2019年7月アーカイブ

2019.07.31


すだれにアブラゼミが今年も止まった。



すだれに止まるアブラゼミ

毎年、毎年、簾にアブラゼミが止まる。
止まるのはアブラゼミだけ。
他の蝉は全く止まらない。



その謎は今年も解けない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.30


キュウリを沢山貰ったので棒棒鶏を作った。



棒棒鶏

棒棒鶏、キュウリは脇役ながらとても重要。
いやキュウリの方が主役なのかもしれない。



棒棒鶏、やっぱり夏が美味しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.29


久しぶりに姥清水に行って来た。



小千谷の名水姥清水

小千谷の名水姥清水。
相変わらずこんこんと水は湧いていたが、空梅雨気味だった所為か例年より少し水の勢いが弱い様な気がした。



美味しさは変わりなし。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.28


極楽寺の手習い日和に行って来た。



極楽寺、ちょっと変わったお寺で、年に何回かお寺を開放してイベントが催される。



手習い日和のワークショップ

手習い日和もそんなイベントのひとつで、ワークショップが中心の楽しいイベント。



手習い日和で食べたカレー

移動販売の食べ物屋さんも出店していたので、ついでにお昼ご飯を食べた。
美味しかった~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.27


今日は川口まつり。



川口祭りの花火

打ち上げ数は3000発と小規模ながら、会社の目の前が打ち上げ場所なので迫力満点。
頭上に花火の星が落ちって来るのは、ここでしか体験出来ない。



雨が心配されたが、開催出来て良かった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.26


ジャコウアゲハにやっと会えた。



ジャコウアゲハ

今期の初ジャコウ。



ちょっと前、あれほど乱舞していたジャコウアゲハだったのだが、ここ数年、めっきり数が減って来た。



ある日突然居なくなるという不思議な生態を持つらしいジャコウアゲハ。
そろそろこの辺りから姿を消すのかもしれない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.25


なんとも不思議、人間の恋愛感



だいたい多くの男女が、永遠の愛とは矛盾する恋愛感を持っているのにもかかわらず、それを是としているのも不思議。



永遠の愛を尊ぶのであれば、
「自分は違っている・・・。」
と恥じなければならないと思うのだが、そう思う人は居ない。



そこで登場するのが「運命の人」のようだ。
赤い糸伝説の例のヤツ。



多くの恋人達が、別れたりくっ付いたり離合集散を繰り返す時に思う
「別れた元恋人は運命の人では無かったから、仕方がないのだ。」
と。



そう、「運命の人」とか「赤い糸伝説」の本当の意味は、恋人を換える時の言い訳。
永遠の愛とは無縁な人間である自分に対する免罪符として使っている。
(運命の人など居る訳が無いのだから)



でも、そう言う話が話されているのを聞いた事が無い。
本当に不思議な事だ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2019.07.24


なんとも不思議、人間の恋愛感



どんな恋愛も3年も経てば終わる。
どうやら人間の体は、そういう風に出来ているらしい。



なのに永遠の愛を尊ぶのは、どういう事だろう?



だいたい多くの男女が、永遠の愛とは矛盾する恋愛感を持っている。
より良い繁殖相手を探す事は、生き物としては当然の事ではあるが、全く矛盾するそれとこれとを全く齟齬無く内包している。



皆、そこのところ、どう思っているのだろう?



社会生活を行う上で必要だから、
とか、
宗教上そうされているから、
とか、
いくつか理由は予想できるが、はたしてそれだけでは無い気がしている。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.23


カップルが愛を誓って南京錠を取り付ける場所が各地に在るようだが、あまりにも多くの南京錠が付けられ、安全上支障があるとして撤去される場所が在るというニュースを見た。



新潟にもそういった所が恋人岬などと称して海沿いに数か所在るようだが、ご他聞に漏れず、おびただし数の南京錠が取り付けられているのを観た事がある。



いったいこれを取り付けたカップルのどの位が今も続いているのだろう、といつも思う。

まあ、調べるまでも無く、九分九厘続いてはいない事は明らか。
そんな事、みんなが知っている事なのだが・・・。



「愛を誓って南京錠を取り付ける」などと言う事は、本当はとんだ茶番劇。
しかし、それを面と向かって茶番と言う人は居ない。



なんとも不思議、人間の恋愛感。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.22


うおぬま夏の雪まつりの会場を早めに切り上げ、銀山平へ寄り道。



銀山平で川遊び

自然の川で川遊び。
やはり自然の川での水遊びの方が、断然楽しいようだ。



見付けたヤマメの稚魚

見付けたヤマメの稚魚。
銀山平の川、普通にヤマメが泳いでいる。
良い川です。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.21


うおぬま夏の雪まつりに参加。



ニジマスのつかみどり

目的はニジマスのつかみ獲り。
去年、全く魚を触れなかった孫娘。
今年は少し触れるようになっていました。



ニジマスの炭火焼

捕まえたニジマスは、その場で塩焼き。
美味しかった。



かき氷を食べる孫娘

孫娘のもう一つのお楽しみ、屋台のかき氷を食べてご満悦。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.20


具沢山のエッグサンド

朝食に作ったエッグサンド。



最近、これでもかって位に具沢山のエッグサンドを見て真似してみた。



見た当初、
「そんなに法外に具を挟んだって、美味しい訳が無い。バンと具のバランスが大事でしょう。」、と否定的に思っていました。
が、やってみたら、予想外、思った以上に美味しかった。



もともと食パンと言うのは、個性が強いところがあるようで、ちょっとぐらい多めに具を挟んだところで、負けてしまう様な事は無いようです。
なるほどね~、何事もやってみなければ分からない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.19


夏なのに、最近めっきり生き物を撮影する機会が少ない。



シジミチョウ

ルリシジミかな?
ちょっと違う様な気もするけれど。



余裕が無いようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.18


「過去の恋人との思い出の品物」について、巷の人にインタビューするテレビ番組を観た。



男性は、そういったモノを思い出としてとって置く傾向が女性より強いらしい。
女性は、そういったモノをとって置いたとしても、思い出としてでは無い傾向が強いのだそうだ。
その辺、男女の違いがあって面白い所だと思うが、どちらにしても、そういったモノの存在を知った時、嫌な感じを受けるのは男女とも共通であるようだ。



その番組でインタビューしていた女性タレント。
「旦那さんが、そういった品物をいまだに持っていたら?」
と逆に聞かれると、
「即行、捨てる。」
と答えていた。

気の強そうなその女性タレントらしい答えで、皆、微苦笑の場面ではあるが、でも、それって良く考えると一寸変な事を言っている。

そう思いませんか?
おそらく微笑の方は、旦那様を愛してらっしゃるのだろうな、と言う事だと思う。
では苦笑の方は?



おそらくなんとなく、みんな気が付いている事だと思うのだが、そこに突っ込む人は、まず居ない。
暗黙のルールのように。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.17


行き付けのスーパーに沖縄豆腐があった。



一度食べてみたいと思っていました。



沖縄豆腐

思った以上にどっしりと重いお豆腐。
硬いと聞いていたので、おそらく料理向きなのだと思っていましたが、初見なのでそのまま冷奴でいただく事にしました。



聞いていた通り塩味が付いていました。
食感は、木綿豆腐の水を切ってしめた感じに近いかな。
美味しさは中位。
豆腐とワインは旅をさせるな、と言われているそうなので、その真価は沖縄に行かないと味わえないのかもしれません。



翌日、残りを麻婆豆腐にしたら味わいが深くなった。
沖縄豆腐、やはり火を通した方が実力を発揮するもののようです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.16


妻の父親が入院した。



ここ数年、肺の調子が悪く、酸素ボンベが離せない状態だったのだが、自宅療養では対応しきれなくなってしまったようだ。
肺のガス交換が上手くいかず、血液中の二酸化炭素濃度が上がったままらしい。



かなり心配な状況。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.15


二荒神社祭礼。

孫娘の通う幼稚園の年長さんが、よさこいを踊ると言う事なので、それを観にお出掛け。



二荒神社祭礼のお餅

しかし、生憎の雨模様。
よさこい観賞は断念して、搗き立てお餅を購入して早々に退散となったのでした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.14


カナカナが鳴き始めた。
低温気味にしては、まあ、平年並みかな。



ヒグラシの鳴き声が好きだ。
その声を聞くのが夏の大きな楽しみの一つ。
でも寒い所為か、イマイチ元気が無い。
輪唱には程遠く、遠くで一匹だけでした。
ヒグラシの為にも、もう一寸暑くなって欲しいところ。



オカトラノオ

オカトラノオ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.13


軽めに作ったカルボナーラ

お昼に作ったカルボナーラ。



卵は全卵。
生クリームの一部を牛乳に代えるなどして少し軽めに作るのが最近のお気に入り。
黄身と生クリームのみで作ったカルボナーラは、この頃、重すぎて途中で飽きてしまう。
年の所為かな。



まあ、軽めに作った方が罪悪感が少ないし。
もっともカロリーは相変わらず高いとは思うけれど・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.12


久しぶりにバルサミコ酢でマヨネーズを作った。



バルサミコ酢のマヨネーズ

スティックサラダのディップ。
キュウリの素性の良さもあってとても美味しい。
バルサミコの爽やかな旨みがキュウリの仄かな甘みを引き立ててくれている。



市販のバルサミコ、偽物とはいえ侮れない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.11


先端まで咲いたタチアオイ

先端が咲くと梅雨明けと言われているタチアオイ。
そろそろ梅雨明けかな?
その割には週間予報は雨マークだけれども。



相変わらず朝晩涼しく、湿度も低い。
まるで高原のリゾートのようだ。
人は快適なのだが、作物には×。
冷夏が確実になって来た。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.10


新潟地粉パン「COSA」のパンを購入。



コサのパン、ビアリー

新潟で採れた小麦(ゆきちからと言う品種らしい)100%で、天然酵母を使ったパン。
風味が豊かで、とても美味しかった。
当然ですが量産品のパンの様に変な匂いはしません。



国産小麦は、グルテンが少なくパンには向かないと聞いた事がある。
その上天然酵母もコントロールが難しい。
それが芳醇に膨らみ、美味しいのだから、パン職人の技術が超絶なのだと知れるというもの。

凄いな~。



実は「コサ」のパンを買いに行ったのは、今回が2度目。
1度目は、開店一時間後に訪れたにもかかわらず売り切れで購入不可だったのでした。
なので今回は万全を期して開店直後に訪問。
ようやくゲットできたのでした。



COSAのロゴ

可愛らしいコサのロゴ。



お店は住宅を兼ねたお店で、目立たない。
なにせお店の入口が通りを向いていないし。
そこにあると知っていないと見落としてしまいそうな感じ。
近所のコンビニの店員さんが、パン屋さんの存在を知らなかった程ですから。

知る人ぞ知る人気店。
再訪確実。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.09


オートマチック車のアクセルとブレーキの踏み間違い事故。



ちょっと前にオートマチック車を禁止したらどうか、と書いた事があったが、禁止なんぞしなくても防ぐ方法を思い付いた。



それは実に簡単な事で、
「ブレーキを左足で踏む習慣を付ける」
だけ。
本当に簡単な事だが、さすれば踏み間違い事故を100%防ぐことが出来ると思う。
以前、ブレーキを左足で踏んでオートマチック車を運転する人の話しを聞いたのを思い出したのだ。



でっ早速、オートマチック車に乗った時(自分は普段はマニュアル車)、試してみた。



が、これが意外と難しかった。
たかだか空いている左足でブレーキを踏むだけなのだが、長年の習慣とは恐ろしいもので、咄嗟の時など、勝手に右足がブレーキを踏んでいる。
踏みしろも問題で、左足だと右足ほどソフトにブレーキを掛けるのが難しかったりする。
これは意外。
要、練習。
と言うか左足ブレーキは、かなりの練習が必要なようだ。
お年寄りに、これを練習させるのは一寸難しいかもしれない。



とは言え、免許取得時の最初から、そういう練習をしていれば何の問題も無いはず。
今からでも、オートマチック車は左足ブレーキにしていってはどうだろうか?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.08


韓国向けの半導体の洗浄剤を輸出規制するらしい。



徴用工問題の対抗措置なのは間違い無い。
政府は対抗措置でなないと言っているけれど・・・。
こういった腹芸、外国の人達の目にはどう映るんだろう?



また報復の連鎖が始まる。
人類が幾度も繰り返してきた、悲惨な憎しみの連鎖。
今回もまた克服できない。



武力の均衡による平和維持を信奉する政府には、無理もないか・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.07


回鍋肉

お昼に食べた回鍋肉。



キャベツの野菜炒め、実に久しぶりに作った。
キャベツの野菜炒めは独身男性の定番料理といった感があり、イマイチ敬遠気味だったようだ。



とは言え、ちゃんと作れば結構美味しい。
家庭のコンロは火が弱いので、眼目は油通しかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.06


もうブドウが店頭に並び始めた。



はしりのデラウエア

はしりのデラウェア。
やはり時期のブドウのよりは甘みが少なく酸味が強い。
味のノリはイマイチかもしれないが、酸っぱいブドウ好きの自分好み。



年々、ブドウの時期が早まっている。
有り難いが季節感が・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.05


我が家のラズベリーが実っている。



ナワシロイチゴとイエローラズベリーの実

ナワシロ苺とイエローラズベリー。
宝石のように美しい。



いや、いや、宝石の様に、等と言ってはラズベリーに失礼かもしれない。
完熟した果物からの連想が、人が宝石を好む理由。
本末転倒。



庭のお手入れが悪いので、いっこうに木苺の収穫量が増えない。
苺屋敷への道は、相変わらず遠い・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.04


十一年前に娘に拾われ、我が家にやって来たクサガメ、カメコ。



クサガメ、カメコ

年齢は12~13歳。
状態は悪くないと思うが、芳しい成長は止まったようで、大きさの変化は無くなって来たようだ。



最近になってクサガメは外来種だと知った。
渡来の時期は、随分古いらしいのだが、日本の甲羅の硬い亀の在来種は、どうやら石亀だけらしい。
ちょっとビックリした。
外来種とは言え、もうとっくに日本の生態系に取り込まれているようなので、カミツキガメのような問題にはならないのかもしれない。



亀は長生き。
後、数十年は生きるだろう。
下手すると自分より長生きするのかもしれない。
クサガメは在来種では無かったが、大事な家族に変わりは無い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.03


九州の豪雨が心配だ。



先週末から続く豪雨で大量の雨が降ったにもかかわらず、これからも大雨が予想されるらしい。



ラジオが厳重な警戒を呼びかけていた。
以前と比べると「命に関わる状況云々・・・」と直接的な、切迫感のある表現に変わっていた。
警戒レベルの改定にあたり、呼びかけにも変化が指示されたのだろう。



被害の少ない事を祈る。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.02


朝の情報番組などで、軽犯罪やマナー違反を取り上げた際、弁護士等の法律家としての法的判断が付け加えられる事が最近多い。
「○○をすると、罪に問われる可能性があります。」
といった感じで。



なんだろう、それを聞く度に嫌な感じがする。
そんな事も専門家の意見を聞かなければ正邪の判断が出来ないのだろうか?
と思って。



それは
「法律にさえ触れなければ、後は何をしてもかまわない。」
という今の風潮を象徴している。



マナー違反でも軽犯罪でも、それが駄目かどうか、その判断基準は自分の中にあって然るべき。
それをいちいち法律家の判断を聞かなければ判断できないなんて、なんとも情けない状況だと思う。



法律や決まり事は、「人が決めたモノ」と「自分の決めたモノ」の2種類に分けられる。
その「自分の決めたモノ」が、法律のライン以下だと犯罪者。
それ以上だと一般人となるのだが、今は法律のライン≒「自分の決めたモノ」になっている。

人は本来「自分の決めたモノ」意外には縛られない。
なのに、その判断基準さえ「他人の決めたモノ」に丸投げしてしまっていては、自主性の欠如も甚だしいと思う。



法律はザル。
良い意味でも悪い意味でも。
そのすき間を埋めていくのが、人々の「自分が決めたモノ」なのだと思うのだけれど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.07.01


ハーブなどを植えていたキッチン菜園。
去年、草取りを怠った所為で雑草が蔓延り、ミント意外、全滅の憂き目にあった。



植え直したローズマリー

なので植え直したローズマリー。
ハーブまで枯らすとは、我ながら本当に呆れる・・・。



ローズマリーで風味付けしたジャガイモのロースト

植えて間もないのに我慢出来ず、一枝摘んでジャガイモ料理の風味付けに使用。
ローズマリー、良い香り。
美味しかった。



しかし、こういう事をやっているから枯らすのだな・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2019年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年6月です。

次のアーカイブは2019年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。