の最近のブログ記事

2017.05.16


大潟水と森公園を朝散歩した後、このまま帰るのも何なので、長野回りで帰る事にしました。



野尻湖

途中、野尻湖に寄り道。



ナウマンゾウの化石が見つかった事が有名な野尻湖。
そう言えば、ここに立ち寄ったのも20年ぶり位かもしれません。
確か長男が小学生だったような。



スワンボートに乗りました

スワンボートに乗船。
何故か野尻湖、スワンボートが人気。
20年前訪れた際も乗りました。
孫娘、上機嫌。
そう言えば孫娘、ボート初体験でした。



餌付けされた野鯉

ボート乗り場桟橋付近に大きな鯉が群れていました。
どれも1mクラス。
デカい。
どうやら野生の鯉を餌付けしているらしい。
もしかしたら、野尻湖で念願の一間鯉が見られるかもしれない。
柳津で悲しい思いをしたので、期待が膨らみます。



野尻湖で記念写真

湖畔で記念写真。



そろそろお昼。
お腹が空いてきました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.14


上越市大潟地区で行われる地引網に参加してきました。



鵜の浜温泉観光地引網は、日曜日毎に開催され、鵜の浜温泉の宿泊客用の御持て成しイベント。
しかし、温泉に宿泊しなくても、ひとり500円で誰でも参加可能です。
獲れた魚は、参加者で山分けだとか。
今晩のおかずは、お魚かな!?



6時半頃に集合との事だったので、5時半に自宅を出発。
早朝なので一時間掛からずに到着できました。
場所は、鵜の浜温泉の海岸。
夏場は、海水浴場になる場所です。



地引網の設置

この日は、晴れていたにもかかわらず波が高く、網を掛ける場所が変更になりました。
いつもはテトラポットの無い場所に網を掛けるらしいのですが、テトラポットの内側に。
それでも船が流され、猟師さん達、網の設置に四苦八苦。
悪天候だと中止になるそうなのですが、結構この日は、ギリギリの開催条件だったのかもしれません。



地引網

それでもなんとか網を掛け、皆で地引。
総勢70~80人。
左右に分かれて網を引きます。



残念ながら漁は不漁、イナダが4匹とボラ1匹

しかし、漁は不漁。
イナダが4匹とボラ1匹でした。
残念。



夕飯のおかずの当ては外れ。
まあ、天候不良だったので致し方無しです。
この後、振る舞いの海鮮汁を頂いて撤退。

まあ、ちょっと残念でしたが、地引網、結構楽しめました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.08


ゴールデンウィークのお出掛けで、糸魚川へ行って来ました。



高浪の池でお昼ご飯を食べ、高浪の池と明星山の間を流れるヒスイ峡に向かいました。



娘(長男嫁)ニジマス釣りに奮闘中

ヒスイ峡入口にフィッシングパークがあったので、魚釣り。
魚が摩れている程でなく、かといって入れ食いでもなく、適度に中々釣れず、結構楽しめました。
ひと竿2500円で4匹まで釣って良いと言う事なので、一人ニジマスを一匹づつつり上げ、めでたしめでたし。



このフィッシングパーク、市営なのだそうだ。
市営のフィッシングパークは珍しいのではないだろうか。



ゴールデンウィーク中にもかかわらず、そんなに込んでもいず、良い感じ。
去年、やはりゴールデンウィーク中、湯沢のフィッシングパークを覗いた時、立錐の余地も無い程の人、人、人でビックリした事を思い出す。
あれでは楽しめないだろうと思ったのに比べ、ヒスイ峡のフィッシングパークは余裕。
ヒスイ峡のフィッシングパーク、穴場だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.06


ゴールデンウィークのお出掛けで、糸魚川へ行って来ました。



新潟スイーツ・ナカシマ」さんでおやつタイムの後、一路高浪の池に向かいました。



明星山と高浪の池

巨大魚が住むという高浪の池。
魚好きのうおぬま屋は、以前から訪れたかった湖沼です。



高浪の池の水面

高浪の池は、周囲1km強で、湖とは言えない大きさ。
深さも13m程だとか。
水質は悪くなさそうですし、小魚も確認出来ましたが、とても巨大魚を包み込む実力はありそうに思えませんでした。
標高の高い湖の神秘性故かな。
確かに明星山を控えた、水面のたたずまいは、人知を超えた力を感じぜずにはいられないと思う。
高浪の池は、山上湖には珍しく、カルデラ湖では無く、地滑りに因るせき止湖。
流れ込む土砂で短命な湖沼が伝説を持てる事は稀。
日本海側の豊かな水環境=冬の大量の積雪が一因なのは間違いないと思うが、それだけでは無い何か秘密がありそうだ。



高浪の池の畔、桜の木の下でお弁当

池の畔、まだ咲いていた桜の木の下でお昼ご飯。



雪の消え残った山々と神秘の湖沼に囲まれたお弁当、美味しかった事は言うまでもありません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.03.14


鰤がまだ獲れているようだ。



鰤のお刺身

流石に脂が落ちて来たが、お腹の部分は、まだまだ脂が乗っている。
夏の様な臭みも無く、美味しい。



それにしてもこの冬は、いつまでも鰤の豊漁が続いている。
廉価で天然物が食べられのは嬉しい。
が、海の変化が気になる。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.01.31


イカが食べたい。
しかし、最近、生のイカをとんと見掛けない。



辛抱堪らず、解凍イカを購入。
本当はイカ刺しが食べたいのだが、解凍物ではそうもいかず、トマトで煮込んでパスタにした。



イカのトマトパスタ

イカのトマトソースパスタ。



イカの煮物のコツは、さっと煮るか、じっくり煮込むかの、どちらかにする事。
中途半端に煮ると、イカが硬くなって美味しくない。
この度はじっくり煮込む作戦をとった。



食べたかったので、余計に美味しかった。
でも、やっぱり本当はイカ刺しが食べたい。



それにしても何でこの冬は、こうもイカの姿が見えないのだろう?
タラが何時に無く沢山出回っているのと対照的だ。
やっぱり海が少しいつもと違うのかもしれない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.11.22


どうやらイナダ・ワラサの豊漁が続いているらしい。



前回食べたのは、一か月前
イナダ位の大きさでした。
その頃は、脂の乗りがイマイチ。



寒ワラサのお刺身

今回は、一回り大きいワラササイズ。
脂の乗りも充分。
ひと月経って寒ワラサと言って良い時期になったようです。



それにしても、このイナダ・ワラサのいつに無い豊漁は、どうした事だろう?
脂の乗ったワラサを廉価で食べられるのは有り難いが、海がいつもと違う気がして、一寸気になる。



寒ブリも獲れているとニュースが言っていた。
今日も昨日の続きで暖か。
でも明日は寒くなるらしい。
この寒暖の差の激しさが、寒ブリが早めに獲れる要因なのか?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.10.04


庭の水鉢にお住いのメダカ君。
どうも最近、元気が無い。



水鉢のメダカ

彼のお仕事は、水鉢のボウフラ退治。
去年、今年と夏の間、頑張ってくれていました。



おそらく、メダカの寿命は2~3年。
寄る年波なのかもしれない。



台風18号がやって来る。
予報円が新潟直撃だ。
まあ、まだ分からないし、新潟を直撃する事は稀なので大丈夫とは思うのだが・・・。



もし新潟に直接海から上陸すると、観測史上初になる、などとなにやら物騒な事を宣う気象予報士が居る。
そんな事言うと本当にそうなりそうに思えてくる。
嫌だな~。



元気の無いメダカ君、屋内に非難させた方が良いかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.09.20


スーパーで新潟県産の鰆を購入しました。



鰆は、一寸前まで、新潟ではあまり獲れなかったお魚。
なので魚沼では、あまり食べる習慣が無いらしく、目茶目茶お安く売られていました。
40cm弱の鰆が198円。
鰆としては小ぶりですし、旬は春とは言え、198円は安過ぎです。
加工されて売られているオキサワラの印象が良くないのかな?
関西辺りでは、鰆は高級魚のはずなんですが。



小ぶり+旬でも無い、ので脂の乗りはイマイチと思われます。
なのでムニエルにして油を補い、表面をパリパリに焼いて、香ばしさでいただく算段。
トマトソースで旨みを補いましょう。



鰆のムニエル

どうやら目論み通り。
設計通りに出来上がり、中々良い感じ。
思惑通りに出来上がると気分が良いです。

その分も追加で、美味しかった~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.24


魚沼市湯之谷地区の真夏の雪まつりに行って来ました。



湯之谷地区は、何かとご縁が有り、一度この祭りに行ってみたいと常々思っていたのですが、地元の川口地区のお祭りと毎年被ってしまい、今まで一度も訪れられずにいました。



目的は、雪遊びとマスのつかみ捕り。
湯之谷は、山地の豪雪地帯。
夏の冷涼さと豊富な渓流水を活かした催し物。
もっとも今日は、かなり暑かったですけど。



雪遊びは、孫娘が参加出来るものではなかったので、不可でした。



で、マスのつかみ捕り。

魚のつかみ捕りに挑戦中の長男

一人、3匹捕まえて良いそうなので、長男が代表して挑戦。



泳ぐニジマス

結構沢山泳いでいるのですが、泳ぐ魚を素手で捕まえるのは、中々の難行。
と言うか、捕まえられないのが普通です。



応援中の長男嫁と孫娘

応援中の長男嫁と孫娘。



苦戦していたので、一寸長男にコツを伝授。

魚は、追われてパニクルと上流に逃げる性質が有り、こういう川を模した場所でのつかみ捕りは、上流のせき止め網の前で待っているのが◎。
待っていれば、魚の方が自分からやって来てくれます。



ほんの1~2分で、3匹ゲット。
ただこのやり方は、少し反則気味ですし、つかみ捕りを全く楽しめないのが難点。



ニジマスの塩焼き

捕まえたニジマスは、その場で塩焼き。
さっさと捕まえたので、炭火を楽々使えます。
さっきまで泳いでいた新鮮なニジマス。
良い水で育てられているので、何の臭みもなく、とても美味しかった。



地元の美味しい物を商う露店

地元の美味しい物を商う露店。
おにぎり等を購入して塩焼きでお昼ご飯です。



奥会津産、天然の炭酸水

奥会津に産する天然の炭酸水が売っていました。
湯之谷地区のお隣は、奥会津。
もっとも険しい山越えの向こう側ではありますが、一応お隣なのでした。



我が家のアイドル孫娘

我が家のアイドル孫娘。
楽しんだようです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはです。

次のカテゴリは魚沼コシヒカリです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。