夏休みの終わった日

2017.09.01


夏休みが終わり、学校が始まる9月1日は、若者の自殺が飛びぬけて多い日なのだそうだ。



それを何とか防ごうと、多方面で広報活動が行われていた。



上野動物園からのメッセージが注目されていた。

学校に行きたくないと思い悩んでいるみなさんへ
アメリカバクは敵から逃げる時は、一目散に水の中へ飛び込みます
逃げる時に誰かの許可はいりません。脇目も振らず逃げて下さい
もし逃げ場所がなければ、動物園にいらっしゃい。人間社会なんぞに縛られないたくさんの生物があなたを待っていますから

良いメッセージだと思う。



しかし、結局、これは対症療法。
自殺防止の根本対策では無い。

若者の自殺の原因は、人間形成の場である教育が、順位付けの道具に成り下がっているところにある。
なのに、その根治を目指す活動は、ほとんどと言って良い程無い。
教育が本来の姿に戻らぬ限り、若者の自殺は減らない。



いや、教育が本来の姿を取り戻すための対策は、今までにもいくつかあった。
ゆとり教育、運動会の順位付けの廃止、通知表の評価基準の変更、試験改革などなど。
それら全て、教育が本来の姿を取り戻すための対策であったのだと思う。
しかし、それら全て、可笑しな方向にねじ曲がってしまい、やがては空中分解してしまう。
どうしてそうなってしまうのか、この国の病の深さを思わずにいられない。



空

日本の若者の死因の1位は自殺なのだそうだ。
教育が教育の役目を果たしていないのが諸悪の根源。
なんとかしたい・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/3079

コメントする

         

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2017年9月 1日 21:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パンツは何故」です。

次のブログ記事は「マデラ酒入りのビシソワーズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。