2021.10.01


自宅の砥石を新調したので包丁を砥いでみた。



新調した砥石とステンレスの包丁

表裏が荒砥石と中砥石になっている。
砥いだのは、牛刀一本とステンレスの包丁一本。



ステンレスの包丁を、目の荒い砥石で砥ぐのは、気が引ける。
この砥石は400番と1000番。
ステンレスに1000番は、どうなんだろう?



まあ一応、両方とも切れる様になった。



包丁が切れると気分が違う。
気持ち良く料理が出来るし、何だか料理の腕が上がった様な気もする。
おまけに無駄に力を入れないので、間違って手を切るのも減るのだとか。

道具の手入れ、大事。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4579

コメントする

         

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2021年10月 1日 19:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ススキの花」です。

次のブログ記事は「リステリンのふた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。