2019年5月アーカイブ

2019.05.31


先日の無差別殺傷事件を受けて、ラジオで「社会が変わらなければ、こういう悲惨な事件は無くならない」という主張が、その番組への投稿とパーソナリティーによってなされていた。



その通りだと思う。



その通りなのだが、
「社会が変わらなければ、」という事は、取りも直さず「自分が変わらなければ、」という事だと、どれだけの人が思ったのだろう。
そのラジオでは、そこまでは指摘していなかった。



そして
「自分が変わらなければ、」
という事は、
「自分の考え方や常識が間違っている」
という事に気が付かなければならない。
自分の非を認める事は、誰にとってもとても難しい事。
しかも、あの悲惨な無差別殺傷事件の責任の一端を自分が担わなければならない事にも気が付かねばならないし。



悲惨な事件を無くしたい→
加害者個人の問題としてでは無く社会全体の問題なのだと認識する→
社会の問題は自分自身の問題なのだと気が付く→
自分の意識の問題点を考え、自分の間違いを認める。



こう考える事は、当たり前のような気もするが、実際は中々そうならない。
誰かが解決してくれる、とか
自分には関係ない、とか思いがち。

でもそれしか方法が無いのだと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.30


クラフトフェアの時に食べたフォーがあまりにも美味しかったので、また食べたくなり、近所の東南アジアレストランを探し、またフォーを食べに行って来た。



お店の名前はサイゴン
ベトナム料理屋さん。
この辺りではフォーが食べられる唯一のお店かもしれない。



ベトナム料理サイゴンのランチセット

ランチセット。
メインの麺料理にサイドメニューとデザートが付いて1080円。
ボリュームもたっぷりでお腹いっぱいになった。
美味しい。



フォーを食べに行ったのにもかかわらず、限定品のうたい文句に魅かれ、メインの麺料理にはブン・リュウという麺料理を頼んでしまった。
何せうおぬま屋、限定メニューに弱い、弱い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.29


お世話になっているお惣菜屋さんから聞いた話しなのだが、そのお惣菜屋さん、最近、フキを使ったお惣菜の販売を止めたのだそうだ。



なんでも、フキの筋を髪の毛と誤認してのクレームがあまりにも多いからなのだそうだ。



直接の抗議ならば誤解を解くように説明のしようもあるのだが、ネットに「髪の毛が入っていた。」などと事実無根の記事を書かれ、拡散なんぞされては、手の打ちようがない。
お惣菜屋さんのフキ製品の販売中止、止むを得ない処置なのかもしれない。



無知のなせる業だが、日本人はここまで駄目になってしまっているのだろうか・・・。
正に無理が通って道理が引っ込む。
なんとも恐ろしい世の中になったモノだと思う。

フキの葉に止まるウスバシロチョウ

蕗の葉に止まるウスバシロチョウ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.28


また悲惨な無差別殺傷事件が起こってしまった。



この手の事件、無差別とはいうものの、その実、学校が標的になっている事は間違い無い。
アメリカなどで起こっている銃の乱射事件なんかも、圧倒的に学校が事件現場となっている。



これだけ学校が標的にされるのだから、こういった悲惨な事件の背景は、学校に問題が有るからと考えるのが妥当だろう。
しかし、その事が語られる事は、あまり無い。
学校が、教育が、その本来の機能を果たしていないのが、こういった事件の原因なのだが・・・。



「イノベーションを起こせるような人材が必要だから、教育改革が必要。」
などと言っている内は、こういった事件が起こり続けるだろう。
皆が「良い学校に行って、良い職業に就いて、経済的に潤いたい」
などと考えている内は、こういった事件は無くならない。



教育に対する考え方が間違っているから、こういった悲惨な事件が起こる。
教育の貧困が事件の遠因。
なんとかならないものだろうか・・・、胸が痛い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.27


金色夜叉という小説が、50年位前にドラマや演劇で取り上げられ、一時ブームになっていたようだ。
今でも熱海には主人公とヒロインの像が在るらしい。



先日、熱海が復活しつつある事を特集したテレビ番組を観ていて、金色夜叉の設定について疑問を持っていた事を思い出した。



思い出したと言っても、金色夜叉がどんなお話しだったのかは、良く知らない。
「ダイヤモンドに目がくらみ・・・。」という台詞とともにヒロインがお金に目がくらみ、心変わりしてしまい、それを主人公が嘆き、恨む、といった物語の導入部を知っているだけなのだけれど。



お金で心変わりしたヒロインは、酷い奴だと主人公に罵られる。(真相は誤解であるらしいが)
当時、一般的にお金で心変わりする様な女性は、酷い奴だと思われていたようだ。
いや今でもそうかな。
まあ、以前よりは風当たりが弱くなってきているとはいえ、やっぱりお金目当ての心変わりは、今でもあんまり褒められた事ではないと認識されていると思う。



では、と当時思った。
ヒロインが普通に心変わりしたのならどうなんだろう?と。
主人公が普通にフラれたのなら。
疑問はそこのところ。
人間、長くても3年も経てば恋愛感情が薄れてくる。
それ故に、お付き合い始めた当初ラブラブだった恋人同士が別れたりするのだが恋愛感情が薄れ「なんとなく飽きた。」みたいな感じで別れるのは問題ないのだろうか?
世間一般では恋愛感情が薄れた事で別れるのは、問題無しと認識されているようだが。



しかし、「お金目当て」の心変わりは駄目で、「飽きた」事による心変わりがOKなんて、ちょっと変では無いだろうか?
自分に言わせれば、どっちもどっちだと思う。



「お金目当て」はバツ。
「飽きた」は問題無し。



どう考えても可笑しいと思う。
判断は駄目で、感情に流された行動は良し、と言い換える事が出来るが、なんだかそれは通常と反対だと思う。
「感情に流されるより理性的に判断する事の方がより推奨される。」
と言うのが一般的だろう。
だが、こと恋愛においては、理性より感情の方が優先される。

なんだか変。
なんでなんだろう?



自分にとっては「お金目当て」も「飽きた」も、どっちもどっちだと思う。
何故前者は駄目で後者は許されるのか?
長年考えてきたが、未だにちゃんとした答えが得られていない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.26


暑い日がが続くのでアイスを作った。



コアントロー風味のパルフェグラッセ

コアントローで風味付けしたパルフェグラッセ。



アイスクリームメーカーが無いので、生クリームと卵黄を泡立てて作る全くの手作り。
手間はちょっと掛かるが、濃厚な味わいは、市販の乳化剤の入ったアイスクリームとは別物。
それが200~300円で家族全員がタップリ食べられる量が出来るのだから自作しない手は無いと思う。



ここ2~3日、30℃超えの日が続く。
5月としては記録的な暑さで猛暑日に迫る地域も在ったようだが、魚沼は湿度が低く、そこまでの暑さを感じない。
濃厚なアイスが美味しい暑さ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.25


見切り品の牛もも肉でローストビーフを作った。



牛もも肉でローストビーフ

廉価で販売されている牛肉を更に見切りの半額で購入。
最近、そういう事が割と良く有り、そんなんで割と気軽にローストビーフを味わえる。



もも肉なので赤身でやや硬めではあるが、その分牛肉本来の旨みが濃い。
しつこくなく、あっさり。
率直な旨みが口の中に広がります。
硬めなのは、薄く切れば問題無いし。

美味しいローストビーフ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.24


スズメバチが縁側の廂に巣を作り始めていた。



まだ女王一匹でのスズメバチの巣作り

この時期、まだ女王一匹での巣作り。
第一子が大人になるまでは、巣作りと子育てを女王蜂一匹でこなさなければならない。
大変だと思う。



スズメバチが廂に巣を作っているなんて事が分かったら、大騒ぎするのが最近の風潮のようだが、それは無知のなせる業。
気の荒い攻撃性の強いオオスズメバチやキイロスズメバチでなければ全然大丈夫。
おそらく家のスズメバチは、コガタスズメバチだと思う。
コガタとは言うものの、それはオオスズメバチと比べてと言う事で、大型の蜂ではあるのだけれど。
とは言え、こちらが悪さをしなければ、何の問題も起こらない。
むしろ害虫を食べてくれるのだから、力強い友人だという事を忘れてはいけないと思う。
ひさしを貸して母屋を取られるなんてことは、間違っても起こらない。



女王にとって今が一番大変な時期であり危険な時。
上手く行く事を願うばかりだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.23


「一番好きな食べ物は?」
と幼稚園で聞かれた孫娘。
「おじいちゃんの作ったプリン。」
と答えたのだそうだ。
焼きプリン



あな嬉し。
こりゃ、じーじ冥利に尽きるというもの。



が、孫娘に問うた幼稚園の先生、爺ちゃんがプリンを作ると言う事が意外だったらしく、同席していた母親に確認したのだそうだ。
「本当ですか?」って。



ふ~ん成程ね。
世間では、爺さんがプリンなんて作るのは珍しいらしい、と知る。
自覚が無い訳では無いが、やっぱり自分は少し変わっているのかもしれないな。



食いしん坊家族の我が家では、全員がお料理をするのは当たり前のことではあるのだけれど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.22


通年の秋刀魚漁が可能になったのに伴い、今月から公海でのサンマ漁が解禁になったそうだ。



ここ数年の秋の秋刀魚の不振の対策らしいが、日本の秋刀魚漁の不振の原因のひとつと考えられている他国の公海における秋刀魚漁への対抗策なのは間違い無いと思う。



だとすると、正にコモンズの悲劇を地で行く愚策。



秋刀魚の資源枯渇に拍車がかかると考えないのだろうか?

いったい誰がこんな対抗手段を考えたのだろう?



スーパーなどでは、いつに無く冷凍秋刀魚が安く沢山販売されている。
秋刀魚漁の前倒し解禁に因る冷凍秋刀魚の値崩れを恐れ、早めに放出されているのだろうと思われる。
また現場の漁業者だって、遠くまで漁獲に行って採算があうのかどうか分からないだろうに。



問題だらけの秋刀魚の通年操業。
もっと他に手がなかったのだろうか?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.21


高級食パンを購入。



高級食パン「貴婦人」

その名も「貴婦人」。
この4枚切り1枚、200円!



生クリーム・バター・卵黄を使い、水の代わりに牛乳で練った食パン。
いわゆるブリオッシュ生地の食パンだと思うのだが、高級食パンのブームに乗って、結構人気らしい。
ブリオッシュにしては黄色味が薄いので、卵の量は控えめなのかな?



貴婦人、美味しかった。
もともとブリオッシュ生地の食パンが好きなのだが、今まで滅多に見掛けなかった。
これで食べたいと思えば何時でも食べられる・・・、と思ったら、1日一本しか焼かないそうなので、やっぱりそうそうは食べられはしないようだ。
高価だし。



それにやっぱり匂いが気になった。
どうして最近のパンって妙な匂いがするのだろう?
匂いの気にならないパンは滅多にない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.20


先日に続いてウスバシロチョウ撮影再び。



なにせウスバシロチョウがこの空地で飛んでいるのは、せいぜい一週間~10日。
タイミングを逃せば、来年まで待たなければならない。



ニガナ?でお食事中のウスバシロチョウ

この日は風が強く、小さい者達の撮影にはあまり良い状況では無かった。



産卵中と思われるウスバシロチョウ

地面に降りているウスバシロチョウを発見。
産卵中かな。
考えてみれば、今飛んでいるウスバシロチョウ達は、厳しい冬を乗り越えた超エリート達。
その人生のクライマックスを撮影しているのでした。



羽化に失敗して翅が縮んだままのウスバシロチョウ

羽化に失敗して翅が伸びずに固まってしまったウスバシロチョウ。
そう言えば一昨年も羽化に失敗したウスバシロチョウを見付けた。
クライマックスで踊れないとは、悔しいだろうな~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.19


サクランボの実が色付いてきた。



色付き始めたサクランボの実

しかし、今年は極端に実の数が少ない。
去年は、沢山実ったのに、鳥さん達に全部食べられてしまい収穫ゼロだったのだが、今年は更に条件が悪そう。



こりゃ今年も駄目かも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.18


自宅裏の空き地に今年もウスバシロチョウが飛び始めた。



フキの葉に止まるウスバシロチョウ

北方系の蝶は魅力的だと思う。



この空地で飛んでいる10日間の内にもう一度位撮影予定。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.17


毎年、会社近くの沢にやって来るサシバが今年もやって来ていた。



鉄塔に止まるサシバ

サシバは渡りをする鷹。
春に東南アジアからやって来て、秋に帰ってゆく。
割と人の近くで生活し、トンビの次位に馴染みがある鷹だ。
カエルが好物らしいので、養鯉池の多いこの辺りには特に多いかもしれない。



この辺りの小動物には悪いが、毎年の来訪が楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.16


NHKラジオのお便りテーマに「お金」というのもあった。



その放送で番組のアンカーが、
「お金は生活する上で必要。」
と言っているのを聞いて、
「どうしてお金が生活する上で必要なのか?」
と言う事を、ちゃんと説明出来る人って少ししか居ないのだろうなっと思った。



「生活する上でお金が必要。」
とは言うが、
「それは何故なのか?」
と思う人は、わずか。



「お金は生活する上で必要。」と言ったアンカーさん、説明出来るのだろうか?
それを考えるのって、大事だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.15


先日のNHKラジオのお便りテーマは「お化粧」だった。



いろんな投稿があったが、その放送を聞いていて、ほぼ略、
「自分がなぜお化粧をしているか」
を、あまり考えていないらしい事が分かって、少し呆れた。



お化粧する事を
「仕事をする上での身だしなみ」
などと宣っているのは論外だが、あれほどご執心で行っている行為の意味を、あまり深く考えていないのは意外だと思う。



「自分を綺麗に見せたいからお化粧をする。」と言う事は、当然の様に分かっていらっしゃるようなのだが、
「なぜ、お化粧=綺麗だと思うのか?」
と、そこから掘り下げる女性は、ほとんどいないようだ。

 


また、生き物は、雄が体を飾り立てるのが一般的なのに、
「人間は、男性では無く女性がお化粧するのは何故なのか?」
なんて事も、人の社会を考える上で大事な要素を含んでいたりする。



当たり前を当たり前と思わない。
大事な事だと思うのだが。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.14


5月12日に行われた長岡クラフトフェアを観に行って来ました。



長岡クラフトフェアは、陶器や布製品等の雑貨の屋台が全国から集まる催し物。
とは言え、食いしん坊のうおぬま屋一家は、それに付随した食べ物屋さんへの比重が高かったりします。



行ってみると案の定、雑貨になんぞにまだ何の興味も無い孫娘が、つまんないと不平タラタラ。
仕方がないので、ざっと雑貨の屋台を一回回って、食べ物屋さんの屋台へ向かいました。



タイ料理のフォー

タイテイストのフォー。
これが美味しかった。
パクチーの香りとレモンの酸味が程よく効いて、絶品でした。



沖縄そばとシークワーサージュース

沖縄そばとシークワーサージュース。
こちらも美味しかったのだが、残念ながら肝心の麺がイマイチ。
お汁と豚の角煮が美味しかったので、もったいない気がする。



その他にスイーツも食べましたが、肝心の雑貨店の方は諦めました。
雑貨観賞は、孫娘がもう少し大きなってからでないと難しいみたいです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.13


ゴールデンウィーク中、一回位はお出掛けしようと、お弁当持ってお出掛け。



目的地は三国川上流の親水公園。
しかし、その上流の親水公園は、まだ冬季閉鎖中でした。



下流の親水公園で水遊び

親水公園での水遊びを楽しみにしていた孫娘。
仕方がないので三国川下流の親水公園で水遊びする事にしました。



清流でも無いですし、本物の渓流でも無いですが、孫娘にとっては楽しい水遊びとなったようです。



タップリ遊んでご帰宅。
上流の親水公園は、また夏にでも行ってみましょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.12


ゴールデンウィーク中、一回位はお出掛けしようと、お弁当持ってお出掛け。



目的地は三国川上流の親水公園。
孫息子にとっては、初めての外出。



三国川ダム

三国川ダム。
ところが目的地の三国川ダム上流の親水公園への道は、冬季通行止めがまだ解除されておらず、親水公園まで行く事が出来ません。



三国川ダム下の公園の桜の下でお弁当

仕方がないのでダム下の公園でお弁当。
丁度桜が満開。
期せずしてお花見となりました。
これはこれで良い感じ。



お昼ねする孫息子を見つめる孫娘

桜の下でのんびりゆったり。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.11


ゴールデンウィーク中、一回位はお出掛けしようと、お弁当持ってお出掛け。



目的地は三国川上流の親水公園。
孫息子にとっては、初めての外出。



大崎ダム公園の鯉幟

途中、もう一ヶ所、大崎ダム公園に寄り道して鯉幟を観賞。
そう、孫息子が誕生したから。
去年は、丁度桜の時期でしたが、2週間遅れの今年、桜は終わっていました。



お昼にはまだ間がありましたが、お腹が空いたと宣う孫娘。
おっとり刀で目的地、三国川の親水公園に向かいます。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.10


ゴールデンウィーク中、一回位はお出掛けしようと、お弁当持ってお出掛け。



目的地は三国川上流の親水公園。
孫息子にとっては、初めての外出。



奥只見レクリエーション都市公園の芝桜

途中、奥只見レクリエーション都市公園に寄り道。
丁度芝桜が満開。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.09


孫娘のお供で地元の公園へ、その5。



イワカガミの群生

公園お供の帰り道。
イワカガミの群生を撮影。



道路脇の崖に生えるイワカガミ。
年々数が増えている。



孫娘の公園お供、沢山の幸運に恵まれた。



今日はなんて良い日なのでしょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.08


孫娘のお供で地元の公園へ、その四。



そうこうしていると、ヒラヒラと飛ぶ黄色の蝶がやって来た。



ギフチョウ、ムスカリでお食事中

な、なんとギフチョウでした。
ムスカリでお食事中を撮影。



早春、ギフチョウの時期、忙しくしていたので今年は逢えないと諦めていました。
それが今頃、5月になっているのに出会えるとは・・・。



何て幸運なんでしょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.07


孫娘のお供で地元の公園へ、その三。



ヤマガラの撮影中、聞きなれない囀りが聞こえて来た。
こ、これはキビタキ?



ピンボケのキビタキ画像

なんとか姿を捉えたものの、動きが早く、ピント合わせが間に合わない。
残念ながらピンボケ。
しかしキビタキである事は、なんとか確認できた。



キビタキは初見。
それだけにピンボケは悔しい。
なんとかちゃんと姿を捉えたい。
おそらくあの辺りを縄張りしているらしいので、まだチャンスはあるでしょう。
後日、リベンジ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.06


孫娘のお供で地元の公園へ、その二。



ヤマガラの撮影をしていたら、足元に野苺の花が咲いていた。



クサイチゴの花

しかも見渡す限り一面に。



こ、これはお宝ではあるまいか・・・。
おそらくクサイチゴ。
これだけ有ればジャムが作れる。
野摘みのイチゴでジャムを作るのは、子供の頃からの夢。
もしかしたら一ヶ月後、その夢が叶うかも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.05


孫娘のお供で今日は地元の公園へ。



しかし、孫娘のお相手は父親に任せ、うおぬま屋は専ら野鳥の写真撮影。



ヤマガラ

折よく散り終わったばかりの桜並木にヤマガラが居ました。



お食事中のヤマガラ

どうやらお食事中。
獲物は青虫。
巣に持ち帰る様子は無いので、まだヒナは生まれていないのかな。



人を恐れないヤマガラは撮影しやすい

ヤマガラはあまり人を恐れないので撮影しやすい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.04


孫娘のお供で隣町の公園へ。



月岡公園のブランコで遊ぶ孫娘

魚沼市の月岡公園。
キャンプ場や運動施設の在る広々とした公園。
こういった公園、隣接した街にはそれぞれ在るのに、我が町には無い。
是非作って欲しいものだ。



コツバメ

そこでコツバメを見付けた。
小さいシジミチョウの中でも小柄なコツバメ。
すばしっこい上に、地味。
その上、春の一時期しか飛ばないので中々出会えなかったりする。
今日は運が良い。
翅の表は藍いはず。
しかし撮影は能わずでした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.03


我が家の野苺に実が出来始めた。



野イチゴ、シロバナヘビイチゴ

早めに肥料を与えたのでかなり元気なシロバナヘビイチゴ。



赤くなるのを孫娘が楽しみにしている。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.02


体調が回復してきた。



10年あまり続いた両親の介護が終わったのだと体調が回復してきた事で気が付いた。
しかし、介護が生活の一部になっていたので、なんだかどうも変な感じがする。
心と体のバランスが一寸変。
まだ介護が終わった感じがしない。
そんな事はないのだけれど・・・。



主治医の先生、看護師さん、介護施設の方々、ケアマネージャーさん、本当に良くしてもらった。
とても家族だけではどうしようもなかっただろうとつくづく思う。

感謝しかない。



これでこのブログの介護カテゴリーに記事が追加される事は当分ないのが、不思議な感じがする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019.05.01


今日から令和。



自分は相変わらず体調不良。



和暦の変更など自分にとっては関係ない事だが、それでもその初日が体調不良と言うのは、一寸情けないかもしれない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2019年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年4月です。

次のアーカイブは2019年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。