出産数過去最低

2020.06.05


出産数が過去最低だったとニュースが告げていた。



一人っ子政策などで、人口増加を抑えようとしていた国があった。
世界では人口爆発が懸念されている。
なのに、そんな政策を取らずとも自然に人口減少が起こっているのに、それを問題とする料簡が分からない。
どう考えたって、今の人間の数は多過ぎる。
そう思わないのだろうか?



出産数が増えない最大の原因も、相変わらず経済的要因だとされているようだ。
要するに子育てにお金が掛かるからだと。



変わらぬお寝ぼけご意見。



比較的経済的に苦しい沖縄県の出生率が一位で、経済的に潤っているとされる東京都が最下位なのを、どう思っているのだろう?
ひと昔前、今と比べて経済的には貧しかったとされているが、兄弟が5人も10人も居た子沢山だった。
現在においても、富裕層だからと言って子沢山では無い。
そういう事をいったいどう考えているのだろう?



少子化の原因は、多岐に渡る。
経済的要因もその一つではあるとは思うが、枝葉に過ぎない。
そんな枝葉の対策を講じたとしても効果は薄い。



少子化の原因を一言で言うなら
「日本人が幸せで無いから」
日本人が幸せで無いから少子化が問題だ、と言うのなら話は分かる。



ちょっと前に国会議員が
「子供を産まない夫婦は生産性がない」
などと人間を家畜並みに扱った発言をして、大ヒンシュクを買った事があったが、これなどが、その象徴的な考え方、出来事なのだと思う。



子供頃の外遊び不足。
知識詰め込みの間違っている学校教育。
受験戦争。
SEXのタブー視と、その対極の軽視。
男性の女性化、女性の男性化。
核家族。
間違った個人主義。
一極集中。
格差、拝金思想など、
あげ出したら原因は枚挙に暇が無い。
それらが絡まり合って、人は子供を育まなくなっているのだ。



それにしても、そういった事が全く語られないのはどうした事だろう?
自分の考え方が変なのだろうか?と訝しく思ってしまう。
他にそう考える人は居ないのだろうか?
自分は思考の迷路にはまっていて、回りが見えなくなっているのだろうか?

スミレ

あんまり違うので一寸心配になる。
間違ってはいないと思うのだが・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4093

コメントする

         

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2020年6月 5日 13:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「働くって」です。

次のブログ記事は「気候の味付け」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。