ジェンダーバランス

2021.02.09


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長の問題発言が叩かれている。



彼のジェンダーバランスが間違っているのは、間違い無いと思うが、それと同じように、それを叩く人達のジェンダーバランスはどうなんだろうと疑問に思う。



そもそも、ジェンダーバランスなんてものは、その基準が存在するのだろうか?
もしあったとしても、それが本当に正しいのか、甚だ怪しい気がしている。



男女の間の溝は、下手をすると見方にも因るが、生き物の種類別の溝よりも深いかもしれない。
それは未だ解決出来ていないテーマ。
そこに線引き出来ていないのが、この問題の厄介さでもある。



そも、女性の社会的地位の低さの原因を、いったいどの位の人が認識しているのだろう?
大統領の奥様、ファーストレディなんかもジェンダーヴァイアスの最たるものだと思う。
女性を大統領の従属の様に扱っている。
それに抗議するのが先だろうと思ったりする。



女性の社会的地位の向上は、当然な事だ。
いつまで猿の記憶を引きずっていてはハズい。
が、だからと言って、社会的地位の向上以外でも男女を全て同じに扱おうとする試みも間違っている。
まあ、そんな事は当たり前だが、区別と差別の差は曖昧だ。
また人の行動のほとんどは、性差に由来しているので、それらを全て篩にかけなければ、ちゃんとした線引きは出来ない。
この問題の根は深い。
なんとなくの判断基準で、会長の問題発言を批判するのは、結局、会長の問題発言と同レベルになってしまう。



それにどうもこの騒ぎ、コロナ禍の反動臭い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4342

コメントする

         

2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2021年2月 9日 21:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なぜ働く?」です。

次のブログ記事は「生活保護」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。