2019.12.03


孫娘が摘んだ草の芽

外ランチした公園で、孫娘が摘んだ草の芽。



根ごと抜かれたので彼(彼女?)の生は、ここで終わる。
おそらく数百、数千の兄弟達の中で、発芽し、ここまで成長できたのは彼だけかもしれないのに。



広い広い公園で孫娘が彼を摘む確率ときたら、天文学的に低い。
孫娘が何故彼を摘んだのかだって、何の理由も無い、と思う。
ただその時、ふと気が向いただけ。
だいたいそもそも、あの日、晴れて暖かでなければ、孫娘は、この公園に来ることはなかっただろう。



偶然に偶然が重なる命のかかわり。
そう考えると、孫娘の草摘みは、本当は凄い事なのかもしれない、
と思ったりする。



まあ、それが当たり前なのではあるのだけれど、そんな事を思うのは鮭の産卵を見た所為だろうか。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/3907

コメントする

         

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2019年12月 3日 19:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「びわじまベーカリー」です。

次のブログ記事は「お座り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。