2018.06.07


車庫にお住いのツバメのご夫婦。



再々抱卵中のツバメ

車庫の入口近くの巣を修復して抱卵中。
再々抱卵。
多分、ツバメ同士の横恋慕によると思われるが、今期、2度も巣が壊され、まだ巣立ったツバメが居ない。
今度こそ上手くいって欲しい。



自分のところに来るツバメに気を取られ気が付かなかったのだが、そう言えば去年位からツバメの数が極端に減った気がする。
以前はこの時期、空を見上げれば、そこにツバメが飛んでいたものだ。
しかし、最近は時々飛んでいるのを見掛ける程度。

その事に気が付き、鳥肌が立った。



「これは非常に不味いのではないだろうか・・・。」



ツバメ達は、建物の外壁がツルツルになって巣が作れない為、車庫を多く利用している。
しかし、それも糞をするからと追い出される事が多い。
ツバメのこの急激な減少はその所為だ。
ツバメが住み着くと幸せが来る、と言う言伝えは何処に行ってしまったのだろう・・・。



我が家のツバメ達の二度に渡る繁殖失敗は、あまりに酷い住宅事情が影響しているのかもしれない。
不のスパイラルに入っているのかも。



ツバメ達の人に因る災厄、回り回ってやがて人に帰って来る。
ツバメの同居を許せない不寛容。
その一寸した不寛容が、いずれ己の首を絞めることになる。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/3359

コメントする

         

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2018年6月 7日 21:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ノロ5日目」です。

次のブログ記事は「ノロ再燃」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。