マスカット・ベリーA

2020.07.21


試作中の新製品と相性の良いワインを模索中。
試作品のブラッシュアップの一環。



ワインと料理の相性は難しい。
ワインと料理、合うとハーモニーを奏でるが、合わないとゲロ不味になる。
和食、特にお醤油を使った料理との相性は、かなり難しい印象がある。



更に自分は下戸。
ワインの知識も無い。
これは辛い仕事になりそう・・・。



かというと、それはそうでもない。
下戸だけれどお酒の味は好きなのだ。
ただ、どんどん試してみる訳にはいかない。
数量制限付きの試食と試飲。
アルコールで目が回って倒れないようにするのが課題だ。



暗中模索中、マスカット・ベリーAのワインが和食に合うという情報をゲット。



マスカット・ベリーAと言えば新潟県人が創出した日本を代表するワインブドウの品種。
早速、ベリーAの故郷、岩野原ワイナリーのワインを購入して試してみた。


マスカット・ベリーAのワインと昆布巻き

あ・・・、いきなり見付けたかも・・・。



華やかなワインの香りが、試作の昆布巻きの香りに花を添え、更に膨らんだ豊かな味わいになる気がする。
ボディが、やや弱いと言われる日本のワインと芳醇な旨みを持つ昆布との相性は、補いあって昇華していると思う。

これは良いかも。



とは言え、自分は、ここ数年、鼻の調子がイマイチ。
味覚は大丈夫なのだが、臭覚は悪い時の方が多い。
家族も良い評価ではあるけれど、知り合いのソムリエにも相談してみましょう。



無限とも言えるワインと料理の相性。
途方に暮れそうだったが、いきなり見付けられた幸運。
なんて運がよいのでしょう。
嬉しい。



ん、待てよ。

しかし、こんなに直ぐに見つかってしまっては、仕事にかこつけてワインを色々試飲する機会を無くしてしまうって事になる。

そ、それは、ちょっと・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4139

コメントする

         

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2020年7月21日 22:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フィクション」です。

次のブログ記事は「富裕層の本気度」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。