2018年3月アーカイブ

2018.03.31


帰省した娘と今年もイチゴ狩り。



イチゴ園のイチゴ

去年に続いて「斎藤いちご園」を訪問。



摘み取ったイチゴ

美味しいそうなイチゴ。
30分食べ放題。
去年の様に超大粒のイチゴは有りませんでしたが、充分に美味しい。



イチゴをほうばる孫娘

イチゴをほうばる孫娘。



イチゴ腹の家族

皆、イチゴ腹で大満足。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.03.30


関東で働く娘が帰省。



「何か食べたい?」と問うと、
「海鮮丼、酢飯で」と宣う。



海鮮丼(ちらし寿司)

海鮮丼も、ご飯が酢飯だと、ちらし寿司になるのかな?



鯛、カツオ、イカ、帆立と具沢山。
しかし、スーパーの夕方の見切り品ばかりで作ったので、非常に安価で出来た。

夕方見切り、有り難し。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.03.29


サクランボの花が咲き始めました。



咲き始めたサクランボの花

このところの暖かさ故。



3月中に咲き始めるなんて、去年より10日あまりも早い。
ビックリ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.03.28


町内の回覧板に同和問題のパンフレットが挟まっていた。



同和問題のパンフレット

未だに部落差別がくすぶっているらしい事に驚いた。



そもそも同和問題の元は、江戸時代の身分制度だ。
それが明治維新から150年以上経ったのに、まだそんな事で人を差別する人間がいるとは、全く呆れたものだ。



被差別部落は、支配層(武士)が、庶民の結束を阻む為に作ったもの。
そんな事、普通に歴史を学べば分かりそうなもの。
そんな江戸時代の亡霊が、まだ残っているとは・・・。



まあ、今のいじめ問題と根っこは一緒か。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.03.27


長男の愛犬ムーと孫娘、最近だいぶ距離が縮まってきた。



社会性がやや育っていないムー君は、遠慮のない孫娘が苦手。
それがこのところ少し慣れて来て、孫娘がちょっと乱暴に扱っても、我慢して付き合うようになってきています。
孫娘も、手加減出来るようになってきたからかな。



ムー君を抱きしめる(ヘッドロック?)孫娘

兄弟のようになってきた。
(ムー君、助けて~、て顔してます・・・。)



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.03.26


暖かい日差しに誘われて、春の妖精に逢いに、雪国植物園に行って来ました。



フォトジェニックな雪割草

フォトジェニックな雪割草。



水芭蕉

水芭蕉



座禅草

座禅草



ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ。



フキノトウ

フキノトウ。



雪割草の宝石箱

雪割草の宝石箱はもう少し先のようです。



まだ雪の残る雪国植物園を走る孫娘

まだ雪の残る雪国植物園。
春の妖精達は、目覚めたばかりでしたが、充分に綺麗でした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.03.25


長男が美味しい天丼屋さんの情報を仕入れて来た。



てんぷら天丼しょじょ寺

天ぷら天丼「しょじょ寺」。



お昼前に行ったのにも係らず、既に満席。
暫く待たねばなりませんでした。
思った以上の人気店。



並み天丼

並み天丼を注文。
720円。
ゴマ油で揚げた天ぷらが香ばしい。
甘辛ダレが食欲をそそります。
美味しい。



食べている間も常に満席。
次々にお客がやって来ます。



大きな鳥居が目印の某お稲荷さんの門前に位置するとはいえ、お世辞にも幹線道路とは言えない立地条件。
それでこの繁盛ぶりはすごいと思う。



思うに、そう言えば、この辺りは美味しい天丼を食べさせる店が無い。
天ぷらと言えば蕎麦屋さんがほとんどなのだ。
リーズナブルな価格と相まって、そういう事かな。



もう一つ気になるのは、しょじょ寺と言う店名。
天かすを入れた蕎麦を狸蕎麦と言うから、そこから?
お稲荷さんの門前店だから、狐に比してってこと?
まあ、両方かな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.03.24


某スーパーで魚介が箱売りされていた。



魚介の箱売り

桜鯛1尾、サクラマス1尾、ヤリイカ2杯、鯵3尾、ウマズラハギ2尾、サザエ3個、ホタテ貝2枚入って、たったの1000円。
一寸信じられない、びっくり価格。
10箱限定。
迷わず購入。



頼めばお店の方が下処理も無料でしてくれるそうですが、うおぬま屋は自分で下処理。



サクラマス

良いサクラマス。
サクラマスは、名前の通り桜の咲く頃に川を上る。
今が旬。
下手をすると、これ一尾で1000円位するのではないだろうか。



サクラマスの味噌漬け

一度には食べ切れないので、鱒の半身は味噌漬けにしました。。



内臓と頭を取って下処理した鯵、ウマズラ,サクラマスの半身

残りの半身と鯵とウマズラハギ、後日に食べるように、内臓を取って保存。



鯛、ヤリイカ、サザエ、ホタテ貝のお刺身

鯛とヤリイカ、サザエとホタテは早速お刺身に。

鯛は脂が乗り、ヤリイカは甘い。
サザエは野趣に富み、帆立は芳醇。
美味しかった~。

いくらなんでも多過ぎで、全ぶは食べ切れないと思ったのですが、ペロッと食べ切っちゃいました。



鯛のアラは兜煮。
他の魚のアラは、煮込んでフュメをとったので、捨てたのは内臓と鱗だけ。
良いお魚は、ほぼ全てを有効活用出来ます。



なんとも有り難いスーパーの企画。
10箱限定を購入出来たのは、運が良かった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.03.23


前庭にフキノトウが出ていました。



前庭に一個だけ出たフキノトウ

前庭は南向き。
もうほとんど雪はありません。
雪が無くなればフキノトウは顔を出します。
でもまだ一個だけ。



刻んだフキノトウ入りのお汁

刻んでお汁に散らしました。



たった一個のフキノトウを皆で味わうには、これしかありません。
それでも、香りは鮮烈。
ほのかな苦みも加わって、春の薫風が体の中に吹き抜けるようです。



やったー、今年初のフキノトウ。
美味しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.03.22


ソルティドッグを作ってみた。



ウォッカ半量のソルティドッグ

下戸のうおぬま屋のこと、ベースのウォッカは半量。
それでもアルコールを口にするのは、かなり珍しいのだが、最近、長男夫婦の影響で、少しづつアルコールを摂取するようになって来た。



ソルティドッグのグラスの縁の塩。
実に秀逸だと思う。
これが有ると無いとでは味わいが雲泥の差。
塩が有ると味の深みが数倍になる。
誰が考えたんだろう。



やばい、ちょっと酔っぱらってきたかも。
アルコールが苦手なうおぬま屋には、半量のウォッカでも、かなり効くようだ。
大人ぶり過ぎたかな。
飲み口は、ほとんどグレープフルーツジュースだったのに・・・。

恐るべし、ウォッカ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2018.03.21


先日、このブログに書いたラ・マドレーヌさんに、スフレを食べに行って来た。



スフレはスイーツの王様だと思う。
しかし、これを提供しているお店は稀。
なにせ提供するのは大変なのだ。



ラ・マドレーヌの店内

お店の感じはこんな感じ。
美味しそうなケーキの並ぶショーケースの向こうにカフェスペースが在る。



ラ・マドレーヌのパンのコーナー

パンのコーナー。
ブリオッシュがあった。
嬉し。
この辺りのパン屋さんには、何故かブリオッシュが置かれていない。



ラ・マドレーヌのチョコ

チョコのショーケース。
チョコは量り売りでした。
これもこの辺りでは珍しい。



スフレのメニュー

スフレのメニュープレート。
飲み物付きで800円。
出来るまで20分程掛かると添え書きされています。
スフレは待つのが当たり前。
20分で出来るのは早い方。



搾りたてのオレンジジュース

これは孫娘の頼んだオレンジジュース。
注文を受けてから絞ったフレッシュジュース。



オレンジのムース

長男の頼んだオレンジムースのケーキ。
ひと口、味見をさせてもらった。
甘さの加減が実に好み。
あえてミロワールにしていないところが良い感じ。



そしてスフレ。



オレンジスフレ

オレンジスフレを注文しました。
うおぬま屋にとってスフレは、オレンジスフレかチョコレートスフレがスフレ。
人の作ったスフレを食べるのは、30数年ぶりかもしれない。



オレンジスフレ。
究極の柔らかな食感と優しいオレンジの香り。
仄かな甘さ。
なんとも上品なスイーツ。
ふっくら膨らんだ姿は、豊かさと幸せの象徴だと思える。
やはりスフレはスイーツの王様だと改めて思った。



クレームシャンティティのソース

スフレに付いてきたクレームシャンティティーのソース。
これは必要ない様な気がする。
折角の優しいスフレの風味を邪魔してしまうような。
アクセントとしては、悪くないと思うけれど。



いや、でも美味しかった~。
大満足。
そして感激。
しかし、食べた後、忙しい時に手のかかるスフレは大変だろうと心配になったりもする。

余計なお世話だな。

また行きましょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.20


トニックウォーターを購入。



トニックウォーター

トニックウォーターと言っても、キニーネが入っていないので、その実はサイダー。
まあ、はっきり言ってしまえば偽物。
別にキニーネが禁止されている訳では無いらしい。
結局、コスト。



ジンを入れたいところだが、昼間なのでパス。
うおぬま屋は、下戸。
しかし、ジンの香りは好きなのだ。



ジントニックにしなければ、何の為の偽トニックウォーターなのかとと言う気もする。
が、まあ、気持ちだけ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.19


スイスチャードを購入。



スイスチャード

赤、黄、ピンク、白、オレンジと色とりどり。
なんて鮮やかなんでしょう。



前回購入した時は、お浸しにしてみましたが、今回はサラダにしてみました。
生で齧ると、微妙に酸っぱい、塩っぱい味がするので、やっぱりお浸しよりサラダの方が美味しいようです。

やっぱり洋野菜だから。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.18


彼岸の入り。



牡丹餅

なので牡丹餅を購入。



今日も晴れて陽射しが有る。
柔らかな日差しの中、食べる牡丹餅は、幸せを醸す。



気温も昨日と違って少し上がり、平年並み。
良い感じ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.17


また晴れている。



晴れ

気温は高くなっていないが、日差しは強い。



先週、今度の休みに庭木の剪定でもしようかと思っていた。
雪が有ると梯子を掛けなくとも枝に手が届くし、硬く締まった雪の上は動きやすいから。



しかし、何と言う事でしょう。
先週の異常な暖かさで、その雪が、あっという間に消えてしまった。
まだ残ってはいるものの枝打ちするには高さが足りない。
降った時と同じ様に、魔法の様に減っている。



先週、あんなに有ったのに・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.16


ホワイトデーにラ・マドレーヌのケーキを長男が買ってきた。



ラ・マドレーヌのケーキ、ババ

ババは、サバランの様なスイーツ。
もうそれこそ、これでもかって位お酒がふんだんに使われています。
昔、サバランは何処のケーキ屋さんにも在った定番のスイーツだったのに、このところトンと見掛けなくなっている。
サバラン好きのうおぬま屋、食べたかったので感激。



しかし、ちょっと自分の好みより甘過ぎ。
ラ・マドレーヌのシェフは本格的なフランス菓子を目指しているとのこと。
そうなるとどうしても甘味は強めにならざるを得ない。
致し方ないか。



ラ・マドレーヌさんは、カフェが店内に在り、そこで珍しくもスイーツの王様スフレを提供している。
スフレをメニューに持つ店は稀。
スフレは、作るのにある程度時間が掛かるし、作り置きも出来ない。
出来立ての熱々しか意味の無いスイーツ。
長男夫婦は、食べて来たそうだが、うおぬま屋は未だ。



早く行かねば。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.15


スコーンでティーブレイク

苦手な事務仕事。
スコーンでティーブレイク。



粗雑な頭故、数字と文字を見るとエネルギー消費が倍加する。
なのでスイーツで糖分補給が欠かせない。



甘い物を楽しみに、苦手なデスクワークも我慢。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.14


昨日からめちゃめちゃ暖かい。



最高気温が20℃近くまで上がっている。
今期の特徴、極端な気温差の傾向が、また出ている。



暖かいのは有り難い。
有り難いのだが、その分花粉が・・・。



とは言え、白い悪魔に比べれば、こんな鼻の痒さ位、何ほどでもない。
と言いたいところだが、これも結構辛いかな。



白木蓮の花芽

白木蓮の花芽。
咲くのは一ヶ月先。
暖かいがその芽は、まだ硬いようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.13


孫娘の朝食スープ。 某アニメのキャラクター蒲鉾入り

孫娘の朝食スープ。
某アニメのキャラクター蒲鉾入り。



このキャラクター蒲鉾、2月でそのアニメが新しいキャラのアニメに代わったので、前キャラの蒲鉾。
最後の一個だったので、ある意味かなりのレア物と言えるかもしれない。



この蒲鉾を買ったスーパーでは、最後まで売り切ったようですが、他スーパーでは番組が改変されたと同時に、商品が入れ替えられている事に今回気が付いた。

かなりビックリ。
孫娘がアニメを見ていなければ気が付かない事でした。



撤去された商品は、どうなるかと言えば・・・。



可愛いデザインのキャラ物に、こんな黒い側面が有ったとは、今まで気が付きませんでした。
子供の物欲を必要以上に刺激するので、少し敬遠気味だったキャラ物商品。

マイナス面がもう一つ加わり、疑問感がまた一つ増えました。。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.12


久しぶりにプリンを作った。



グランマニエ風味のプリン

グランマニエ風味。
自分としてはグランマニエを効かせたいところなのですが、孫娘も食べるので控えめにしなければなりません。



作っている時、丁度テレビで某ケーキ屋さんのプリンが紹介されていた。



それが一個300円と聞いてビックリ。
いや、まあそれ位はするとは思うけれど、手作りすると300円あれば10個は作れる。
それに慣れれば作業時間は10分程。
焼き時間は30分位掛かかるが、それはオーブン任せなので手間いらず。
超簡単。

それが300円か~・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.11


今朝、放射冷却で気温が下がり、凍み渡りが出来ました。



田んぼの真ん中で凍み渡り

ここは田んぼの真ん中。
普通は絶対に居られない場所。
硬く締まって凍った雪は、大人が乗っても足が埋まる事はありません。
関東から来た長男嫁は、本格的な凍み渡り初体験です。



一夜にして広大な白いグラウンドが出来上がっています。
もっとも、雪の上に上がれるのは、せいぜい午前中いっぱい。



雪虫(冬ユスリカ)

雪虫みっけ。
魚沼では雪虫と言えば、このフユユスリカの事を言う事が多い。



凍み渡り、何処までだって歩いて行ける

何処までだって歩いて行けます。



それにしても、休日の朝、絶好の凍み渡り日和なのに、凍み渡りしているのは、我が家の家族だけ。
うおぬま屋が子供の頃は、こういう日は、そこ此処で子供達が凍み渡りをしていたのに・・・。



これは非常に不味い状態だと思う。
しかし、これを非常に不味い状態だと思う人は、どうやら少ないようだ。
これは非常に不味い。
と以前も書いた気がする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.10


相変わらず児童虐待が続いている。



ここ数日、毎日、幼児や赤ちゃんへの虐待が報じられている。
胸が痛くなる。



今回の事件で、児相が以前一時保護しながら、親元に返してから再び虐待を受け子供が亡くなってしまった事件があった。
痛ましい事件を防げないのは、児相の人手不足と制度設計の不備が原因。

なんとかならないだろうか・・・。



今朝の情報系のテレビ番組では、虐待の通報を呼びかけていた。
その通りだと思う・・・。
その通りだと思うのだが、その通報の増加が、深刻な虐待の防止の妨げになったりしている事を知らせないでどうするのだろう。



通報が増えると、当然、誤報も増える。
その誤報が、本当に誤報かどうか、確認すのに一ヶ月は時間が掛かると児相に勤める姪っ子が以前言っていた。
本当にそれが誤報なのかどうか、慎重に確認しなければならないからだ。



通報が多ければ、誤報が増える。
誤報の確認に時間を取られると、本当に深刻な虐待に手が届かなくなるジレンマ。
ただでさえ手一杯な児相に、どうしろと言うのだろう。



なんだか段々、無責任に通報を呼びかけていたテレビに腹が立ってきた。
通報すれば解決に近づくような印象を与えるのは間違いだ。
問題の根はもっと深い。



しかし、いや、テレビは悪くない。
通報は確かに大事だし、有用だ。

くそ~、なんとかならんのだろうか・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.09


暖かい日は、滅茶苦茶暖かいので、そういう日は、雪がすごい勢いで後退している。
これだと思った以上に雪消えが早そうだ。



野苺花壇を雪除け

野苺の花壇の雪を除けてみた。



無理やり目覚めさせるようで、ちょっと可哀想かとも思えるのだが、早く新緑が見たくて、毎年ここだけ早めに雪を除けている。
まあ、丈夫な野苺達、寒さの戻りにも耐えてくれるでしょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.08


娘(長男嫁)が買ってきたチューリップの切り花が長持ちしている。



長持ちしているチューリプの切り花

購入してからかなり経つが、色あせず、朝晩、元気に開いたり閉じたりしている。



先日、孫娘が、このチューリップとお話しをしていた。
当然だが、チューリップに話しかけても返答は無い。
しかし、孫娘は、まるでチューリップが何か返事をしている様に普通に喋っていた。
話しかけと話しかけの間に、微妙に間が空く。
まるでチューリップの言葉を聞いているかのようだ。



もしかしたら聞こえているのかもと思えるお喋り。
いや、彼女には聞こえているのかもしれない。
もちろん植物は喋ったりしないが、彼女の脳は、チューリップが喋っていると認識しているのかもしれない。

恐るべし3歳児の感性。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.07


今期の冬から今まで、荒れる時は大荒れだが、荒れ模様と荒れ模様の間は青空が多く、意外と晴れの日が多い気がする。

雪国のどんよりとした曇り空が少なかった。



今日も晴れた。



寒暖の差も激しい。
これだけ暖かい日と寒い日の差が大きい年も珍しい。
大雪ではあったが、暖かい日には雪がすごい勢いで溶けている。



明日は、また荒れるらしい。
どうやらこの極端なお天気は、まだしばらく続くようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.06


長男が自動車事故。



事故直後の電話では、大した事ないと言っていたが、帰って話を聞くとそうでは無かった。



軽傷で済んだが、一つ間違えば死亡事故となったかもしれない事故だったようだ。



車は全損。



しかし、死んで当然のようなミスをして、軽傷で済んだのだから、運が良いと言わなければならない。



無事で良かったが、事故を起こした者は、また事故を起こしがちと聞く。

余程気を引き締めねばならない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.05


中国産ではありますが、安い鴨肉を見付けたのでローストしてみました。



鴨肉のロースト、オレンジ+文旦ソース

ソースは鴨ローストの定番オレンジソース。



料理に輸入オレンジの皮は使えない。
農薬塗れだから。
なので果汁は濃縮還元のオレンジジュースを使い、肝心の皮は、土佐文旦の果皮を使ってみました。



オレンジジュース+文旦の皮のソース、結構スパイシー。
オレンジの様に柔らかな風味にはならず尖った感じでした。
まあ、これはこれで悪くはないけれど、やっぱり鴨にはオレンジが一番なのようです。



ローストは火を通し過ぎてしまいました。
失敗、失敗。
でも、肉の味わい自体は悪くありません。
軟らかく、旨みも充分。
変な癖もありません。
この鴨肉、良。
安いし。



国産のオレンジが手に入ったら、リベンジしてみよう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.04


各所で除雪によって積み上げられた雪山の除雪が進んでいます。



除雪によって積み上げられた雪山

うおぬま屋裏の神社の広場に積み上げられた雪山。



高さ10mは有ろうかという雪山。
その割に写真になると、その大きさが伝わらない。



比較に車を置いてみましたが失敗でした

では、と言う事で車を比較に置いてみたが、これがかえって逆効果。
手前の車が大きく写り、雪山が小さく見えてしまいました。
写真で大きさを表すのは難しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.03


今日はお雛様。



ちらし寿司

ちらし寿司。
例によって我が家のお雛様は食べ物で。



孫娘のちらし寿司ケーキ

ちらし寿司ケーキは、孫娘用。



美味しかった~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.02


すごい風だった。



爆弾低気圧による強風。
雪こそ少ししか降らなかったが、この冬で一番強い風が吹いたようだ。



それにしても風が強い。
しかも段々酷くなってきている。
春になったからと言って油断できないようだ。



寒暖の差も激しい。
この週末は、4月並みに気温が上がるらしい。
勢いよく雪が降ったが、それ以上の勢いで溶けている。
例年なら、まだ屋根の上に雪が残っている時期。
しかし、跡形も無く全て溶けてなくなっている。



プリムラ

プリムラを購入。
妙にこの時期、黄色い花が恋しくなる。



大風が吹いても、屋根に雪が残っている内は屋根を飛ばされる心配をしなくて良い。
だが、今年はそうはいかない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018.03.01


揚げ出し豆腐。
定番のお惣菜だが、今年は贅沢。



揚げ出し豆腐

それは、薬味の大根が滅茶苦茶高価だから。



小さな大根が、一本300円~400円位の価格が付いている。
大きさを考慮したら4~5倍の値段。
とても大根下ろしを、たっぷり食べると言う訳にはいかない。



でも今回は、地物の大根が割と廉価で手に入ったので、贅沢をしてみた。
地物の大根、爽やかな甘みが強く、とても美味しい。



大根の、いや冬野菜の有難味を改めて認識した冬だった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2018年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年2月です。

次のアーカイブは2018年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。