2018年9月アーカイブ

2018.09.16


凄いモノを見付けた。



うおぬま産パッションフルーツ

魚沼産パッションフルーツ。
魚沼でパッションフルーツが出来るとは!!
驚きと感動で即購入。
見付けたのは道の駅「アグリパーク八色」。
しかも奇跡の様なインパクトなのに3個で400円とお手頃価格。
温室栽培でこの価格で販売できるとは思えません。
どうやって栽培しているのでしょう?
まさか路地物?
ない、ない、ない・・・。



南魚沼でマンゴーが栽培されているとは聞いていました。
温室で。
その流れでしょうか?
一寸調べてみましたが詳細は不明。
かなり気になります。



追熟した方が美味しいらしいので、まだ未食。
でも匂いを嗅ぐと、甘いパッションフルーツの強い香りがします。

食べるのが楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.15


アグリコア越後ワイナリーのぶどう収穫祭に行って来ました。



ブドウ畑、無料の摘み取りサービス

去年味をしめた無料のブドウの摘み取りがお目当て。



ブドウを持ってご満悦の孫娘

ワイン用のブドウ1人一房、摘み取りが出来ます。
孫娘、ご満悦。



先着順で高級品種の藤みのりの摘み取りもあったのですが、それには間に合いませんでした。
うおぬま屋にとっては、藤みのりよりワイン用のシャルドネの方が有り難かったりする。
藤みのりより酸味のあるシャルドネの方がブドウらしい味わいだと思うから。



鴨の串焼きとジェラート

もう一つのお目当て、屋台の美味しい物。
鴨の串焼きとジェラート。



しかし、ジェラートを食べ終えた時、孫娘が、まさかのリバース。
着ているものが汚れてしまい早めの退散となりました。
急にお腹が冷えた所為。
お腹を壊した訳では無いようです。
その後、おにぎりをぱくついていましたから。



シャルドネ

雨の少なかった今期、ブドウの出来は上々。
美味しいワインができるでしょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.14


秋鮭でトマトスープを作りました。



秋鮭のトマトスープ

淡泊な秋鮭は、スープにしても美味しい。
少しコクが足りなかったので、パルメザンチーズを振りかけていただきました。



今期初の秋鮭。
美味しかった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.13


孫娘の通う幼稚園のお遊戯会に行って来ました。



幼稚園の敬老お遊戯会

敬老お遊戯会。
招かれたのは、祖父母。
会場は満員。
こんなに沢山の人が来ているとは思いませんでした。
ちょっとビックリ。



しかし、考えてみれば、母方の祖父母と父方の祖父母が居る訳ですから大人数も当然の事でした。
孫可愛さもありますし。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.12


中国産の廉価な松茸が、見切り品で更に半額。
こんな時でも無いと食べられないので購入しました。



松茸混ぜご飯

松茸ご飯に。
少量の松茸を家族で味わうには、松茸ご飯にするのが良策。



家の場合は混ぜご飯。
松茸を焼いて醤油で味を付け、炊き立てのご飯に混ぜ込みます。
香りの弱い輸入物の松茸は、この方が香りが立って美味しい。



見切り品の割に、良い松茸でした。
ラッキー!



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.11


生垣の上で日向ぼっこ中のカナヘビを見付けました。



日向ぼっこ中のカナヘビ

このところ朝晩めっきり寒いので、下がった体温を上げに生垣の上に出て来たものと思われます。



人間が近付いても逃げないとは、かなりのんびりしたカナヘビ。
こんなところをカラスにでも見付かったらアウトでしょうに。
こんなに迂闊では、自然界では命がいくつあっても足りないはず。
立派に成長して生きながらえてきているのだから、考えられるのは老化かな?
お年寄りのカナヘビだったのかもしれません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.10


音感ってなんだ?



先日、絶対音感を持つと言う人がテレビに出ていた。
普通の人は、相対音感なのに、幼い頃に訓練すると絶対音感なるものを獲得できるのだそうだ。
ふ~ん・・・、でも、それって本当かな~?
っと昔から少し怪しい気がしている。



学生の頃、音楽の授業など、真っ当に聞いた事が無かったので、音楽の知識はゼロ。
なので間違った基準で考えているかもしれないが、絶対音感なるものが、どうも良く理解出来ない。



絶対音感とは、聞いた音の音名が分かる事らしい。
だとすると、その音の高さ=周波数が分かる事になる。
音程は、周波数にすると約6%づつ増え、1オクターブ上がると丁度倍の周波数になるらしい。
絶対音感の人って、どの位の精度で周波数の違いを聞き分けているのだろう?
1音の周波数の差は、6%づつ周波数が増えると、低音だと小さく、高音だと大きくなるが、その間の聞きわけってどの程度出来るのだろう?
440ヘルツと441の違いは分からないと思う。
絶対音感の精度を知りたいものだ。



絶対音感の人って、街の騒音が音楽の様に聞こえてしまい、煩くて堪らない時があるという。
そして、それが絶対音感の人の特徴であるかの様に言われている。
でも、それって可笑しい。
五月蠅い音は、音楽に聞こえようが、聞こえまいが、誰にとっても五月蠅い物はうるさいのではないだろうか。
人間の脳には、自分に関係ない音をシャットアウト出来る機能が有る。
もしかしたら絶対音感の有る人には、それが無い?
絶対音感って、もしかしたら脳の障害?



そもそも周波数が倍違うと、同じ音に聞こえるって、どういう事?
ドの音は、周波数が倍になるとドの音ってどういう事?
音楽って分からない事だらけ。
今更ながら音楽の授業をちゃんと聞いていなかった事を後悔する。



しかし、いずれにしても音楽に対して神秘性を感じているという、人間の妙な錯覚が根底にある気がする。
どうなんだろう?
音楽理論を勉強した人に聞いてみたい気がする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.09


新米をいただいた。



コシイブキの新米

コシイブキの新米。



あれ?
いつものコシイブキの味と一寸違う様な・・・。
新米だからだろうか?
まあ、美味しいのだけれど。
お米も当然田んぼ毎に味が違う。
そっちの所為かな?



今年は稲刈りの始まりが早い。
魚沼でも始まっている。
この週末は一斉に始まりそうっだったのだが、生憎の雨なので延期となりそうだ。
過熟がちょっと心配かな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.08


長野県に出張した長男が、小布施に寄って栗のお菓子を買ってきた。



栗ペーストと福栗焼き

栗ペーストと福栗焼き。



福栗焼きは、娘(長男嫁)のリクエスト。
評判のお菓子らしい。
大判焼き生地の中に栗餡と丸ごと栗が入った焼き菓子。
甘さ加減も丁度良く、美味しかった。
焼き立てだったら更に美味しいことでしょう。
前回小布施を訪れた時には無かったと思うので、最近出来たスイーツなのかな?



栗ペーストは、長男が案内所の人から聞き出したもの。
案内所の方は、贔屓は出来ないと拒まれたそうだが、「そこをなんとか」と無理無理聞いて教えてもらったのだそうだ。
まだ食べていないが楽しみ。



そろそろ新栗のシーズン。
また小布施に行きたくなってきた。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.07


今期二度目の秋刀魚。



秋刀魚の塩焼き

今回は酢橘を用意。
秋刀魚と酢橘の相性は、抜群だと思う。
前回メイヤーレモンで食べ、それも結構美味しかったが、酢橘には敵わない気がする。



この大型の新物秋刀魚、もう暫くは楽しめそう。
もう一回位は食べられるかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.06


北海道で大きな地震。



マグネチュードは6.7。
中越地震と同規模。
直下型の地震にしては震源が深く、地下37km。
中越地震が10kmだったのに比べて30km近く深い。
なのに土砂崩れなどの被害が深度の割に甚大なようだ。



これはいったいどういう事なのだろう?
普通、地震の揺れは、30kmも離れると相当弱まるはずなのに、土砂崩れなどの被害は、中越地震を上回る規模のようだ。



それに震源からかなり離れた札幌市でも大規模な液状化現象が起こり、かなりの被害が出ている。
これもかなり珍しい事ではないだろうか。



それにしても毎年毎年大きな災害が続く。
なんだか災害の頻度が、年毎に増えている気がする。



いや、そうではないのかもしれない。
災厄の頻度は、日本の場合、これ位がふつうなのかも・・・。

ここ数十年が災害の少ない特異な時期だったと聞いた事がある事を思い出しました。
この試練の多さによって日本人の働き者の気質が育まれてたのでした。
だとすると、これは宿命・・・。



災害が日常化する事に備えねばならないのかもしれません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.05


ブドウのキャンベルを購入。
今期二度目。



二度目のキャンベル

県産のキャンベルは、二十世紀梨同様に絶滅寸前。
一番好きなブドウなので、見掛けたら購入するようにしないと、食べ損ねる事になる。



しかし、とは言え、あまり高価だと手が出し難い。
キャンベルは庶民のブドウ。
この度は、1kg500円とキャンベルらしい値段だったので、迷わず購入しました。



味は、完熟手前。
おそらく台風対策で早めに採り入れたものなのでしょう。
やや若い味でした。
それでもなんでもキャンベルは美味しい。
今時の甘いだけのブドウと違い、しっかりした酸味が良い。
ブドウらしいブドウの味だと思う。
美味しかった~。



台風の副作用、ちょっと有り難い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.04


台風21号西日本に上陸。
その後日本海に抜け北上。
新潟県をかすめて行った。



風が強かったのは2~3時間。
雨もそれ程強くは降らなかった。
助かった。
直撃は免れた。
やはり新潟は、台風の直撃が滅多にない。



お誕生日のケーキ


今日は自分の誕生日でした。



考えてみたら、
冬の嵐だと、その後、必ず除雪しなければならないけれど、台風だと戦々恐々としながらも過ぎ去るのを待てば良い。
この度なんぞは、ケーキなんかを食べながら。
比べれば楽なモノかも。



まあ、自分の被害が少しだったので言えることだが。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.03


県産の二十世紀梨を購入。



妙に仰々しい県産二十世紀梨

なんだか箱に入ったりして、妙に仰々しい感じ。



梨の中で二十世紀梨が一番好きなのだが、地元産の二十世紀梨は、最近、滅多に見掛けない。
果物売り場に並ぶのは、幸水などの赤梨ばかり。
もうほとんど県産の二十世紀梨は絶滅危惧種のようだ。
他県では、まだまだ二十世紀梨が栽培されているらしいのに、新潟県だけどうしたんだろう?



県産二十世紀梨は、際物扱い。
年毎に、取扱量が減っている。
こりゃ、食べられなくなる日も近そうだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.02


庭の芝桜が咲いていた。



狂い咲きした芝桜

狂い咲き。
この夏の猛暑の所為だろうか?



そう言えば、今年はツクツクボウシの鳴き声をほとんど聞かない。
やはりかなり異常な夏のようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.09.01


秋刀魚が突然、豊漁になったとニュースが告げていたのは一昨日。



いよいよその新物の秋刀魚が、この辺りにも流通してきた。
魚沼でも、店にも拠るが一匹100円前後。
二年ぶりに秋刀魚らしい価格に戻ったようだ。



豊漁が伝えられた新ものの秋刀魚

しかも去年と違って大型。
去年の小さく高価な秋刀魚とは大違い。
これならば脂がのって美味しいに違いありません。



食べてみたら、上品に脂が乗り、クラクラする美味しさ。
なんの臭みもありません。
美味しい!!!!
やっぱり秋刀魚は美味しい。
食べてる時、カニ並みに無口になりました。



しかし、この秋刀魚の豊漁、この先も続くかどうか疑問でもあるらしい。
もしかしたら今回が、今期の秋刀魚の食べ納めになる可能性もあるかもしれない。

心して味わう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2018年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。