2018年10月アーカイブ

2018.10.31


AIってなんだろう?



どうやら特殊なCPU等、コンピューターのハード面が発展したものではなさそうだ。
もちろんコンピューターの性能の向上があったればこそのAIなのだろうが、コンピューターの性能向上がAIって事ではなさそうだ。



AIは、プログラム?
どうもそんな気がするが、そうばかりでも無いような・・・。



AIってコンピュータの検索機能の発展したもののような気がする。
多分、そうなのだろうと思うが、普通、検索結果を判断するのは人間。
それを判断するのがAIと言う事のようだが、それはどういった仕組みによるモノなのだろう?



自分はコンピューターを自動スイッチングボックスと理解している。
そんな風にAIを一言で言い表すと、どういう感じなるのだろう?
誰か分かり易く教えてくれないだろうか。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.30


地物のカリフラワーが美味しい時期になった。



美味しい小千谷産カリフラワー

爽やかな甘さ。
クセが無く、香りが豊。
野菜の旨みを芳醇に含んでいる。
目茶目茶美味しい。



小千谷のカリフラワーの品質は、折り紙付きなのだそうだ。
知る人ぞ知る一級品。



ただ、その事はあまり知られていず、カリフラワー自体も生産量が全国的に減って来ているのだそうだ。
こんなに美味しいカリフラワーがブロッコリーに押され不人気なのが一寸残念だし、解せない。
もっと評価されても良いのに、と思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.29


続き



天才や特殊な才能を持つ人が存在しないのだから、オーラはは存在しない?
と言う事になるが、一つ思い当たる事がある。



オスライオンのタテガミ。
雄ライオンのタテガミは、オス同士の戦いで勝利し、群れのリーダーになると黒くなるのだそうだ。
戦いに勝ち、自分は強いのだと自信を持つと男性ホルモンが多く分泌され、タテガミが黒くなるのだそうだ。
なのでライオンの雄は、タテガミが黒い程、強く立派なオスということになるらしい。
当然タテガミガ黒い雄は、女性(メスライオン)にモテる事となり、多くの自分の子孫を残せることとなる。
また、マウンテンゴリラの雄も、群れのリーダーになると、背中が銀色に変わる。
いわゆるシルバーバックと言うやつだ。
おそらくライオンのタテガミと同じ様な作用で背中の毛の色が変わるのだろう。



自信を深めると、体の一部が変化する。
これは、ほ乳類の多くにある特徴のようだ。



人間のオーラなどと言い習わされている事象も、この事なのではないかと思う。

人間の場合、顕著な体の形態の変化がある訳ではないようだが、物おじしない態度や堂々とした物腰を微妙に感じ取っているのだろう。



オーラの正体は自信。
ライオンの鬣やゴリラのシルバーバックと同じで、天才や特殊な力を持つものが、特別に放つものでは無い。
霊的な現象でもなんでも無いのだ。



さらに、自信などというものは微妙なもので、思い込みや勘違いの直ぐ隣に存在するものだ。
賢者の陥穽の崖っぷちに立っているようなものだと思う。
自信は、虚像。
そう考えると
「オーラなどというものは存在しない」
とも言えるのかもしれない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.28


オーラが有るとか無いとか、最近よく聞く。
活躍する芸能人や成績を残したスポーツ選手などに使われる事が多いようだ。



オーラって何?
考えてみた。



日本語に直訳すると威厳や威圧感といった感じになるのだろうが、それよりも一寸ライトな感じで使われているようだ。
才能や実力を持つ人だけが身にまとう独特な雰囲気。
そんな感じで使われている。



才能や実力を持つ人だけが持つと思われているオーラ。
どうもそこが気に入らない。



そもそも人間に特殊な才能を持つ人など居ない。
天才などいないのだ。
多くの天才と言われた偉人たちが、皆、口をそろえて語ってきた事なのだが、それが全く浸透していないのは何故なのだろう。
かのアインシュタインも「天才とは努力する凡才のことである。」と言っているではないか。
人間に天才や特殊な才能を持った人などいない。
それは当然な事だと思う。



では、特殊な才能や能力をもつ人が放つというオーラとは何なのか。
天才や特殊な才能を持つ人が存在しないのだから、そんなものは存在しない?
と言う事になるが、一つ思い当たる事がある。



続く



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.27


八珍柿の渋が抜けた。



渋の抜けた八珍

八珍柿、滴るような果汁と砂糖の様な甘さ。
かなりの甘さだが、不思議と柿だと気にならない。
滅茶滅茶美味しい。



樹冠部は手が届かなかったが再び八珍柿の採り入れをした。
とても食べ切れそうもない量。
知り合いにおすそ分けしましょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.26


佐渡産養殖銀鮭

佐渡産の養殖銀鮭。
綺麗なサーモンピンク。
美味しそう。



佐渡で鮭の養殖が成されて事を知らなかった。
佐渡は、牡蠣の養殖等、水産養殖が盛んなので、鮭の養殖があっても不思議では無い。
気が付けば在って当然な気もするが、不思議と知らなかった。
とほほ・・・。



もっとも銀鮭養殖は、比較的近年から始まった事のようだけれど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.25


水上で購入したリンゴでリンゴジャムを作った。



ピンクのリンゴジャム

リンゴは紅玉。
紅玉は酸味のしっかりしたリンゴらしいリンゴ。
それを皮付きで煮てみた。
ジャムと言うよりコンポートに近いかな。



皮付きで煮ると、美しいピンクのジャムになる。
市販のものはピンクのリンゴジャムをほとんど見掛けない。
なんでだろう?綺麗なのに。
自分で作るなら皮付き。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.24


昨日、月が綺麗だった。



昇ったばかりの月

昇ったばかりの月。
満月一歩手前かな?



秋、やっぱり月が綺麗。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.23


照葉渓の帰り、夕飯は釜飯屋さん。



鳥釜飯

鳥釜飯。

釜飯には、出汁が付いてきて、お好みで釜飯に掛けて食べる仕様だった。
要は釜飯出汁茶漬け。
だいぶ前に一度訪れた事が有るのだが、その時は出汁なんぞ付かなかった。

なるほど、なるほど・・・。



以前もそうだったが、今回も少し御飯に芯があった。
一人前づつ少量を直火で炊くのはとても難しい。
多分その所為。
そこが課題だな、と思っていたのだが、出汁を掛けて食べる事でそれが気にならなくなっていた。
上手い事考えるな~。



でも、これだと釜飯でなくてとも良いかもとも思う。
まあ、美味しいから良いか。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.22


照葉渓の帰り、水上のリンゴ園に寄り道。



焼き立てアップルパイ

目的は焼き立てのアップルパイ。

とても美味しかった。
基本的なアップルパイだが、香りが芳醇。
やはりパイは焼き立てに限る。



リンゴの実のったリンゴの木

ついでにリンゴも購入しようと思ったのですが、大混雑でリンゴは売り切れでした。
どうやら木に生っているリンゴを採り入れる暇がないらしい。
アップルパイを焼くだけで手一杯の様だった。
客商売は、波が有るので大変だと思う。



リンゴは別のお店で購入しました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.21


群馬・水上の照葉渓へ紅葉狩り。



照葉峡鼓の滝

つづみの滝で記念撮影。

一昨年訪れた時、つづみの滝の辺りは紅葉が終わっていたので、今回は10日程早めに訪問。



照葉峡の紅葉

綺麗な紅葉でした。



水源の森でお弁当

水源の森でお弁当。
陽射しが暖かで外ご飯日和。



水源の森のダケカンバの巨木

水源の森のダケカンバの巨木。
つづみの滝より更に上流の水源の森は、すでに落葉していました。
前回も落葉していたので、「今年は・・・。」と思っていたので、ちと残念。
紅葉狩りのタイミング、中々難しい。



緑のカラマツと紅葉

唐松はまだ緑。
カラマツのゴールデンシャワーの体験は今年もお預け。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.20


食用菊カキノモトの時期。
柿の熟す頃に採れるから柿の下(カキノモト)。



食用菊カキノモトの酢の物

紫色の食用菊カキノモト。
毎年、これを食べるのが秋のお楽しみ。



先日、数十年ぶりに食べた黄色い食用菊が、思いのほか美味しかった。
が、やっぱりカキノモトの方が美味しいと確認。
あ、カキノモト、別名が思いのほかでした。



カキノモトの時期、と言う事で、裏庭に生えている美濃柿を収穫。



美濃柿

先日試しに収穫した八珍柿と比べると、少し色のノリがイマイチでした。
一寸早い。
しかし、美濃柿も八珍同様豊作で、とんでも無い数が生っています。
二篭採っても全く何処を採ったのか分からない感じ。
凄いです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.19


霧の朝。



霧の朝

いよいよ最低気温が一桁代に突入。



寒!



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.18


最近気が付いた。



北海道の呼び方。



他都府県は、新潟県なら新潟、東京都ならば東京と都府県を外して呼ぶ事が一般的にあるが、北海道だけは、何故か道を外して呼ぶことが無い。
北海道の都道府県名は、北海のはず。
なのに北海などと呼ぶ者は居ない。



何でだろう?



ちょっと調べてみたが、やはり同じような疑問を持つ人が居て、考察がなされていたが、それを読んでも、どうも釈然としない。
北海道は他都府県と成り立ちが違うからとか、なんとなく皆がそう言い習わしているからなど、まあ、そんなところなのだろうとは予想していたが、どうもこれだといった腑に落ちる感じが無い。

う~ん・・・。



また例によって、頭の引出しに仕舞っておいて、時々引っ張り出して考える事になりそうだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.17


孫娘の幼稚園の文化祭を見学。



芋掘り遠足の絵

孫娘の芋掘り遠足の絵。
おもいっきりお芋が大きく描かれております、
さすが食いしん坊家族の一員。



綿あめでご満悦の孫娘

ご本尊も園の屋台の綿アメでご満悦。



孫娘作イチゴのケーキのオブジェ

孫娘作イチゴケーキ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.16


今年の秋の小千谷のイベント。
今までバラバラに行われていた3つのイベントを三つ同時に開催。



小さなイベントをバラバラに行うより、まとまって同時に開催した方が訴求効果があるだろうとの判断なのでしょう。



小千谷うまいもの祭

総合体育館広場で行われた「小千谷うまいもの祭」
市内飲食店の屋台が出店。

和田そばの鰊蕎麦、モツ煮込み、豆の助の豆腐ジェラート

和田そばの鰊蕎麦、モツ煮込み、豆の助の豆腐ジェラート。
を食す。



おじゃれフェスタ

こちらは、おじゃーる市民の家で行われた「おじゃれフェスタ」
ワークショップとフリマの催し。



クラインガルテン収穫祭

こちらはクラインガルテンで行われたクラインガルテン収穫祭。

フリスビードッグの公式戦

フリスビードッグの公式戦を同時に開催。

バラ鑑賞会

クラインガルテンのバラ園のバラ鑑賞会。

この他にも農産物の直売やクラシックカーの展示等もありました。



循環バスの看板

それぞれの会場が離れているので、これら三つの会場を循環バスで結んでの開催。
思った以上の人出だったらしく循環バスは1時間待ちだったとか。
3つの会場同時開催は、成功のようでしたが、循環バスの運航が課題のようです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.15


孫娘と娘、新幹線で千葉の実家にお里帰り。



上越新幹線



新幹線でバイバイする孫娘

ホームまでお見送り。
一寸寂しい爺。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.14


柿を採ってみた。



今年初収穫の八珍柿

玄関脇に生えている八珍柿。
採り易い場所一枝分をチョイチョイと採っただけなのだが、それで2篭分採れた。
下から見ていた時は気が付かなかったが、近くで見てみたら、これでもかって位沢山の実が付いていた。
実も大きい。
これは大豊作のようだ。



そう気がついてから他所の柿の木を見てみると、どこも大量に柿の実が生っている。
どうやら今年は、柿の当たり年のようだ。



雨の少ない夏の猛暑が良かったのかな?
猛暑が柿にどう影響したかは分からないが、水分不足と暑さが作物に悪い影響ばかりをもたらす訳では無いのかもしれない。
最近、葉物野菜が高騰しているけれど。



折角沢山生ったのだから、なんとか収穫したい。
しかし、時間と体力が・・・。
なにせ家の柿の木、手入れが悪いので中々の高木なのだ。

さてさてどうするか・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.13


朝晩、寒くなって来た。



帆立のチャウダー

朝食に作った帆立のチャウダー。
こういう暖かなスープが美味しい時期になって来た。



山間部では最低気温が一桁のところもあるようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.12


「チコちゃんに叱られる」というNHKの番組を楽しみに観ている。



「チコちゃんに叱られる」は、当たり前と思っていて、今まで考えたこともなかったような事柄を、あえて問題にする雑学クイズ番組。
昨日、ブログに書いたカツ丼の件は、「蕎麦屋さんのメニューにカツ丼が有るのは、蕎麦屋さんなのに何故?」でした。
なるほど・・・。
自分は、「蕎麦屋さんがファミレス化して御飯物もメニューに載せたかったから。」だと思っていましたが、それは違っていました。



「何でも鵜呑みにせず、自分の頭で考えましょうよ。」がこの番組のコンセプトなのだろうと思う。



司会の5歳のチコちゃん(顔がCGで体は着ぐるみ、声は木村祐一さん)に、そんな素朴な質問されたゲストが、それは事考えた事も無かった「エっ・・・。」と答えに窮するところが番組のポイントの一つなのだが、割と自分は、そんな質問に対して、一度や二度考えた事が有る事が多く、その答えが合っているかどうかは別として、その回答を自分なりに持っている事が多い。
蕎麦屋のかつ丼のように。
まあ、結果的に間違っている事の方が圧倒的に多いのだが、「エッ!考えた事も無かった・・・。」と言う事はあまり無いようなのだ。



ちょっとこれは嬉しい。

そういえば自分は、何やかや、根掘り葉掘りと色んな事を考えている傾向があるようだ。
ようするに考え事が好きで、疑問に思った事を頭の引出にしまって置いて、時々引っ張り出しては考えている。
何年でも、飽きもせず。
答えが分からなかったり、新たな疑問が出来たりすると、ワクワクする。
それが楽しみなのだ。
まあ、大概が役にも立たない事ばかり考えているのではあるが・・・。



そんな余計な事ばかり考えている者は、大概は劣等生となる。
もちろん自分も、ご他聞に漏れず劣等生を自任しているが、
「そうか、この番組でチコちゃんが、そんな劣等生を励ましているのかもしれない。」
と気が付いた。



まあ、もっとも、こんな事を書くのに時間を費やしている事自体が劣等生ならでは。

ははは、性分だからな~。



銀木犀

銀木犀。
良い香りを漂わせているが、そろそろ散り始めている。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.11


「チコちゃんに叱られる」というNHKの番組でカツ丼の由来についてやっていたのを見たら、無性にカツ丼が食べたくなった。



タレカツ丼


と言う事で、翌日の夕餉はカツ丼。
卵とじのカツ丼かタレカツ丼かの選択は、多数決でタレカツ丼。
番組はもちろん卵とじのカツ丼だったのだが、その辺は適当で大丈夫。

美味しかった~。



新潟のB級グルメのタレカツ丼。
B級グルメって時々無性に食べたくなる事がある。
それにテレビ番組で火を付けられた。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.10


今期4度目の秋刀魚を食す。



4回目の秋刀魚を食す

前回と違って普通サイズ。
けれど脂の乗りは充分。
そろそろ秋刀魚の脂が落ちてくる時期のはずなのに、脂が乗っています。
初秋の頃の様なトロリとた脂が、お腹にタップリ。
どうやら秋刀魚、やっぱりいつもとは様子が違うようです。



どうやら今年の秋刀魚、太平洋ではなくオホーツク海で獲れているらしい。
いつもとは違う異常な状況であるのは変わりないのかもしれない。



まあ、まだ豊漁が続いているようだし、いまだに大型が獲れているのだから喜ばしいとは思う。
が、ちょっと気掛かりでもある。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.09


コスモスまつり期間中の国営越後丘陵公園でアサギマダラに出会えた。



夏の間、山間部に居るらしいのでアサギマダラには、この辺りでは滅多にお目にかかれない。
夏、山奥で何度かかチラ見はした事がありますが、ちゃんと見たのは今回が初です。



フジバカマでお食事中のアサギマダラ


フジバカマでお食事中。
アサギマダラは、フジバカマが大好きと聞いていましたが、どうやらその通りらしい。
沢山の花のある中、フジバカマだけで吸蜜していた。



淡い青色(浅葱色)が美しい蝶。
が、光の加減か、その色が写らなかった。
ちょっと残念。



フジバカマでお食事中のアサギマダラを横から撮影

渡り鳥の様に海を越え渡りをするのだとか。
丘陵公園のフジバカマで旅の疲れを癒していたのだろうか。
今頃、魚沼に居て大丈夫なんでしょうか?
その渡りも一方通行なのかもしれないらしい。
なんとも不思議な生活史。
神秘的で魅力的な蝶だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.08


コスモスまつり期間中の国営越後丘陵公園

コスモスまつり期間中の国営越後丘陵公園に行って来ました。



コスモス、これでもかってぐらい満開

コスモス、これでもかってぐらい満開。



見頃だった秋バラ

秋バラも丁度見頃でした。


秋バラ良い感じ

春程の満開感はありませんが、それだけに落ち着いた感じがして、秋バラ良い感じです。


ローズヒップ

バラの実ローズヒップ。
これも秋らしい。



噴水に虹

親水区画の噴水に虹が出来ていました。
これも秋ならではと思う。
10月ともなると日中でも太陽の高度が、かなり下がってきている。



赤とんぼ

赤とんぼ多数襲来中。


フワフワドームで飛ぶ孫娘

孫娘、3度目のフワフワドームで、初めて一人で飛べました。



秋真っ盛りの丘陵公園

秋真っ盛りの丘陵公園でした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.07


昨夜、台風25号は、割と早いタイミングで温低に変わったようだ。



昨夕から吹き始めた風は、一晩中吹いていたが、強風となったのは明け方の一時でした。
それでも前回の直ぐ側を通った24号より、余程風が吹いた。
何回か風で家が揺れた。
遠くで、しかも温低の方が風が吹くなんて・・・。



酢豚と餃子

今日の夕餉は餃子と酢豚。
餃子の数が少な気味だったので有り合わせの材料で、急きょ酢豚を作った。
酢豚や八宝菜は、冷蔵庫の有り合わせで出来るので重宝するメニュー。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.06


台風25号が接近中。



しかし、先週の24号とは違って、日本海海上を進み、かなり遠い所を通るらしい。
しかも最接近する頃には温帯低気圧に変わる見込み。
大した被害にはならないのではないだろうか。



その影響でフェーン現象。
最高気温が35℃に達し猛暑日。
県央では、36℃を越え、10月での最高気温の記録更新となったようだ。
暑い。
それでも真夏の蒸し暑さとは違いエアコン無しでも過ごせる。



夕方から風が出て来た。
温低になってからの方が性質が悪い事も多い。
大丈夫かな・・・。



暑さなぞ、どこ吹く風の孫娘

暑さなぞ、どこ吹く風の孫娘。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.05


長男が焼き立てのクロワッサンを買ってきた。



焼き立てのクロワッサン

焼き立てのクロワッサン、パリパリ。
香ばしい香りが匂い立ちます。



昨日、同級会だった長男。
そのまま車中泊。
朝、パン屋さんが開くのを待って、焼き立てクロワッサンを買って来たのでした。
なのでまだほんのり暖か。
作り置きのクロワッサンも、トースターなどで焼けば美味しくいただけますが、どうしたって香りが違う。
やっぱりクロワッサンは焼き立てに限ります。



寝ぼけた頭が、美味しさで覚醒しました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.04


地物の栗をいただいた。



地物の栗で栗ご飯

地物の栗で栗ご飯。



特に栗の産地では無いので、地物だからと言って必ずしも美味しいと言う訳では無い事が多いのが栗。
しかし、この栗は甘みが濃く、香りも豊かで美味しかった。



貰い物の多い我が家だが、秋は事の外いただき物が多い。
そしてそれがとても美味い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.03


採れ採れの枝豆をいただいた。



秘伝

朝、収穫したものを直ぐにいただき、即茹で。
枝豆やトウモロコシは、収穫から茹でるまでの時短が肝心。
なので旨みが豊か。
味見した時、甘いお菓子を食べた直後だったにもかかわらず、甘かった。
濃い濃い味わい。
香りも上品。
目茶目茶美味しい。



品種は秘伝。
大粒が特徴。
ほんの2~3鞘頬張っただけで口の中は枝豆になる。
秘伝は、晩生で枝豆のシーズン最後の品種だと聞いた事がある。
最盛期の品種は、猛暑の為か粃が多く、残念な出来だったそうだが、晩生の秘伝は例年に無い良い出来だったそうだ。
一寸の時期の違いで収量と出来が大きく違う。
作物の栽培、なんとも微妙で難しい。



良い出来の枝豆を採れ採れで食す贅沢。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.02


久しぶりにクジラ汁を食べた。



クジラ汁

先日、寺泊の魚の市場通りを訪れた際、購入。
このクジラ汁、全然生臭い匂いがしなかった。
サラサラしたクジラ独特のサッパリとした脂が夕顔の甘味と絡んで、とても美味しい。
サッパリしているのにコクが深い。
こりゃビックリです。



クジラ汁を食べたのは、多分数十年ぶり。
夕顔とクジラの脂で作るクジラ汁は、魚沼の夏の定番料理ですが、我が家では、クジラの脂の代わりに豚肉を使って夕顔汁を作っている。
なにせ以前、クジラの脂は臭かった。
しかし今や保存技術が進歩した所為か、クジラの脂、全く臭くありませんでした。
これならばクジラ汁も美味しくいただけます。
と言うかとても美味しい。



たまにはクジラの脂を使ってクジラ汁を作ってみましょうか・・・、と言う気になり掛けました。
が、いやいや、クジラの脂は、今や高級食材。
コスパの面で、やはり我が家の夕顔汁は豚肉だな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.10.01


台風24号の直撃を免れた。



どうやら予想進路の東側を通ったようで、県境の山の向こう側、群馬県側を通ったらしい。



た、助かった・・・。
やはり新潟は台風の直撃がとても少ない。



とは言え、直ぐ側を通ったのは間違い無い。



しかし、その割に風はそんなに吹かず、雨も大して降らなかった。
明け方の2~3時間、少々荒れただけ。
台風の規模の割に信じられない感じ。
なので被害は無し。
かすった様に直ぐ側を通ったのに、これはどういうことなんでしょう?
中心から離れた東京辺りで被害があったのに。
不思議だ。



しかし、台風は通り過ぎたのに、またまた今晩暴風の予報。
台風に引っ張られた様に進む日本海上の低気圧が原因らしい。
冬に良く有る爆弾低気圧の発達に似ている。
一難去ってまた一難。
大した事が無いと良いのだが・・・。



しかも南海上に台風25号が居て、今のところ24号と同じ進路をたどっている。
来週、また台風が来そう。

アキノキリンソウ

アキノキリンソウ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

次のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。