2017年12月アーカイブ

2017.12.08


娘(長男嫁)がシフォンケーキを焼いた。



ほうれん草のシフォンケーキ

抹茶のシフォンと思いきや、この緑色はほうれん草の緑色。
けれどほうれん草のクセは、全く無い。
菜っ葉を食べない孫娘に、なんとか菜っ葉を食べさせる工夫である。



それに便乗して爺は、ラッキー。
美味しかった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.12.07


自家製の甘酒を貰った。



手作り甘酒

優しい甘さ。
市販の物と何が違うのか分からないが、やっぱり手作りの甘酒、美味しい。



麹カビ、正式名称をアスベルギルス・オリゼと言う。
味噌醤油、お酒等、日本食の基本となる食品は、コウジカビ無しには作る事が出来ない。
だからオリゼは、和食を支えるカビと言って良いのだと思う。



そのオリゼ、日本特有のカビであるらしい。
しかも人体に有害な毒素を生成しない。
食べ物なのだから、毒を出さないのは、当たり前と言えば当たり前な感じもするが、よくもまあ、丁度良い塩梅に毒素を出さないコウジカビが日本に居たものだと思っていた。



ところが、そう思っていたら、そうでは無いらしい。



なんでも、たまたま毒素を出さないコウジカビが、元々日本に居た訳では無く、昔の誰かが毒素を出さない突然変異したコウジカビを発見し、大事に守り育てて来たものなのだそうだ。
ちょっとびっくり。
要は、祖先が品種改良し、日本人が作りだした有用で無害なカビなのだ。



麹が発見されるまでは、唾液に含まれる酵素を使っていたのだそうだ。
清らかな女性が米を噛み、唾液と混ぜ合わせ、それを吐き出して瓶に貯め、お酒の素となる糖化液を作っていたと聞いた。
確か、アニメ「君の名は」にもそんなシーンがあった。
おっさんの唾液よりは、女性の唾液の方がマシという感覚が、今とそうは変わらないところが興味深かったりするが、それでも中々シュールな製法。
噛むが醸すの語源なんだそうだ。



欧米では、デンプンの糖化に麦芽の酵素を使うのが一般的だったようだ。
人間の糖化への情熱の深さは、東西を問わないのが面白い。
それにしてもオリゼの発見と品種改良は、その成果の大きさとその影響に感動すら覚える。
凄いと思う。



自宅では、娘が塩麹の作製に挑戦中。
コウジカビの奇跡に感謝しつつ味わいたい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.12.06


予報は、降雪の予報でしたが、ほとんど降らず、良かった。



と、思って所用で新潟市に向かったら、途中、県央部に30cm近い積雪が有りビックリ。
魚沼に全く降らず、普段降らない平野部と海岸部にタップリ降るなんて、今まで経験した事がありませんでした。



新潟県と言えど、平野部や海岸部は、普段雪が降らないので、この大雪に除雪が追いついておらず、道路は悲惨な状態。
あちこちで車が事故っていたり、エンコしたり。
高速は渋滞。
まあ、大きな事故は無かったようですが。



湯気を立ち昇らせる日本海

海は、もうもうと湯気を立ち昇らせていました。
これも初めて見ました。
これが雪の素かと思うとぞっとします。



どうも今年の12月は、異例。
雪も早いし。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.12.05


お正月を待って開封する予定だった丸中醤油。



我慢が出来ず、開封しちゃいました。
せめて風邪が治って、鼻が正常に戻るまで我慢すれば良いものを、辛抱堪らず開けちゃいました。



丸中醤油杉樽3年熟成のお醤油

丸中醤油、杉樽3年熟成。
さあ、その実力は・・・。



美味しかった。
やっぱりちゃんと熟成した醤油は美味しいんだ。
なるほど、なるほど・・・。



丸中醤油、一言で言えば、甘さを感じる醤油。
塩気が尖っておらず、角が取れ、円やか。
普段、お刺身にお醤油は、塩気の尖りが気になって、ちょこっと付けるだけなのですが、この熟成した醤油だと、自体が美味しいので、タップリ塗して食べてしまいます。
お刺身に醤油をタップリ塗すなんて、初めての体験。
今まで思いもよらないことでした。
ビックリです。



香りは、蔵元が力説する程は、鮮烈さを感じませんでした。
風邪をひいている鼻だからかな?
それでも香りを嗅いだ時、蔵の雰囲気が脳裏に浮かびました。
多分、この香りが熟成蔵にするのだと思います
蔵の香り。
良い感じです。



やはり熟成した醤油は美味しいんだと確認出来ました。
特に卵かけご飯は秀逸。
まるで味醂や出汁で味を整えた様な美味しさでした。

やはり長期熟成、大事なんだと再認識です。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.12.04


長男がトイレにこもっていると、何者かがヒソヒソと屋根を歩く音がしたのだそうです。



以前から屋根を歩く者が居ると、嫁さんから聞いていた長男。
正体を確かめようと、いきなりトイレの窓を開け放つたそうです。
すると、そ奴は慌てたらしく、屋根から落下。



テンかな?

その時の画像。
暗いしスマホだしで不鮮明。



落下したにも関わらず、そ奴は、慌てる様子も無く、長男と視線を合わせていたそうです。



何でしょう、この動物?



大きさ、毛の色、ちょっとおドジなところ、人怖じしないところ等、考え合わせると、どうもテンの可能性が高い気がします。
だとすると、小千谷市の町の中にテンが居るのは、かなり珍しいのではないだろうか。
娘は、半年以上前から屋根を歩く足音を聞いていたそうなので、もしかしたら居候をしているのかもしれません。
なんだかワクワクしてきました。
テンの同居、素敵です。
自分も見てみたいな~。
出来れば撮影も。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.12.03


穏やかに晴れた日曜日。
随分久しぶり。



しかし、我が家は風邪っぴきで略全滅状態。
折角週末に晴れたのに、これでは、また外仕事が出来ません。
参ったな~、まだ畑に里芋が残っているのに。
もう駄目かな・・・。



ホットカーペットの上でゴロゴロする孫娘

孫娘、熱があるので日当たりの良い居間のホットカーペットの上でゴロゴロ。
ホットカーペットの上でゴロゴロするのが孫娘の最近のお気に入り。
熱が有る割に比較的元気はあるかな。



ドリア

孫娘が食べやすいようにと、お昼ご飯はドリア。
思惑通り、喜んで食べてくれた。
しかし、いつもよりはやっぱり食欲が無い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.12.02


あれ!?
晴れた。
週末なのに晴れた。



夕焼けに染まる越後三山

白く雪化粧した越後三山。



昨日、一ヶ月以上週末の荒天が続いていると書いたら、昨晩の雪も大した事なく、今日土曜日、晴れた。
明日の日曜も晴れの予報。
どうやら週末の荒天スパイラルから抜け出したようだ。



そうなると気になるのが来襲の雪の降り方。
それも昨日の予報より少し穏やかになったような気がする。
そうだと良いな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.12.01


もうかれこれ一ヶ月以上週末の荒れ模様が続いている。



が、今日は、時々晴れ間が有り、予報が脅すほど悪くはなかった。



来週の予報は、更に悪い。
雪マークが数日続いている。
大雪の恐れもあるのだとか。
今年は、師走と共に本格的な冬が始まってしまうようだ。

昨シーズンの雪

直ぐ、こんなになるのかな~。



その先も、どうやらよろしく無さそう。
長期予報なんぞ当てにならない事の方が多いものだが、この度は当たりそうな予感がするのが嫌な感じ。



12月は大雪か。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2017年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。