初フキノトウと毒

2021.04.04


自宅裏の空き地でフキノトウが採れた。



今期初のフキノトウの天ぷら

今期、初フキノトウ。
早速、天ぷらにしてみた。
苦みが少なく、香り高く、美味しいフキノトウでした。



フキノトウには、不思議と苦みの強いモノと苦みの弱いモノがある。
おそらく場所の違いなのだろうとは思っていたが、以前から気になっていたので、仔細を知るべくネットで調べてみた。



しかし、苦みの取り方は色々載っていたけれど、フキノトウ自体の苦みの違いについて触れられている記事は探せなかった。



その代わりに、フキノトウや、その親の蕗は有毒であると知ってビックリ。
ピロリジジンアルカロイドという毒なのだそうだ。
もっとも茹でたり、水に晒したりのあく抜きが有効であるらしいので、しっかりあく抜きすれば大丈夫なのだそうだ。
フキノトウや蕗で中毒したという話は聞いた事が無いのは、その所為なのだろう。

とは言え、大量摂取は要注意なんだとか。



結局、苦みの違いについては謎のまま。
誰か知っている人は居ないかな~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4396

コメントする

         

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2021年4月 4日 15:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お花見、油断せず」です。

次のブログ記事は「初タラの芽一級品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。