2021.02.11


雪に因って封鎖されていた玄関を開放した。



j除雪して地面が見えた玄関前

2月の上旬に、雪の虜から玄関を救出できるのは、例年と比べるとかなり早い方。
これからも雪が降る日はあるだろうけれど、時折顔を出す太陽が、もう冬は終わったと教えてくれている。



雪も上を歩けば、なんとか玄関を使用できるように、ある程度、長男が除雪していたので、玄関救出作戦は、小一時間の作業で済んだ。



ふふふ、良い気分。

雪の下から地面を掘り出すと、体の芯が震える位に嬉しくなる。
地面が見えただけで、嬉しいのだから、世話がないが、この喜びは雪国の住人ならではだと思う。
子供の頃は、後一ヶ月もすると何もしなくとも雪は消えてなくなるのに、どうして大人は、わざわざ除雪をするのだろうと思っていた。
が、一度これを味わっちゃうと癖になって我慢ができない。



困った事なのが、作業後、数時間、自分がポンコツ化してしまった事。
張り切ってやった分だけ、その反動が大きかった。
じじいの体力を忘れてた。

とほほ・・・。



屋根雪から滴る雫


今年は、厳しい冬であったが、春の訪れは、どうやら早そうであるようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4344

コメントする

         

2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2021年2月11日 20:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「生活保護」です。

次のブログ記事は「フリーズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。