初タラの芽一級品

2021.04.05


長男がタラの芽を採って来た。



採れ採れタラの芽

大量、しかも子供の掌よ程もある一級品。
採れ採れなので切り口からタラの芽独特の粘り気のある樹液が滴っている。



タラの芽の天ぷら

天婦羅に。



キド味と甘味が堪らない。
瑞々しく、一級品のタラの芽を食べる時、自分はいつもリンゴを連想する。
美味しい!!
やっぱりタラの芽は、山菜の王だと思う。



自宅周辺は、やっとフキノトウが出たばかりだが、数キロ離れた少しだけ雪が少なく、一寸だけ雪融けが早かった地域では、既にタラの芽が食べ頃に育っていたのだそうだ。



一級品の大きなタラの芽は、大きく育ったタラの木でなければ採れない。
大きく育ったタラの木は、希少。
しかも大きく育ったタラの木は、棘が無くなり、タラの木らしくなくなるので、意外と盲点になるようだ。
それを目聡く見付けるあたり、さすが食いしん坊だと思う。



大きなタラの木は、普通、手が届かず、諦めがちなのだが、長男の車には、この時期、高枝切狭が常備されている。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4397

コメント(1)

こんにちは。
今年は、春の味覚が早いように感じます。
私も山菜を見つけに出かけてみます。

コメントする

         

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2021年4月 5日 21:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初フキノトウと毒」です。

次のブログ記事は「便利な道具」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。