我が家のドジョウ

2020.08.13


先日、お輿入れした我が家のドジョウ

大・中・小の3匹。



体の三分の一を失っても逞しく生きるドジョウ

その一番小さいドジョウ、良く見たら体の後半、三分の一が無かった。
天敵に襲われて失ってしまったのか、はたまた生れつきなのか、小さ過ぎて、まだハッキリ確認をしていないが、魚にとって泳ぐのに最も大事な尾びれを動かす筋肉を尾びれごと全て無くしてしまっている。



大きなハンデを持ち、良くこんな状態で生き残ってきたものだと思う。
天敵に出会ってしまったらひとたまりも無いだろう。



推進力を得るメインの機関を失っているので、非常に泳ぎ難そうだ。
他のドジョウの一割程度のスピードしか出ないのかもしれない。



しかし、それでも彼(彼女?)は泳ぐ。
全身を使って。

よちよち歩きの幼児の様な泳ぎだが、彼はその事を全く意に介していないご様子。
与えられた条件で精一杯生きている。



我が家に来たのも何かの縁だと思う。
特別扱いはしないけれど、彼の成長を見守りたい。



まあ、鼻先に餌を落とす事ぐらいは、多分するだろうけれども。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4162

コメントする

         

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2020年8月13日 20:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「古今東西」です。

次のブログ記事は「リスクと海へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。