昆虫の最近のブログ記事

2017.08.04


今年も簾にアブラゼミが止まった。



簾に止まるアブラゼミ

気が付けば、簾に止まるアブラゼミを例年撮影している。



しかし、結局、何故アブラゼミが簾に止まるのかという謎は、未だに解けない。



今日が前半の最終回だった子供科学電話相談にでも、子供のフリして電話してみようかしら。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.25


どうやらこの雨、魚沼は大雨にならずに済みそうだ。
明日、梅雨前線は太平洋側まで南下するらしい。



カナカナが鳴き始めた。
ヒグラシの鳴き声が大好きなので、とても嬉しい。
一年中で一番好きな時期が始まった。



先日、ラジオのパーソナリティーを務める作家さんが「恋は夏から始まる事が多い」と、さも新発見をしたかのように語っていて、ビックリした。
夏が恋の始まりの季節なのは、常識だろうに。
作家さんは、人間観察のプロだと思っていたので意外だった。



その作家さんに拠ると、
春、年度初めの4月に出会いが多く有り、それから3~4ヶ月経ったちょうど夏頃に恋に発展するから、夏に恋が始まる事が多い、
という趣旨だった。
が、いやいや、それも多少はあるだろうけれど、それは違うだろう。
「夏は開放的な気分になる」ともその作家さんは言っていたが、そっちの方がカギだと思う。



夏に開放的な気分になるのは、周知の事だと思うが、では、何故夏に開放的な気分になるのか?



それは人間の妊娠期間が約10ヶ月だからだと思う。
夏に妊娠すれば、赤ちゃんが生まれるのは、季節の良い春。
要するに、夏は人間の繁殖期なのだと思う。
だから恋が夏に始まるのは、当たり前なのだ。



宵待ち草

宵待ち草。



うおぬま屋は、夏が一番好き。
それは繁殖期だから?
だとするとちょっと・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.08


クラインガルテンで借りている日帰り農園の畑の草取りに行って来ました。



このところ雨続き。
草取りを怠けていたので畑は草ぼうぼう。
畑だか荒れ地だか分からない状態になっていました。



トウモロコシに花が咲いていた

トウモロコシに花が咲いていました。
草取りをサボっていても作物は育ってくれています。
なんとも有り難いことです。



トウモロコシの雄花にミツバチが来ていました

トウモロコシの雄花に盛んにミツバチが来ていました。

あれ!?
トウモロコシって風媒花でなかったっけ?
それでもミツバチって花粉集めに来るんだ!!
へ~~~、知らなかった~~~。
風媒花なんだから、ミツバチなんか来る訳がないと思っていました。
ビックリ。
いや、何事も実物を見て、実際に体験しないと駄目なものだと、改めて思う。



泥にはまって動けない孫娘。

孫娘は、またまた泥遊び。
泥に足を取られ、動けなくなって焦っているところです。
孫娘も貴重な体験中。



泥に足が埋まって動けなくなる体験を日常敵に出来る子供って、今、どの位居るのだろう?
ぬかるみで動けなくなった経験をしても、もちろんテストの成績が良くなる訳では無い。
しかし、その経験は、大きな糧になる。
その事が忘れられている。
それでは駄目だと思うのだが・・・。



2時間ほどで草取り終了。
荒れ地から畑に復帰しました。

トウモロコシ、生るかな?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.06


ニイニイゼミが鳴き始めた。



タチアオイ

てっぺんまで咲くと梅雨が明けるというタチアオイ。
もうすぐ一番上の花が咲きそう。



夏が始まる。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.30


湿度が高い。



気温はそんなに高いわけではないが、異常に湿度が高く、空気がねっとりと絡みついてくるようだ。



こんなに湿気が強い事は、魚沼では珍しい。
どうやら太平洋側に熱帯低気圧が近付いているのが影響しているのかもしれない。



デンデンムシ

こういう時は、小さい者達が活気付く。



それにしても、この水の中に居る様な空気感が気になります。

大雨の予感!?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.28


庭の雑草にアブラムシが付いていた。



アリとアリマキ

そのアブラムシ=アリマキが、アリに蜜を与えている。



アリマキは、アリに蜜を与えて手なずけ、テントウムシなどの天敵から守ってもらう。
いわゆる典型的な相利共生。
アリはアリマキの用心棒。



よく見られる光景ではあるが、良く出来ていると思う。
どうやってこういった関係が出来上がって来たのだろう?
生き物の進化には、まだまだ謎が多い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.26


アカシジミを撮影したくて、以前、一回だけ撮影出来た場所に出掛けてみました。



栗の花でお食事中のルリシジミ

ルリシジミと栗の花。
栗の花でお食事中のルリシジミを撮影。
小一時間探しましたが、アカシジミは空振りでした。



あれから、この時期に時々探しに来ているのですが、あれ以来全く出会えません。
夕方に活発に飛ぶ事が分かったので、今回は夕方に来てみたのですが、やはり駄目。
う~ん、朝の方が良いのかな?



ま、生き物撮影は、運と根気。
諦めずに愚直に探しましょ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.23


我が家に夏のお客様がやって来た。



メスのクワガタ

メスのクワガタ。



屋内に迷い込んでいたものなのだが、見付けるまでに時間が経っていたようで、どうも元気が無い。
いや、元気が無いというより、全く動かない。
死んでいるのか・・・?
いやいや、死んでいるにしては、外観に艶がある。
どうなんだろ?



分からないので、昨晩、玄関先の植木鉢の土の上に置いておいてみた。



今朝、様子を見に行ってみると、あらら、しっかり居なくなっていました。
どうやら昨夜のアレは、死んだフリだったようです。
やられた、やられた、上手く騙されました。
中々堂に入った死に真似です。



まあ、元気でなにより。
(ありさんに運ばれてしまった可能性も有るけれど・・・。)



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




017.05.21


自宅裏の空地に今年もウスバシロチョウが飛び始めました。



ウスバシロチョウ飛ぶ

去年一昨年と5月の上旬が飛び始めだったので、今年はだいぶ遅い。



ウスバシロチョウ、ハルジオンで食事中

ハルジオンでお食事中。



ハルジオンでお食事中のハナムグリ

ハナムグリもお食事中。



翅が折れて飛べないウスバシロチョウ

翅が折れて飛べないウスバシロチョウを見付けました。
どうやら羽化に失敗したらしい。
懸命に歩いて花にたどり着こうとしています。
頑張れ。



満開のタニウツギ

不思議な事に、満開のタニウツギには、ウスバシロチョウ、全く見向きもしていませんでした。
タニウツギは美味しくないのかな?



飛んでいるウスバシロチョウ

急に暑くなったので、飛び始めが遅かったのに沢山のウスバシロチョウが飛んでいます。
毎年、10日程しか飛ばないウスバシロチョウ。
今年は、一斉に羽化して、飛ぶ期間が短くなりそうです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.02


クラインガルテンに居る時、ギフチョウが何頭か通り過ぎて行きました。
そう言えば、今期、まだギフチョウの撮影をしていません。



と言う事で、家族を帰し、一人、山本山の遊歩道を散策。
ギフチョウ撮影を試みました。



遊歩道脇のカタクリの花

カタクリの花が在る内がギフチョウの時期。
暑い位にお天気が良かったので、遊歩道は生き物の気配が濃厚。



翅がボロボロのヒオドシチョウ

ヒオドシチョウが居ました。
タテハチョウの仲間は成虫で冬を越すので、翅がボロボロ。
厳しい冬を乗り越えた歴戦の雄です。



今回は、無暗に歩き回らず、待ち伏せ作戦を採りました。



待つ間、近くにウグイスが囀っていたので、かねてから考えていたウグイス撮影作戦を試してみました。
その作戦、ウグイスの囀りを口笛で真似して、ウグイスを藪の中から誘い出して撮影しようという作戦。
ウグイスは、藪の中で鳴く性質があるので、撮影どころか姿を見るのも結構難しかったりします。
ところが、この作戦やってみたら効果あり。
うおぬま屋の下手くそな口笛に、ウグイスが返事をします。
「お!これは!!しめしめ・・・。」

しばらく騙し鳴きを続けていると、焦れたウグイスがついに姿を現しました。
思った以上に効果てき面。
この作戦、使えそうです。
しかし、姿は見えたものの、ウグイスの動きが素早過ぎて撮影は不可でした。
どうやら人の鳴きまねと見破られたようです。
う~ん、撮影にはもう一工夫必要かも。



翅が傷ついていないヒオドシチョウ

カタクリの花でお食事中のヒオドシチョウ。
あれ?!こちらは、ほぼ完品。
冬越ししたはずなのに、こういうのって珍しいのではないだろうか。



様子を見に来たヤマガラ

待ち伏せ作戦中、ヤマガラが様子を見に来ました。



小一時間粘りましたが、ギフチョウは何頭か通り過ぎるものの全く止まってくれず、こちらも撮影は出来ませんでした。
そろそろ、うおぬま屋の辺りでのギフチョウの時期は終わりに近いので、今年の撮影は無しかもしれません。



ムシクイと思われる小鳥

帰り道、ムシクイと思われる鳥を撮影。
ムシクイは、みんな似ているので区別が難しい。
センダイムシクイかな?
ムシクイもウグイス同様、撮影が比較的難しい鳥。
でもタイミングさえ良ければこの通り。

生き物撮影は、運次第・・・、か。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち昆虫カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは撮影行です。

次のカテゴリは映画です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。