出来事の最近のブログ記事

2017.10.04


デイサービスから帰った母に付き添って来たヘルパーさんが、平謝り。



なんでも入浴の際、欠けた爪にバスタオルが引っかかってしまい、少し血が出てしまったのだそうだ。



寝たきりの母は、やはり普通とは違い、ちょっとした事でも出血しやすくなっている。
だから、かなり注意していても、時々小さな出血は避けられない。
なので、そんなに謝らなくても、と思い、そう伝えた。



しかし、世は不寛容社会。
強硬にクレームを言う人も居るのだろう、きっと。
大変だな~、と思う。



そうか・・・。



先日久しぶりに参加した同級会の居心地の良さ、あれは、寛容が醸し出すものであったようだ。
そう言えば、何の緊張感も無く、他人と接したのは、随分久しぶりな気がする。
不寛容社会の中の寛容。
それが同級生というものだったと、いまさらながら気が付いた。



得難い関係。
もっともうちのクラスは、事の外、皆、仲が良かった。

昔、日本は、基本、こんな感じであった様な気がする。



お茶の花

いつからこんな不寛容社会に陥ってしまったのだろう?
どうしてこうなってしまったのか?
皆がそう思いながら、事態は悪い方向に進むばかりだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.10.03


どうやら風邪をひいてしまったようだ。



2~3日前から喉がイガイガしてはいた。
今日になって急に、青っ洟と緑色の痰が、これだけ大量に何処に溜まっていたのかと思うほど沢山出た。
ちょっとビックリ。
こういう経過で風邪を引くのは初めて。
年を喰うと風邪の引き方も変わるのだろうか?



幸い熱は無い。



早く寝ましょう。

金木犀



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.28


突然、衆院が解散した。



首相は、現有議席が多少減っても、任期を伸ばす算段らしい。
それだけ小池さんの新党に脅威を感じているのだろう。
任期を無理やり伸ばして、その間に何がしたいのだろう。
阿部さんの目的は憲法改正だと思っていたのだが。



それにしても、首相の様な超大変な仕事をやりたがるのって、どういう事だろうと常々思う。
賢者の陥穽だが、それにしても・・・。

ツリフネ草



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.17


掃除機が不調。



吸い込みが悪い上に、暫くすると自動停止してしまいます。
モーターも過熱。
取説で調べてみると、どうやらホースに何か詰まってしまった可能性が高そうです。



ホースを外し、中を覗いて見ましたが、見える範囲には何も有りません。
息を吹き込んでみると、ちょっとだけ抵抗感が有るような。
そこで太めの針金を用意して2mあまりあるホースの中に突っ込んでみました。
するとハンドル部分の曲がった場所の奥に、抵抗が有ります。
これはどうやら、そこの部分に何か詰まっていそうです。



さて、そうと分かったものの、どうしたものか。
ハンドル部分からは、数十センチの距離ですが、曲がっているので針金等を突っ込む事は出来ません。
反対側からだと2m。
だいたい何が詰まっているのか?
実際、本当に何か詰まっているのか?



ネットで調べてみましたが、参考になる策は有りませんでした。
さて、さて、どうするか・・・。



掃除機のホースと詰まっていた塵

取れました。
昼食を挟んで、苦闘1時間強。
針金の先をカギ状に折り曲げ、ハンドル部分の反対側から地道に少しづつ掻き出しました。
途中、遠心力で出て来ないかとグルグル振り回してみたりもしましたが、やはり一番当たり前の方法しか有効ではありませんでした。



犯人はティッシュ。
こんな物で詰まるのかとビックリです。
聞いてみると、妻が掃除の際、誤って吸い込んでしまったと証言しておりました。
一枚なら兎も角、どうやら数枚一度に吸ってしまったようです。
本人は、一枚だけだったと申しておりますが・・・。



まあ、取れて良かった。
強力な吸引力故の事故だったようです。
それにしても掃除機のホースに、何かが詰まるという想定が無い掃除機の設計になっている事に気が付き、驚く。
ホースに何か詰まる等という事は、まま有る事でしょうに。
消費者が、有る程度治せるようにする配慮など、全くないのが今の家電なのだと再認識。



ティッシュ要注意。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.15


北朝鮮が、またミサイルの発射実験を行った。



独裁者は暗鬼に蝕まれる。
暗鬼に包まれた人間に、言葉は届かない。
脅しは火に油を注ぐだけ。
どうすれば良いのだろう・・・。



日本海

日本海。
この向こうにかの国は在る。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.09.04


今日は自分の誕生日でした。



すっかり忘れていて、「なんか今日の夕飯は、いつもより御馳走だな。」と思っていたら、自分の誕生日だったのでした。



フレンドリーのデコレーションケーキ

お気に入りのケーキ屋さん「フレンドリー」のホールケーキでお祝い。



57。
やばい、段々還暦が近付いて来た。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.08.24


タイムマシーン開封。



タイムマシーンはデザートと合うらしい。
デザート用の日本酒。
なので甥っ子の誕生日に御誕生祝のデザートと一緒に味わってみた。



タイムマシーンと白玉パフェ

甥っ子の誕生祝のデザートは、ケーキではなく、甥っ子の希望で白玉パフェ。
中々渋いご趣味。
甥っ子は、ケーキが苦手なのだ。



さて、タイムマシーン。

タイムマシーンは、いわゆる古酒。
お米をあまり削らずに醸造したお酒。
日本酒は、お米をあまり削らずに作ると、タンパク質等の雑味が気になるものらしい。
しかし、タイムマシーンは、その雑味を時間を掛けて寝かせ、熟成させる事によって、美味しさに変える事を試みたお酒なのだ。
話題の獺祭とは、正反対の考え方に拠って作られている。
これは、渋味やエグ味を熟成によって豊かな風味に変える赤ワインの考え方と同じ。
流石イギリス人杜氏さんらしいと思う。



味は、甘口。
ドライフルーツのような、お醤油のような香りがする。
良い感じ。
美味しい。
雑味の熟成に拠る変化。
どうやら成功しているようだ。
でも日本酒だと、ヒネ香と言われ敬遠されたりするのかな?



ただ、タイムマシーン、デザート用の日本酒と言う割に、抹茶白玉や餡子等に正直合うとは言えないと思った。
お酒の甘さが、白玉の甘さに、完膚なきまでに抑え込まれてしまうのだ。
これではスイーツ用と謳った意味が無い気がする。
デザートを違う種類のものにすれば良かったのかな?
どうなんだろう?



タイムマシーン、良いお酒だと思った。
でも、デザート用の日本酒では無い気がする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.08.23


歯磨きが、上手になって来た孫娘。



歯磨き習慣が定着した孫娘

どうやら歯磨き習慣は、だいぶ定着してきたようだ。
あかちゃん臭さが抜け、幼児の顔になって来た。



お喋りも長足の進歩。
語彙は少ないものの、その少ない単語を繋ぎ合わせ、何とか自分の意思を伝えようとする。
やはり女の子の原語能力の発達は、男の子とは比べものにならないようだ。



子供の成長、面白い。
新芽がグングン伸びるように瑞々しい。



自分が子育てしている時は余裕が無くて気が付かなかった事が孫だと良く見える。
なにせ大変なところは親が面倒をみるのだから。
こちらは可愛がっていれば良いだけ。

3世代同居(家は4世代同居だが)の有り難いところ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.08.15


お盆で帰省した娘を伴って、笹川流れへドライブ。



笹川流れは、県北の白浜と奇岩の美しい風光明媚な海岸景勝地。
そこでネット仲間の「笹川流れ観光汽船」の遊覧船乗船が目的です。



高速で一気に目的地まで行く手もあったのですが、今回は、のんびり下道で行く事にしました。
しかし、それがちょっと失敗。
要所、要所が中々の渋滞。
いつもの様にすいすい走ると言う訳にはいきませんでした。



お昼前には到着の予定。
でも、その頃は、まだ行程の三分の二程度。
時間も時間だったので、途中で見付けた農カフェでお昼ご飯にする事にしました。



農カフェ「ゴラッシュ」

農カフェ「ゴラッシュ」。



いや~、ビックリ。
御盆の渋滞を舐めていました。



ランチメニューの海老クリームパスタ

ランチメニューの海老クリームパスタ。
サラダとパン、飲み物付き。

桑の葉を練り込んだ自家製パン

パンは、桑の葉を練り込んだ自家製だそうです。

さすが農カフェだけに野菜が美味しい。
しかし、ソースの動物性の旨みがやや足りず、少しアッサリ味。
もうちょっと海老の旨みがあった方が、より美味しくなるので、ちょっと勿体無い感じがしました。
もっとも、変に旨み調味料を加えられるよりは全然良いですけれど。



ランチメニューのゴラッシュ定食

同じくランチメニューのゴラッシュ定食。
野菜たっぷり。
こちらの方がより農カフェの特徴が分かりやすい。



美味しかった~。

でも、ここからまだ笹川流れまで、順調に行っても小一時間以上かかります。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.01


幼稚園の運動会を見学してきた。



幼稚園の運動会

この幼稚園の園児の人数は、ざっと50~60名。
結構大勢の園児が居ると思った。
ところが、これでも小規模の園だと聞いてちょっとビックリ。
自分が幼い頃、通っていた幼稚園は今も続いていて、この3倍の人数を抱えているのだそうだ。
へ~~~~!!



そう言えば、我が町、割と小さい子を良く見掛ける。
もしかして出生率が高いのでは・・・。



と思って調べてみたら、我が町の出生率は1.5。
なんとも酷い数字だった。
まあ、高齢化の進む田舎では、当然と言えば当然の数字なのかな。
地味な町だからな~・・・。



少子化対策、昔から不思議に思っている事がある。



目下、取沙汰されている少子化対策は、待機児童の解消と、育児休業の取得促進が主。
確かに育児環境の充実は、大事な事ではあるが、少子化対策にはなっていないだろうと思う。
それがあたかも少子化のメイン政策のように語られている事に違和感ありあり。
全く、的外れも良い所だ。



そもそも政府の少子化対策は、経済的な事ばかり。
経済的にゆとりが無いので、子供を作らないのだと考えているらしい。
しかし、はたして本当にそうだろうか?



日本の出生率第一位を数十年連続で記録しているのは沖縄県だ。
沖縄県は、決して経済的に恵まれている県では無い。
いや、むしろ経済的に苦しい立場の地域である。
失業率も確か沖縄は最下位だったと思う。
それが連続で出生率は1位。
経済的豊かさと出生率の矛盾は一目瞭然だろう。
その事をどう考えているのだろう?
世界的に見ても、人口増加に拍車がかかり、人口爆発が懸念されるのは、経済的に苦しい地域ばかりだ。
そうなのに、経済的に潤うと、出生率が上がるなどと、どうして考えられるのだろう?
なぜそう思うのだろう?。
全く不思議だ。



出生率、経済と無関係では無いにせよ、本当の原因は別のところにある、と思う。
それなのに、的外れな靴の上から足を掻くような対策ばかり。

なんとも歯がゆい。



孫娘

孫娘、来年あたりから幼稚園に行くのかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち出来事カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは催し物です。

次のカテゴリは動物です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。