時短オニグラ

2020.10.16


朝食に作ったオニオングラタンスープ。



時短のオニオングラタンスープ

いつもは、飴色玉ねぎ位は自作するのだが、今回は、それさえ冷凍の炒め玉ねぎを使ったので、超簡単。
スープも顆粒のチキンスープにグラスドビアンを加えたもの。
おもいっきりナンチャッテ、オニオングラタンスープ。
なので、ものの10分もあれば出来上がり。



炒め玉ねぎを使ってみたのは、玉ねぎが高騰した時が、きっかけ。



これは中々便利。
自作アメタマは、玉ねぎを炒めるのに少なくとも30分以上、火の側から離れられないのだが、こちらは0分。
滅茶苦茶時短。
冷凍のまま、使う量だけ包丁で切り取れるのも良い感じ。
全く無駄が出ないのだ。
しかも安いし。



ただ、やっぱり味のコクの深さは、自作の飴色玉ねぎの方が勝る。
カレーのように他の香りや旨みが濃厚だと、割と気にならないのだが、玉ねぎが主役となるオニオンスープだと一寸物足りなさを感じる。



時短のオニグラ。
まあ、それなりに美味しかった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4226

コメントする

         

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2020年10月16日 20:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「金・銀木犀」です。

次のブログ記事は「幼稚園最後の運動会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。