妄想の最近のブログ記事

2019.02.14


「魚が自分を認識出来る。」
という研究をニュースが報じていた。



海の床屋さんで知られたホンソメワケベラの飼育水槽に鏡を入れたところ、最初の内こそ鏡に映る自分の姿を侵入者と誤認し、威嚇したり攻撃したりしていたそうだが、鏡を入れっぱなしにしておくと、その内に鏡に映る自分の姿を自分自身だと認識したのだそうだ。



これは凄い。
わずか数センチの小さな魚に、自分という概念があるらしいのだ。
この研究、「生き物には人が考えている以上に知性が有る。」と言う事を予言している。



得たりおう、である。
「人間と生き物の距離は、人間が考えている程遠くない。」
と以前から思っていたので、それが証明されたようで、嬉しい。

まあ、もっとも人と他の生き物達が大して違わない事など、生き物好きとっては証明なんぞするまでも無く、当たり前の事ではあるけれど。



この研究結果は、万物の霊長なぞと言ってはばからない厚かましい人間の勘違いを、真っ向から否定している。



神の存在を否定した進化論。
愛が存在しないと予言する利己的遺伝子論。
次々に人間の幻想を否定する生物学が、またまた人間の高い鼻っぱしらをへし折る現実を突きつけて来た形だ。



高慢ちきな人間にとって、プライドを傷つけられる大事件であるはずなのに、このニュースに対する世間の反応は驚くほど薄い。
これもまた、どんなに現実を突きつけられても、幻想から目覚めない、人間の特徴を如実に表している。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.02.13


今度は首相が問題発言。



今は野党の前政権を悪夢と言っていたのをニュースで見た。



呆れたものだが、ご本人は問題発言とは思っていないようだ。
野党議員が国会で抗議すると、「実際酷い政権運営だったと自覚しているでしょう。」と開き直っていた。



本当に情けない。
前政権が、たどたどしかった事は間違い無いとは思うが、この発言の問題点は、そんな事では無いのが分からないらしい。
まあ、賢者の陥穽なのだろう。
元々独善的な人だとは思っていたけれど、これはちょっと情けなさ過ぎる。
度重なる野党の大人げない的外れな質問にストレスが溜まっていたのかもしれないけれど。



抗議した野党議員も
「我々も前政権の重荷を背負って政権運営をしていた。」
などと、またまた的外れな発言。
抗議はそこでは無いでしょうに。
こちらも情けない。



国会後、その議員さん、インタビューに答えて首相を
「器が小さい。」
と揶揄していた。
しかし、器の小ささは、どっちもどっち。
両者、天に唾状態だと思う。



もっとも、さらに器の小さい杯サイズの人間に言われたくはないのだろうけれど。



民主主義は、有権者の器以上の議員を持つ事は出来ない、と聞く。
情けない首相と議員を選んだのは我々。
こちらも天に唾でした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.02.11


統計不正問題で参考人招致された特別監察委員会の委員長が答弁拒否を連発していた。



その拒否理由が
「労働政策研究・研修機構の理事長として来ているので特別監察委員会の委員長としての答弁は出来ない。」
という訳の分からないものだった。



あ、呆れた・・・。
まあ、誰かに言い含められたのだろうが、あまりにもお粗末な言い訳。
また、それで通ってしまう国会の参考人招致って何なんだろう?
唖然とした。



国会の証人喚問での答弁拒否は、
「訴追の恐れがあるので答弁を控える。」
が常套手段。
しかし、それが使えないとなったら、上記の理由で答弁拒否。
いったい誰が考え、委員長に言い含めたのだろうか。
良く恥ずかしげもなく、こんな理由で答弁拒否出来たものだし、答弁拒否させたものだ。



酷い、酷すぎる。
どうやらこの国は、根っこが腐りきっているようだ。
国会を聞いていると、かみ合わない議論に暗澹たる気持ちになるが、この答弁拒否は、ここに極まれり、といった感じがした。



なんてこった。
これで批判されないとは・・・。
非難ごうごうで当然だろうに、そうならない。

こりゃ本気で日本に未来はなさそうだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.02.06


千葉の児童虐待死事件が連日報道されている。



この事件を受けて、児童福祉士を倍増させるそうだ。
やっと国が重い腰を上げたようだが、それでも数が全然足りない事は、容易に想像出来る。
それと、もう一つの問題点、こんなに難しい案件を担当する市町村の担当者が素人同然である事については、全く考慮されていないようだ。
これでは仏を作って魂入れずになりかねない。
百万分の一歩前進ではあるけれど。



児相に任せればそれで良し、とする風潮があるのも問題だと思う。



児相が乗り出し、子供を一時保護するような事態は最悪の事態。
本当ならその前に手を打つべきだ。
しかし、その方策を探る気配はない。
家庭内の事情は見え難いからだと思うが、難しいとは言え、虐待に至以前での予防策をなんとか模索するべきだ。
本当の児童虐待の対策は、それに尽きる。



虐待を受けた子供のその後の育成にも問題がありそうだ。
虐待を受けた子供には、実子以上に肌理細やかで濃密な対応が長期間に渡って必要だと思うが、そんな育成機関は恐らく、無い。
児相が一時保護すれば問題が解決する訳では無いのだ。
むしろそこからが始まりともいえると思う。



問題山積み。

今週末、児相で働く姪っ子が来るので、話を聞いてみましょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.02.05


国会中継をラジオで聞いた。



統計不正が論議されているが、事件の参考人を招喚する事を与党が拒否していた。



何で?



参考人を呼ぶ事を拒否したりしたら、何か後ろめたい事でもあるのかと勘繰られる事になる。
「何故参考人を呼ばないのか?」と問われても、はっきりと理由を言わない。

何なんでしょうこれ。



まさか本当に統計不正を政府が指示したのだろうか・・・?
まさかね~・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.01.31


世は受験シーズン。



報道等がかますびしい。



たかが大学や高校の受験、それをいかにも大事のように思う異常さ。
それを異常だと思わない異常さ。
全く困ったものだ。
これが現代社会の諸悪の根源のひとつなのに、誰もそれを異常だと思わない。
なんとかならないものだろうか。



この時期、イジメの原因は、受験のプレッシャーからがほとんどだと聞いた。

なんと馬鹿な話しだろう。



高度に発達した分業社会において、専門知識が必要な事は否めない。
それによって社会的地位を得たいとか、経済的に優位になりたいとか、なんとも情けない動機なのだが、それが大手を振ってまかり通っている。
学問は、そんな事の為に在るのではない。

なんとかならないものだろうか。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.01.10


日産のカリスマ経営者さん。
時間が経つ毎に、色々な背任行為が報道されている。



「100臆位、自分は貰って当然。」
と言っているそうだが、驚くべきは、その異常な金銭感覚。
もうこれは賢者の陥穽なんてものじゃない。
人間、こうも愚かになれるものなのだろうか・・・。



中東との関係が深かったらしいので、考えられるのはオイル妖怪の妖気の感染。
中東の桁違いの金銭感覚を持つ化け物達の暮らしぶりを見て、「自分も・・・。」と思ってしまったのだろう。



恐ろしい、オイル妖怪の妖気。
人を妖怪にかえてしまう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.01.08


某ファンドの社長が、「日本は、お金に関する教育がなってない」とテレビの番組で言っていた。



某ファンドの社長さん、バブル期に投資に成功。一世を風靡し、随分話題となった方だ。
今は、お金に関する教育について講演をされているらしい。



全く賛成だと思う。
外国では、金銭に関する基本的な教育が教育機関でなされるそうだが、日本においては全くと言って良い程成されていない。
なんだか日本の共育に、そこに触れてはいけないと言う不文律があるような気がしている。
是非、修正して欲しい。



ただ、その番組で出だしに話されていた事は、
「借金は、悪い事では無い」
だとか、
「お金を儲ける事は、悪い事では無い」
といった様な、あまりにも幼稚な内容。
一瞬期待しただけに、すっかりガッカリして早々に視聴を止めた。



あの後、我慢して聞いていれば、ちゃんとしたお金の話しになったのだろうか・・・。
いや、結局、金銭の技術的側面の解説に終始したに違いないと思う。
そんな感じだった。



もちろん金銭との付き合い方も大事だとは思う。

が、その前に、
「お金とは何か」
「経済とは何の為に存在するのか」
といった基本的な考え方を教育していく必要があると思う。
そこが何故か恐ろしい程に抜け落ちているのが日本の現状だ。



小説「夜市」の設定で触れたように、
「お金で買えるモノは、物では無い」
といった当たり前の事を、しっかり認識できるようにしなければならない。



「日本の教育を受ければ、そんな事おのずと分かるはず」と言うのが日本の教育制度を作った時の考え方なのだろうか?

もしそうだったとしても、全く当てが外れている。
やばいと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.12.14


某カリスマ経営者。
100億からの報酬隠しを「私はそれ位貰って当然だ」と言っているらしい。



本当にそんな事、言っているのだろうか・・・。



勘違いも甚だしいと思う。
可哀想に典型的な賢者の陥穽。
どんなに有能な人も、自分は他人より優れているとか、自分は成功者だとか思った途端、愚か者に成り下がる。



逮捕された事で目が覚めれば良いが、そうなりそうもない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.12.03


疑問だった夜市の設定



5年前に読んでから、とつおいつ考えてみたが、やっぱりお金の意味を勘違いしている現代人に対する皮肉なのだという他に、それに代わる考えが思い浮かばなかった。

まあ、そんなとこなのだろう。



その5年の間に
「お金で色々なモノが買えると言うのは勘違いで、たった一つの物しか買えません。それは何でしょう?」
という質問を、機会を見て人に聞いてみたりしていた。
が、この質問に真面に答えられた人はわずか。
かように、この勘違いは、蔓延している。



「お金を払えば、物が買える」
などと言う勘違いは、幼児の発想。
そこから全く成長していないのはどういう事なのだろう。
それを揶揄しているのが、夜市の設定の狙いなのだろうと思う。



しかし、これだけ勘違いしている人が多いのでは「お金で買える(換えられる)のは、物では無い。」
と小学校低学年辺りでちゃんと教える必要があるのではないだろうか。
この勘違いは、ちょっとした勘違いでしかないが、その影響は計り知れなく大きい。



そう言えば、以前、ITで成功した東大出の青年社長が、「お金で買えない物は無い。」などとうそぶいていたのを聞いて、なんと程度の低い人なのだろうと呆れた事があったのを思い出した。

それが標準の考え方なのか・・・。
不味いと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち妄想カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは夢の森公園です。

次のカテゴリは巨木です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。