梅雨末期の大雨

2020.07.28


来た、梅雨末期の大雨。



去年は空梅雨で梅雨末期の大雨は無かったけれど、今年はいつもの様にやって来た。
これが無ければ梅雨が明けないとしたものだが、最近の雨は、降る量が半端無いのが大困り。



今日も未明は秋田。
日中は山形、新潟県北部に大雨を降らせ、徐々に前線が南下してきている。



お昼過ぎ、ふっと外を見たら、会社前を流れる魚野川と信濃川が見たことが無い状態になっていた。



濃厚な川霧

川霧で川面が見えない。
そんなに気温は高くないのにムシムシする高湿度の成せる技だと思う。
空気が皮膚に粘り着く感じがした。



雨雲レーダーで見たところ、今は、自宅から20km程北部の長岡市栃尾地区に激しい雨が降っている。
が、自宅周辺は小雨。
雨雲の範囲は狭い。
どうやら大雨のピークは過ぎたような気がする。



そう言えば、川霧を撮影してから小一時間ほどした頃、急に涼しくなり、湿度が下がった。
それは梅雨前線の北側に入った証拠。
今は、またムシムシしているので、前線が自宅周辺辺りを上下しているようだ。



なんにしても、この雨が上がれば待ちに待った梅雨が明ける・・・、はずだ。
冷夏でなければ、だが。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4146

コメントする

         

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2020年7月28日 21:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二六公園でキノコ撮影」です。

次のブログ記事は「夕飯の幸せ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。