いのだろうか?
もしかして、日本酒のプラス側の旨み成分って、お米由来では無いのだろうか?

また新たな疑問が出来てしまった。



獺祭2割3分は、バランスが抜群。
ただ、バランスは抜群なのだが、それだけに、なんだか小さくまとまってしまった感もあった。
爆発するような華やかさと言うか、上質のコンソメスープや熟成された味噌で作られた味噌汁を飲んだ時の様な、幾千にも重なる旨みの華やかな競演の様なものが無かった。
お酒なのだから、スープや味噌に例える事が間違っているのかもしれないが、何だろう、鳥肌が立つ程の感動は無かったのも事実。
キラキラ輝くような日本酒は、そも存在しないものなのだろうか?
どうなんだろう。



自分の日本酒に対する考え方が間違っているのかもしれな?
また、獺祭は、本当に日本酒のひとつの高嶺を極めているのだろうか?
色々分からない事だらけ。
日本酒、やっぱり奥が深い。



極上と言われるワインを飲んでみたい。
そんなワインは、キラキラしているのだろうか?
していないのだろうか?
確かめてみたい。
そんな気持ちが強くなって来た。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.08


B品の幸水を購入。



B品の幸水

大きさが不揃いで形も歪。
でも味は上々。
何の問題も無い。
しかし、日本の場合、規格から外れると、極端に価格が下がってしまう。
食べる方としては有り難い。
が、作っている方にとっては、納得がいかないのではないかと、いつも心苦しく思う。



勢い、規格に通ったモノは高級化せざるを得なくなる。
果物の高級化のそれが一因だと思う。



果物の摂取量が、目標の半分にも満たない状態が続いていると聞いた。
皮を剥くのが面倒とか、中年男性の果物嫌いなど、色々な原因は考えられるが、果物の高級化も原因のひとつなのだろう。



先日、うち担当の若い銀行員さんが、「もう何年もブドウを食べていない。」と言っていた。
「一房数千円もするブドウを、おいそれと食べる気にはなれない。」と。
同感、そう思う。
ましてや、それを毎日食べるなど、考えられない事だと思う。



生産者が、労働に見合う報酬を欲すれば、勢い高級化せねばならなくなる。
しかし、そうなって来ると消費は減る。
毎日、高級品等食べられない。
それが自由経済の矛盾。
労働報酬の格差は、需要と供給の考え方では無理が生ずる。
それを矛盾なく解決する処方箋ってあるのだろうか?
経済に疎いうおぬま屋は、いつも悩む。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.07


ひげにんにく祭を覗いて来た。



ひげにんにく祭

ひげにんにく祭。



試食用のひげにんにくの素揚げ

これが、この催しの主役、ひげにんにくの素揚げ。
無料試食用です。



ひげにんにくは、水耕栽培でニンニクに芽と根を出させた物。
ニンニクの風味や旨みはそのままに、気になる匂いを軽減し、栄養価も高まるのだそうです。



信越工業の梱包紐

この催しは、信越工業さんが主催。
信越工業さんは、元々は梱包紐のメーカーさん。
それがひげにんにくで、農業と食品加工の六次産業に異業種進出されたのでした。



ひげにんにく、美味しい。
是非、新たな川口地区の特産品に育って欲しいものだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.06


評判の獺祭を購入しました。



獺祭

180mlの小瓶が三本。
それぞれ米の磨きが違う造りになっている。
2割3分、3割9分、5割。
下戸のうおぬま屋には、丁度良いサイズ。



獺祭は、磨きに拘ったお酒と聞く。
しかし、磨けば良いという日本酒造りの考え方に、どうも不得要領がある。
上善如水は、理論的に可笑しいと思うのだ。
しかし、酒造りでは、それが良いとされている。
それが、昔から疑問



風邪で体調不良の為、開封は後日。
楽しみ、楽しみ。
獺祭が「痩せた馬」では無く、目から鱗を期待。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.05


鮭とキノコのクリーム煮を作った。



先月、早生の鮭で作った鮭のトマトクリーム煮が、風味の強い海老やムール貝と一緒にした為、折角の鮭が脇役になってしまいました。
まあ、美味しければどちらが主役でも構わないと言えば構わないのですが、なんとなく不納得。
そのリベンジです。



鮭とキノコのクリーム煮

今回は、その反省を活かしてソース煮加えたのはキノコだけ。
平茸です。
ヒラタケも旨みが濃いのですが、植物性の風味と動物性の風味は、喧嘩しないのが定石。
定石通り、両者が引き立て合って、美味しく出来上がりました。



一応納得。
やはり素人は定石通りが良いようです。
何事も欲張り過ぎは良くない。
動物性の旨みを重ねる時は、繊細なプロの技量が必要なのだと、改めて認識です。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.27


地物鱈を購入。



鱈のシチュー

例によってシチューにした。



明日あたりから寒くなるらしい。
鱈が美味しくなる。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.26


娘の誕生日。
夕飯のリクエストは、ガパオライスと生春巻き。
パクチーとバジルは、生で、との事です。



ガパオライスト生春巻き

ガパオライスと生春巻き。
ガパオライスは、うおぬま屋担当。
生春巻きは、長男と本人作。



生のハーブを使うと確かに全然違う。
ガパオライスも生春巻きも、ハーブが決め手の料理。
美味しかった!!



ケーキ10種

誕生日ケーキは、ショートケーキ10種のチョイ食べ。
10種類のケーキを皆で突いて食べました。
そうすると一度に沢山のケーキを楽しめるのが良いところ。
女子好みの食べ方。



しっかりご飯を食べた後なので、チョイ食べとはいえ、流石に10個食いは結構大変。
お腹一杯。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.25


久しぶりにばば清水に行って水を飲んできた。



ばば清水

やっぱり美味しい、姥清水。



深山幽谷の清水も美味しいが、やっぱり里山から湧く清水の方が、何故か美味しい気がする。



ばば清水で戯れる孫娘

孫娘もお気に入り。
帰らないと駄々をこねました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.22


鶏胸肉が特売だった。



鶏胸肉のトマトソース煮

それでトマトソース煮を作ってみた。



料理する段になって気が付いたのだが、この胸肉やけにデカい。
普通サイズの2倍以上ありそうだ。



廃鶏?
いや、柔らかいし、通常サイズより美味しい位なので、廃鶏ではないかな。



普通、大きく育てるとコスト高になるので、価格は上がるはず。
なのに、この大きなむね肉が、何故特売になったのだろう
気になる。



何か訳アリな感じの鶏むね肉。
美味しかったので、余計気になる。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.20


購入したリンゴが外れ。



リンゴジャム

そこでシナモンとレーズン、レモンを足してジャムにした。



中々良い感じ。
足した物が多くてリンゴジャムとは言い難いが、まあ美味しから良し。
美味しくないリンゴは、これに限る。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち美味しい物カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは経営革新塾です。

次のカテゴリは自然です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。