2020年12月アーカイブ

2020.12.31


大晦日。



お年取りの料理

この辺りでは、大晦日の夕ご飯は、お年取りと言う家族の忘年会。



などと、のんびりした事を言っていられるのも、昨晩から今日の夕方までの降雪量が少なかったから。
昨晩の降雪量は20cm程度。
日中は、ほとんど降らなかった。
有り難や、有り難や。



しかし、夕方から降り出した雪は、21時過ぎに警報に。
やばい降りになっている。



スノーモンスターと化した玄関前の山茶花の木

完全に雪に覆われた玄関前の山茶花の木。



あ~ぁ、元旦から除雪三昧か・・・。



などと思っていたら、あら~、高速が通行止めになっちゃった。
高速が通行止めになると、う回路の国道が大渋滞になるのが常。
そうなると除雪に会社まで行く事すら不能となる。
あらら・・・。
まあ、なるようにしかならないか。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.30


大晦日の前日。
大寒波の始まりの日。



雨に濡れる山茶花

お昼頃、まだ雨。
気温もまだ高めで空気に水の匂いがする。



14時ごろ、年越し寒波の降り始め

14時。
突風が吹いたと思ったら、雨が一瞬で白く変わった。



始まってしまった・・・。
年越し寒波の始まり。



雪に覆われた山茶花

夜、7時。
一枚目の画像の山茶花と同じ木と思えない。



吹雪。
風が強い。
風が強いと、折角除雪した場所に、選り吹き溜まるのが困る。
今のところ雪の量は極端に多い訳では無い。
が、明日の朝までだと、結構な積雪になりそう。
とは言え、夜中の除雪は止めておく事にする。
危ないので。
しかし、朝まで貯めると超大変なのも事実なのだけれど・・・。
まあ、なるようにしかならないか・・・。



いつまで続くのだろう。
予報だと一週間以上続くとか。
まさか、ず~っと同じ調子で大雪だとは思えない。
が、それが絶対に有り得ない訳で無いのが怖い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.29


新型コロナ重症化リスクにネアンデルタール人の遺伝子が関係しているという仮説があるらしい。



ホモ・サピエンスとの生存競争に敗れ、絶滅したネアンデルタール人。
ホモ・サピエンスとネアン、近種なだけに、少なからず混血生まれ、その遺伝子が今も残っているのだそうだ。
それが新型コロナとの相性が悪いらしい。



ネアンデルタール人は、ホモ・サピエンスより体が大きく体力的に優れ、知能も高かったらしい。
要するに、ネアンデルタール人は、人間より個人の能力が上で、優秀だったようだ。



自然界では、優秀な者が生き残るのが常。
しかし、人間とネアンデルタール人の場合は、それが当てはまらなかった。



では何故、劣っていた人類が淘汰されなかったのかというと、
「人間は、弱い故に仲間と協力したから」
であるらしい。



人間は、弱い故に仲間と協力し、大きな集団を作り、社会性を発達さた。
それがネアンデルタール人との生存競争に打ち勝った大きな要因であるというのが、今までの定説であるようだ。



しかし、この度のコロナ重症化リスクの仮説が正しいとすると、もしかしたらウィルスに対する耐性の違いなんかも、ネアンデルタール人絶滅の要因の一つなのかもしれない。



弱い故に助け合いを手に入れ、生き残った人類。
少しだけ病気に強かったのかも。



大荒れ前の穏やかな晴れ

今日、一日、穏やかに晴れた。
無風。
気温も高め。
明日から始まる極寒が信じられない感じだった。



長年に渡り、せっかく手に入れた助け合いの何たるかを忘れかけている人類。
ネアンデルタール人の遺伝子が、
「もう一寸よく考えろ」
と警告してくれているのかもしれない。

穿ち過ぎかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.28


今度こそ初雪の大雪の後始末が終わった。



大量の雪に挑む除雪機

ここは、最後に残った自然落下式の屋根の雪が落ちる場所で、雪が貯まる場所。
2m50cmの高さの除雪機より積もった雪の高さが高い。
それでも除雪機の性能が良いので、2時間ほどの作業で排雪終了。



雪の始末が終わってホッ。
体の緊張が解けていく。



しかし、2日後には、最強寒波の予想。



数日かけて行った雪処理も、一発の寒波で元の木阿弥となる可能性が高い。

は~~~・・・。



予報が外れて欲しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.27


今日、望外の晴れ。



晴れはは、良い。
辛い雪下ろし作業も気分が違う。



会社の屋根の雪下ろしは、なんとか終了した。



しかし、下ろした雪の後始末は、明日にする事にして、ちょっと早めに切り上げた。
疲れている時に無理をすると、失敗や事故の基。
次の寒波までに、まだ2~3日あるので。



除雪機で作った排雪場所

除雪機で作った雪捨て場。
この他にも2か所雪捨て場を作った。
しかし、この時期これだけ雪の量があると、先々がかなり心細い。
谷に捨てるルートも確保したが、そこに全ての雪を運ぶ訳にはいかないし・・・。



明日も除雪。
それで雪の降る前のフリダシにやっと戻る。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.26


借り受けた除雪機の代替機。

能力が凄かった。



借りた小型除雪機

寿命がきた40歳のうちの除雪機と比べると、体感的には、2倍以上の実力がある気がした。



初雪の大雪から溜まる一方だった敷地の雪。
その量は、今までの経験上だと、絶望的な量。
とても小型除雪機では手に負えない感じだと思えた。



しかし、借り受けた除雪機で、今日、5時間余りの除雪作業。
なんと8割方片付いた。
頭を悩ましていた問題が一気に解消。
どうやら年末の寒波に間に合いそうだ。



除雪用の重機、小型とは言え、その力は古い重機の能力を遥かに凌駕している。
しかも操作しやすいし。
今まで重いと思っていた雪の重さが、何だか軽いと感じられた。



明日は、会社の屋根の雪下ろし。
それで次への備えが終わる。



年越し寒波も、こいつが居ればなんとかなりそうな気がしてきた。
ただ、もうちょっと価格が安かったらな~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.25


初雪の大雪から10日あまり。
その間、暖かな日があったりしてずいぶん助かった。



しかし、除雪機の不調で除雪がほとんど進んでいない。

大ピンチ!!
年末寒波は確定的。
しかも今日も雪が降って来た。



40歳の除雪機、いよいよ寿命。



とりあえずは、重機の販売会社の好意で、代替機を借りる事が出来た。
年末年始の寒波はこれでやるしかない。



しかし、その後は・・・。

こりゃ頭が痛いぞ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.24


夕方、今日は何処に行っても道が混んでいた。



特にスーパー周辺が渋滞。
これはおそらく間違い無くクリスマスが原因の渋滞だと思う。



子供でも居なければ、クリスマスなんか関係ないと思っていたが、子供の居る家庭だけで、こんなに混雑するとは思えない。

大人でも、クリスマスパーティーってするのかな?



手羽元のタンドリーチキンと餃子の皮のキッシュ

我が家のクリスマスイブの夕飯。
手羽元のタンドリーチキンと餃子の皮を使ったキッシュ。

美味しかった~。



何時に無い混雑は、やはりコロナの影響か。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.23


クロテッドクリームを行き付けのスーパーで購入。



クロッテドクリーム

乳製品売り場の担当の方に、クロテッドクリームを頼めないか相談したのは、一年前。
その時は、取り寄せ不可だったのだが、事情が変わったようで、いつの間にか売られていた。
しかし、全く気が付かず、見切り品コーナーに半額で置かれていて、やっと気が付いた。



半額で購入したのは良いのだが、失敗したと思う。



おそらくほとんど売れなかった感じ。
下手をすると一個も定価では売れなかったのかもしれない。
だとすると、折角、置いてくれたのに、次は無いのかも。
実際、それ以来見掛けないし・・・。



生クリームとバターの中間の様な味わいのクロテッドクリーム。
美味しいスコーンと食べたかったが、無かったので食パンで代用。
それでも充分美味しかった。
スコーンで食べるのは、次の機会に。

でも、当分、またの機会は無いのかもしれない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.22


年末年始に最強寒波が来るという予報をテレビで聞いた。



マジ!?
年越し寒波・・・。



しかし、ヤフーの週間予報とネットの週間寒気予報では、それほどの予報になっていない。
こちらを信じたいが、これらは、この先一週間なので、まだ年末年始の予報は、分からない。



まだ初雪の大雪の始末が終わっていない。
どうしましょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.21


昨日の自宅の雪下ろしの後。



某炭酸飲料とピザ

冷凍ピザを頬張りながら、某オレンジ風味の炭酸飲料をがぶ飲みした。
塩分濃い目のピザに糖分過多のドリンク。
ジャンクフードそのものだが、妙に美味しかった。
某オレンジ風味の炭酸飲料なんて飲んだのは、いつ以来だっただろう?
ましてや、がぶ飲みなんて記憶に無い位久しい。



雪下ろしで汗をかいたので塩分補給。
エネルギーを使ったので糖分が必要っだったのが、理由だとは思うが、どうもそれだけでは無い気がした。



もしかしたら、ストレスが過剰にかかると、人間は濃い味を欲するようになるのではないだろうか?



雪下ろしは、危険な作業。
油断すれば死につながる。
これが中々なストレス。
作業中は、いつも体の芯に緊張感が有る。
よく雪下ろし中は命綱を着けるように言われているが、そんなもん着けていたら仕事にならない。
なので雪下ろし中は、強いストレスと戦いながらの作業となる。



そのストレスから解放された時の濃い味指向。
そんな気がした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.20


大雪の予報なれど、昨晩もあまり降らなかった。
助かった~。
しかも、なんだか大雪が降る雰囲気でなくなって来た。
もしかしたら、このまま終わってくれるかもしれない。



今日は、地上の除雪が手抜けたので、自宅屋根の雪下ろし。
暖冬が2年続いたので、ほぼ3年ぶり。



雪下ろしの雪で大山の玄関前

玄関前は、下ろした雪で大山。
しかし、なんとか通れる。
雪下ろしした後、玄関が封鎖されないのは、お替りの雪があまり降らなかったから。



通常の半量ほどの屋根雪の量だったので半日で終了。
しかし、それでもポンコツと化してしまった。
キーボードをたたく腕が中々にしんどい。
半日で終わったのに、これでは何もできない・・・。
情けな~・・・。



来週は、比較的暖かなんだとか。
いつもお決まりのクリスマス寒波はないらしい。
良い傾向だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.19


あれ!?
大雪の予報なのに今日一日、あまり雪が降っていない。



明け方から午前中に、チラチラと20cm程積もったものの、それから半日、ほとんど降っていない。



と、思ったら、今現在、降って来た。
そうは問屋が卸さなかったか・・・。

と思ったら短時間で、また止んだ。



雨雲レーダーを見てみると、雪雲が次々に流れ込んではいるものの、結構隙間があり、特に自宅周辺は、たまたま雪雲と雪雲の狭間になっているようだ。
これは、幸運かも。
まあ、このまま降らずに終わるとは思えないけれど。



この度の雪。
湿った粘り気のある重い雪。
着雪が強く、庭木の枝が次々に折れて落下している。



太い枝が折れた柿の木

折れた柿の枝。
太い枝が折れた。
こんな事初めて。
玄関の屋根に引っかかって落下は免れたが、取り除かねばならず、返って面倒だった。
湿った雪の恐ろしさ。



大雪は降ったものの、この湿った雪からして、もしかして暖冬傾向なのかもと思ったりする。
最近時々ある暖冬の大雪。
それかも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.18


今日のお昼過ぎ、やっと雪が止んだ。



雪が止むとホッとする事このうえない。



しかし、な、なんと明日には、お替りが始まるのだとか。



これは不味い。
除雪が間に合わない。



輪カンジキ

何十年ぶりかで輪カンジキを履いた。
一気に降った雪は、粘りが無く、長靴だけでは雪の上を歩けない。
が、この度の雪は、真冬のサラサラした乾燥した雪と違う湿った雪なので、カンジキを履くと、なんとか雪の上を歩く事が出来る。
最近は、スノウシューとかいう西洋カンジキが雪上ウォーキングに使われているようだが、日本の輪カンジキも中々の優れものだと思う。
カンジキの有難味を久しぶりに堪能した。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.17


群馬県境の高速道路で車の立ち往生が発生。
首都圏との大動脈が絶たれてしまった。



上下線共不通で、1000台余りが動けなくなっているとのこと。



県境の湯沢町では、この大雪で一気に2m近く降ったらしい。
初雪で2m!
有り得ないでしょう・・・、と言いたいところだが、この辺りでも以前、一回経験している。
あの恐ろしさは、今でもフラッシュバックする。
それが湯沢で再び・・・。



う回路が無いらしく、首都圏に行くには、長野県経由しかないようだ。
並行する国道も通行止めと言う事なのかな。
とんでもない遠回りだと思う。



自分の所も県境遮断でちょっと被害。
食材が届かなかったのだ。
立ち往生に巻き込まれたのかな?
今のところは、まだ大丈夫だが、早く立ち往生が解消しないと流石に不味い事になる。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.16


自宅前の石垣上の積雪

今朝の自宅前の石垣。
地面が見えるので積雪量のチェックに丁度良い。
1メートル数十センチの杭が半分以上雪に埋まっている。
70cm位かな。



1mを超えてきた会社周辺の雪、夜

今日、夜の雪道。
日中も降り続いたので、ジワジワ積雪が増え、会社の周辺は、1mを超えて来た。



雪の困ったところは、2月下旬まで、こういった大雪がいつ来てもおかしくないところ。
大雪が常態化する事が良く有る。
毎週の様に襲って来る白い恐怖。
そうならないで欲しい、けれど・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.15


自宅周辺のスノーモンスター達

自宅周辺のスノーモンスター達。



昨晩の降雪は、自宅周辺は20cm程。
一晩で1m降るようなドカ雪では無いが、休みなく降り続いている。



まだ2~3日降るようなので、結局大雪となりそうだ。



今日も日中も降り続いたので、今現在、小千谷市の自宅周辺でも積雪が50cmを超えて来た。



そして、やばい降り方になって来た。
白い恐怖と言う程では無いものの、明日の朝、倍増していそうな雰囲気が漂っている。
大雪警報も出た。
「警報が出ている内は、無用な外出は控えるように・・・。」
と言われるが、そんな訳にもいかないのが雪。



年内に雪下ろし確実。
しかも複数回になりそうな・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.14


朝、朝食の目玉焼きを突いていると、先程まで煩く屋根を叩いていた雨音が急に静かになっている事に気が付いた。



窓の外、白い塊が落ちてくる・・・。



あら~初雪。
数分前まで雨だったのに、いきなり雪に変わってしまった。



たいがい初雪は、日中は雨で、夕暮れと共に雪に変わるのが常。
朝から雪は、大雪に繋がる悪い兆候だったりする。



初雪の降り始め

会社に出社する頃には辺りは真っ白。
この調子だと、どんだけ積もるんだろう・・・。



と心配したが、日中の降り方は、それ程強く無く、多い所で20cm程積もっただけだった。
「助かった~。」
まあ、この程度なら御の字。



しかも夜になっても、今のところ降りが強くなっていない。
有り難や、有り難や。



しかし、こんな程度で終わるはずも無く、寒気のピークは明日から始まり、数日続く予報。
予想降雪量は1mなんだそうな。

ははは・・・・(涙)。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.13


不味い、腰をやってしまった。



いわゆるぎっくり腰だろうと思う。
大した事をした訳では無いが、ここ数日の間に何度か腰の辺りがキクッとしていたと思ったら、中々の激痛が襲ってきた。



30年来の腰痛持ち。
なので腰痛慣れしているのだが、この感じは随分久しぶりかもしれない。
もしかしたら腰痛デビューの時の痛み以来かも。
魔女の一撃、とは良く言ったものだと思う。



不味いな~、明日から大雪の予報なのに・・・。
このところ調子が良かったので油断したようだ。



とは言え、腰痛慣れしているので一応対処。
湿布と消炎鎮痛剤の服用で痛みを抑え、痛みが出る姿勢をしないように心掛ける。
そして一番肝心なのが、痛みが出ない様に気を付けながら、出来るだけ安静にしないで動く事。
腰の痛みの大きな原因は、腰の筋肉の防御硬直に因る痛みだと思うので、出来るだけ動いて筋肉を解した方が、回復が早いようなのだ。
自己流だが、まあ、おそらく間違っていないのではないだろうか。



幸な事に、一応、立ち仕事は痛み無くこなせる。
困るのが座り仕事やかがんだ姿勢。
座って居る時や寝転んでいる様な時、注意しないと激痛が甦る。
痛みが走ると、またまた筋肉が防御硬直して痛みが増してしまうという悪循環に陥ってしまう。
腰痛スパイラルに陥らないようにしなければならない。



注意しながら日常をこなす。
それしかない。
しかし、大雪だと姿勢に注意してなどとは、言っていられないのも確かなのだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.12


和食の基本食材である昆布。
美味しい出汁が取れるが、コツを抑えて上手に出汁を取らないとエグ味や苦みが混じって美味しい出汁にならない。



昆布自体、結構クセがあり、中々扱いが難しかったりするのだ。
自分に言わせれば、昆布は結構なじゃじゃ馬だと思う。



昆布出汁の取り方は、水から煮て沸騰前に引き上げるのが基本。
何故沸騰前に引き上げるかと言うと、美味しい旨みだけを出汁に移す為。
昆布をしっかり煮込んでしまうと先述したエグ味や苦みが出汁に出てしまうのだ。



そこでうおぬま屋の取り扱う昆布巻き。
出汁昆布と基本的に同じ昆布を使っているのはもちろんなのだが、こちらは煮込まなければどうにもならない。
煮込んで軟らかい食感にならなければ美味しい昆布巻きとは言えない。
まあ、多少歯応えを残したとしても、生の昆布の様に硬くてはどうにもならない。
適度の食感が求められるのは当然な事。

しかし、煮込めばエグ味と苦みが出てしまう・・・。



そのジレンマを解決する一般的なやり方は、味濃く味付けする方法。
濃い旨みや甘味で、‎エグ味と苦みを覆い隠して気にならなくしてしまうのだ。
昆布巻きと言うと、佃煮のように濃い味付けなのがほとんどなのは、その為だ。



昆布巻きは、中高年には根強い人気が有るものの、若い世代や子供達には、やや不人気である。
おせち料理の中で、不人気ベスト3に入っているのだそうだ。



その昆布巻き不人気の大きな理由の一つが、今の食事に合わない濃い味付けなのは、想像に難くない。
薄味指向は、時代の流れ。
それを受け、薄味の昆布巻きも時折見掛けたりするが、大概が失敗となっている。
その理由は、他ならない、じゃじゃ馬昆布娘の手綱を取る方法を放棄するから。
昆布は、薄味にすれば素直に従う様な、従順な食材では無いのだ。



魚沼食品が今、開発中の新製品の昆布巻き。
「スープ(出汁)がジュレ」で有る事や、「柑橘やスパイスで風味付けして洋風」である事などが特徴であるが、それ以前に「佃煮の様な濃い味付けでは無い昆布巻きである」という大前提がある。



どうやら、じゃじゃ馬昆布娘を手懐ける、新しい方法を見付けられたようなのだ。
なので薄味に出来る。
見付けたなどと言うのは憚られる程、単純で一般的な方法ではあるけれど、誰も気が付いていないのも、ほぼ間違いようだ。
気が付いてみれば、そんなに難しい技術ではない。
けれど、もしかしたらかなり画期的な事を見付けたのかもしれない。
 
まあ、たまたまなのだけれど・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.11


週明けの雪予報。
日が近付くつれ、予報が悪くなってきている。



どうやら真冬並みにの寒波が来襲する感じらしい。
これはかなり不味い。



しかも来週だけでなく、再来週にも同じ様な寒波が来るらしい。
クリスマス寒波。
寒波の波状攻撃は、大雪の印。



災害級の雪が降るかも。
嫌な予感がする。
この手の嫌な予感は当たるんだよな~。
予感と言うより、必然な感じがするのが嫌な感じ。
予感、外れてくれ。



ナンテンの実

「ナンテンの実付きが悪いと暖冬」という言伝えがある。
もちろん何の根拠も無いけれど、
我が家の南天、いっぱい実を付けているじゃありませんか~!!!



辛い冬になりそうだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.10


夜間、晴れていたので放射冷却。



霜が降りていた

霜が降りた。
最低気温は氷点下。
マイナス1℃だったらしい。
この辺りでは、霜は珍しい。
何故なら、雪があるので霜が判別できないから。



夕方には雨。
まだ比較的気温が高めなので雪にはならず。



この雨、週明けには雪になる。
タイヤを換えねば。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.09


今日は一日晴れていた。


ピンクに染まる魚沼駒ケ岳
夕日にピンクに染まる越後駒ケ岳。



師走に一日中晴れるなんて、超貴重。
明日には崩れる予報。
もしかしたら、こんな晴れの日は今年最後かもしれない。



週明けは雪らしい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.08


愛用のガラケーが、いよいよヤバい。



数か月前から勝手に電源が落ちる。
それがこのところ頻繁になってきた。



寿命らしいガラケー

しかもバッテリーも寿命らしく、フル充電しても一日持たなかったりする。
流石にスマホに変更しなければならないようだ。



スマホか~・・・。
嵩張るのが一寸・・・。
へそ曲がりなので、躊躇がある。

でもまあ、仕方がないか。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.07


庭に来たエナガを撮影。



柿の木に止まるエナガ

エナガは、日本で最も小さい鳥のひとつ。
正確には2番目だとか。
可愛さは一番かな。



庭に毎日の様にやって来るが、お天気やこちらの都合やらで、そうそうは撮影できなかったりする。


可愛い隣鳥エナガ
可愛い隣人(隣鳥)。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.06


日曜の朝のサンドイッチ

日曜の朝のサンドイッチ。



メインはスモークサーモンとアボカドとクリームチーズのサンドイッチ。
中々贅沢な取り合わせだが、全て見切り品を集めたので、リーズナブル。
しかし、クリームチーズとアボカドの相性は、イマイチかもしれない。
両方とも濃厚な味わいなので、お互いが個性を消しあってしまう気がする。
不味い訳では無いけれど、ちょっともったいなかったかな。



他にハードパンのフレンチトースト、ツナのオープンサンド、卵とハムのサンドイッチを少しづつ作ってみた。



ちょび食いが楽しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.05


ゴミ出しに孫娘と一緒に行くのが朝の日課。



その際、野の花や草の実の名前を教え、後日、クイズにして問うている。
今は、花は殆ど終わってしまった時期なので、クイズは主に草の実。



ヘクソカズラの実

「クイズ、クイズ、草の実クイズ。」
「この気の毒な名前が付けられた草の実は、何と言う名前でしょう?」

「ヘクソカズラ!!」

屁糞葛は、名前が特徴的なので、孫娘、一回で覚えた。



「ヘクソカズラは、臭いんだよ。」
と名前の由来を教え、実の匂いを嗅がせてみる。
しかし、
「あれ?、臭くない。」

ヘクソカズラ、成長期の夏季は、強烈な匂いを放つものの、実が熟し枯れた後には臭みが消えるらしい。

「知らなかった~。」
漢方薬として使われる事があると聞いていたが、
「あんなに匂いが強い草を、どうやって使うのだろう?」
と言う疑問を持っていた。
成程ね~、これで氷解。



孫娘と一緒にお勉強。
孫娘には、隣人達(隣草達)には、それぞれに名前があり、名前を知る事から、それぞれが自分と同じ様に生きていて、豊かな魅力を持っている事に気が付いて欲しいと思う。

なので毎日、クイズ、クイズ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.04


新型コロナで10代の女性が死亡」
と言うニュースが流れた。



聞いた途端
「これは怪しい・・・。」
と思った。



感染者が増えれば、数は少ないだろうが若年層でも亡くなる人が出るのは充分有り得る事。
しかし、今回は、なんだかフェイクニュースの可能性が高い気がした。
あまりにも自粛要請とのタイミングが連動し過ぎていると感じたからのようだ。



しかして夕方、「間違いだった。」との報道を目にする。
厚生労働省の集計ミスだったとの事。



案の定であった。



また、その集計ミスという理由も怪しい。
というか、これはもう完全に嘘だろう。
こんな重要な情報を、確認もせず、公表する訳が無い。
官僚か政治家かが考えた、若年層への注意喚起を強める為の浅知恵。
そんなところだろう。

呆れた。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.03


今日、お昼一寸前。
虹が出ていた。



虹の根元
低いアーチの虹。
太陽が丁度良い位置だったので、キレイに弧を描く完品。
珍しく虹の根元が両方見えた。



これはもう絶対に吉兆に違いない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.12.02


東京都のGOtoトラベル。 
感染拡大を受けて除外が取沙汰されていたが、高齢者への自粛要請のみという事になったようだ。



それで済めばそれに越した事はない。
が、どうもそれだけで済むはずが無い気がする。
高齢者は被害者で、ウィルスを運んでいるのは高齢者ではないのだから。



経済と感染抑制の両立を目指す挑戦は、個人の感染防御に頼る以外に手が無いようだ。
政府の役目は、注意喚起と感染防御の方法の啓蒙という所か。



以前、映画「ジョーズ」で、
市長が観光客の減少を懸念し、サメの出没を公表しない措置を取っていたのを思い出した。
もちろん、サメが居る事を公表しないのは言語道断だが、ビーチを遊泳禁止するのではなく、サメ防御を個人に任せているのが、今のコロナ対策と言えるようだ。
当時、その市長は、人非人として描かれていた。
コロナと経済の両立を図る今現在だと、また違った評価になったりするのだろうか?
どうなんだろう?



皆がそれぞれ気を付ければ、コロナは自ずと抑え込める。
しかし、その限界が見えた事が、この第3波の流行の原因なのではないだろうか?



ワクチンの緊急承認がなされ、使用出来る日が近いらしい。
後、もう少し。

その直前で、悲惨な事にならない事を祈りたい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.12.01


我が町(小千谷市)の市街地に今度はイノシシが出た。



場所は平沢町だとか。
田舎町とはいえ一応町中。
そんなところまで来るとは・・・。



もともとイノシシは、足が短く雪が苦手。
なので、この辺りでは滅多に見られなかった。
ところが、このところの暖冬の影響で、どうや定住してしまったようだ。



県北部では、今朝、男性が熊に襲われ怪我をした。
男性の命に別状はなかったらしいが、その後、男性を襲った熊は、作業小屋に潜んでいるところを見付かって殺処分されたらしい。



人を襲った熊を野放しには出来ない。
それは、原始の時代から人が繰り返してきた、天敵に対する対応策。

が、なんとも・・・。



飢えにさいなまれ、止む無く住み慣れた故郷を捨てた若い熊。
彼とて好き好んで、安心して暮らせる住処を捨てた訳では無い。
しかも、新天地を求めたとしても、そこに食物が有るとは限らない。
行った先に食べ物が無ければ、確実に死が待っている。
また、新しい土地には、恐ろしい敵が待っているかもしれない。
おそらく彼が決死の想いで旅立ったのは、容易に想像が付く。

それが・・・。



胸が痛い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2020年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年11月です。

次のアーカイブは2021年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。