2020年2月アーカイブ

2020.02.29


いよいよ新潟でも新型コロナウィルスの感染者が確認された。



既に感染者は県内に居るだろうと思っていた。
ただ単に重篤な人が居ないだけなのだろうと思っていたので、来るものが来た感じだ。



しかし、話しを確認すると、感染者は関東からの訪問者だと分かった。
どうやら県内感染ではないらしい。
ひとまず良かったと言っていいのかも・・・。
気休め感が強いけれど。



観戦者はどこで感染したのか?
おそらくそこでは、かなり感染が広がっている事は想像に難くない。



不安感も相当広がっているようだ。
昨日のティッシュ・トイレットペーパー騒ぎもその表れ。



空っぽの棚

今日のスーパーのティッシュ・トイレットペーパー売り場。
棚が空っぽだった。



冷静な対処をしながら、感染の広がりが少ない事を願うしかない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.28


夕方、帰宅時、何だか町がざわつく気配を感じた。



スーパーに寄って原因が分った。



大勢の人が買い物カゴにティッシュとトイレットペーパーを入れている。
どうやら新型コロナの影響で買い溜めにはしっているらしい。



あら~、またか・・・。
石油ショックの時のバカ騒ぎの轍を、また踏んでいる。
不安感のなせる業だと思うが、呆れた。



ちょっと考えればティッシュやトイレットペーパーが無くなる訳が無いと分かるだろうに。
大体、ティッシュが無くったって、生活が出来なくなるはずが無い。

どうしてそう考えられないのだろう?



ニュースで冷静な買い物を呼び掛けていた。
デマに踊らされる人々。
未だに戦争が無くならない訳だ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.27


雪がちょこっと降った。



今朝の雪景色

暖冬とはいえ、やっぱり雪が降る日は寒い。



風邪気味に、この寒さは堪える。



新型コロナ対策で、政府が3月からの約一ヶ月間の間、小中高校を休校にする方針を打ち出した。



やっと国の重い腰が持ち上がったようだ。
オリンピックの開催が危ぶまれ始めたのが効いたのかもしれない。



なんとか蔓延を免れたいものだが。



思い切った対策だとは思うが、子供の重症化のリスクは低いとか。
どうも的が少しズレている感は否めない気がする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.26


孫娘が発熱。



突然、39℃の高熱。



インフルエンザ?
はたまた新型コロナ?



時期が時期だけに心配したが、翌日には解熱。
どうやら大した事なく回復したようだ。



しかし、まさかとは思うが、これがCOVID―19でないという確証は何もない。

だからといって疑心暗鬼に捕らわれることも良くない。
中々の困りもの。



あれ!?
自分も喉がイガイガするぞ。
孫娘から貰ったかな?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.25


白いんげんのスープを作った。



水煮缶詰で作った白いんげんのスープ

豆を煮るところから始めると、中々手間のかかるスープだが、水煮の缶詰を使うと超お手軽に出来る。



なのだが、意外と最寄りのスーパーでは、水煮の缶詰は、あまり売られていない。
甘い煮豆はどこでもあるのに。



態々お取り寄せする程でもないので、なんとなくメニューに登場する回数が少なかった。
ですが、実際、便利だし、美味しいし、缶詰を常備する事にしましょ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.24


孫娘がスイーツを作ってくれた。



孫娘の初手作りスイーツのフルーチェ

ハウスのフルーチェにイチゴのトッピング。
フルーチェを作るだけでは満足せず、イチゴを飾るところが孫娘らしい。



フルーチェではあるけれど、ほぼ略、初めて孫娘一人で作ったスイーツ。
爺には美味しさ以上の美味しさ。



成程、フルーチェの良さは、この成功体験か。
流石ロングヒット商品。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.23


「物やサービスの価格の動きを示す消費者物価指数。」とNHKラジオのニュースで告げているのを良く耳にする。



消費者物価指数に付く「物やサービスの価格の動きを示す」という枕詞。
間違っていると思う。



そもそもモノに価格など付くはずが無い。
それを作ったり、運んだり、お店に並べて販売したりするサービスに価格が付いているのは当たり前の事だ。
だから消費者物価指数の枕詞は、
正しくは
「全てのサービスの価格の動きを示す消費者物価指数。」
でなければならないと思う。



重箱の隅を突くような事ではあるが、言い習わしていると、いつの間にかそれが標準になってしまう事はしばしば起こる事。
モノに価格が付くなど、小学生の発想だと、以前にも書いたが、今、このバカバカしい誤解が蔓延しているのも事実であるので、ここは正確を期した方が良いのではないかと思う。



この誤解の蔓延、大きな影響が有ると思うのだけれど。

荒天の空



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.22


遂に自宅周りにフキノトウが出ていた。



2月に出て来たフキノトウ

異常な暖冬で、あちらこちらでフキノトウが出ているという話は聞いていた。
が、実際に目にしてみると、その異常さが際立つ気がする。



植物の歳時記は、一週間早くても事件。
それが一ヶ月以上早い。
例年なら春の喜びと共にあるフキノトウだが、今年は、なんだか不気味さも伴っている気がする。



天ぷらにした美味しさは例年通りだけれども。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.21


NHKラジオで、 能町みね子 著「結婚の奴」を紹介している番組コーナーを聞いた。



一部朗読したのを聞いたところによると、LGBTの著者の、それによる生き辛さ、「自分は普通なのだ」と、もがき足掻いている心情が綴られていた。



聡明な能町さんでも・・・。
ちょっとショックだった。

障害を持っているとレッテルを張られた人が、いかに多大な抵抗感を持って過ごしているのかという事を改めて思い知らされた。



「障害は個性である」
背が高いのか低いのか、太っているのか痩せているのか、メガネを掛けているのかいないのかと、なんら変わりはない。
虫歯があったって、自分を障害者だと思う人はいないだろう。
背が低ければ高い所に手が届かないし、背が高ければ鴨居に頭をぶつける。
それと何の変わりも無いはずだ。



そんな事は当たり前だろう、と思っていたが甘かった。
障害だとレッテルを張られた途端、とんでもない生き辛さを背負い込まされ、背負い込んでいる。
謂れ無き負い目を負わされた人の大変さを、自分は少し軽視していたようだ。
謂れ無き負い目を背負わされると、それが自らを縛ってしまう事に気が付くべきだった。



自分もコンプレックスがある。
と言うかコンプレックスのかたまりであるのだけれど、確かにそこを寄ってたかって責められたら、かなりキツい。
分かっていた心算だった。
自分が偏見や差別の意識を持っていなければ良いのだと、高を括っていたのかもしれない。



人間の差別や偏見の大本は、猿の頃の記憶に因る。
それは猿の群れの健康状態を保つ為の仕組。
伝染病にかかった仲間の猿を、群れから排除する為の仕組みだったのだろうと思う。
それを人間は、未だに引きずっている。
形を変え、その習慣だけが残っている。
それが差別と偏見の元。
もういい加減、そんな何十万年もの大昔の習慣は止めにしたら良いだろうに。



そもそも障害という言葉が良くない、と議論になり始めてはいるらしい。
確かに障害と言う言葉は、マイナスなイメージを持っている。
何か良い言葉はないだろうか・・・。

が、人々の認識が変わらねば、結局、何も変わらないのも確かだったりする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.20


孫娘、5歳の誕生日

孫娘、5歳の誕生日。
最近、カメラを向けると、態と変顔をする。
どうやらテレているらしい。
順調に心が育っているようだ。



「何、食べたい?」
と聞かれた孫娘は、
「ラーメンが食べたい!!」
孫娘、麺類が大好き。
中でもラーメンには目が無いようだ。



「もう5年も経ったのか・・・。」
あっという間に思える。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.19


最近、時々、朝食にパスタ。



b朝食パスタ、メニューはボロネーズ

メニューは再びボロネーゼ



前日に作っておけるボロネーゼは朝食向き。
少々朝から肉々しくて、コレステロールが気になるが、美味しい魅力には抗えない。



ガッツリ朝食。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.018


長年連れ添った夫婦は、顔が似てくると言われている。



それは、同じ環境下で長年暮らしていると顔が似てくるからだ、と説明されてきた。



が、どうやらそれは間違いであるらしい。



もっともらしい理由ではあるけれど、まあ考えてみれば、環境が一緒だからと言って顔が似てくる根拠となるモノは何もない。



仲の良い夫婦の顔が似ているのは、
実は、
「最初から自分の顔に似た人を配偶者に選んでいるから」
というのが真相であるらしい。



生き物に雄と雌が有るのは、自分と異なった個性を取り込む事が目的。
より良い子供を残す為だ。
結婚相手は、自分と違っているから良いとしたものだ。
ところが、どうやら生き物には、違った個性を取り込む強い欲求と同じ割合で、自分とそっくりなコピーを残したいという矛盾した欲求があるらしい。
だから自分の顔に似た配偶者を選ぶ。
それが仲の良い夫婦の顔が似ている理由であるようだ。



子供の顔が自分に似ていると嬉しい、
というのは、そんな欲求の表れなのだろう。



違った個性を取り込みつつ、自分とそっくりな子供を残したいという、矛盾した生き物の欲求。
それが似たもの夫婦の理由であるようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.017


手作りの沢庵をいただいた。



手作り沢庵

しっかり天日で干して漬け込んだ沢庵。



ちゃんと作られた沢庵を食べたのは久しぶり。
調味料まみれで何を食べているのか分からない市販の沢庵とは大違い。
大根の風味が堪らない。
仄かな酸味も良い感じ。
やっぱり発酵食品はこうでなければ。



美味い!!



お茶受けにすると止まらないのが困りもの。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.016


新型肺炎ウィルス、どうやら抑え込みが出来なかったようだ。



「市中に蔓延しているというエビデンスは持ち合わせていない。」と厚生大臣は言っていたが、感染経路の不明な感染者が出たことから考えて、おそらく既にかなりの広がりがあると予想するのに難くない。



感染力はインフルエンザ並みかそれ以上。
不顕性感染が脅威。
致死率は2%位でインフルエンザの20倍。
というのが今のところの「COVID―19」の特徴のようだ。



国内感染は始まっているのだろう。
感染早期。
被害を最小限に止めるのがこれからの対策になるようだ。



インフルエンザは暖かくなると流行が治まるが、この新型肺炎はどうなんだろう?
季節性があるのかな?
抑え込みの難しいウィルスのようなので、この辺りが流行終息のポイントになりそうだ。

期間限定であって欲しいが・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.015


今年のバレンタインチョコ。



手作りバレンタインチョコ

孫娘と娘の手作りチョコ。
口溶け滑らかで中々良い出来。



お花を模ったチョコ

それと、
同級生の小林ご夫妻からいただいたチョコ。
お花を模った可愛らしいチョコに孫娘は大喜び。
孫娘、ほぼ完食。



孫娘曰く、
チョコパーティー!



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.014


先日の立春寒波で降った雪。
今日でほとんど消えてなくなった。



土が出る寸前の今朝の雪の状態

今朝の雪の状態。
昨日も異常に暖かだったので土が出る寸前まで溶けている。
あまりの暖かさで霧が濃い。
夜間に雪が融けるなんぞ、3月下旬の頃の事だ。



30cm積もった雪が10日と持たず融けるとは・・・。
ここは本当に雪国魚沼なのだろうか?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.013


フライのお供と言えばタルタルソース。



ラッキョウ入りタルタルソース

我が家のタルタルソースは最近ラッキョウ入り。



以前は玉ねぎとピクルスを入れて作っていたのだが、ラッキョウだと、その二つの味わいをラッキョウ一つで賄える事に気が付いた。



こりゃ良い事に気が付いたとルンルン。



ところがネットで調べてみたら、そんな事とうの昔に分かっていた事で、結構一般的であるらしいことが分かった。



な~んだ新発見では無いのか・・・、とちょっとがっかり。
そりゃそうか、割と考え付き易い応用ではある。
むしろ今まで思い付かなかった事の方がハズいかもしれない。



まあ、調べて真似したのではなく、自分で思い付いたのだから、そこは良しかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.012


40年ぶりにレストランナカタに行って来た。



レストランナカタは、長岡市街に在る老舗の洋食屋さん。
二十歳頃、頻繁にお昼ご飯を食べに行ったお店だ。
なにせ当時、ランチだとカレーを300円位で食べられた。
それで味噌汁とサラダが付いたと思う。
安くてボリュームの有る有り難いお店だった。



レストランナカタの洋風カツ丼

長岡B級グルメの洋風カツ丼を注文。
洋カツ丼の正統派?であるケチャップベースのソースの洋カツ。
正統派を食べたのも実に久しぶり。



お店の場所は昔と一緒。
間取りも恐らく変わっていないと思う。
懐かしい・・・、が、なんだか不思議な感じがする。
メニューの構成がカレーメインに変わっていたのが、40年の時の流れを感じさせる。
そう言えばあの頃、2000円位でオードブルから始まるフルコースのセットメニューが有った事を思い出した。



レストランナカタのメニュー

おお!メニューにフロートが有るではないですか!!



良くまあ当時の面影を残したまま、お店が残ってくれたと思う。
無沙汰を詫びつつ、美味しく洋カツでランチ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.011


全ての生き物共通のルールが一つだけある。



それは、「生き残った者が正しい。」というルール。



生き物の世界では、
どんなに卑怯でも、どんなに嘘をつこうとも、どれだけ沢山の命を奪ったとしても、生き残りさえすれば、それが正解で、それが正義。
全ての生き物は、この唯一のルールに沿って生きている。
生き物の世界では、殺した者が正義で殺された方が悪なのだ。



学校では「弱肉強食」などと習ったりしたものだが、「生き残った者が正義。」と言い換えた方が分かり易いと思う。



もちろん人間も生き物なので、このルールが適用される。
人間は、他の生き物に対し、ごく普通に、意識さえする事無く、このルールに乗っ取って行動している。
まあ、その事に疑問を持つ人も多数居る事はいるけれど。



しかし、当然な事ながら、こと人間対人間においては、この生物界唯一のルールは適用されない。
人間の世界では、それとは全く真逆なルールが布かれ、卑怯な行為は蔑まれ、人を殺す事はご法度になっている。



それは何故なのか?



それを考えるのが、「弱肉強食」という言葉を学ぶ理由で、教育というものなのだと思う。
が、現状は全くそうはなっていないようだ。
試験で「弱肉強食」と回答して得点を得たとしても、その先の意味する事を考えねば、何の意味も無い。

先ごろ導入されたアクティブラーニングで変わると良いのだが・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.010


朝食に食べたハンバーガー

朝食に食べたハンバーガー。



大手パンメーカーのバンズと冷凍のハンバーグ。
プロセスチーズを乗っけて、ケチャップで味付けとなると、味は大した事はなかろうと思っていた。



ところが



あれ?!
意外と美味しい。



ジャンクフードの代表のようなハンバーガーが美味しいとなると、これは中々、由々しき問題。
食べ物を生業とする者にとっては、考えようによっては、これと戦わなければならない。

なんなら、ハンバーガーがライバル、という事になったりする。



う~ん、こりゃ中々手強いかも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.09


昨日から降り出した雪は、積雪を30cm弱追加。



雪遊びする孫娘

雪遊び中の孫娘。



この週末は雪模様。
大雪注意報も出ているが、大雪にはならないようだ。



来週後半に高い気温が予想されている。
どうやらこの冬の雪は、今回が最後の様な気がする。

冬が終わる。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.08


メダカは繁殖力が高く、毎日、卵を産むらしい。



なのでメダカのオスは、お腹の大きなメスに付きっ切り。
体力的に優れたオスが、(有態に言えば、喧嘩の強いオスが)メスの近くに陣取り、産卵の機会を逃さない様に待機している。

これは、多くの生き物に見られる行動で、他のライバル雄からメスを守る、メイトガードと言われる行動である。



また、これをメス側からみると、自分の近くに居て、いつも視界に入っているオスは、優秀なオスであり、繁殖相手に適しているという事にになるようだ。
実際、これは実験で確かめられた事であり、いつも視界の中に居る良く見るオスとメダカのメスは繁殖行動を取りやすいのだそうだ。



おそらくこれはメダカに限らずメイトガードをする生き物に共通の特徴なのだと想像するのに難くない。



もちろん人間も。



このメダカ効果。
人間の恋愛術にも応用可能かも。



大体において、突然の告白は、9分9厘玉砕に終わる。
しかし、そこでフラれたと諦めず、ここは相手に好意を持っている事を伝えられた事に満足し、その後、付かず離れず適度の距離を保ち、なんとなく気が付くと意中の女性の視界の中に居るように出来ると、彼女は、いつかその告白男子を
「あれ?私、彼を好きになったのかも」
と勘違してくれるかもしれないのだ。



思い起こせば、そんな感じで始まった恋愛話しは沢山あるようだ。



もちろん人間はメダカ程単純では無いので、そう簡単にはいかないとは思う。
また、付きまとっていると思われると、ストーカーと思われて反って嫌われる結果となる。
その辺が難しいところではあるけれど。

が、試してみる価値はありそうだと思いませんか、男子諸氏。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.07


パンドアンのチョコケーキを娘が買ってきた。



パン・ド・アンのチョコケーキ

甘さが、自分好み。
美味しい。



パン・ド・アンは、白神こだま酵母と国産小麦に拘ったパン屋さん。
以前ご紹介した「トコノマ」同様、女性が一人で運営されているらしい。
営業は木・金・土の三日間。
最近、こういった料理好きの延長線上から始められたお店が増えている。
そして味わいが率直で、大概、美味しいとしたものだ。



パン屋さんなのに、ケーキが売られている自由さもこういったお店ならでは。
一個80円という価格も。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.06


立春寒波の昨晩からの積雪は30cm程。



手すりに積もった雪

手すりに積もった雪。
まあ、これ位なら全然OK。
どうやらこれ以上、大幅に増える事はなさそうだ。



雪質は魚沼には珍しくサラサラの粉雪。



それもそのはず、今日は最高気温がマイナス2℃の真冬日だった。
中々寒い。



意外とマイナス気温の少ない魚沼。
降雪は大した事なかったが、この寒さは、要注意。
一昨年の凍結による漏水も丁度こんな冷え込みの時だった。
ぼろ屋のうおぬま屋、すき間風が・・・。
大丈夫かな~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.05


寒波が来た。
立春から一日ずれたが、まあ、立春寒波。



3時頃から降り出した雪は、小一時間で辺りを白く

3時頃から降り出した雪は、小一時間で辺りを白く。
この調子で降り続くと結構積もるかも。



この冬、初めての本格的な雪になりそうだ。



21時に上越に大雪警報が出た。
あら~・・・。
どうやら週末にかけて雪が続くらしい。



流石に雪の全く無い冬というのは気持ちが悪い。
反動が心配なのだ。
それは解消かな。
とは言え、大雪は困る。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.04


黒豆をいただいた。



手作り黒豆

手作り黒豆、美味い!!



たまたま鮭の南蛮漬けも作ってあったので、なんだかどうもお正月の感じがする。
食べ物からの連想、中々強力。



でも、立春に合っているかも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.03


今日は寒の最終日=冬の終わりの日。



ちょっと荒れ模様。
でも、例年と比ぶれば、全然大人しい荒れ模様。
いつもだと待ちに待ったといった感じの節分なのだが、今年に限っては然程でもない。
なにせ雪が無い。



節分と言えば、気になっていたのが恵方巻の売れ残り。
恵方巻が、食品廃棄問題の象徴的な食品になっているので、どんな感じなのか、様子見に閉店間近のスーパーへ行ってみた。



アボカドとサーモンの恵方巻

見切りのアボカドとサーモンの恵方巻を購入。
食品ロス対策にちょこっとご協力。



2軒回ってみたが、ほぼ略完売状態だった。
象徴的な食品だけに、流石に対策が施されたようだ。
毎年、恵方巻には嫌な感じを持っていたので、ちょっとだけだが気持ちが良い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.02.02


小千谷市教育美術展に孫娘の絵が出品されているので観に行って来ました。



孫娘の作品

中々良い出来でした。



園児から高校生までの作品がズラリ。
作品から作者の人となりを想像するのが楽しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.02.01


ほぼ2週間ぶりに雪が降った。



2週間ぶりの雪

と言ってもうっすら積もった程度。
この程度は降った内に入らない。



しかし、来週から平年並みの冬が戻って来るかもしれない予報。
余寒はちょっと良くないかも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2020年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年1月です。

次のアーカイブは2020年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。