妄想の最近のブログ記事

2017.11.13


母の介護中、ラジオから流れる曲が、ふと耳に止まり、妙に歌詞が気になった。



竹内まりやさんの「駅」。
元カレと駅で偶然出会い、別れた事を後悔するという歌詞のようだった。
胸に迫る曲。
が、その一方、じゃあ何で別れたの?
あなたの浮気が原因?
とも思え、なんだか腑に落ちない感じがする。



歌詞を検索して読んでみた。
「懐かしさの一歩手前で  こみ上げる苦い思い出に  言葉がとてもみつからないわ」
とあった。
切ない感じは分かるものの、やっぱりどうも納得がいかない。
彼女は彼をいまだに思っている様なのだが、二年前にいったい何があったというのだろう?
おそらく普通に考えれば、心変わりしたのだと思うが、それが今になって元カレが気になるとは、どういうことなのだろう?



「それぞれ待つ人のもとへ  戻ってゆくのね気づきもせずに」
とあるので、二人とも結婚、もしくは恋人が居るらしい。
彼女は、今彼と上手くいっていないのだろうか?
だから元カレが気になる。
だとすると嫌な感じの女性、となりそうだ。
が、曲の感じは微塵もそんな感じでは無い。



調べてみたら、この歌には、二つの解釈が有ると知った。
「初めてわかるの痛いほど 私だけ愛してたことも」のところ。
この「私だけ」を「私だけがあなたのことを愛していた」と、結局片思いだったのだ、という解釈と、彼がどれだけ自分のことを愛していたか、今になって身に沁みてわかったと言う解釈の二つが可能のようだ。
前者ならば、切ない気持ちは分かるかな。
でも、作者は、後者を意図していたそうだ。
読み方によると、前者とも思えるのが面白いが、しかし、「二年の時が変えたものは 彼のまなざしと私のこの髪」とあるので、彼のまなざしが変わったのならば、前者の解釈は、やはりちょっと無理があるのかもしれない。



考えている内に、憐憫の思いを歌にした歌詞ではあるが、彼女は今彼に不満を持っている訳では無いのかもしれないと思えてきた。
切ない曲ではあるが、駅を出れば、彼女は嘘のように切ない気持ちが消え、今彼(夫かな?)のもとで幸せなのかもしれない。
女性は、そういう心の動きをするのだとか。
男性の上、頭の固い自分には理解しがたい感情だが、どうなんだろう?
女性に聞いてみたい気がしてきた。

紅葉

しまった、またこんな事で時間をつぶしてしまった。
ネットでダラダラしていると、あっという間に時間が経ってしまいます。
反省、反省・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.27


眠育なるものが、ニュースで取り上げられていた。



眠育、要は睡眠の重要性を子供達に教える事らしい。



眠育を始めた某小学校は、以前10%近かった不登校が、数年後には0%に激減したのだそうだ。



成果は上がっている。



睡眠の大事さは、当たり前の様に認識されていると思うが、その当たり前故に随分軽視されている傾向にある。
日本は、世界でもトップクラスの睡眠不足大国なのだそうだ。



眠る事、食べる事など、生き物の最も基本的な要素を軽視している日本人。
なにか具体的な成果が無いと改まらない。

眠育、広がって欲しい。



霧の深い朝

霧の深い朝。



しっかし、睡眠なんぞ、人造り(教育)の基本の基本。
その土台から築き直さなければならないとは・・・。
なんと道の遠い事だろう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.12


テレビCMで、骨を取った魚のお惣菜が宣伝されていて、ショックを受けた。



お年寄りや小さい子供でもなければ、やはり魚の骨位、自分で取って食べるべきであろう。
自分の事は、自分でするは、当たり前。
仕事が分業化しているからと言って、全てを分業化して良い訳では無い。



では、なぜ「自分の事は自分でする」のが大切なのか。



ひとつは、「色々な体験が人の能力を伸ばす」からだと思う。
学校の主要5教科さえ成績が良ければ、それで良いというものではない。
自分の出来る事は、なるべく自分でする事によって、色々な能力が身に付き、やがてバランスのとれた知力が育まれる。
高い山には広い裾野が必要なのだ。
魚の骨を取る行為も、その広い裾野を作る、ひとつの要素だという事を忘れてはならない。



うおぬま屋は、藍染が好きだ。
得も言われぬ深みを持つ藍染の藍色。
藍染の、あの深い風合いは、藍色以外の色素である赤や黄色等、数千にも及ぶ藍色以外の色素があってこその藍色なのだと聞いた事がある。
単純な藍色のみの化学染料では、深い風合いは出ない。
一見、無駄な要素と思える事が、実は重要と言う事は、良く有る事。
人もしかり。
複雑な人の心を作るのに、効率ばかりでは、ダメに決まっているのだ。



なぜ「自分の事は自分でする」のが大切なのか、
もう一つの理由は、「高効率を求めるあまりの分業化は、過適応」だからだ。
過適応は脆い。
あまりにも環境に合せ過ぎて、高効率を求めると、いざ環境が変化した時、全く付いて行けなくなり、ぱったり倒れてしまう。
過適応は、危険なのだ。



過適応の分かりやすい例は、恐竜。
彼らは、安定した環境のもと、体を巨大化させていった。
体を巨大化させる事が、彼らにとっては生きていく上で有利であったし、効率が良かったのだ。
しかし、巨大隕石の衝突による寒冷化という環境の変化により、億年単位で繁栄していた彼らも、あっさり絶滅。
大きな体は、大量の食物を必要とし、寒冷化による食物の減少に全く付いていけなくなってしまっていたのだ。
人の社会の高度な分業化も、恐竜の巨大化と同じ。
過適応なのだ。
人も恐竜たちと同じ道を歩んでいる。

恐竜図鑑の表紙

あまりに高度になった分業化(文明)が、脆い事は、東北の震災の際、骨身に染みたはずだと思うのだが、その教訓は、魚の骨を分業化によって取ってしまう行為には、全く活かされていないようだ。



自分で出来る事は、なるべく自分でする。
大事なことだと思う。
魚の骨位、自分で取ろう。
社会の分業化が進んでいったとしても、一人一人の能力が下がっていなければ、過適応にはならないのだから。



しかし、もっとも、魚の骨取りに限らず、分業化の弊害は、随所に現れていて、その限界を既に超えているとも思う。

一人一人の自覚が重要なのだが・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.11


テレビCMで、骨を取った魚のお惣菜が宣伝されていて、ショックを受けた。



お年寄りや小さい子供でもなければ、やはり魚の骨位、自分で取って食べるべきであろう。
自分の事は、自分でする。
うおぬま屋が子供の頃は、それが常識だった。
自分で出来る事は自分でする。
それがいつの間にやら、すっかり忘れられてしまっている。



それが何故忘れられてしまったのかというと、「仕事の分業化」が高度に発達した影響があるのだろうと思う。
あまりに仕事の分業化が、入り線を窺うように発達したため、個人の生活にまでその方式が入り込み、重大な齟齬を生じている。



仕事の分業化は、効率が良い。
極端な話し、一つの技に偏って訓練すれば良いのだから、技術の習得は早いし、高度な領域にも到達出来る。
今の世の中は、それによって支えられていると言っても良いだろう。
しかし、それを個人にも、そのまま当てはめるのは間違いだと思う。
個人の場合は、効率が良ければ良いというものでは無いのだ。



家事分担は、いまや当たり前になりつつある。
それなのに、それと逆行する様な骨の無い魚。。
魚の骨さえ取れない者が、家事をこなせる訳が無いだろう。



分業化社会においては、他人の力を借りて生きるのは基本ではある。
助け合いも大事。
助け合ってこそ人の社会。
しかし、魚の骨まで他人から取ってもらうのは行き過ぎ。
「自分の事は、自分でする」の精神=自立の精神は、助け合いと並立する社会を支える大事な柱でもあるのだ。



では、具体的に何故「自分の事は自分がする」が大切なのか。
理由は二つあると思う。

ヒヨドリ草



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.10


テレビCMで、骨を取った魚のお惣菜が宣伝されていて、ショックを受けた。



世の中がどんどん悪い方向に進んでいる。
それをどう止めたら良いのだろう。



何故だろう?
いつのころからか、生きている内に世の中が良い方向に進み始めるのだけは、確認してから身罷りたいと思っていた。
自分の子供や孫の将来を心配して、などと言う訳では無い。
彼らは彼らで、自分達の道は自分達で切り開いて行くだろう。
自分が死んだ後の事など、気にしてもしょうがないとは思っている。
だが・・・。
どうしてだろう気になる。



若い頃は、その内、誰かが良い方向に導いてくれるだろうと高を括っていた。
それが気が付けばアラ還。
そうのんびりとしていられる年齢ではなくなってきた。
少々焦る。



良い方向に向かうには、教育が胆。
教育さえ方向修正されれば、後は順次方向修正されるだろう。
ゆとり教育の時は、大いに期待し、これで大丈夫だろうと思ったものだった。
それが、ゆとり教育は期待に反し、とんでもない方向に曲がったうえ、空中分解。
元の木阿弥に戻ってしまった。
いや、木阿弥に戻ったどころか、悪い方向に進むのが加速している。
困った。



どうやら願いは叶いそうもないかもしれない。

赤い月



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.09


テレビCMで、骨を取った魚のお惣菜が宣伝されていた。



お魚の不人気は、骨があるからだと、そのコマーシャルでは言う。



確かに、子供達は、骨のある魚が苦手とは聞いていた。
ところが今は、それが良い年をした大人にも広がっているらしいと知り、暗澹たる気持ちになった。
子供の頃は、魚の骨を取る事は出来なくても、大人になるまでに練習し、問題なくなるのが普通だろう。
それが今は、そんな当たり前な事さえないがしろにされている。
恐ろしい世の中になったものだ。(何度そう書いた事か・・・。)



スーパーでも、切り身の魚は、骨が取られた物の割合が増している。
それはお年寄りの為だとばかり思っていた。
が、どうやらそうでは無いらしい。



新秋刀魚の塩焼き

再掲、秋刀魚の塩焼き。
骨なしの魚を食べる人って、秋刀魚を食べる時、どうするのだろう?



どうして食べる時に魚の骨を自分で採る事が大事なのか。
それをきちんと説明出来る人は、おそらく少ないのだろう。
だから世の中がどんどん悪い方向に向かっている。

なんとかならないものだろうか・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.04


デイサービスから帰った母に付き添って来たヘルパーさんが、平謝り。



なんでも入浴の際、欠けた爪にバスタオルが引っかかってしまい、少し血が出てしまったのだそうだ。



寝たきりの母は、やはり普通とは違い、ちょっとした事でも出血しやすくなっている。
だから、かなり注意していても、時々小さな出血は避けられない。
なので、そんなに謝らなくても、と思い、そう伝えた。



しかし、世は不寛容社会。
強硬にクレームを言う人も居るのだろう、きっと。
大変だな~、と思う。



そうか・・・。



先日久しぶりに参加した同級会の居心地の良さ、あれは、寛容が醸し出すものであったようだ。
そう言えば、何の緊張感も無く、他人と接したのは、随分久しぶりな気がする。
不寛容社会の中の寛容。
それが同級生というものだったと、いまさらながら気が付いた。



得難い関係。
もっともうちのクラスは、事の外、皆、仲が良かった。

昔、日本は、基本、こんな感じであった様な気がする。



お茶の花

いつからこんな不寛容社会に陥ってしまったのだろう?
どうしてこうなってしまったのか?
皆がそう思いながら、事態は悪い方向に進むばかりだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.29


衆院解散。
小池都知事は、国会議員に返り咲きに含みを持たせている。



どうやら政権交代が可能ならば、首相になれるようならば、国会議員に戻ると言う事らしい。



どうも小池さん、初の女性首相になる事が目的らしい。
都知事も、トップになりたかっただけなのかもしれない。

ちょっとがっかり。



それにしても、そんな動機で、あんな大変な仕事を引き受けようと思うとは・・・・。
不思議。

つりふね草

お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2017.09.21


教育予算を2兆円増やすとの首相の発言が有ったらしい。



選挙目当ての空手形で無い事を願う。



当たり前ではあるが、教育が胆である事は、どうやらご理解されているようだ。



空手形では無いとしても、実際に教育改革が出来るのか疑問。
結局、妥協、妥協を繰り返し、ゆとり教育の轍を踏むのが目に見えている気がする。



教育を経済的優位性を獲得する為の手段と考えている内は、いくら高等教育を無償化しても、この目を覆うような教育の荒廃は止まらない。
無償化は良い事だと思うが、最初から踏み出す向きがズレている。



無償化も必要だが、ちゃんと教育改革を正しい方向に導いて欲しい。
でないと、さらに不味い方向に進んでしまいそうだ。
悪い予感がする。

赤い夕陽



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.14


「給食の時間に、うちの子には『いただきます』といわせないてほしい。給食費をちゃんと払っているんだから、いわなくていいではないか」と学校に申し入れた母親がいた。
と言う記事を見付けてビックリした。



また、食堂で「いただきます」と言ったら、隣のおばさんに「お金を払っているのだからお店がお客に感謝すべきだ。」
と言われた、と言う話しも載っていた。



両方とも「人に何かしてもらっても、お金さえ払えば、とくに感謝などしなくても良い。」という今、蔓延している勘違いに基づく逸話だ。



これは経済を誤解しているから起こる間違い。
経済社会とは、お互いが助け合って成り立っているという事を、完全に失念してしまっている。
辛辣に言えば、拝金思想で目がくらんでしまっているのだろう。



お金は、その相互扶助のシステム=経済をスムーズに働かせる道具でしかない。
その道具を、相手に渡したからといって、自分が相手からなにかしてもらった事に感謝しなくても良い、などという事にはならないだろう。
お金は、紙や金属でしかない事は、一目瞭然だ。



彼が居るから私は生活できる。
私が居るから彼も生活できる。
それが経済の考え方。
そうとなればお互いがお互いに感謝し合うのは当然のことだろうと思う。



どうしてこんなバカげた誤解が起こるのか?
まあ、もっとも、この誤解は、古今東西、ず~っと存在し続けている誤解ではある。
やはり教育で、その辺のところをしっかり教えるべきなのかもしれない。



バラ園

しかし、普通に学校教育を受けていれば、自ずと理解出来る、基本中の基本ではあるとは思うのだが。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち妄想カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは夢の森公園です。

次のカテゴリは巨木です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。