タイヤ交換、外れない!

2017.11.18


季節外れの大雪などと、天気予報があんまり脅すので、車のタイヤをスタッドレスタイヤに交換する事にしました。



自分で交換するので、大体、いつも雪を見てから交換する事が多い。
11月の交換は、例年に無く早めの交換です。



まずは左後ろのタイヤから作業開始。
ナットを外して、タイヤを外し・・・、
あれ!?
外れません。
タイヤが外れないんです。
普通、ナットを外すと、タイヤの自重で下のネジの辺りは自然に外れて浮き上がるものなのですが、今回は、ナットが外れても、接着剤でくっ付いているように、まだナットでとまっているように、微動だにしません。
タイヤに手を掛けて引っぱてみて、もびくともしません。
あら~・・・。
どうやらこれは、ホイールと車軸が錆びついて、くっ付いてしまったみたいです。
こんな事は、長年タイヤ交換してきましたが、初めてです。



そう言えば、6月の立ち合い車検の時、整備員さんが、デカい木槌で叩いて外していたのを思い出しました。
そうか、あれはこの為だったのか・・・。



ネットで調べてみても、大きな木槌で内側から叩くのが一般的な方法の様です。
しかし、素人だと、ジャッキが簡易的なモノなので、そうそう乱暴な事は出来そうもありません。
振動でジャッキが倒れたら危険。

どうしたものか・・・。



タイヤ交換したスタッドレスタイヤ

交換完了。
これで雪が降っても大丈夫。



結局、大木槌で内側から叩いて外しました。
ジャッキが倒れると危険なので、ナットは完全に外さず、少し緩めた程度で、最悪でもタイヤが車重を受け止められる保険を掛けて作業しました。
力加減も慎重に。
幸い、錆び付きが弱めだったようで、それで無事外れました。

良かった、良かった。



春秋のタイヤ交換の時は、これで良いとしても、突然のパンクの時は、どうしましょう?
まさか大木槌を常時車載するのもどうかと思いますし。



まあ、パンクなんて最近は滅多にしない、はず・・・。
それは、考えない事にしましょ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/3158

コメント(2)

こんにちは。
タイヤ交換、お疲れ様でした。
錆で外れないと困りますね。
さび止めか何かしたほうが良さそうですね。

コメントする

         

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2017年11月18日 15:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「間の小春日和」です。

次のブログ記事は「鰹節の怪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。