採れ採れ秘伝

2018.10.03


採れ採れの枝豆をいただいた。



秘伝

朝、収穫したものを直ぐにいただき、即茹で。
枝豆やトウモロコシは、収穫から茹でるまでの時短が肝心。
なので旨みが豊か。
味見した時、甘いお菓子を食べた直後だったにもかかわらず、甘かった。
濃い濃い味わい。
香りも上品。
目茶目茶美味しい。



品種は秘伝。
大粒が特徴。
ほんの2~3鞘頬張っただけで口の中は枝豆になる。
秘伝は、晩生で枝豆のシーズン最後の品種だと聞いた事がある。
最盛期の品種は、猛暑の為か粃が多く、残念な出来だったそうだが、晩生の秘伝は例年に無い良い出来だったそうだ。
一寸の時期の違いで収量と出来が大きく違う。
作物の栽培、なんとも微妙で難しい。



良い出来の枝豆を採れ採れで食す贅沢。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/3477

コメントする

         

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2018年10月 3日 14:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「久しぶりにクジラ汁」です。

次のブログ記事は「秋は」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。