南京錠続きの続き

2019.07.25


なんとも不思議、人間の恋愛感



だいたい多くの男女が、永遠の愛とは矛盾する恋愛感を持っているのにもかかわらず、それを是としているのも不思議。



永遠の愛を尊ぶのであれば、
「自分は違っている・・・。」
と恥じなければならないと思うのだが、そう思う人は居ない。



そこで登場するのが「運命の人」のようだ。
赤い糸伝説の例のヤツ。



多くの恋人達が、別れたりくっ付いたり離合集散を繰り返す時に思う
「別れた元恋人は運命の人では無かったから、仕方がないのだ。」
と。



そう、「運命の人」とか「赤い糸伝説」の本当の意味は、恋人を換える時の言い訳。
永遠の愛とは無縁な人間である自分に対する免罪符として使っている。
(運命の人など居る訳が無いのだから)



でも、そう言う話が話されているのを聞いた事が無い。
本当に不思議な事だ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/3776

コメントする

         

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2019年7月25日 11:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「南京錠続き」です。

次のブログ記事は「ジャコウアゲハやっと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。