春の妖精に逢いに雪国植物園

2020.03.21


晴れたので、自宅で軟禁状態の孫娘の気分転換を兼ね、春の妖精に逢いに雪国植物園へ。



花盛りで宝石箱状態の雪割草

宝石箱状態に咲く雪割草。
雪割草、花盛り。



雪割草A

雪割草B

雪割草C

バリエーション豊かな雪割草。
皆同じ雪割草とは思えないのが雪割草。



立木に取り付いたコケに根を下ろした雪割草

立木に取り付いたコケに根を下ろした雪割草。
なんとまあ、過酷な場所で咲いているんでしょう。
なんだか妙に魅かれるのは何故。



咲き始めのカタクリ

カタクリは咲き始め。



オウレンとカタクリ

オウレンの向こうで、うつむくカタクリ。
愛い奴。



キクザキイチゲ

キクザキイチゲ。



水芭蕉

水芭蕉も咲き始め。



ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ。



御彼岸なのに咲いていたシラネアオイ

な、なんとシラネアオイが咲いていました。
確か花期は5月頃だったような。
それがお彼岸に咲くなんて・・・。



晴れていたのですが、やや薄日。
肌寒く、あまりの強風に病み上がりの孫娘には良くないと判断。
半時ほどで退散となりました。
ちと残念。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/4017

コメントする

         

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2020年3月21日 20:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「荒れ模様・春分・小さい者達」です。

次のブログ記事は「初音」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。