新潟のお醤油

2020.09.10


ラジオ出演していたご当地スーパー研究家が、地方のスーパーで驚いた事の第一は「東北地方の醤油の一升での販売。」と言っていた。

スーパーの醤油コーナーの棚の下段に、一升醤油のペットボトルがずらっと並んでいるのを見て、驚いたのだそうだ。



エッ!!
である。

家は、醤油は一升入りの醤油しか買わない。
それが普通だと思っていた。
が、どうやらそれは違うらしい。

ちょっとビックリ。



関東在住だった長男の嫁に聞いてみると、確かに関東では一升入りの醤油は、あまり見掛けなかったと言っていた。
成程、この情報の確度は高そうだ。
へ~~~、気が付かなかった。



スーパーで菊の花が食用で売られているのも驚いた言っていた。
ピニール袋にギュウギュウに詰められた菊の花が、野菜売り場に置かれているのは、軽いカルチャーショックだったらしい。

まあ、菊を食べるのはこの辺りと山形位らしいので、それはそうだろうと思う。
それにしても、何だか、この辺りのスーパーの特徴が取り上げられているような・・・。

偶然?



先日、良いお醤油に巡り合った。



新潟県村上市「小林醤油店」の天然熟成醤油

新潟県村上市「小林醤油店」の天然熟成醤油。



新潟には天然醸造のお醤油が無いと、がっかりしていたので、県内産の天然醸造のお醤油があったのが嬉しい。
熟成期間は2年。
材料の大豆や小麦も村上市産であるらしい。
拘りのお醤油。
良さそうな感じ。
まだ未食。
試してみるのが楽しみだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4190

コメントする

         

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2020年9月10日 16:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「体育と知育」です。

次のブログ記事は「裏の空き地のヤマトシジミ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。