撮影行の最近のブログ記事

2017.05.17


野尻湖から斑尾高原に向かい、レストラン「ルドルフ」でお昼ご飯を食べました。
妙高から斑尾、意外と近い。



レストラン「ルドルフ」

レストラン「ルドルフ」。
斑尾高原、シーズンオフの所為か、意外と開いているお店が少なかった。



生ハムのピザとマルゲリータ

生ハムのピザとマルゲリータを注文。
本格的なピザで美味しかった。



それにしても斑尾高原、行ってみてビックリ。
5月の半ばなのに尋常で無い量の雪が残っていました。



多量に残る斑尾高原の雪

斑尾高原の在る飯山地域は、今年、大雪だったとは聞いていましたが、これ程までの大雪だったとは思いませんでした。
レストラン「ルドルフ」の人に聞いみたら、連日の雪かきの日々だったとの事。
魚沼が小雪だったので、お隣と言って良い飯山の大雪が信じられない感じです。
雪は、分からない。
そしてこの雪の量は、ぞっとする。



咲き始めた水芭蕉

水芭蕉が咲いていました。
斑尾高原、ようやく春が始まったばかり。



大潟の地引網参加後、思わぬ遠出になりましたが、斑尾高原から一路帰宅です。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.16


大潟水と森公園を朝散歩した後、このまま帰るのも何なので、長野回りで帰る事にしました。



野尻湖

途中、野尻湖に寄り道。



ナウマンゾウの化石が見つかった事が有名な野尻湖。
そう言えば、ここに立ち寄ったのも20年ぶり位かもしれません。
確か長男が小学生だったような。



スワンボートに乗りました

スワンボートに乗船。
何故か野尻湖、スワンボートが人気。
20年前訪れた際も乗りました。
孫娘、上機嫌。
そう言えば孫娘、ボート初体験でした。



餌付けされた野鯉

ボート乗り場桟橋付近に大きな鯉が群れていました。
どれも1mクラス。
デカい。
どうやら野生の鯉を餌付けしているらしい。
もしかしたら、野尻湖で念願の一間鯉が見られるかもしれない。
柳津で悲しい思いをしたので、期待が膨らみます。



野尻湖で記念写真

湖畔で記念写真。



そろそろお昼。
お腹が空いてきました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.15


地引網に参加後、同じ大潟地区に在る「新潟県立 大潟水と森公園」に行きました。



新潟県立 大潟水と森公園

新潟県立 大潟水と森公園は、潟に隣接した公園。
7年前に訪れて以来の二度目の訪問です。



新潟県立 大潟水と森公園を朝散歩

朝散歩。



水上回廊に咲いていたミツガシワ

水上回廊にミツガシワが咲いていました。



満開のウワミズザクラ

ウワミズザクラが満開。
良い香りを漂わせています。
例によって杏仁豆腐が食べたくなりました。



新潟県立 大潟水と森公園を散歩中の孫娘とムー

日曜の8時頃。
まだ殆ど人が居ず、のんびりお散歩出来ました。



寝落ちした孫娘

早起きした孫娘は、途中寝落ち。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.10


糸魚川からの帰路。



上越市大潟区に在る「ごっつお屋 とくっと」 大潟店

上越市大潟区に在る「ごっつお屋 とくっと」 大潟店で夕食を食べました。



ステーキ丼

うおぬま屋が頼んだステーキ丼。
このステーキ丼、ネットでお世話になっているあいさんのブログで以前見て、食べてみたいと思っていたのでした。
どうやら「ごっつお屋 とくっと」 さんの看板メニューのようだ。



思った通り美味しかった。
肉の質が非常に良く、一日遊んで疲れた体に牛肉の旨みと脂が沁みわたります。
これで980円は、確かに安い。



このステーキ丼の記事を見たのは、確か2年前
食べ物に対する執念深さ、我ながら呆れる。



〆の夕食も美味しくいただき、たっぷり楽しんだ糸魚川行でした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.09


ゴールデンウィークのお出掛けで、糸魚川へ行って来ました。



ヒスイ峡フィシングパークでニジマスを釣った後、ヒスイ峡に向かいました。



ヒスイ峡

ヒスイ峡。



ヒスイ峡、もっとこうヒスイの原石がゴロゴロしているのだと思っていたのですが、いや、多分、その通りにゴロゴロ在るらしいのですが、ヒスイの表面が風化しているらしく、全部普通の石に見え、全くどれがヒスイか分かりません。



澄んだ川の流れにご執心の孫娘

孫娘、澄んだ川の流れにご執心。



ヒスイの原石前で記念写真

ヒスイ峡入口に飾ってあったヒスイの原石前で記念写真。
後ろの巨石はヒスイ。
これは表面が磨いてあり、ヒスイらしい緑色の帯が見られました。
でも、確実にこれがヒスイと分かったのは、この石だけでした。



もうちょっと仔細に観察すれば、どれがヒスイか分かったのかな~?
ちょっと残念。
勉強してから、もう一度訪ねてみようかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.08


ゴールデンウィークのお出掛けで、糸魚川へ行って来ました。



高浪の池でお昼ご飯を食べ、高浪の池と明星山の間を流れるヒスイ峡に向かいました。



娘(長男嫁)ニジマス釣りに奮闘中

ヒスイ峡入口にフィッシングパークがあったので、魚釣り。
魚が摩れている程でなく、かといって入れ食いでもなく、適度に中々釣れず、結構楽しめました。
ひと竿2500円で4匹まで釣って良いと言う事なので、一人ニジマスを一匹づつつり上げ、めでたしめでたし。



このフィッシングパーク、市営なのだそうだ。
市営のフィッシングパークは珍しいのではないだろうか。



ゴールデンウィーク中にもかかわらず、そんなに込んでもいず、良い感じ。
去年、やはりゴールデンウィーク中、湯沢のフィッシングパークを覗いた時、立錐の余地も無い程の人、人、人でビックリした事を思い出す。
あれでは楽しめないだろうと思ったのに比べ、ヒスイ峡のフィッシングパークは余裕。
ヒスイ峡のフィッシングパーク、穴場だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.06


ゴールデンウィークのお出掛けで、糸魚川へ行って来ました。



新潟スイーツ・ナカシマ」さんでおやつタイムの後、一路高浪の池に向かいました。



明星山と高浪の池

巨大魚が住むという高浪の池。
魚好きのうおぬま屋は、以前から訪れたかった湖沼です。



高浪の池の水面

高浪の池は、周囲1km強で、湖とは言えない大きさ。
深さも13m程だとか。
水質は悪くなさそうですし、小魚も確認出来ましたが、とても巨大魚を包み込む実力はありそうに思えませんでした。
標高の高い湖の神秘性故かな。
確かに明星山を控えた、水面のたたずまいは、人知を超えた力を感じぜずにはいられないと思う。
高浪の池は、山上湖には珍しく、カルデラ湖では無く、地滑りに因るせき止湖。
流れ込む土砂で短命な湖沼が伝説を持てる事は稀。
日本海側の豊かな水環境=冬の大量の積雪が一因なのは間違いないと思うが、それだけでは無い何か秘密がありそうだ。



高浪の池の畔、桜の木の下でお弁当

池の畔、まだ咲いていた桜の木の下でお昼ご飯。



雪の消え残った山々と神秘の湖沼に囲まれたお弁当、美味しかった事は言うまでもありません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.06


ゴールデンウィークのお出掛けで、糸魚川へ行って来ました。



ヒスイ海岸で遊んだ後、ヒスイ海岸からほど近い「新潟スイーツ・ナカシマ」さんでおやつタイム。



「新潟スイーツ・ナカシマ」さんは、お菓子屋さん。
店内にカフェが併設されていて、そこでお店のケーキを食べながらお茶を楽しめます。



新潟スイーツ・ナカシマさんのチーズケーキ

うおぬま屋が頼んだチーズケーキ。
カフェスペースで紅茶と一緒にいただきます。
長男夫婦は、チョコレートのケーキ。
孫娘と妻はイチゴのショートケーキを食べました。

例によって回し食べ。
どれも美味しかった。 



特に、うおぬま屋の頼んだチーズケーキは、甘さの加減がうおぬま屋好み。
甘さ控えめで、合間に紅茶を飲む必要がありません。
間に挟まれているベリージャムの甘さがケーキ生地の甘さに揃えられていて、一体となって溶け込み、一つのケーキにもう一つの味わいを加えています。
一個で二度美味しい。
さすがチーズ部門で何度も受賞されている訳です。



お土産に購入した新潟チーズ・ルレクチェとディープキューブ

と言う事で、お土産もチーズケーキ。
食べたいと思っていたチーズケーキ「大糸チーズ」が無かったのは残念でしたが、同系統の洋梨風味のチーズケーキ「新潟チーズ・ルレクチェ」と、こちらも以前から食べたかった「ディープキューブ」を購入。
帰るまで食べるのを我慢できるか?やや不安。



「新潟スイーツ・ナカシマ」さんはネット仲間。
以前から訪れたいと思っていましたが、やっと念願が叶いました。
中島さんは、御不在で7年ぶりの再会は果たせませんでしたが、突然の訪問だったので致し方無し。
その楽しみは後日にとって置く事にします。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.05


ゴールデンウィークのお出掛けで、糸魚川へ行って来た。



まず訪れたのは、ヒスイ海岸。
糸魚川と言えばヒスイ。
ちょうど魚沼から向かうと、糸魚川の入口がヒスイ海岸になる。



ヒスイ海岸は美しい小砂利の海岸

ヒスイ海岸は美しい小砂利の海岸。
この小砂利の中に稀にヒスイが有るという。
しかも海岸に流れ着いたヒスイは拾っても良いのだそうだ。 



ヒスイ海岸でヒスイ探し

で、いっときヒスイ探し。



ヒスイ海岸の小石、肌理が細かく、重い

このヒスイ海岸の小砂利、ヒスイかどうかは別として、とても肌理が細かく、どっしりとした重さを持った石が多い。
とても綺麗で魅力的。
一日一人10個までフォッサマグナミュージアムで、ヒスイかどうかの鑑定をしてもらえるサービスがあると聞いた。



小石遊びに夢中の孫娘

孫娘、小砂利遊びが大好き。
ヒスイなど何の興味も無いが、小石遊びに夢中



人間の石や宝石、鉱物に対する熱狂的な興味の元は何なんだろう?
昔から不思議だった。
硬くキラキラする物質を美しいと思う気持ちは、どこから生まれて来たのだろう?
孫娘に限らず、小さい子供が石に興味を持つ事は、良く有る事。
ご婦人達の宝石へのご執心もこの延長なのだろう。
まるで石に興味を持つ事が、遺伝子に書きこまれているかのようだ。
食べられる訳もない鉱物に、どうしてこれほどまでに拘るのか?
不思議。



考えられるのは、石器時代、長きに渡り石器を加工し使っている内に、硬く希少性の高い石が大事なモノだと認識され、それが遺伝子に書きこまれたのではないだろうか、と言う事。

その名残が今も続いているのだろうか?
どうなんだろう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.04.24


美人林に行って来ました。



青空とブナの萌黄

新葉が出るこの時期、ブナ林が一番美しい時期だと思う。



沢山の人が訪れる根開けの美人林

それだけに大勢の人が美人林を訪れていました。



萌黄のブナ林

う~ん、しかし、どうも自分の印象と写真の感じが一致しない。
難しいものです。



根開けと言うには、既に雪が少ないか

根開けと言うには、既に雪が少ないかな。



ブナの幹に彫られた落書き

落書きが・・・。
情けない輩の痕跡。



春の陽ざしと雪とブナ

春の陽ざしと雪とブナ。



萌黄の美人林

萌黄の美人林、綺麗でした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち撮影行カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは巨木です。

次のカテゴリは昆虫です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。