魚沼野菜の最近のブログ記事

2017.06.27


アーティーチョークがスーパーの地物野菜売り場で売られていた。



アーティーチョーク

初アーティーチョーク。
この辺りで栽培している人が居るなんてビックリです。



茹でて食べてみましたが、噂通り可食部分が極端に少ない。
ガクの付け根と言うか、花の基底部が食べられる部位。
しかし、その量は、全体の十分の一か二十分の一程度です。
本当に少なく、ビックリ。



噂と違ったのが、味。
欧米では珍重されているらしいのですが、芋に似た食感の可食部は、これといった特徴も無く、あっさりしていて美味しくありませんでした。
あれ~?

これだったら日本のアザミの方が、よっぽど美味しいと思います。



いや、でもおかしい。
アーティーチョーク、美味しいはず。
茹でただけでは駄目なのかな?
それとも、この辺りで栽培されたものだから?
う~ん、どうなんだろう?



そうなると、ちゃんとしたアーティーチョーク、食べてみたくなりました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.24


エシャロットに似た玉ねぎを見付けた。



エシャロット?

風味は似ているがどうなんだろう?
地物野菜のコーナーで発見。
何の名称も付いていなかったのではっきり分からない。
態と栄養不足にして小型に育てた美味しくない小タマネギとは明らかに違う。



エシャロット、小型の玉ねぎの仲間。
玉ねぎより風味が強い。
ニンニク風味を持つ玉ねぎといった感じでしょうか。
フランス料理やイタリア料理では欠かせない材料らしいのですが、まだ日本では珍しく、中々手に入らない野菜。



しかも以前、どこかの大ばか者が、ラッキョウの未熟な物をエシャレットなどと名前を付けて売り出したものだから、混同されてしまい、日本ではラッキョウをエシャロットと思っている間違いが大半を占めているようです。



農水省は、エシャロット(本物)とエシャレット(ラッキョウ)を区別しているという見解のようだ。
しかし、なんとも紛らわしいし、どう見ても後追いの苦し紛れの言い訳の感が強い。



食べ物にいい加減な名前を付けてしまう悪い癖を持つ日本人の国民性。
そうそう、チコリとエンダイブもそうです。

全く困った事だ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.27


サクランボが実りました。



赤く実った雨に濡れたサクランボの実

実の小さい品種。
甘味が少なく生食には向きませんが、自家受粉で沢山実を付けます。



今年のサクランボレストランの主客のスズメさん

サクランボレストランの今年の主客(サクランボ泥)は、スズメさん。



サクランボをついばむスズメ

巣立ったばかりのヒナ達を連れてご家族でやって来ています。



サクランボをついばむスズメ2

スズメなど体が小さいので食べる量は知れているだろうと思っていましたが、左に非ず。
ちょっと突いてみて、美味しくないと次々に隣を突くという、とってもお行儀の悪い食べ方をするので、どうやら被害が馬鹿にならない感じです。
悪い子達。



御常連のヒヨドリ

もちろん御常連のヒヨドリ達もやって来ます。



しかし、今年は何故か一番の大食いのムクドリ達が、トンと姿を見せません。
そう言えば、家の周りでもあまり姿を見かけません。
あれ?どうしたんだろう?



それにしてもこのままだとジャムにする分が無くなりそう。
雨の合間に収穫しましょ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.22


今年から借りる事にしたクラインガルテンの日帰り農園。
植え付けをしました。



植え付けたトウモロコシ

マルチを掛けてトウモロコシを植え付け。
上手く育つかな?



その他に、サツマイモと枝豆、里芋を植えてみた。
植える予定だったジャガイモは、種イモが手に入らず、植えられませんでした。
種イモなど何時でも手に入るのだろうと思っていたので、ビックリ。
何事もやってみなければ分からない事だらけ。



泥遊びに夢中の孫娘

孫娘は、泥遊び。
泥遊び初体験。
もう夢中。
小さい子供は、泥遊びが大好きなのを実感です。



小さい頃の泥遊び、意外と大事。
雑菌を取り入れて丈夫な体を作るという。
真っ当な畑には、危険な細菌は少ない。
泥遊びをさせたいが為の畑仕事でもある。



トウモロコシの苗を買いに行った時、エシャロットの種が売っているのを見付けた。
ラッキョウなどでは無い本物のエシャロット。
ぜひ植えてみたい。
出来るかな?
育て方、調べてみましょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.19


今年から借りる事にしたクラインガルテンの日帰り農園。
畝立てをしました。



畝立て

畝作り、てっきり手作業かと思っていたのですが、耕運機にその機能が有る事を知りました。
簡単なアタッチメントを装着するだけで、あっという間に畝が出来上がります。
凄い!
どうやら耕運機を侮っていたようです。



孫娘は車遊び

その間、孫娘は自動車遊び。



イワカガミ

まだイワカガミが咲いていました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.04


今年から借りる事にしたクラインガルテンの日帰り農園で石灰撒き。



日帰り農園で石灰撒き

孫娘もお手伝い。



ところが、作ろうと思っていたジャガイモは、石灰が苦手な事が、後から判明。
が~ん・・・。



まあ、出来ない訳では無いらしいので、どの程度障害になるのか、試してみましょう。



耕運機を初めて操作。
簡単そうで、やぱりそれなりにコツがあり勉強になった。
農業指導員が手取り足取り教えてくれるので有り難い。



数日後に肥料撒き。
植え付けは20日以降が良いのだそうだ。
それまでに何を植えるか決めなくては。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.01


おぢやクラインガルテンふれあいの里の日帰り農園を今年は借りる事にしました。



クラインガルテンの日帰り農園一区画

5m×10mを一区画。
超初心者には丁度良い広さです。



山の中腹にある施設なので、雪消えが遅く、やっと農作業が始まったばかり。



まずは石灰撒きから。
なんでも石灰撒きは、晴れの日が2~3日続いた後の乾いた土にした方が良いのだとか。
この連休中に撒けるかな。



クラインガルテン周辺のカタクリ

クラインガルテン周辺の林は、まだカタクリが花盛り。



ツグミ

冬鳥のツグミ君も居ました。



ルリタテハ

ルリタテハ。
綺麗な瑠璃色の翅が見たくて、開翅してくれるのを暫く待ちましたが不可でした。



クラインガルテン周辺、自然が豊か。
農作業のついでの散策も楽しみです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.29


会社裏の荒れ地で木の芽摘み。



木の芽=三つ葉アケビの新芽

前回から数日。
だいぶ木の芽=三つ葉アケビの新芽が伸びてきました。



三つ葉アケビの花、花盛り

アケビの花も花盛り。
こうなると木の芽摘みの時期です。

三つ葉アケビの花

濃いワインレッドの花。
綺麗だと思う。



ハリギリ

いつの間にかハリギリが生えていた。
タラの芽程では無いらしいが、同じウコギ科なので美味しいらしい。
今年は育ち過ぎたが、来年食べてみようと思う。



ウバユリの新芽

ウバユリの新芽。
以前、お浸しで食べてみましたが、そんなに美味しいものでは無かった。
秋にユリ根を掘った方が良いようだ。



アンニンゴ=ウワミズザクラの蕾

アンニンゴ。
漢字で書くと杏仁香。
ウワミズザクラの蕾。
文字通り杏仁の香りがする。
これを塩漬けにして食べるのだが、どうやら食べるのは魚沼だけらしい。



タラの芽

木の芽摘みついでにタラの芽摘み。
敷地内に数十本のタラの木の若木がある。



今日の夕飯は、木の芽の生卵和えとタラの芽の天ぷら。
なんとも贅沢。



何の変哲もない荒れ地なのですが、でも春は宝。
これから独活やワラビが生えてきます。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.28


タラの芽とコシアブラを食べたら独活が食べたくなりました。



購入した独活

自分で採るまで我慢が出来ず、道の駅で購入。
しかし、まだ出始め。
これだけで400円。
高~~~!!



穂先を天ぷらに。
これで早くも春の山菜天ぷらの三役、タラの芽、コシアブラ、独活のそろい踏みです。



独活のキンピラ

穂先以外の部分は、キンピラに。
穂先の天ぷらに負けず劣らず、独活のキンピラが好き。
これに鳥料理を合せると、堪らんものがあります。



独活の香りを堪能。
次は自採りのものかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.27


妻と娘とうおぬま屋3人で木の芽摘み。



三つ葉アケビの新芽=木の芽

三つ葉アケビの新芽。
魚沼の人間は、春にこの木の芽を食べるのを楽しみにしています。



しかし、まだ出始めでほんの一寸しか採れませんでした。



生卵で和えた木の芽

茹でて生卵で和えていただくのですが、三人で採っても、ひと口づつでした。



どうやら今年は、ゴールデンウィーク頃が良い時期になりそう。
競争率が高くなって大変かも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち魚沼野菜カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは魚沼コシヒカリです。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。