2019.05.31


先日の無差別殺傷事件を受けて、ラジオで「社会が変わらなければ、こういう悲惨な事件は無くならない」という主張が、その番組への投稿とパーソナリティーによってなされていた。



その通りだと思う。



その通りなのだが、
「社会が変わらなければ、」という事は、取りも直さず「自分が変わらなければ、」という事だと、どれだけの人が思ったのだろう。
そのラジオでは、そこまでは指摘していなかった。



そして
「自分が変わらなければ、」
という事は、
「自分の考え方や常識が間違っている」
という事に気が付かなければならない。
自分の非を認める事は、誰にとってもとても難しい事。
しかも、あの悲惨な無差別殺傷事件の責任の一端を自分が担わなければならない事にも気が付かねばならないし。



悲惨な事件を無くしたい→
加害者個人の問題としてでは無く社会全体の問題なのだと認識する→
社会の問題は自分自身の問題なのだと気が付く→
自分の意識の問題点を考え、自分の間違いを認める。



こう考える事は、当たり前のような気もするが、実際は中々そうならない。
誰かが解決してくれる、とか
自分には関係ない、とか思いがち。

でもそれしか方法が無いのだと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/3721

コメントする

         

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2019年5月31日 11:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フォーを食べに」です。

次のブログ記事は「朝からパスタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。