の最近のブログ記事

2017.06.27


アーティーチョークがスーパーの地物野菜売り場で売られていた。



アーティーチョーク

初アーティーチョーク。
この辺りで栽培している人が居るなんてビックリです。



茹でて食べてみましたが、噂通り可食部分が極端に少ない。
ガクの付け根と言うか、花の基底部が食べられる部位。
しかし、その量は、全体の十分の一か二十分の一程度です。
本当に少なく、ビックリ。



噂と違ったのが、味。
欧米では珍重されているらしいのですが、芋に似た食感の可食部は、これといった特徴も無く、あっさりしていて美味しくありませんでした。
あれ~?

これだったら日本のアザミの方が、よっぽど美味しいと思います。



いや、でもおかしい。
アーティーチョーク、美味しいはず。
茹でただけでは駄目なのかな?
それとも、この辺りで栽培されたものだから?
う~ん、どうなんだろう?



そうなると、ちゃんとしたアーティーチョーク、食べてみたくなりました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.21


魚沼もいよいよ梅雨入り。



平年より9日遅いのだそうだ。
しかし、雨は今日だけで、また明日は晴れるらしい。
魚沼は、梅雨入りしても前半は結構晴れる日が多い。



花菖蒲

花菖蒲を見付けた。

この辺りでは、アヤメは良く咲いているが、意外と花菖蒲を見掛ける事が少ない。



寒い日が多い。
昨日は30℃近くまで上がった気温が、今日、また10℃近く下がって20℃前後だった。



遅い梅雨入り、低い気温。
やはり冷夏かな?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.15


なんだろうこの寒さ。
梅雨寒とか五月寒とかいうらしいが、魚沼は梅雨入りしていない。



日中、陽が射せば結構暑いのだが、風は冷たく、陽が陰ったりすると上着が欲しくなる。



行きつけのスタンドの人が言っていたのだが、まだ暖房用の灯油の需要があるのだそうだ。
確かに、朝晩寒く、火の気が欲しくなる



ドクダミの花

ドクダミの花。
ドクダミが咲いているので間違いなく季節は進んでいるのだが・・・。



西日本も梅雨入りしたものの、空梅雨らしい。
魚沼は、適度に雨が降り、曇りがちではあるが、梅雨空では無く、季節外れの寒気の影響なのだそうだ。



寒く、空梅雨。
台風の発生も少ない。
どうも冷夏になりそうな予感。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.11


クラインガルテンのバラ園が満開。
クラインガルテンで借りている日帰り農園の畑の草取りのついでに観賞してきました。



クラインガルテンバラ鑑賞会の看板

丁度、年に一度のバラ鑑賞会の日。



クラインガルテンのバラ園

ピークをほんの少し過ぎたところでしょうか。
バラの香りが濃厚に漂っています。



黄色いバラ

やっぱり自分は、黄色のバラが好きなようだ。



バラの匂いを嗅ぐ孫娘

孫娘、バラの香りを観賞中。
誰が教えた訳でもないのに、バラの香りを嗅ぐ時、目をつむっている。
面白いな~。



バラ園の中で飲むハーブティー

バラ園の中で飲むハーブティー。
このバラ園の管理をされている有志の方達が、準備してくださったもの。
一杯200円。
売り上げは、バラ園管理の費用に充てられるのだそうです。



里芋の芽

畑は、と言うと、やっと里芋が芽を出しました。
中々目を出さず、気を揉んでいましたが、やっと芽を出してくれました。
でも、まだ一本だけ。
大丈夫かな~?



愛らしいピンクのバラ

愛らしいピンクのバラ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.09


越後七浦シーサイドラインを通ったら、良い感じでした。



初夏の越後七浦シーサイドライン

夏の強い光と秋の様な澄んだ空気に初夏の瑞々しい緑が映え、しばし固まって眺めていました。



靄に霞む佐渡ヶ島

佐渡ヶ島。
少し霞んでいます。
沖合には靄があるようです。



終わり掛けのハマナス

ハマナスは終わり掛け。
実が出来始めていました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.07


一昨年、藤の蜂蜜に魅せられた長男。



今年の藤から採れた取れ立ての藤蜂蜜

この春の藤から集めた出来立ての藤蜂蜜を購ってきました。



魚沼の藤蜂蜜、香りが鮮烈。
一昨年の記憶程強く無い気もするが、他の地域の藤蜂蜜より香りが強いと思う。
他地域の藤蜂蜜を試食してみたが、やっぱり購入するなら魚沼産だと思っていた。



春を閉じ込めた蜂蜜。
封印して冬に楽しむ手もあるが、おそらく多分我慢は出来ないだろうと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.06.05


国営越後丘陵公園の香りのバラ祭りに、今年も行ってきました。



この日は、朝まで土砂降り。
気温も低く、行くのをどうしようか迷ったのですが、時期を外すと後悔するのでダメ元で行ってみました。



国営越後丘陵公園入口ゲート

ところが着いてみると、雲が多いながら太陽が顔を見せました。
陽が射すと暖かく、暑からず寒からずの爽やかな絶好の散策日和になりました。



サハラ80

毎年撮影するサハラと言う品種。
今年も綺麗です。



ローゼンドルフ・シュパリースホップ

ピンクの薔薇。
ローゼンドルフ・シュパリースホップ。
香りは強くないが愛らしい姿。



ラプソディー・イン・ブルとミツバチ

野生種に近い感じのラプソディー・イン・ブルー。
強い香りを放っています。
ミツバチが訪れていました。



白いバラ、アイスバーグ

白いバラ、アイスバーグ。



薔薇の人気投票

今年もバラの人気投票をしてきました。
入れたのは今年も黄色のバラ。
蜂蜜の香りがしました。



赤いバラ

人気投票にエントリー中の赤いバラ。
新品種なので名前はまだ無い。



ピンクパンサー

ピンクパンサー。
薔薇は洒落た名前が付けられている。
名前を見るのも楽しみの一つ。



バレリーナ

バレリーナ。
可愛らしい小さなバラ。



紅バラのソフトクリーム

紅バラのソフトクリームでバラ観賞の〆としました。



丘陵公園のバラ園

午前中、天候がイマイチだったので人出が多くなく、ゆっくり観賞出来ました。
寒いお天気に負けず行って良かった。

バラ三昧。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.15


地引網に参加後、同じ大潟地区に在る「新潟県立 大潟水と森公園」に行きました。



新潟県立 大潟水と森公園

新潟県立 大潟水と森公園は、潟に隣接した公園。
7年前に訪れて以来の二度目の訪問です。



新潟県立 大潟水と森公園を朝散歩

朝散歩。



水上回廊に咲いていたミツガシワ

水上回廊にミツガシワが咲いていました。



満開のウワミズザクラ

ウワミズザクラが満開。
良い香りを漂わせています。
例によって杏仁豆腐が食べたくなりました。



新潟県立 大潟水と森公園を散歩中の孫娘とムー

日曜の8時頃。
まだ殆ど人が居ず、のんびりお散歩出来ました。



寝落ちした孫娘

早起きした孫娘は、途中寝落ち。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.11


お隣の梅の木が満開の頃、その梅の木にメジロが来ていました。



花とメジロ

花とメジロ、良く似合うと思う。



梅とウグイスと言われているのは、実はウグイスでは無く、メジロをウグイスと混同したのだろうと言われている。



梅にウグイス、ならぬ梅にメジロの図

梅にウグイス、ならぬ梅にメジロの図。
ややピンボケではあるが、どこかで見た事がある構図を狙ってみた。

梅にウグイス、ならぬ梅にメジロの図もう一枚

もう一枚、それらしき感じのものがあったが、やはりピンボケ。
メジロ、動きが早いのでピント合わせは大変。



梅の花の中からメジロ

花の中から顔を出すメジロを撮りたいと思っているのだが、今回も駄目でした。



メジロのお腹

メジロのお腹。
メジロの可愛らしさが感じられる一枚だと思う。



梅の花とメジロ二羽

今回、一番きれいに撮れたと思う一枚。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.02


クラインガルテンに居る時、ギフチョウが何頭か通り過ぎて行きました。
そう言えば、今期、まだギフチョウの撮影をしていません。



と言う事で、家族を帰し、一人、山本山の遊歩道を散策。
ギフチョウ撮影を試みました。



遊歩道脇のカタクリの花

カタクリの花が在る内がギフチョウの時期。
暑い位にお天気が良かったので、遊歩道は生き物の気配が濃厚。



翅がボロボロのヒオドシチョウ

ヒオドシチョウが居ました。
タテハチョウの仲間は成虫で冬を越すので、翅がボロボロ。
厳しい冬を乗り越えた歴戦の雄です。



今回は、無暗に歩き回らず、待ち伏せ作戦を採りました。



待つ間、近くにウグイスが囀っていたので、かねてから考えていたウグイス撮影作戦を試してみました。
その作戦、ウグイスの囀りを口笛で真似して、ウグイスを藪の中から誘い出して撮影しようという作戦。
ウグイスは、藪の中で鳴く性質があるので、撮影どころか姿を見るのも結構難しかったりします。
ところが、この作戦やってみたら効果あり。
うおぬま屋の下手くそな口笛に、ウグイスが返事をします。
「お!これは!!しめしめ・・・。」

しばらく騙し鳴きを続けていると、焦れたウグイスがついに姿を現しました。
思った以上に効果てき面。
この作戦、使えそうです。
しかし、姿は見えたものの、ウグイスの動きが素早過ぎて撮影は不可でした。
どうやら人の鳴きまねと見破られたようです。
う~ん、撮影にはもう一工夫必要かも。



翅が傷ついていないヒオドシチョウ

カタクリの花でお食事中のヒオドシチョウ。
あれ?!こちらは、ほぼ完品。
冬越ししたはずなのに、こういうのって珍しいのではないだろうか。



様子を見に来たヤマガラ

待ち伏せ作戦中、ヤマガラが様子を見に来ました。



小一時間粘りましたが、ギフチョウは何頭か通り過ぎるものの全く止まってくれず、こちらも撮影は出来ませんでした。
そろそろ、うおぬま屋の辺りでのギフチョウの時期は終わりに近いので、今年の撮影は無しかもしれません。



ムシクイと思われる小鳥

帰り道、ムシクイと思われる鳥を撮影。
ムシクイは、みんな似ているので区別が難しい。
センダイムシクイかな?
ムシクイもウグイス同様、撮影が比較的難しい鳥。
でもタイミングさえ良ければこの通り。

生き物撮影は、運次第・・・、か。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは自然です。

次のカテゴリは花火です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。