つゆ草の雄しべ

2020.09.27


つゆ草の雄しべ。
実は、6本ある雄しべの内、本物は2本だけなのだそうだ。



し、知らなかった~。



つゆ草

上部の4本がダミー。
花粉泥棒昆虫への対抗手段なのだそうだ。



つゆ草にしてみれば、大事な花粉を食べられてばかりでは堪らない。
なので花粉を付けている様に見えるダミーの雄しべを用意し、花粉泥棒には「なんだよ!見掛け倒しかよ!」と思わせ、ちゃっかり体のどこかに本物の雄しべから花粉を付け運んでもらおうという算段らしい。



花粉を無駄にせず、敵をも利用する巧妙な作戦。
な、なんて賢いのでしょう。



身近な、道端の何処にでも咲いているつゆ草。
それに巧妙な生き残り戦略があった事に感動。

凄いな~。



とは言え、周りの雑草一本一本に、周りの生き物の全てに、人の浅知恵をはるかに超えた奥深い知恵が詰まっているのでした。
自分は、それをほんの一部しか知らない。
身の周りには、触れれば扉を開けてくれる感動と興奮が満ちている。
できれば出来るだけ沢山の扉をノックしてみたいと思う。



田舎には何もない、などと言う人が居るが、偏った見方をしている。
目から鱗を落とせば、何処にだって何かが有る。


でも、コロナで少し風向きが変わるかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4207

コメント(2)

こんにちは。
知りませんでした。
植物も賢いのですね。(^^ )

コメントする

         

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2020年9月27日 13:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グリュイエールチーズ」です。

次のブログ記事は「著名人の」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。