サポートが必要

2019.06.13


長岡でも悲しい虐待死事件が起きてしまった。



こういう事件に地域差は無いと頭では分かっていても、やはり実際に身近で起こってしまうと心の波立ちが大きい。
ましてや亡くなった子供は3ヶ月。
3月に生まれた孫とほぼ同じ月齢。
今、孫を抱く幸せを感じているだけに・・・。



子育てを親だけでするのは無理なのだと思う。
間違い無くサポートが必要なのだ。
猿だって子育てにはサポートが付く。
オオカミだって付く。
群れを作って生活するほとんどの動物は、子育ての際にはサポートが付くのが当たり前な事だ。
そうそう、先日もNHKの動物番組でライオンにも育児の時期、サポートが付く事を紹介していた。



それが何時からか人間だけが、子育ては親がするもの、という不文律が定着してしまっている。
ほんの一寸前までは、そんな事は無かった。
祖父母や兄弟が、自然な形でサポートしていたものだ。
それがなぜこうもあっさりと忘れられてしまったのだろう?



もちろん今でも行政によるサポートはある。
が、そんなものではとても足りない。
もっと濃厚な、ピッタリ寄り添うサポートが必要なのだと思う。



なによりも「子育ては親だけで出来る物では無い。」と、しっかり認識を改める必要がある。



通報の奨励や児相の強化などの対症療法も結構だが、それと同時に育児サポートの充実や、親の経験不足対策を実行しなければ、何の意味もないだろう。



「子育ては親だけでは無理。」
と皆が認識し直し、
「では、どうすれば良いのか?」
と考える事が、こういった悲しい事件を無くす一番の近道で唯一の方法だ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/3734

コメントする

         

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2019年6月13日 21:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「馴化とネオテニー」です。

次のブログ記事は「クサイチゴの実で」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。