妄想の最近のブログ記事

2019.06.12


犬の起源は、オオカミの馴化に伴いネオテニー(幼形成熟)が起こったとする説が実験的に確かめられたと、テレビの科学番組で言っていた。



オオカミから犬への形態の変化はネオテニーだったのか!!
と納得。
人為的な選択淘汰による性質の馴化が、ネオテニーという形態変化まで引き起こすとは、驚きである。
なる程ね~、まだ確定では無いらしいが、まず間違いなさそうだ。



しかも馴化によるネオテニーは、オオカミ特有の現象ではないという。



どうやらネオテニーは家畜化された多くの動物にも起こっているらしいだけでなく、どうやらそれは人間にも起こったのではないか?
と考えられ始めているのだそうだ。



そう言えば現代人の頭の骨格は、原人などに比べて丸っこく、幼形成熟と言えそうだ。
女性は幼形成熟の形態戦略を取っている事は、以前から知られていう事だが、男性にもそれが当てはまるとは、目から鱗だ。



もしかしたら最近のイケメンブームなんかも、これと符合するところがあるのかも?
と妄想。



古代社会において、社会生活を営む上で、より大人しい人物が好まれ、その結果そういう選択が成され、それによりネオテニーが起こったとすると、人の発展はネオテニーに因る所が大きいと言えるのかもしれない。
実に面白い。



馴化により何故ネオテニーが必然的に起こるのかは、これからの研究に因るようだが、興味深い事だ。



しかし、「待てよ。」と思う。
人は、馴化したにしては、殺し合いを好み過ぎなのではないだろうか?
この共食いの性質は、なぜネオテニーにより無くならなかったのだろう?
どうやら人間には、馴化とネオテニー以外にも何か重大な別要素がありそうな気がしてきた。
そこんところも考えてみる必要がありそうだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.31


先日の無差別殺傷事件を受けて、ラジオで「社会が変わらなければ、こういう悲惨な事件は無くならない」という主張が、その番組への投稿とパーソナリティーによってなされていた。



その通りだと思う。



その通りなのだが、
「社会が変わらなければ、」という事は、取りも直さず「自分が変わらなければ、」という事だと、どれだけの人が思ったのだろう。
そのラジオでは、そこまでは指摘していなかった。



そして
「自分が変わらなければ、」
という事は、
「自分の考え方や常識が間違っている」
という事に気が付かなければならない。
自分の非を認める事は、誰にとってもとても難しい事。
しかも、あの悲惨な無差別殺傷事件の責任の一端を自分が担わなければならない事にも気が付かねばならないし。



悲惨な事件を無くしたい→
加害者個人の問題としてでは無く社会全体の問題なのだと認識する→
社会の問題は自分自身の問題なのだと気が付く→
自分の意識の問題点を考え、自分の間違いを認める。



こう考える事は、当たり前のような気もするが、実際は中々そうならない。
誰かが解決してくれる、とか
自分には関係ない、とか思いがち。

でもそれしか方法が無いのだと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.16


NHKラジオのお便りテーマに「お金」というのもあった。



その放送で番組のアンカーが、
「お金は生活する上で必要。」
と言っているのを聞いて、
「どうしてお金が生活する上で必要なのか?」
と言う事を、ちゃんと説明出来る人って少ししか居ないのだろうなっと思った。



「生活する上でお金が必要。」
とは言うが、
「それは何故なのか?」
と思う人は、わずか。



「お金は生活する上で必要。」と言ったアンカーさん、説明出来るのだろうか?
それを考えるのって、大事だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.15


先日のNHKラジオのお便りテーマは「お化粧」だった。



いろんな投稿があったが、その放送を聞いていて、ほぼ略、
「自分がなぜお化粧をしているか」
を、あまり考えていないらしい事が分かって、少し呆れた。



お化粧する事を
「仕事をする上での身だしなみ」
などと宣っているのは論外だが、あれほどご執心で行っている行為の意味を、あまり深く考えていないのは意外だと思う。



「自分を綺麗に見せたいからお化粧をする。」と言う事は、当然の様に分かっていらっしゃるようなのだが、
「なぜ、お化粧=綺麗だと思うのか?」
と、そこから掘り下げる女性は、ほとんどいないようだ。

 


また、生き物は、雄が体を飾り立てるのが一般的なのに、
「人間は、男性では無く女性がお化粧するのは何故なのか?」
なんて事も、人の社会を考える上で大事な要素を含んでいたりする。



当たり前を当たり前と思わない。
大事な事だと思うのだが。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.04.23


オートマチック車のアクセルとブレーキの踏み間違い事故が頻発している。



報道されるような悲惨な事故は、踏み間違い事故全体の氷山の一角のようだ。



怪我人の出ないオートマチック車事故は、身の周りでも頻発している。
それこそ枚挙に暇が無いようだ。



海外では、オートマチック車は、稀な存在だと聞いた。
日本では、もうそろそろオートマチック車を制限するべきなのではないだろうか?
クラッチと言う安全装置を一つ無くしているのだから、それに代わる機構が確立するまで、オートマチック車を禁止にしたらどうだろうかと思うのだが。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.04.21


この春から高校生となった甥っ子に宿題を出した。



質問
「宇宙人(地球外の知的生命体)は、優しいか敵対的か?」
というもの。



ラジオの科学電話相談に寄せられた質問なのだが、中々深い質問だと思ったので、甥っ子への宿題に転用させてもらった。



難しいと思うので、ヒントとして
「宇宙人は、優しい。」
という答えを教えた。



何故まだ遭遇した事が無い宇宙人が、優しいと分かるのか?
を考えて欲しいのが、この質問の狙いだから。



また、
SFで描かれている宇宙人が、それに反して殆どが敵対的に描かれているのは何故なんだろう?
と言う事も合わせて考えてくれることも期待。



大人になるまで、じっくり考えて欲しいと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.03.25


仕事をしながら聞いていたラジオで、ドキュメンタリー映画「みんなの学校」の題材となった大空小学校初代校長木村泰子氏がインタビューを受けていた。



大空小学校は、公立校ながら型に捉われない教育で不登校ゼロの学校。
保護者らの支援も積極的に受け入れ「地域に開かれた学校」を実践しているらしい。



その所為かビックリした事に、毎年卒業式には、歴代の卒業生達も、全員では無いだろうが列席するそうだ。
普通、卒業校を母校とは思うが、OBが毎年の卒業式に出席する様な事など無い。
しかし、大空小学校では、それが当たり前の事と思える教育が成されているらしいのだ。
どうやら大空小学校は、映画「みんなの学校」の呼称そのものの学校のようだ。



木村泰子氏はいんたびゅーで、
「学校は、子供達が幸せになる為に存在する。」と仰っていた。



得たりおう、だ。
学校は、教育は、人を幸せに導ける唯一の手段だと常日頃思っているので、同じ様に考え、しかも実行している人が居ると知り、滅茶苦茶嬉しかった。



もちろん「幸せ」=「経済的優位」・「社会的な地位」等ではない事は言うまでも無い。
試験や学歴で他者を出し抜いた(出し抜くは言い過ぎかな)としても、人はそんな事で幸せになれない事は、考えるまでも無く当たり前だ。



世の中、悪い方向にばかり進んでいる気がしていたが、大空小学校に一筋の光が見えた気がした。
久しぶりに良いニュース。
大空小学校は今は少数派ではあるが、大空小学校の様な学校が標準仕様になる事を願う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.03.19


調べてみたら、実母に因る児童虐待が、児童虐待の全体の6割を占め、一番多いのだと知った。



実母による児童虐待は、女性の場合は遺伝的には間違い無くつながっているので、その原因は、父親に因る虐待とは違い、利己的遺伝子には因らないようだ。
母親の児童虐待の原因は、父親のそれとは全く別の原因があると考えた方が良い。



そこで思い付いたのが、子育ての経験値、という事。



今の母親・父親は、核家族化や少子化の影響で、子供の時に、その目で実際の子育てを見ていない。
要するに、子供の頃、小さい子供と触れ合っていないのだ。
それが大きな原因の一つなのだろうと思う。



チンパンジーなどの霊長類も、動物園などの特殊な環境下、他の大人のメスの子育て見る機会の無かった若いメスは、多くの場合、子育てが出来ず、子育てを放棄し、子供を殺してしまう事がままあるらしい。
動物園の動物が子育て出来ない事は、実に多い。
その対策として、「チンパンジーに人間の子育てする様子のビデオ映像を見せて、教育した。」という話を聞いた事がある。
それで実際、上手くいったようだ。



実母に因る児童虐待の原因は、どうやって子育てして良いか分からない経験不足が、大きな原因の一つ。
これは間違い無いと思う。
人間は、生殖可能になったからと言って、子供を育てられる訳では無い。
それがすっぱり忘れられている。



しかし、おそらく実母による虐待の原因が、子供の頃の経験不足などと言う事は、専門家の間では常識だろう。
なのに何故、その根本原因を無くす対策が講じられないのだろうか?
対策と言えば、対症療法ばかり。
罰則の強化、通報の奨励、児相の強化等々・・・。
事ここに至っては、もちろん対症療法も大事ではあるが、何故根本対策が立てられないのか?
動物園でさえビデオを見せて教育しているのに・・・。
全く不可思議としか言いようがない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.03.18


昨日のブログに記したメイトガード



メイトガードとは、オスがメスを、他のオスと交尾しない様にガードする事。
それは、自分の遺伝子だけを残したいという生き物の本能によるところだが、それを利己的遺伝子と言う。



生き物のメイトガード、中々峻烈。
他のオスが近付かない様にガードするのなんて大人しい方で、中には交尾の後、メスが二度と交尾出来ない様に、メスの交尾器を破壊する、とんでもない者(人間的には・・・)までいるらしい。



ペットの飼育数で犬を抜いて一位となった猫。
その猫のオスもメイトガードをする事が知られている。
オス猫は、メス猫が発情している間、飲まず食わずで雌猫の側から離れない。
食事なんかしていては、彼女を他の男に盗られてしまうからだ。
寝る間も無く、彼女に付き従う。
寝るのは彼女が眠っている時。
しかし、それだって彼女が何時目覚めるか分からないので、神経を尖らせたままのうたた寝程度。
同じほ乳類のオスとして身につまされる感じがする。
まさに生存の全てをメイトガードに賭けている。



自分の遺伝子を残したいという情動、中々激しい。
それは、生き物である人間も例外ではなく、この情動が、様々な問題を引き起こす原因となっているようだ。
ストーカー行為などは、メイトガードそのものだと思う。
男性の独占欲もしかり。
また、結婚という様式もメイトガードの変形と言えなくもないようだ。



利己的遺伝子による激しい情動。
メイトガード。
時に倫理観など吹き飛ばしてしまう。
それが父親に因る児童虐待の大きな原因の一つになっているのだと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.03.17


先日、テレビの情報バラエティー番組で、最近は遺伝子検査が手軽に出来るようになった為、自分の子が実子かどうか検査してみる父親が増えてきていると言っていた。



それで、実子では無い割合は2~3割だったとか。



ビックリの数字だが、解説者は、「妻の不貞を疑う夫婦の結果なので、一般のご夫婦にはあてはまらない。」と言っていた。



が、はたして本当にそうだろうか?



うおぬま屋は、ツバメの場合も、同じ巣の中に居るヒナ達の異父兄弟の割合が、奇しくも2~3割だと言う事を知っている。
ツバメ、意外と浮気者。



この2~3割という数字。
偶然の一致・・・、と思えない。



もしかしたら人間のご夫婦の異父率も、実は2~3割、という気がしている。



実父の虐待
この2~3割と言う数字が原因なのではないだろうか?



かなり以前、作家の林真理子氏が、
「男っておめでたいよね。妻の子供を自分の子供だと信じて疑わないんだもの。」
と言っていたのを思い出した。
が、人間を含めた生き物の雄は、そんなにおめでたくはない。
だからメイトガードがあるのだし。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち妄想カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは夢の森公園です。

次のカテゴリは巨木です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。