2020.06.18


シロツメクサの蜜を吸うオスのクマバチ

シロツメクサの蜜を吸う熊蜂。



大きな体で大きなブーンという羽音を立てて飛ぶので怖い蜂と思われがちである熊蜂。
実は大変大人しい蜂で、余程の事が無いと人を刺したりしない。
捕まえて手でギュッと握ったりしなければ、まず大丈夫なのだ。
因みに画像の熊蜂は雄。
蜂はメスしか針を持たないので、彼を捕まえて手で握ったとしても刺す事は無い。
大顎で噛んではくるだろうけれど。



孫息子が遊んだ丘陵公園のシロツメクサの広場
沢山の熊蜂がブンブン飛んでいた。
お弁当も食べたその広場。
誰も居なかったのは、もしかして熊蜂の所為?



昆虫が苦手だった孫娘。
「虫は友達。」
という教えが理解出来てきたようで、徐々に怖がらなくなって来た。
クマバチも大人しい蜂だと知っているので、全く恐れなくなっている。
小さい子供が、偏見の殻を自ら脱ぎ捨てるのを見るのは、良いモノだ。



後から来た他の家族の孫娘と同じ年頃の女の子が、クマバチの飛び交う花園に尻込みするのを見て
「あの子、知らないんだね。」
と私に耳打ちする孫娘。



そう、全ての偏見は無知から始まる。



もちろん人種差別も。
偏見の暗愚を知るべし。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4106

コメントする

         

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2020年6月18日 22:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「切番」です。

次のブログ記事は「急きょキャンプ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。