メダカ御臨終

2020.08.08


飼っていたメダカを早くも殺してしまった。



原因は先日の高気温。
35℃の猛暑に因る水中の酸素不足と思われる。



失敗だった。
水草への二酸化炭素供給を配慮して、エアレーションを抑えたのが不味かったかも知れない。。
水草の光合成の基の照明も、その日は点け忘れていたし・・・。
その二つが重なったのが原因だろうか?
それにしても100リットルの水槽に、ドジョウ3匹、メダカ2匹、アブラハヤの稚魚1匹で酸素不足が起こるとは思わなかった。



水草

水草。



それにしてもメダカは、酸素不足や高温に比較的強いはず。
腸呼吸の出来るドジョウが生きているのは当然としても、アブラハヤの稚魚も元気。
なんでメダカだけがお亡くなりになったのだろう?

なんだか変だぞ。



昨今のメダカブームで、メダカの品種改良に因ってメダカが弱くなっているのかもしれない。
そう言えば、捕ってきたメダカも純粋な黒メダカでは無かったような・・・。
どうなんだろう?



メダカには申し訳なかったが、孫娘には、命の儚さを知る良い契機になった事は間違いない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4157

コメントする

         

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2020年8月 8日 13:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2人の六歳児」です。

次のブログ記事は「二度目のキャンプ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。