出来事の最近のブログ記事

2017.03.25


連休を利用して帰省した娘とドライブ。



行先を長野方面と決めただけで、ほぼノープラン。
途中、いちご狩りなんか出来たら良いな~、てな感じで出掛けました。



検索で調べた小諸のイチゴ農園へ。
ところが、本日のイチゴ終了との看板が立っていました。
午前中に着けば大丈夫と高をくくっていましたが、連休中は、やはり予約が必要でした。



ならばと、軽井沢銀座へ。
目的は、当然のごとく美味しいもの。



連休中なのに人の少ない軽井沢銀座

軽井沢銀座、意外と人が少ない。
連休なので、もっと混んでいると思っていました。



モカソフト

まず、モカソフト。
軽井沢に何度か来ている長男嫁のお勧め。
美味しいから食べたいと言っていただけありました。
甘さ控えめで軽い感じ。
これならば、あまりアイスの得意ではない、うおぬま屋も美味しく食べられます。



腸詰屋さんの焼きソーセージ

腸詰屋さんの焼きソーセージ。
大手メーカーのソーセージとは一味違う。
美味しかった。
もっとも値段も一味違うのだけれど。



浅間山

浅間山。



しっかし軽井沢、寒かった。
おそらく一桁前半の気温。
人が少ないのは有り難いのですが、この寒さが連休中にもかかわらず、人の少ない原因なのでしょう。
軽井沢を舐めていました。
寒さは、新潟より厳しいのだという事を失念していました。
とてもゆっくり散策という雰囲気ではありません。
(とは言え歩きながらソフト食べましたけれど・・・。)
結局、早々に退散となりました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.03.24


連休を利用して帰省した娘とドライブ。



行先を長野方面と決めただけで、ほぼノープラン。
途中、いちご狩りなんか出来たら良いな~、てな感じで出掛けました。



長野方面に行く時、必ずと言って良い程立ち寄る道の駅「道の駅 信越さかえ」で休憩です。



 フキ味噌おにぎり

フキ味噌おにぎりを購入。

丁度出来立てで、仄かに暖かいのが堪らない。
甘めの味噌に爽やかなフキの香り。
美味しかった~。



 イナゴの佃煮

イナゴの佃煮。
虫の苦手な長男の嫁は引き気味でしたが、それでも購入しちゃいました。

これだけ大量のイナゴを捕獲するのは難しいに違いないと思う。
と言う事は、どこかで養殖されているのだろうか?
お店の人に聞いてみたが、はっきりした事はご存知無いようでした。
どうなんだろう?



この他にヒマラヤ茸なるキノコも購入。
ヒマラヤ茸は、初見のキノコ。
味噌汁に入れて食べたら美味しかった。
(写真を撮り忘れて食べてしまった・・・)
そう言えば、20年位前、まだエリンギが一般に知られていない頃、初めて購入したのは、ここででした。
キノコの栽培に力を入れているのかしら。



道の駅 信越さかえ。
珍しい物が色々。
いつもながら良い感じでした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




緊急メール

2017.03.17


先日、こんなメールが来た。



緊急メール訓練用

もちろん訓練用。



こんなメールが実際に送られてこない事を願う。



しかし、福島原発事故以前は、原発には、万が一にも事故など起こるはずが無い、と電力会社は言い張っていた。
テレビ番組で、緊急冷却装置アスコンを40年間、全く試験運転させていなかった事を特集していた。
どうやら原発無事故神話に縛られて、訓練を躊躇していたらしいのだ。



訓練はやって当然だが、それにしても原発事故以降、良く臆面もなく態度を豹変出来るものだ。



エネルギー関連企業の人を何度か観察する機会があった。
お客と直接接する仕事をしている人はそうでも無いと思うのだが、幹部と言われる社員達は、一種独特な雰囲気を纏っている。



それは封建社会における身分制度の様な感じ。
江戸時代の武家社会ってこんな感じだったのだろうなっと思わせる感じ。
幹部社員と思しき人達は、丁髷、紋付き袴を着ている様な錯覚を覚えた。



おそらく、保護され、閉鎖された社会とは、こうなってしまうのだろう。
事故や不正は、このような雰囲気から生まれのだと思う。
きっと・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.03.10


ここひと月あまり、家族の誰かが風邪を引いている。



そうこうしている内に、気が付けば全員風邪を引いている状態になっていた。



一つの風邪が家族を一回りしたと思ったら、また誰かが新しい風邪を拾って来るといった塩梅で、今では誰がどの風邪を引いているのか分からない。
幸いにしてインフルでは無く、症状に重い者はいないものの、鼻と喉、咳の症状がある。
こんなに風邪が蔓延するのは珍しい。



寝たきりの母も風邪。
2歳の孫娘も風邪。
比較的元気があるので心配はなさそうだが、油断は出来ない。



3月の雪景色

自分も、調子がイマイチ。
丁度、寒さのぶり返しが重なったので参った。

早く寝ましょ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.02.23


孫娘、2歳の誕生日。



孫娘、2歳の誕生日、ご飯を食べてるところ

お子様ランチ風のご飯でお祝いです。



好物ばかりのお子様ランチ風のご飯

好物ばかりを揃えたご飯。



手作りお誕生ケーキ

手作りお誕生ケーキ。



お誕生ケーキと孫娘

あっという間に2歳。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.02.11


孫娘、ここ二~三日風邪引きさん。



風邪中の孫娘

一時、熱が40℃を超えハラハラしましたが、検査をしたらインフルエンザでは無く普通の風邪でした。
新潟県は警報発令中なので心配しましたが、奇跡的に大丈夫だったようです。



インフルエンザでは無かったのと、基本的に体が丈夫なのとで、今日には熱も下がり、元気に遊んでいます。



熱で元気が無くなった事が、今まで一度しかなかったので、これで二度目。
大した事なく治って、良かった、良かった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.02.08


孫娘、積み木、積み中。



孫娘、積み木積み中

現在、記録は14個。
12個までは高確率で成功しますが、それ以上になると難易度がグッと上がる様です。



もう一つの孫娘のマイブームは恋ダンス。



一日に数回、録画画像と一緒に踊っております。
ドラマ自体も観ていませんし、どうしてこのダンスが流行ったのか、イマイチ理解できませんが、小さい子供を引き付ける何かがある事だけは、間違いなさそうです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.01.17


孫娘が新しい技を習得した。



孫娘の新技、お口ア~ン

新技「お口ア~ン」。



食べたい物がある時、お口を大きく開けてアピールする孫娘。
これが中々威力があって、お口ア~ンをされると、どうにも抵抗が難しい。



野鳥は、ヒナにエサを与える時、大きく開けた口を見ると、どうにも食べさせずにはいられなくなると聞く。
カッコウのヒナの口が必要以上に赤いのはその為だ。
小さなお口の誘惑。

これは人も鳥も共通の性質なのかも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.12.22


12月の下旬、冬至の翌日なのに最高気温が20℃まで上がりました。
なんだ、なんだこの暖かさ。
昨日より更に暖か。

山茶花



日本海を通る低気圧に向かって南風が吹いたのと、それに因るフェーン現象の所為らしい。
上着なしで外を歩けます。
かなり異常。



朝の気温は、晴れたので放射冷却で氷点下。
おそらくこの冬一番の冷え込みだったようです。
朝昼で20℃以上の気温差。
なんとも極端。



このフェーンによる乾燥と強風が引き金となって、糸魚川で大規模な火災が発生。
午前中に出火したのに、未だに鎮火の目途が立たないようだ。
百数十軒が被災した模様。
こんな事が、まだ日本で起こるのかと驚く。
初期消火に失敗したのだろうか?
かなり心配な状況。
今夜の低気圧の通過に伴う雨に期待するしかないのか。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.12.20


新潟県では、いじめが原因と思われる高校生の電車への飛び込み自殺が続発している。
全国的には、原発事故避難者への心無いいじめが連日明らかになっている。



いじめが後を絶たない。



しかし、対策は対症療法のみ。、
全く根本治療に手を付けようとしない。



そもそも人間は、いじめが大好き、だという事を完全に忘れているような気がする。



今日の空



生き物は弱肉強食が基本である。
強いモノが弱いモノを蹂躙するのが掟で、生き残った者が正義と言う世界。
人間も生き物である以上、このルールから逃れられない。
これが虐めの大本動機のひとつになる。
こんな事、当たり前だと思うのだが・・・。



加えて、人間は、群れを作る生き物であり、その群れの中に異質なモノが居る事を嫌う性質がある。
これは、自分や群れの安全や健康を守る為の手段ではあるのだが、それが現代社会においては虐めの動機のもう一つの原因になる。



身に染み付いている「弱肉強食の競争原理」と「群れの維持の為の本能」の二つが、虐めを引き起こす動機の2大原因。
これは、生き物としての人間ならば、誰もが持つ基本的な性質。
だから虐めを根絶するのは、とても難しい。
生き物は、いじめが生きる事そのもので、極普通の事なので、人間も生き物である以上、いじめが大好きなのだ。



最近は、その事を完全に忘れているとしか思えない。
それを踏まえずに、いじめ対策など有り得ないのだが・・・。



以前、いじめが発覚すると、その学校の校長が
「うちの学校では、いじめは無かった。」
などと臆面もなく言い切ったものだ。
今でこそ、そんな事を記者会見で言う事は無くなったようだが、その頃と現状は、そんなに変わっていないようだ。

認識が全くなっていないのは、今も全く変わっていない。



そも、何故いじめが駄目なのか、しっかり説明出来る人がどの位いるのだろう?
学校では、子供達に、ちゃんと説明しているのだろうか?
やれ人権だ、とか、いじめられた人の気持ちを考えろ、などと靴の上から足を掻く様な説明ばかりしているのではないだろうか?

かなり訝しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち出来事カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは催し物です。

次のカテゴリは動物です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。