野生のアケビ

2020.10.09


長男がアケビを貰ってきた。



天然のアケビの実

会社で外回りから帰ると、机の上に置かれていたのだそうだ。
なので誰からいただいたのか、分からないのだが、長男も、我が家のご他聞に漏れず食いしん坊。
それを良くご存じの方が置いておいてくれたようだ。



野生のアケビは超貴重品。
アケビの蔓は、それこそ、そこいらじゅうに生育しているけれど、何故か滅多に実を付けない。
それだけ植物の生存競争は厳しいのかな?



まだ甘い物が貴重だった子供の頃。
山の中でアケビを見付けると、超嬉しかった事を思い出す。



しかし、今食べてみると、かつての感激は湧いてこない。
なにせ甘さが仄かな上に、実より種の方が量が多く、実を食べているというよりも、種を飲み込んでいる感が強かったりするのだ。



とは言え、この仄かな甘み、自分の味覚の根本に強く影響を残していると思う。

やっぱり美味しいかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4219

コメントする

         

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2020年10月 9日 20:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「5分でマヨネーズ」です。

次のブログ記事は「添加物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。