2019年6月アーカイブ

2019.06.30


先日の台風3号の置き土産的な梅雨前線の活発化による大雨は、魚沼では今のところ大した事がなさそうだ。



雨は結構な勢いで降るものの、長い時間の止み間がある。
それに梅雨の雨にしては蒸し暑さが無く涼しい。
これはおそらく前線の北側だからだろう。
時々、生暖かな風が吹くものの、それも一時。
この梅雨の傾向そのままに、梅雨寒。
北の高気圧の勢力が相当強いのだと思われる。
梅雨前線の本格的な北上はどうやらなさそうだ。



大雨が降らなかったのは良かったが、今後の冷夏が心配になって来た。

雨に濡れる苗代苺の実

雨に濡れる苗代苺の実。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.29


先日、味をしめた朝パスタ



今回はボロネーゼにした。



パスタ、本当に朝食向きだと思う。
ソースさえ作って置けば、朝にする事は麺を茹でるだけ。
それで出来立てを味わえるのだから、気ぜわしい朝食にもってこいだ。



ボロネーゼ、ミートソースと同じもので、英語とイタリア語の違い位に思っていたのだが、どうやらそうでもないらしいと、最近、知った。
ミートソースは、トマトソースで挽肉を煮込んだものでソース感が有り、ボロネーゼは、赤ワイン主体で挽肉を煮込み、あまりソース感が無いモノを指すようだ。
まあ、微妙な違いの様な気もするけれど・・・。

なので、ソースに濃度を付ける小麦粉を切らせていたのもあって、今回は赤ワインを主体のボロネーゼ?にしてみた。



朝パスタのボロネーゼ

なる程ね~、これは結構、大人の味わい。
ミートソースはアメリカ式、ボロネーゼはヨーロッパ式という事なのかもしれないな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.28


日本近海で熱低から台風に発達した台風3号。
足早に近付き、関東をかすめ、上陸する事なく東進した。
今日午後には温帯低気圧に変わったようだ。



台風としての寿命は20時間位だった模様。
こんな台風、珍しい。



通勤時間に関東に接近したので、交通の混乱が心配されたが、どうやら然程の混乱は無かったようだ。
雨の方も大きな被害は無かったらしい。
ひとまずホッ。



しかし、この人騒がせ台風の所為なのか、梅雨前線が急に北上するらしく、週末に大雨の恐れがあるのだとか。
空梅雨気味だったのが一変するのかな?
お替りの大雨、嫌な感じがする。



ヘンな台風、台風3号。
己の寿命は短かったが、周囲への影響は大きかったのかもしれない。

雨に濡れるドクダミの花


雨に濡れるドクダミの花。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.27


内閣不信任決議の与党側の反論演説で、某女性議員が前政権を悪夢だったと揶揄していた。



以前、首相が言っていたので、その受け売りだと思うが、前政権を悪夢と言うのは、天に唾するようなものだと、どうして分からないのだろう?



意見の違いが、やがて相手への憎しみに変わる。
それを象徴するかの様な演説だった。
おそらく側近に作文させたものだとは思うが、ストレスが過剰に高まる世相を象徴していいる。
増々悪い方向に進む事を暗示されたようで、暗い気持ちになった。



毎回会期末になるとお決まりの様に出される内閣不信任案。
それにに業を煮やした事は理解できるが・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.26


「自分の性に違和感を持つ。」ってどういう事だろう?
以前から不思議だと思っている。



生き物にとっては、雄であろうと雌であろうとそんな事はどちらでも良い事。
オスの生殖器を持っているから必然的に雄的行動をし、雌の生殖器を持っているからメス的な行動をする。
ただそれだけのはずだ。
それが自分は雄(又は雌)でなければならないと思込むとは、いったいどういう事なのだろう?
おそらくそんな事を気にするのは人間だけだと思う。
人間以外のセクマイの動物なんて、見た事が無い。
セクマイは、人間特有の現象のようだ。



そういう人達が、女装(又は男装)をしたがるのも不思議な気がしている。
心が女性だからといって、スカートを履く必要は全く無い。
女性がスカートを履くなどと言う事は、文化的な事であり、女性の本質とは全く関係が無い。
それなのにそれに拘るとは、いったいどういう事なのだろう?



また、恋愛対象が同性という事は、必然的に子孫を残せない。
なので、いずれ淘汰され、LGBTは姿を消す事になるはずなのだが、そんな事にはなっていない。
という事は、LGBTは、後天的な事だと言う事になる。
セクマイの原因は内的要因では無いのだ。
何か外的要因で、誰でもセクマイになる可能性があると言う事になりそうだ。



何なんでしょうその「外的要因」って。



今は、胎児時の発達異常に原因が有ると考えられているようだが、どうもそれは眉唾臭い。
何故ならば、他のほ乳類にセクマイは居ないのだから。



セクマイを語る時、それが後天的な要因で誰にでも起こり得る現象だと言う事は、一切触れられない。
何故なんだろう?
セクマイ、不思議な事だらけ。



と書いていたら、群れを作る動物で、オスだけの集団が有ると、その中から順位的に低い者が雌的な行動を取りだす事があると聞いた事を思い出した。
それは群れの中の順位付けに破れたストレスが誘因になる事は想像に難くない。
上位者からの攻撃を避ける為のテクニックとして。

その行動、なんか人間にも関係が有りそうな気がする。
とすると、どうも人間の社会性がセクマイの原因と関係があるのかもしれない。
だとすると女装や男装も説明が付くかも・・・。
どうやら、その辺を掘ってみると何かありそうだ。



どうなんだろう?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.25


商業捕鯨がもう直ぐ再開される。



日本は、反捕鯨国の執拗な反対に業を煮やし、国際捕鯨委員会(IWC)を脱退する方針なのだそうだ。



「クジラなんか食べなくても、他の物を食べれば良いでしょ。」
と言うのが捕鯨反対派の主な言い分らしい。



呆れる。
捕鯨反対派が、
「牛肉なんか食べずに他の物をたべたら。」
と言われたらどう返答するのだろう?

日本の中にも同じ様な事を言っている人達が居る事を先日知って、驚いた。



それよりもなによりも捕鯨反対派の一番の問題点は、
「クジラは賢いから殺して食べるのは可哀想。」
と言う考え方。



なんと恐ろしい考え方でしょう。
一見優しい意見の様に見えたりするが、その実は真逆。
その考え方が、史上、多くの偏見や差別を生み出してきた事を、どうして解らないのでしょうか。
今、日本で問題となっている優生保護法と全く同じ考え方。
クジラは賢くて、牛は賢くないとでも言うのでしょうか?
それを誰がどんな基準で決められるというのでしょう?



それが世界の多くの人から指示されているらしいのだから、ザワザワと寒気がする。



IWC脱退は、どうかと思うが、何故この主張が通らないのでしょう?
日本はその事をちゃんと主張したのだろうか?
正に無理が通って道理が引っ込む図式だ。
偏見や差別を助長する考え方が、大手を振ってまかり通っている。
そんな国際会議って、いったい何なんだろうと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.24


行き付けのスーパーでヒラメが一匹200円で売られていた。



夏ヒラメで30cmに満たないベビーサイズとはいえ、一匹200円は破格。
ちょっと鮮度が落ちていたからかな?
即買い。



ヒラメのアラで出汁取り中

上身は美味しくお刺身でいただいて、残ったアラで出汁を取る。
夏のヒラメは脂が無いので出汁には好都合。



ヒラメなどの白身魚の出汁、キューブ状にして凍らせておくと、とても重宝する。
白身魚は、丸買いに限る。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.23


今朝、ファックスでのご注文を見落としていた事に気が付いた。



多数来る営業ファックスの中に注文ファックスが紛れ込んでしまっていたのだ。



早速、先方に連絡してみたものの、注文はキャンセル。



やってしまった・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.22


孫息子、もう直ぐ3ヶ月になる。



もう直ぐ3ヶ月の孫息子

中々成長がよろしく、体重が順調以上に増えている。



もう直ぐ首がすわるかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.21


手製のチマキをいただいた。



鮮烈なチマキ

このチマキの味わいが鮮烈だった。
目茶目茶美味しい。



その美味しさの秘訣は、笹の葉の鮮度だと思う。
採れ採れで、しかも今年の若葉で作った粽の味わいは格別でした。



市販の粽は冷凍の笹の葉を使う事がほとんど。
笹の葉で、これ程の差が出来るとは・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.20


手作りイチゴジャムをいただいた。



苺そのままの様な甘さが控え目のジャムでした。
スイーツとして、そのまま食べられそう。
でも、ジャムとしては一寸物足りないかも。



いただいた手作りイチゴジャムを乗せた自家製アイス

しかし、それを自家製のアイスに乗せたら絶品だった。
まるで、あつらえた様な味と香りのバランス。
バニラアイスが、イチゴアイスに変身。



美味しかった~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.19


娘との会話。



 父上が3億円当たったら、使い道はどうする?
(何に使うかとか仕事はどうするかとか教えて)
他の人に相談しちゃダメね!



 えっ? 何?
宝くじ、当たったの?

そうだね、まあ、あんまり変わらないかな。



 変わらないって何が?
父上の使い道がわからないし!



 たから今の生活と変わりないってこと。
まあ借り入れ金は銀行に返済するかな。



 そういうのくだらないって思ってるでしょ。
私はそういうことで人の考えとか本質が見えると思うよ。



 まあそうだね。でもそれなら、全てのことがその人を表しているんじゃない。
言葉使いや表情、体型や顔立ちだってその人の中身を表しているよ。



 それだけでその人のことわかったら苦労しないし、騙される人もいないと思うけどー



 そう、読み取れるかどうかは本人の力次第だね。
ちょうど良いから聞くけど、君はお金について考えたことある?
お金って何?



 うんちより汚いもの(小銭は特にね)
物々交換の代わり



 それはめちゃめちゃ間違いだよ。
勘違いもはなはだしいかな。
お金は、紙や金属でできた道具だよ。
道具に綺麗も汚ないもないでしょ。

ではどういう道具なんでしょう?



 何年も洗わずに色んな人の手(菌持った)でやりとりしてるんだから、汚いでしょ、物理的に!
意味がわからない。
物を交換するために人が使っているものがお金でしょ。
物々交換するものじゃん。



 お金で物は買えないよ。
買えるのは、と言うか換えられるのは、たった一つの事だけ。
なんでしょう?



 ・・・。



 ヒント、海で泳ぐ魚に値段はないのに、スーパーに並ぶお魚には値段が付いてるよね。
どうして?



 ・・・。



 あ、それと沢山の人が触ったから汚ないというのも気持ち的には理解出来るけど、あまり誉められる考えではないよ。



 人件費ってこと?



 そう正解。
お金は、自分のやりたい事をお手伝いしてもらう人間の力とだけ交換出来る。
今、世の中は非常に複雑に発達した分業社会でしょ。
お互いがお互いを助け合って生活している。
助けてもらって「ありがとう。」って貰ったり渡したりするのがお金なんだよ。
お互いがお互いを支え合う為の道具。
本当はお金ってそういうものなんだよ。
それが理解出来ると最初に君が聞いてきた質問の意味も、だいぶ違ってくるのではない?



 ・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.18


年金2000万円不足問題。



政府は、金融審の報告書を受け取らない事にしたのだそうだ。



なんでも年金問題で選挙を惨敗したトラウマの所為らしい。
なんと粗末な対応だろう。
年金が不足なのは、とっくに、みんなが知っている。
それをなんとか煙に巻いて有耶無耶にしようとするからおかしな事になる。
「年を取っても健康な内は働いてください。」
と、お願いする意外に手は無いのだから、そう正直に言えば良いものを。
その方が健康寿命も延び、一石二鳥、いや三鳥、四鳥なのだし。



年金の改革は、誰が担当しても難しい。
与党側でも野党側でも、誰がやっても結局は同じことしかやれないと思う。
だから、選挙の争点になり得ないだろう。
それを恐れる与党も、それを争点にしようとする野党側も、結局は同じ穴のムジナだ。

国民を馬鹿にしている。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.17


夏野菜のカレー

夕餉の夏野菜のカレー。

もうそんな季節になって来たのかと思う。



ズッキーニ等の夏野菜が、そろそろ出回り始めている。
が、魚沼は例年より気温が低い。
日中こそ上がるが、朝夕は肌寒い。
冷夏が心配。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.16


幼稚園の年中さんとなった孫娘の運動会を観に行って来ました。



運動会の開会式、準備運動中

運動会の開会式、準備運動中。



一年前と比べると随分逞しく走れるようになっていました。
しかし、撮影したその画像は、室内だったので光量不足でぶれぶれ。
残念でした。



しかもこの日は、自分の歯医者の予約とダブルブッキング。
予約の変更が難しかったので、途中までの観戦となってしまいました。
さらに残念。
まあ、最近はお手軽に動画が撮影できるので、後で動画で観戦できましたが・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.15


クラインガルテンふれあいの里のバラ園の鑑賞会。
毎年、春と秋に催されます。



クラインガルテンのバラ園

先週末、バラは散り始め位でした。



赤いバラ

赤いバラ。



バラ園の中で飲んだハーブティー

例によってバラ園の中でハーブティーをいただきました。



ピンクのバラ

ピンクのバラ。



こじんまりしたバラ園ですが、やっぱりバラは華やかです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.14


先日採って来たクサイチゴの実



ジャムを作る時同様に砂糖を振ってみたものの、あまりに少量過ぎて試験管でも無ければ火に掛ける訳にいかない。



クサイチゴの砂糖漬けをヨーグルトで

しょうがないので砂糖の浸透圧で染み出した果汁そのまま、ヨーグルトに掛けてみた。
なにせ野摘み、火を通さないのは、ちょこっと不安だったけれど・・・。



しかし、味は抜群でした。
クサイチゴ、香りがラズベリーにしては円やかなようです。
上品な香り。
火を通していないからかな?
実は水分を砂糖に吸われ、小さな実がさらに小さくなってしまったが、まあ、それは致し方無しです。



クサイチゴ、美味しいベリー。
来年こそはジャムを作ってみたい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.13


長岡でも悲しい虐待死事件が起きてしまった。



こういう事件に地域差は無いと頭では分かっていても、やはり実際に身近で起こってしまうと心の波立ちが大きい。
ましてや亡くなった子供は3ヶ月。
3月に生まれた孫とほぼ同じ月齢。
今、孫を抱く幸せを感じているだけに・・・。



子育てを親だけでするのは無理なのだと思う。
間違い無くサポートが必要なのだ。
猿だって子育てにはサポートが付く。
オオカミだって付く。
群れを作って生活するほとんどの動物は、子育ての際にはサポートが付くのが当たり前な事だ。
そうそう、先日もNHKの動物番組でライオンにも育児の時期、サポートが付く事を紹介していた。



それが何時からか人間だけが、子育ては親がするもの、という不文律が定着してしまっている。
ほんの一寸前までは、そんな事は無かった。
祖父母や兄弟が、自然な形でサポートしていたものだ。
それがなぜこうもあっさりと忘れられてしまったのだろう?



もちろん今でも行政によるサポートはある。
が、そんなものではとても足りない。
もっと濃厚な、ピッタリ寄り添うサポートが必要なのだと思う。



なによりも「子育ては親だけで出来る物では無い。」と、しっかり認識を改める必要がある。



通報の奨励や児相の強化などの対症療法も結構だが、それと同時に育児サポートの充実や、親の経験不足対策を実行しなければ、何の意味もないだろう。



「子育ては親だけでは無理。」
と皆が認識し直し、
「では、どうすれば良いのか?」
と考える事が、こういった悲しい事件を無くす一番の近道で唯一の方法だ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.12


犬の起源は、オオカミの馴化に伴いネオテニー(幼形成熟)が起こったとする説が実験的に確かめられたと、テレビの科学番組で言っていた。



オオカミから犬への形態の変化はネオテニーだったのか!!
と納得。
人為的な選択淘汰による性質の馴化が、ネオテニーという形態変化まで引き起こすとは、驚きである。
なる程ね~、まだ確定では無いらしいが、まず間違いなさそうだ。



しかも馴化によるネオテニーは、オオカミ特有の現象ではないという。



どうやらネオテニーは家畜化された多くの動物にも起こっているらしいだけでなく、どうやらそれは人間にも起こったのではないか?
と考えられ始めているのだそうだ。



そう言えば現代人の頭の骨格は、原人などに比べて丸っこく、幼形成熟と言えそうだ。
女性は幼形成熟の形態戦略を取っている事は、以前から知られていう事だが、男性にもそれが当てはまるとは、目から鱗だ。



もしかしたら最近のイケメンブームなんかも、これと符合するところがあるのかも?
と妄想。



古代社会において、社会生活を営む上で、より大人しい人物が好まれ、その結果そういう選択が成され、それによりネオテニーが起こったとすると、人の発展はネオテニーに因る所が大きいと言えるのかもしれない。
実に面白い。



馴化により何故ネオテニーが必然的に起こるのかは、これからの研究に因るようだが、興味深い事だ。



しかし、「待てよ。」と思う。
人は、馴化したにしては、殺し合いを好み過ぎなのではないだろうか?
この共食いの性質は、なぜネオテニーにより無くならなかったのだろう?
どうやら人間には、馴化とネオテニー以外にも何か重大な別要素がありそうな気がしてきた。
そこんところも考えてみる必要がありそうだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.11


お隣の魚沼市に在るパン屋さん「ブーランジェリーシュシュ」でパンを購入。



ブーランジェリーシュシュさんは、天然酵母、無添加パンのお店。



ブーランジェリーシュシュのパン

どっしりと重厚で旨みが濃いパン達。
食パンは、他のパンと比べると軽めですが、それでも旨みが濃く、軽さと旨みの両方が楽しめる仕様。



特にラムレーズンを挟んだパンがお気に入り。
ラムレーズンが、正にラムレーズン。
レーズンを漬け込んだラム酒の風味が濃厚でした。
大人の味わい。
それが旨みの濃いパンとの相性が抜群。
作り手の思いと率直さが伝わる美味しさでした。



ブーランジェリーシュシュのパン、実は以前から何度も購入していたのですが、その度、パンの写真を撮らずに食べてしまい、今までブログに載せられずにいました。
美味しいパンなので、画像無しでは載せたくない気がして。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.10


石鯛を購入。
イシダイもクロムツ同様、食べてみたかったお魚。



地物のイシダイ

新潟産の石鯛。
ベビーサイズで見切り品なので一匹100円でした。



お刺身で食べてみたかったところですが、なんでも磯魚は、鮮度が落ちると臭みが増すそうなので、煮付けにしました。



煮付けの味は、可もなく不可もなく。
匂い気になりませんでしたが、特別に美味しいと言う訳ではありませんでした。
しかも鮮度が落ちていた為か、内臓の味が腹の身に移っていて、微かに苦みがありました。
やはりこういったお魚は、鮮度が大事なようです。



大きすぎても美味しくないらしいイシダイ。
丁度良いサイズの鮮度の良いお刺身を増々食べてみたくなりました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.09


ゴールデンウィークに見付けたクサイチゴ
もう実が生っている頃だろうと踏んで、採りに行って来ました。



一寸しか残っていなかったクサイチゴの実

ところがどうやら実りのピークを逃してしまったようで、赤い実はわずかしか在りませんでした。
実の付いていた後のヘタばかり。
ピークは1~2週間前だったのかもしれません。



さかずき一杯分だけ採れたクサイチゴの実

採れたのは、さかずき一杯分だけでした。
でも宝石の様に美しい。



ちょっとしか採れなかった事は残念でしたが、クサイチゴの実、甘みが強く、香りも良し。
美味しい木苺です。
木苺のネックの種も極小サイズなので食感の邪魔になりません。
ただ草イチゴと言うだけに木の丈が低いので、その分、実も小さ目。
これをジャムにするだけ集めるとなると、かなり大変かもしれません。



野摘みのイチゴでのジャム作りの夢は、今年もどうやら叶わなかった模様。
野生の実りの収穫は、そう容易くはなかった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.08


新潟も昨日梅雨入りしたらしい。



なんでも東北の南部まで一気に梅雨入りしたのだそうだ。
これから一週間、愚図ついた空模様が続くらしい。



椿の葉の雫

魚沼は、梅雨後半にまとまって雨が降る事が多く、6月から雨が続く事は少ない。
今期は少し違うのかな。



最高気温も20℃と肌寒い。
梅雨寒?
それにしても気温が低すぎる。
5月の高気温の反動だろうか?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.07


先週末、越後丘陵公園の無料開放日にバラを観に行って来ました。



丘陵公園のバラ園

この日は比較的涼しかったものの、孫息子がまだ2ヶ月なので、暑さを避けて3時過ぎに訪問。
沢山の人が訪れていましたが、3時過ぎと言う事もあって大混雑と言う事も無く、余裕で見て回れました。



満開のピエールドロンサール

正に満開でした。
去年より一週間ほど早いようです。
来週あたりがピークと思っていたので、危なく満開を見逃すところでした。



ポスティリヨン

ポスティリヨン。
毎年撮影しているサハラと言う黄色いバラが、このバラに代わっていました。
サハラ、枯れちゃったのかな?



バラコンテストに投票したバラ

バラコンテストに投票したバラ。
孫娘のご指定。
ピンクが好きな孫娘。
ピンクのバラを選ぶのかと思いきや、選んだのは真っ赤なバラでした。
ちょっと意外。



今年のお気に入りのバラ クイーン・オブ・スウェーデン

クイーン・オブ・スウェーデン。
黄色のバラが好きな自分。
でも今年は、この淡いピンクのバラがお気に入り。
心境の変化?



ローズカフェのスムージー

〆にローズカフェのスムージー。
陽射しは真夏以上。
冷たいスムージーが美味しかった。



短時間でしたが楽しめました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.06


お笑いタレントの山里亮太さんと女優の蒼井優さんが結婚されたそうだ。



山里亮太さんの何を知っている訳では無いが、良い感じの人だと思っていたので、なんだか妙に嬉しい。
結構な話題らしく、NHKのニュースでも取り上げられていてビックリした。



山里亮太さんと蒼井優さん、いわゆる美女と野獣のカップル。(失礼!自分はそうは思っておりませぬ)
以前からそうだが、美形の女性が外見にやや問題の有る男性とお付き合いしたり結婚したりすると、好感度が上がる。
自分が嬉しいのも、その辺りの影響を受けているのかもしれないと訝ってしまう。
今回も蒼井優さんの株が上がったのは間違いなさそうだ。



それって何故なんだろう?



美女と野獣のカップルは、女性の好感度が上がる。
それを狙って人気が落ち気味の女性タレントが、モテないお笑い芸人と偽のカップルを装う事が時々あるようだ。
でも、なんでそれで好感度が上がるのだろうか?
逆の美形男子が、やや容姿に難の有る女性とお付き合い又は結婚しても、好感度が上がったりはしない。
一寸不思議。



人間が容姿の美しさを恋人に求めるのは、美形を遺伝子異常の尺度にしているかららしい。
整った容姿は、整った遺伝子をもっている目安という事のようだ。
まあ、ほとんど思い込みのような気もするが・・・。



それに女性は、相手の容姿だけを基準に恋人選びをする訳では無い。
「卵準備時間の差」故に、女性はより慎重に相手を選ぶ。
子育てに、よりコストの掛かる女性は、簡単に相手を決めたりはしないのだ。
容姿も、いくつも有る選定条件の一つに過ぎない。
だから美女が野獣を選んだとしても、何の不思議もないはずなのだ。



美女と野獣カップルの女性好感度アップ。
その辺を掘ってみると、人間の恋愛観を探る糸口になりそうな気がする。
頭の中の考え事の引出ににしまって、時間を掛けて考えてみることにしましょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.05


以前から行きたかったガーデンカフェ「かものはし」に行って来た。



ガーデンカフェ「かものはし」は、農家カフェ。
農家カフェとしては一寸珍しい畜産関係の農家カフェです。
ご家族で養豚業を営んでいるらしい。
なので豚肉がメイン。



甘豚のステーキランチ

甘豚ステーキのランチ。
当然、豚肉を率直に味わえるステーキを注文。

クセが無く、脂身の甘いステーキでした。
さすが自家製の豚肉を甘豚と名付けているだけの事はあります。
コクが有るのにサッパリした味わいは、いくらでも食べられそうな、ちょっと危険なくらい美味しかった。



テーブルに飾られた野苺

テーブルに飾られた野苺。



ガーデンカフェかものはし

ガーデンカフェと言うだけに、窓から眺める緑あふれるお庭も良い感じでした。



住宅地の路地の奥という立地なので、たどり着くのにちょっと苦労しました。
道路沿いにある看板も極小。
でも、それがかえって良いのかもしれません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.04


行き付けのスーパーでクロムツが売られていた。



クロムツ、以前から食べてみたい魚でした。
しかし、太平洋側で主に獲れる魚なので、新潟では滅多にお目に掛かれません。
しかも高級魚。
そうおいそれと食べられる魚ではありませんでした。



クロムツと鯵

このクロムツ、な、なんと新潟産。
大きさは30cm満たないクロムツとしてはベビーサイズですが、破格の198円。
高級魚のクロムツが、ベビーサイズとはいえ一匹198円とは・・・。
一瞬、目を疑いましたが、迷わず購入しました。



クロムツの刺身と鯵のたたき

お刺身に。
鯵はタタキにしました。



美味しかった~!!!!!
身は引き締まっていて肌理細やか肉質。
上品な脂があり、極上の味わいです。
ベビーサイズでこの脂の乗りだと、成魚のそれは大変なモノだろうと想像。
海の牛肉と言われる所以を納得できました。



長年の念願が叶ったクロムツ。
想像以上の美味しさでした。
でも、なんでクロムツが日本海側で獲れたんでしょう?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.03


元次官による長男の刺殺事件。



やはりこの事件の原因も、教育の貧困が根底に有るのだと思う。



教育に因る順位付けと、それに伴って形成された歪んだ優越感が、この事件の背景なのは間違い無い。
加害者も被害者も今の間違った教育の犠牲者なのだと思う。



加害者の父親は、川崎殺傷事件に触れ「長男が危害加えては...」と言っていると聞いた。
おそらく、息子を愛していた事は間違いないと思うが、心の片隅の何処かに「厄介者。」と思うところがあったのだろう。
それが長男に伝わり問題行動を助長するという典型的な悪いパターンにはまってしまったと思われる。
今の間違った教育に因って作られた間違った優越感故に。
また、プライドが高かったがために、誰にも相談できなかったのだろう事も、想像に難くない。



優秀であったであろう親子が、間違った教育の犠牲となり、落し穴にはまってしまう。
これも賢者の陥穽の一種。
なんとも悲しくやるせない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.02


最近、衛星放送でSFのテレビドラマ「宇宙大作戦、スタートレック」を観ている。
それのシーズン1。
かれこれ50年位前、自分が子供頃に放送されていたアメリカのテレビドラマだ。



当時、魚沼では、夏休みに毎日放送されていて、それを観るのを毎日楽しみにしていた。
かなりお気に入りのドラマ。



しかし、それ以来、また観てみたいと思っていたものの、今まで全く観る機会が無かった。
レンタル店などで探したりした事もあったのだが、映画版は置いてあっても、ドラマ版は置いてあるのを見た事が無かった。
なので50年ぶりに念願が叶った。



50年ぶりに観て驚いたのは、印象に残ったお話しを結構鮮明に覚えていた事。
間に50年のブランクが有ったとは、とても思えない感じがした。
そして、その内容が自分の中の芯となるような大事な部分を形成するのに、かなり影響していたのだと気が付いた。



人の二面性をテーマにした件が一番のお気に入りのお話しだった。
「人間は、理性的な部分と粗野で野蛮な面の両方を持っていて、それが人間であり、それでこそ魅力的なのだ。」
という考え方は、今になってみると、このドラマから仕入れたもので、ここからスタートしたものだったようだ。
お気に入りのSFドラマではあったが、そこまで自分に影響していたとは、今の今まで気が付いていなかった。
かなりビックリ。
(まあ、とは言え、還暦間近ともなれば、それはそう単純なモノでは無いと分かっているけれど。)



その他にも影響されたのだと思える件がいくつも有った。
う~ん、恐るべし、子供の頃の影響。



もっとも、元々そういった事を考えていたからこそ、このドラマを楽しみに観ていたとも言えるかもしれないし、どちらが先だったのかは、今となっては定かではない。



宇宙大作戦、今見ても楽しめる良く出来たドラマだと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.06.01


我が家は、朝食はパン食が多い。



しかし、昨晩、「朝にパスタなんかも悪くないかも・・・。」と思い付く。



朝食に食べたアサリのパスタ

で、今朝食べたアサリのパスタ。
美味しかった。
朝にパスタ、悪くない、というか良い感じ。



そう言えば、最近、段々、朝食の重さが変わって来た。
以前は、パンに軽めの副菜といった感じだったのが、今は時々、朝から焼肉を食べたりする。
朝からガッツリ感が増している。



考えてみるに、歳を食ってきて朝が苦手でなくなり、しっかり朝ご飯が食べられるようになった所為かもしれない。
朝、お腹が減って目が覚めたりするのだ。
もしかしたら若返った・・・?
まあ、朝ご飯が美味しい事は良い事だ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2019年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年5月です。

次のアーカイブは2019年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。