朝ご飯のヤナギガレイ

2020.09.13


休日の朝。
ちょっと早起きして朝ご飯作り。



ヤナギガレイのムニエル

メニューは、
メインはヤナギガレイのムニエル。
スープはトウモロコシ。
パンはパンドアン製の食パン。
カフェオレにサラダ。

ちょっと気合が入り過ぎて、なんだかランチのボリュームになってしまった。



秋になってヤナギガレイが美味しい時期になってきた。
一応高級魚の部類のヤナギガレイではあるが、割と需要が少ないようで、スーパーの夕方値引きに良くなる。

それが狙い目。



薄っぺらで小型の鰈で、食べる所が少なそう。
が、頭は小さく、腹わたに至っては極小。
これで良く生きていられると思う程、腹ワタが小さい。
しかも中骨以外の小骨も全て食べられるので、歩留まりが非常に良いお魚。
縁側の小骨なんて骨せんべいの様で、一番美味しいかもしれないのだ。
なので捨てるところが少なく、美味しいのはもちろんのこと、非常に有用なお魚だと思う。



売れ残るのが不思議。
まあ、そのお蔭で我が家は、お安くお召し上がりになっているのだけれど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4193

コメント(1)

こんにちは。
すごい、豪華メニューですね。
朝から元気もりもりですね。(^^ )

コメントする

         

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2020年9月13日 17:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「裏の空き地のコムラサキ?」です。

次のブログ記事は「今のPCR検査」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。